【人力刀剣乱舞】伯仲でkrank 個人的解釈
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【人力刀剣乱舞】伯仲でkrank 個人的解釈

2020-11-30 21:17

    これはゲーム他、様々な媒体から得た刀剣男士の情報から、
    りーがパンを作るがごとくこね回した結果生成された妄想という名のダークマターです。
    何の配慮も無くネタバレします。
    動画は腐向けとして作っていないため、こちらでもそういったコメントなどお控えください。

    お久しぶりです。
    今回はこれ。


    誰の耳にも届きはしないのに
    気付かないのに
    未だあなたを生かし続けてるあれは
    決してあなた自身じゃないことは
    解っている
    もう解っている

    長義パートのこれが決め手でした。

    彼らの主張は誰にも届かなくて、自分でもどうしようもないという時間を長く過ごしてきたのでしょう。
    だからこそ彼らはこんなに拗れてしまった。
    とうらぶの山姥切伝説で考えるならば、山姥切国広を山姥切たらしめているものは人間の認識です。
    それは国広のせいではありませんし、それを長義も嫌というほど分かっているんです。
    長義も人間の認識によって逸話を失くしたのですから。
    それでも国広に「偽物」と言うのは、国広に遅れを取ってしまった長義ができる最大の抵抗です。
    わざと強い力を持つ言葉を使い、より感情移入されるであろう相手に面と向かって喧嘩を売る。
    非常に効率がいい。

    なんとなく、長義は自分すらも駒として状況判断をする気がします。
    長所、短所、得意、不得意……それらを総合した最善手を打ってくる。
    自分より向いている者がいれば、先陣だって殿だって任せます。

    国広は自分は駒にしません。
    これはうちのが初期刀だからかもしれませんが、自分以外の全員を生かす手を考えます。
    誰も犠牲にしたくないから殿を買って出るタイプです。
    初めての戦場であれば先鋒もするでしょう。

    だから国広には、長義の意図が完全には理解できません。
    無意識に自分と同じ考え方をすると思っています。
    どうして偽物と呼ぶ? 特の頃の俺と同じで、逸話に振り回されているのでは?
    ならば俺が知ったことを伝えなければ。そうしたら、長義も不安定な軸から解放される。

    長義からしたらたまったものじゃありませんね。
    「山姥切長義」が「山姥切国広」に「偽物」と言うから効果があるのに。
    勝手に推測して、勝手に納得して。思考回路すら断定して結論を急ぐ。
    当然キレます。
    それは、お前を写しと侮った人間と何が違うのか。「山姥切」を損なう行為ではないのか。

    伯仲にとってこの世界――少なくともとうらぶ世界には、光は無いに等しいと思います。
    明確な答えが無く、互いを補い合うと同時に損なってしまう。
    首吊りの処刑台に乗せられ、お互いの足場を崩すスイッチを握っている。
    そんなイメージです。

    でも彼らにとってそれは普通で、そのままできることをするんです。
    片や処刑台の上で演説を。
    片や処刑台の上で哲学を。
    はたから見れば今そこでやる??? という感じですが、やるんです。
    降りられないので。降りることは、彼らが世界に負けたということなので。

    Rey(りー)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。