聖剣伝説3 黒幕フェアリーのセリフ集 Part4
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

聖剣伝説3 黒幕フェアリーのセリフ集 Part4

2015-08-25 15:47



    久しぶりのpart4です。
    忘却の島のウザさはかなり濃い気がしますね。

    セリフ集の説明

    • このパートでは、忘却の島から、マナの聖域(1回目)までのセリフがあります。
    • フェアリーがウザいと思ってしまうセリフは青色で塗っています。
    • フェアリーが嘘をついていると思われているセリフは赤色で塗っています。
    • 私個人のツッコミについては緑色で小さく書きます。
    • 色の判断は、私個人の判断です。客観的に見ると間違っている場合があります。

    ――――――――――――――――――――――――――――――――
    忘却の島

    みんな、今までどうもありがとう!
    これでやっと聖域のトビラを開く事ができるよ!!
    (本当に感謝してますか?)

    旅の間にもどんどんマナが少なくなっていったけど
    今ならまだ何とか間に合うかも知れない…
    じゃあやってみるね!さあ、精霊のみんな、力をかして!!

    はぁはぁ…みんなありがとう…予想以上にマナが減少しているの。
    なかなか広がってくれなくて…
    (言い訳はいいから早く開け)

    もう一回だけやってみるね!
    マナの女神様、私達に力をおかしください!!

    (困ったらマナの女神持ち出すよね~)

    ううん、違うの!私まだ何もしてないよ!
    聖域のトビラが自然に開いちゃったの!!
    きっと各地のマナストーンが全てエネルギーを放出させられているんだわ!
    (は?開こうとして息切れまでしてただろ?それで何もしてないって言うのは無理があるぞ)
    (ちなみにこのあと紅蓮の魔導師から「お前達のおかげ」というお言葉を賜ります)

    マナストーンのエネルギーが、私や精霊達の力と
    重なったせいであんなに巨大化して空中に上がってしまった!
    これじゃ、地上からは入れないよ!
    (自分でも行為を行ったことを認めているじゃないか・・・)

    何、あれ!?気を付けて!!

    う…ん…

    みんな、しっかりして!


    (パーティにリースがいる場合)

    えっ?

    本当!?急ぎましょう!


    (パーティにリースがいない場合)

    待って…たしか、この世界でいちばん高い
    山の上には、マナの女神様がつかわされた、翼あるものの
    父と呼ばれる、山と空の守護精霊がいたはずよ…

    あっ!あれよ!!翼あるものの…?
    うーん、父って呼ぶには小さいわねえ…子供かしら?

    ねえーぼくー、私達をマナの聖域に連れて行って
    ほしいんだけどー!
    (かなりうざい)


    あっ、ごめーん、女の子だったのね?
    じゃあ、おわびにかわいい名前をつけてあげるから許して!
    フラミーちゃんってどうかしら?
    (煽ってるうえに高圧的)

    そう、気に入ったみたいね。よかった。
    じゃあフラミー、さっそくで悪いけど時間が無いの。
    忘却の島上空の聖域のトビラを通って、聖域に向かって!
    (このセリフはリースのものとまったく同じだけど、どうしてこんなに印象が違うのか)

    ――――――――――――――――――――――――――――――――
    ・マナの聖域

    ここがマナの聖域よ!

    (クラスチェンジする場合)
    この女神様の像はマナストーンと同じ石
    できてるの。
    地上のマナストーンと同じように
    クラスチェンジもOKよ!
    (神獣を封じるために使った要石なのに、それで自分の像を作る女神はナルシスト)

    と言っても、もし、クラス3に
    クラスチェンジするんなら、そのクラスごとの
    秘密のアイテムが必要だけどね…
    (秘密のアイテムだけにヒントはほとんどない)


    さあ、クラスチェンジできるかやってみましょう!

    目を閉じて、精神を集中するのよ!

    もっと強く念じて!
    (やっぱり上から目線)


    (クラス3へのクラスチェンジの場合)
    次のクラスにクラスチェンジするためには、
    勇者の証となる、クラスごとのスペシャルアイテムが必要よ。
    持ってる?アイテムを選べばそのクラスにチェンジできるよ!
    (秘密のアイテムなのかスペシャルアイテムなのか統一しろよ!)

    (てきとうなものを選択)
    そうじゃないよ、スペシャルアイテムだってば!
    (何事も試してみるものだろう?)


    (違うアイテムを選択)
    うーん、そのアイテムでは、あなたの
    次のクラスにはクラスチェンジできないみたい。
    他にない?


    あら、やめちゃうの?そう、それもいいかもね…
    (なんか意味深。魔法ダメージ倍率が上がることへの皮肉ですかね?)


    (既にクラス3の場合)
    もうこれ以上クラスチェンジはできないみたい…
    後はあなた自身が、どこまでレベルアップできるかだけね。
    がんばってネ!!
    (レベル50付近からレベルアップもほぼ無意味になります)


    見てっ!あれがマナの剣よ!!

    あせっちゃダメ!心を落ち着けて。
    剣と対話するのよ。
    (うるさいなぁ・・・。しかしこの後さらわれます。宿主から離れても大丈夫なんですね^^)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。