S6【最終レート2125 最終58位】すないろ すなかき すなのかぜ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S6【最終レート2125 最終58位】すないろ すなかき すなのかぜ

2020-06-01 18:46

    初めましての方は初めまして
    そうでない方も初めましてレノバスと申している者です



    前期はとあるゲームが発売した都合でサボっておりましたが今期はそこそこやる気があったので記事を書くことに致しました

    早速構築を紹介します




    砂パです
    バンドリュというやつですね

    ですが

    選出の9割が
    初手バンギラスorリザードン+エルフーン+ヒヒダルマ

    これでした

    時間停止物のAVも9割がやらせで有名ですが
    この構築も9割この選出なので
    ドリュウズとオノノクスはほとんど出していません
    (ちゃんと機会を見極めて出してはいます)

    ドリュウズも砂かきなので「砂パ偽装」というよりは
    砂パ偽装偽装パ」な気がします
    ゲンガナンスよりも裏選出であるガブリザガッサが使い易過ぎたといえば古代人の方々にも伝わると思いたい


    流れとしては


    が初手ダイマで暴れる
      ↓
    で相手のダイマ枯らして追い風退場
      ↓  


    後は最強の鉢巻追い風ヒヒダルマで全て粉砕して終わり!!!







    パーティ解説


    バンギラス
    冷静 HC252-A4

    バンドリュの2体を並べて初手に置くことで相手の想定外からの高火力広範囲を押し付けるのがシンプルに強かった

    バンドリュのバンギラスは起点作成のイメージがガチ勢程根深く浸透しているので襷読みで蜻蛉返りを打たれたり、挑発で無意味なターンを消化してくれた試合のほとんどがイージー試合製造マシンと化する


    物理型の方が種族値的に火力が出るけど何故特殊型?
    理由としては威嚇、鬼火無効だったりもありますがダイアークの崩しが偉過ぎると感じたので特殊型にしました
    カビゴンもダイアーク+砂ダメージ+ダイアークで木の実貫通して処理ができたり、ダイスチルを打ってくる相手をダイバーンで焼き払ったりで圧倒的に特殊型の方が使い易いと感じました


    じゃあ何故エッジ採用してるけど原子じゃないの?
    原子にするとギャラドスには勝てますがアシレーヌに対して不安定過ぎるからですね
    アシレーヌはチョッキ持ちも多いんでダイロック(特殊威力110)だと耐えられますし、単純にD方面が硬い相手にはエッジベースのダイロックで攻める選択肢が欲しかったのもあります
    ただ、熱湯から入ってくるアシレーヌもいるのでこの点は一長一短です


    悪波、文字は確定
    エッジor原子+10万、アイへ、冷ビ(この辺りが候補)

    今回は冷ビで採用
    はっきり言って氷技の範囲そのものに全く需要はないが
    ダイアイスがめちゃくちゃ偉いので閃いた瞬間に即採用した

    砂嵐の影響を受けない襷持ちの岩封を持っているポケモンが
    バンギリザの2体を運用する上で辛く
    「相手の並び初手ホルード、ドリュウズ安定じゃんw」
    としか思えない構築に見せているので
    そこに弱保ダイアイスをぶち込めば想定外のワンパンを押し付けつつAC2↑のHP200近く残ったバンギラスが場に残るのでミミッキュを誘いやすく後続の展開を押し付けやすくなるのが偉かった





    ドリュウズ
    陽気 AS252-B4

    見せポケとして優秀だった
    と思いきや刺さってる時はちゃんと出す

    S2の頃にカバドリュを使用していたのもあって展開パターンは想像しやすかったので
    ダルマ+バンギ+ドリュはたまにした

    珠ドリュが好きだが
    リザードンに取られてる上に
    バンギが初手ダイマした後に出すパターンも多かったりしたので無難に襷を持たせた

    後は受け構築にもシンプルに刺さりが良いのでその場合もたまに出す
    正直ここはドリュウズという存在が重要だったのでぶっちゃけ型破りスカーフつのドリルとかでも割とアリだと思われる

    だけど今期最後の試合はバンドリュ選出で勝てたから
    なんやかんや愛着があるこの型が一番しっくりくる






    リザードン
    控えめ CS252-B4

    今までこいつに初手ダイマされた試合全部ボコボコにされまくってたのが腹立ったから じゃあ俺も使うわ
    と思ったので採用した
    最初はラムとかヨロギみたいな相手の対策ができる持ち物を考えたが
    控えめ珠ダイジェ(140)の火力がバグり過ぎててもうこれ以外持たせる気が失せたたまらん

    過去にも使用されている方がいるので
    今更キョダイリザードンの強みを語るまでもないがソラビと身代わりが他ではあまり見ない枠だと思うので解説

    ソラビは初手バンギ読みで水や地面を投げられる事が多いので単純に打点が欲しいなと感じたため採用した
    特に最近のリザードンはソラビの採用率が減っているのもあるので初手カバとか水ロトムを粉砕するのが気持ち良すぎる

    身代わりは
    「ダイウォール化」「相手のダイマを枯らす」
    「猛火の調整」「相手の補助技透かし」
    として使えるので非常に便利な技だった

    ダイジェットを積んだ状態で相手のダイジェ勢と対面する事もあるので2ジェットで止めさせる為にもダイウォールは本構築であれば必須(3ジェットされると追い風ダルマで止められない)
    ダイウォール+身代わり+猛火珠文字で気持ちよくなったりも一応可能


    あと全く関係ないがリザードンは個人的に好きなポケモンなのでこいつと2100まで行けたのが嬉しかった




    オノノクス
    陽気 AS252-B4

    150戦ぐらいしたけど3試合ぐらいしか出した記憶が無い

    ここの枠は
    ミミッキュの選出抑制が出来て、バンギラスが起点作成に見える枠
    という点が重要だったので本当にこの枠はなんでもいい

    オノノクスにした理由は相手の選出誘導力が高いから
    ドラパルト、アーマーガア、トゲキッス、ナットレイ、S97より上のポケモン全般辺りを出したくなる筈なのでそいつらは基本的に鉢巻追い風ダルマで処理が容易なのもあり採用した

    それでもミミッキュは普通に出てくる時は出てくるが
    ヒヒダルマを通す上で相手の裏を読むプレイングは必須なので少しでも読み易くするためにはなんでもいいとは言ったが性能が尖っているポケモンであればある程有効に働きやすい

    特に良い型が思いつかなかったので剣舞ラムで受け構築を崩そうとしたがアーマーガアで簡単に止まるし、サニーゴに負けた事すらあるのでほとんど信用していない


    今思えば
    がむしゃら、ギロチン、身代わり@1
    みたいなのが多分この枠だと一番仕事ができる

    身代わり連打からのがむしゃらでアーマーガアを削って裏のドリュウズで一貫を作れる上に絶対に読まれない筈の動きなのでこれを取り入れれば面白かったかもしれない
    @1の枠は挑発とか硬くなる辺りが候補かもしれないが自分は試したくもないので
    もしも読者の方々が天才か?と感じたら使って使用感を教えて頂けると喜びます(多分弱い)





    ヒヒダルマ ガラル
    意地 H4-A244-B4-D4-S252

    最強のゴリラ
    筆者は元々メガクチートのような重火力で目の前が見えていないポケモンが大好きだったがこいつを最大限活かせる今の構築を思いついてからランクマが楽しくて仕方なかった

    追い風下こいつの実数値は
    A472S294となるのでスカーフ持ちですら止められない圧倒的な力と速さでねじ伏せるのがシンプルな勝ち筋でありながらめちゃくちゃ強い

    打つ技に困ったらとりあえず氷柱押して怯ませたら半減だろうが2発で処理できるし、こいつの攻撃を1発耐えるぐらいの耐久があるポケモンはこちらを落とせないので
    ゴリラだけどチンパンムーブも何回もした


    氷柱落としは正直冷パンと悩んだがここは好み
    筆者は火力厨なので氷柱にした 深い理由は無い


    技範囲は基本的にこの4つで完成

    強いて言うのであればエッジが欲しいが馬鹿力を抜くとカビゴンで止まりやすいのと、80技でこだわる度胸が筆者には無いので採用を見送った


    こいつを出さなかった試合は3試合ぐらいしか無かったのでめちゃくちゃ頼ったし間違いなく本構築のエース枠だった
    追い風が無くても強いのが魅力的




    エルフーン
    図太い H220-B196-D92

    全自動追い風マシーン
    身代わり貼ってダイマ枯らして暇があったら宿り木して用が済んだら追い風をしながら散る儚い存在だった

    めちゃくちゃ雑に紹介したがこの動きが可能なのはエルフーンしかいないので頼りになったありがとう

    追い風を透かされた事は一度も無く、相手が勝手にコットンだと思い込んでくれるので身代わりでHPを調整する事で退場しやすくターンの管理は非常に容易

    適当にやどみがしているだけでも強いがエルフーンの対策をしていない上位陣は1人も居ないので慢心は禁物
    時には欲張らず追い風で即退場してダルマで起点を防ぐプレイングも心がけたい

    TODのコマとしても優秀だったり
    初手リザードンがダイマで1体処理したらエルフーンに引いて追い風でもう1回出して追い風珠猛火文字を連打が可能であったりで
    エルフーン自体は散るのが仕事だがどのようにして退場させるのかも重要なので初手ダイマ構築の中ではプレイングの幅が広く、ヒヒダルマが1つの技しか打てない都合上立ち回りは大切


    この構築はダイマミミノラゴンのような戦い方と似ているが
    一番異なる点は「追い風」と「トリックルーム」によるS操作である

    追い風はS2倍になるのでS95族のヒヒダルマをエースにした場合スカーフ持ちすらも越える速さで上から殴る事が可能だが

    トリックルームはカビゴンのような低速高耐久ポケモンが邪魔で止まってしまう可能性もある上にエラがみ以外は火力が貧弱過ぎるのが難点(ラプラスの大量繁殖も環境的に向かい風)
    また、トリル要員がアイへで怯まされたり急所で仕事せず退場する事もあるが悪戯心追い風はそのような事故が発生しないので運負け率の軽減にもつながる


    追い風を軸とする事で先制技でも打たれない限り必ず上から殴る保証(+氷柱怯みの上振れ)を選出段階から頭に入れつつ、基本選出も容易に作れるダイマエルフダルマは革命だと感じた

    但し、この手の構築全てに言える事だが
    再戦にはめちゃくちゃ弱いので潜る時間を見極めたり、ある程度は自分の慣れた構築を挟んで使用するのが最適だと思われる

    仮に再戦してしまった場合はバンドリュの純正選出をしたり初手ダルマでヤンキーぶちかましたりで
    何も考えてないようで深く考えているように見えて実は何も考えてないプレイングで殴りましょう 選出画面の時点で厳しいので仕方なしです


    初手ダイマといえばエルフーン+ミミッキュの印象が強いが
    初見で「これ絶対初手ダイマで草」と
    思われてしまってはコンセプト崩壊する上に相手の選出も読めなくなってしまうので絶対にミミッキュはこの構築に入れないと最初から決めていた

    初手ダイマは強いだ弱いと議論されていたりしましたが
    僕個人の感想としては初手ダイマは強いです
    と言ってもただ初手のポケモンをダイマさせるだけでは意味が無いですしアドバンテージを稼げない無駄な一手となります

    ならどうすれば無駄な一手にならないのか?
    僕がダイマックスはクソだと思う点は
    「え、お前そこでダイマ切るの!?そんなん知らんわ~」
    って言わされる状況下ですね

    僕自身も別の構築を使っていた時に
    初手ガオガエンがダイマ!?そんなん知らんわ~
    初手アシレがダイジェット!?それギャラでやれや
    って何回も言わされたりした場面ありますし実際それでぐちゃぐちゃにされまくりました


    ダイマックスは初手から試合を詰める最後まで互いに与えられた権利ですが1回しか使えない訳ですし当然慎重に扱うのが普通です

    だからこそ起点作成にしか見えないバンギラスだったり、裏から展開しそうなリザードンを初手からぶん投げて珠ダイジェで破壊するムーブが通せたらこんなん気持ちええやろなぁ~と考えました

    耐久ポケモン初手に出す動きは
    純正バンギに挑発+砂ダメージで削られつつ起点作成された後にドリュウズで積まれて展開されるのが普通なのでバンドリュに理解がある人にはされづらいムーブですし
    考える選択肢が多い相手にこそ、この構築が刺さって勝てたのではないか というのがこの構築を使って考えた感想です


    そもそもミミッキュを採用しない初手ダイマ構築がこの記事を書いている時点では未開拓だったため上位勢相手でもバレないですし
    読まれない一手としての初手ダイマは強いと思います


    今回紹介したダイマエルフダルマ以外にも初手ダイマ構築には様々な可能性を秘めていると思うのでもっと開拓されてほしい


    ここまで読んで頂きありがとうございました
    普段はドラパミミカビキッスうんたらかんたらみたいな構築ばかり使用していましたが今期は自分の色が出まくっている並びで戦っていたので新鮮でした
    再戦の度に んほぉ~!と言わなきゃいけないので最終日もほとんど潜れませんでしたがそれはそれでいい思い出になった気もします



    あと今回サムネとヘッダーを
    塩サイダーさんに作っていただきました






    画像を頂いたとき凄すぎてやばかった(語彙力皆無)
    本当にありがとうございます

    こんなかっこいいの用意されたら絶対に溶かせないし
    期待の重圧で潰されそうになりましたが
    2100越えてからも潜る勇気を出したりして
    本当に結果残せて良かった・・・

    最後まで戦い抜いたことで周りのポケモン達を
    希亜が好きな「かっこいい」6体として揃えられてあげたと思いたい




    来期は江戸ゲで忙しいので潜りません
    チームコードは上にあるので自由に使ってください
    真面目な語りはここで終わります お疲れ様でした!

    Twitter↓
    renobasu_poke





























    とある人に
    「江戸ゲのタイトルを弄るならちゃんと江戸ゲも紹介しろ」
    と言われたことがあって確かにな?と思いました

    なので今回紹介するのはこれです
    (18歳未満や構築以外興味がない方ブラウザバック推奨)


    希亜すこだ・・・w
    9-nine-シリーズですね

    この作品は投稿時点では4作品発売されており
    ここのつ→そらいろ→はるいろ→ゆきいろ

    の順番で物語が進みます

    作品ごとにメインヒロインが変わるという
    少し珍しいゲームなのですが
    今回は「ゆきいろ」のメインヒロインである
    結城希亜の歴史をネタバレ要素をできるだけ抜いて
    公式サイトの画像のみを使用してオタク特有の早口で語ります



    本編のあらすじ

    手にしたら不思議な力が使えるようになる道具が
    地震のせいで街中に放たれちゃった!

    しかも人の命にも関わる能力もあるから
    何としても事件を防がないといけない!

    俺達で道具を回収して街を平和にするぞ!


    めっちゃざっくり言うとこんな感じです





    希亜が主役となる作品は4番目でありめちゃくちゃ遅いです
    なんなら物語にそこまで絡んでこないので
    1作目のここのつだけではあまり魅力が伝わりませんね



    最初の作品であるここのつの公式サイトがこれです

    主人公と物語を共に進めるヒロイン候補どころかこの時点では味方とすら思われていません
    むしろ台詞の通り敵だと思われているのでめっちゃ対応も辛辣です

    主人公達の説得にも納得してくれず
    「貴方達が今回の事件の犯人だと疑っている」
    と一方的に言われます

    信用の欠片も無いですね
    この作品だけで希亜を推す方が難しいと思います

    流石にこの時の僕も「なんだぁテメェ?」という感情を隠せずに居られませんでした
    3作品目のヒロインである春風も「この人ただのやべぇ人じゃん・・・」で終わってしまうので

    ここのつ面白くなかったからそらいろはいいや
    と考えられるのがnineファンにとっては一番辛いですし希亜推しのためにも紹介を続けます




    また、この子が「ここのつ」のメインヒロインである
    九條都(くじょう みやこ)ちゃんです

    正義感が強く、しっかり者のお嬢様ですが
    少しうっかりやなところもあったりで周りにも慕われています


    ここのつではこの子と一緒に事件を解決する
    というのがメインのあらすじとなります

    キャラに癖が無くとても可愛らしい子なので
    nineシリーズの最初のヒロインにとても相応しいと思いますね

    この子がダメだったらエロゲの9割ダメだと思うので大人しくポケモンやり続けるのが一番です




    これが2作品目のそらいろで紹介されている希亜です

    いや全然プロフィール変わってなくて草。
    この記事作りながら文字打ってる最中も正直笑いました

    ただ、一言が少し変わっていて
    2作目である「そらいろ」でようやく敵ではないと気づいてくれます

    僕はこの作品で希亜が大好きになりました
    物語が進むにつれて「ここのつ」では見せてくれなかった一面を見せてくれる訳ですね

    しかしこれでも主人公と完全に打ち解けた訳では無く
    「敵ではないと判断されたから共に行動をしている」
    という表現が合っていますね

    警戒心が強いのもあって今作でも自分を必要以上に話してくれません


    希亜の活躍はあまり無いですが
    nineシリーズはこの「そらいろ」から大幅に物語の展開が変わって面白くなります

    個人的には
    「ここのつ」と「そらいろ」をセットで買って
    面白いと感じたら「はるいろ」と「ゆきいろ」の購入をオススメしたいです

    このそらいろで2作品連続でダメだと感じたら多分肌に合ってない証拠なのでやむを得ないですね




    この子が「そらいろ」のメインヒロインである
    新海天(にいみそら)ちゃんですね
    メインヒロインでありながらも実の妹です


    最初nineシリーズを見かけた時に
    僕はこの子がすこ過ぎてここのつそらいろの2作品を同時購入しました
    (この時はるいろは未発売)

    キャラが濃すぎてどこから語ればいいのか難しいですが
    ウザ可愛い これが真っ先に思いつく要素ですね

    nineシリーズはヒロイン交代制なので
    必然的にキャラが薄くなる子とかいますが
    天だけは常にうるさいですめっちゃ絡んできます
    でもめっちゃ可愛いです でもうざいです

    また、実妹(大切なこと)なので
    メインヒロインとしてはめちゃくちゃ癖が強いです

    エロゲに興味がある時点でかなり歪んでいるとは思いますが
    前作のヒロインである都と比較すると万人ウケしないので多少の覚悟は必要な作品な気がします
    でもプレイしたら可愛いから許されるんだな~これが(洗脳済み)


    すげぇ余談ですが
    USMの頃にTNにいみそら で潜っていました
    過去に構築記事も投稿しているので
    暇な方は探してみてください





    これが3作品目のはるいろで紹介されている希亜です

    ようやく主人公達を正式な仲間として見てくれます
    ここまで本当に長かった・・・

    一気に買えば短く感じますがこのnineシリーズは1年に1作品発売されるので仲間として見てくれるのに2年もかかりますね

    この作品から希亜推しになった人も多いのではないでしょうか

    本編を自分でプレイして希亜の良さを知って欲しいので
    この記事内でゲーム本編の画像はしませんが
    どちゃくそ可愛いです
    ここのつで見た希亜と比べたらかなりキャラ崩壊しますね



    この「はるいろ」でも
    物語の展開が大幅に変わります(2回目)

    nineシリーズは後に発売される作品に連れてとても演出も凝っていたり興味深い作品となっていますし、「そらいろ」が良かったから購入したという層からの期待には100%応える作品です





    この子が「はるいろ」のメインヒロインである
    香坂春風先輩ですね

    めちゃくちゃ臆病だけど美人で爆乳なオタク女子
    と言ったところでしょうか
    (このゲーム癖が強いヒロインばっかやんけ)


    「ここのつ」だとタダのやべぇ人で
    「そらいろ」だと敵ではないけどよくわからん

    という希亜の次に謎が多いキャラなのですが
    「はるいろ」で僕も春風が好きになるぐらい
    たくさんの魅力が語られます

    天や希亜との掛け合いが多く
    オタク特有のトーク力の無さとか
    「分かるわ~」と自分も共感しながら話が進むので
    心の平和さで言えばこの作品が一番かもしれない

    先輩キャラをあまり好きになったこと無いけど春風先輩はすこ




    これが4作品目のゆきいろで紹介されている希亜です

    はい可愛い
    もうね何しても可愛いんですけども
    何から語ろうかなとウズウズしてましたが

    「ゆきいろ」は発売してまだ1か月程度ですし
    希亜の魅力に関するほとんどの事がネタバレに直結してます

    というのも
    「ゆきいろ」は「ここのつ」「そらいろ」「はるいろ」の全てをやっている事前提の少し特殊な内容となっているので
    いくら希亜が好きでもそこは触れません
    ほんの少しでも興味が湧いた方には
    自分の手でプレイして頂きたいのです

    そして・・・なんでもないです


    結局希亜について語れてないじゃん
    と思いましたか

    この謎に包まれたミステリアスな少女が
    希亜の良さなんだよ!!分かれ!!!
    黒髪ショート厨二病ゴスロリボッチオタクパフェクイーン貧乳属性とか唯一無二のキャラだし

    これでも伏せてる要素多いから
    少しでも気になったらまずは「ここのつ」から買おう!!



    一応発売順とは別にプレイできなくも無いですが
    「ここのつ」「そらいろ」「はるいろ」「ゆきいろ」の順番にやる事を推奨しますし話がめちゃくちゃになってすぐ投げると思いますね




    4作目で希亜の全てが語られます

    1作目であのような対応をされたのか
    2作目で完全には信用されなかったのか
    3作目で信用されてはいたがそれでも語られていなかった想い


    これら全てを見て希亜推しになった人が多いです
    僕は2回好きになりました

    いやマジでありえん良さみが深すぎる


    クールで普段は何を考えているのか
    想像もつかない厨二病で小柄な女の子

    これが最初の希亜で
    僕もそらいろプレイした時から
    この希亜が好きではあったけど
    今ではこの作品と出会えて良かったとちんぽこ思います


    この感動を味わったのが
    今シーズン始まる1週間前だったので
    来期はTNゆうきのあ ROMで結果残すか~

    という動機で頑張りました
    ポケモンに対するモチベはそんなもんです


    エロゲやればポケモン強くなるんか?
    と昔リスナーに聞かれたことがありますが

    当たり前ですけどそんなことないです

    大切なのは
    モチベーションを保つ理由
    これだけで充分だと思います

    ポケモンって
    勝てば楽しいですけど負けたら基本は楽しくないです

    エロゲは
    プレイするだけで楽しいし絶望も感動も体験できます

    要は
    対戦ゲームばかりやってると息が詰まるよね
    という事が言いたいだけです

    だから
    ポケモンも良いけどこのエロゲも興味あったら始めてみませんか?
    という布教活動をしている訳ですね

    ここに当てはまるのは
    散歩とか筋トレでも良いと思います

    だけど僕は運動が好きじゃないオタクなので
    エロゲが一番楽に気が休まる方法だと思ってますし
    同じ趣味の仲間が増えた方が嬉しいです



    めちゃくちゃ良い話風に語ってるけど
    この筆者が「顔面ニヤニヤさせながらエロゲを勧めてきてるオタク」である事実には変わりないので話全部流し捨てる方が正解な気がします


    ここまで読んで頂けた猛者は果たして何人いるのか
    全ては謎に包まれますが
    長時間本当にありがとうございました

    再来月にポケモン復帰すると思います
    さよなら~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。