【MMD】物理演算ONにしたままおっぱい剛体を動かす【物理演算】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【MMD】物理演算ONにしたままおっぱい剛体を動かす【物理演算】

2016-03-14 21:31
  • 5
RGBA式おっぱい剛体の欠点というか使いにくいところは、乳の揺れ具合をMMD上で調整できない点です。剛体モーフかJointモーフがあれば簡単に揺れ具合を調整できるのですがないものは仕方ありません。
いろいろと考えているのですがなかなかうまくいきません。乳の先っぽに付いている補助剛体の位置をずらしてJointからの位置を変えるとテコの原理で揺れが変化すると思ったのですがダメでした。
でもこの実験から、物理演算をONにしたまま剛体の位置を移動したり回転させることができるようになりました。さっそくRGBA式おっぱい剛体をバージョンアップして自作ハク姉に組み込んでみました。

■仕組みの説明
図のように、複数の剛体とJointで構成されているRGBA式おっぱい剛体(オレンジ色)をひとつの剛体(おっぱい剛体群)として考え、このおっぱい剛体群を別な「ボーン追従剛体」(緑色)にJointで接続しこの剛体の「関連ボーン」を移動/回転させておっぱい剛体群ごと乳を動かす



(1)胸変形ボーンを組み込む
おっぱい剛体群を取り付ける胸変形ボーンを作る(位置や大きさは適当)
親ボーンは「上半身2」、性能の「回転」「移動」「表示」「操作」ボタンをONにする





(2)胸変形剛体を付ける
胸変形ボーンを関連ボーンにした胸変形剛体を付ける(位置や大きさは適当)





その他の剛体は、RGBA式おっぱい剛体ver1.4と同じ

(3)Jointの設定

胸Joint:接続剛体Aを胸変形剛体、接続剛体Bを胸剛体にしてJointでくっつける(位置は適当)


Joint_a1:接続剛体Aを上の胸変形剛体、接続剛体Bを胸補助a剛体にしてJointでくっつける


Joint_b1:接続剛体Aを上の胸変形剛体、接続剛体Bを胸補助b剛体にしてJointでくっつける




その他のJointは、RGBA式おっぱい剛体ver1.4と同じ

(4)表示枠に胸変形として登録




■こんな感じで物理演算ONのまま乳を動かすことができます







このままでは乳が破綻するまで変形できるので使用にあたって注意が必要です。
これに乳の大きさを変えるおっぱいスライダーを組み込めば完璧のはずw
ちゃんとしたモデルができたら配布する予定です。

RGBA式おっぱい剛体ver1.4については↓の動画をご覧ください(宣伝乙)

広告
×
wwww素晴らしい!ブラボー!ハラショー!
垂れ乳とサヨナラ胸の好きな私には願ってもないボディです。
あと、個人的な希望ですが、お尻とお腹も調整できるようにならないでしょうか? 単純に熟女系のボディが欲しいだけなので、モーフでなくて最初から太目なだけでも万々歳ですが。
54ヶ月前
×
・・・・最初から太めなら 普通に頂点いじれば良いだけのような気がしなくもない。。

そういえば 色々な方(カノンの改変モデルとかその他)物理onのまま動かしていますが いろんなやり方があるなぁとか感心しております。
54ヶ月前
×
>>1
ありがとうございます。
乳をかなり変形させるのでウェイトの設定がかなり難しいです。
お尻とお腹のモーフもできたらいいなと思っています。
54ヶ月前
×
>>2
最近MMDをいじっていませんがすごいモデルとか配布されているようですね。

物理ONのままボーンを動かす方法はいくつかあるようですが、他人の作ったモデルってどういう構造になっているのかよく分からないんです。
IKとかボーン関連については詳しくないのでもっと勉強しようと思っています。
54ヶ月前
×
>>2
あ、いや、言葉足らずでした。 要するに「重力に負けてる」感じが欲しいんです。 カノンボディも太目モーフ付いてますけど、そうじゃなくて全体に垂れてるような重量感がイイのです。
私はおっさんやおばさんが好きなんです(←熟年フェチ乙w)。

54ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。