ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

アニメ3話までの感想 【健全・アヴェ・マンアシ・ブレブレ・キャプアス 】No.5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメ3話までの感想 【健全・アヴェ・マンアシ・ブレブレ・キャプアス 】No.5

2014-04-30 16:42
    健全ロボ ダイミダラー 
    【あらすじ】
    地球にペンギン帝国が攻めてきた!
    それに対抗できる物は
    ハイエロ粒子を持つ者と 
    ハイエロ粒子で動くロボットだけである

    ハイエロとは 高純度のエロ波動であり
    童貞である事が脳内活性による
    ハイエロ粒子の抽出に最適だった

    そんな至高の童貞力をもった主人公が
    ペンギン帝国に立ち向かうストーリー


    バカでしょ?w 激しくバカでしょ?w

    そんな姿勢が1話からまったくブレない姿勢が
    自分的に高評価の理由と言うかそれしかないw

    ハイスクールDxDのロボット版
    いやそれより酷いレベルでバカエロ展開

    自分的にはダイミダラーが有るから
    ダイショーグンの評価が落ちてるとも言える

    開き直り具合と葛藤してる主人公の印象と
    敵対組織のバカさ加減が変な所で噛み合ってる
    というか、中の人(声優)に申し訳なく思ってしまう展開

    最低限のストーリーに全力でやりたい事をやるスタイル

    ある意味で今クールの桜トリック枠
    【強烈なクドさも慣れてしまえば問題ない】
    ストーリーがない、考えさせない事で
    その状況の異常性を認識させずに刷り込んでいく

    ダイショーグンより遥かに童貞力を示した作品

    日笠さん・・・芸人枠とも言われてるのに
    さらに今期は総じて汚れ声優化してるじゃないですか…

    大好きですけどw

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ディスク ウォーズ アヴェンジャーズ
    【あらすじ】
    ディラン(怪人犯罪者)を収容する為の4次元収監装置
    通称 D(ディスク)が作られた事で始まる
    ヒーローと世界と巨悪のヒーロースペクタクル物


    Dが悪役側に大量に漏れるという王道展開から
    怪人(ヒーローを含む人間から逸脱した存在)であれば
    Dに収容されてしまうと言うトンデモ展開

    主要なヒーローがD化してしまう中で
    そのDを設計した息子達や巻き込まれた子供が
    Dを扱えるようになるまでの流れが2話までの話

    OPとEDはかっこいいんだよなぁ どっかの亀と違ってw

    流れが少しご都合が過ぎる気がする
    Dスマッシュのモーションもクドイ
    子供は装置を動かす脇役で良いと思うんだが…
    Dスマッシュからヒーローが出てくる所を
    丁寧にしてほしかった。 ガキのポージングは要らん
    正直、動いてるヒーロー達が見たいのであって
    ガキどもの葛藤は必要最小限にして欲しい。
    子供向けなのは理解してるが必要?と思ってしまう

    次回予告のタイトル告知でネタバレしまくってるのは
    シュールな笑いと受け取っても良いんかね?w

    ヒーロー達の性格が日本お約束の改変を受けていない
    原作通りのヒーローである事が自分的高評価にはなってる

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    マンガ家さんとアシスタントさんと
    【あらすじ】
    下着(特にパンツ)を書く事が生き甲斐
    そんなエロに純粋な少年誌に連載中の主人公と

    そんな主人公に呆れながらもアシスタントとして手伝う
    足須沙穂都(あしす)さんを軸にして描かれる爽快エロアニメ


    あらすじ言っちゃうともう語る部分ねーんだよなw
    これも某所で言う童貞力をこじらせた主人公のアニメ

    主人公が童貞力を発揮してヒロイン勢が
    (あ)キレるという流れだし。

    足須沙穂都(あしす・さほと アシス・サポート):早見沙織
    のために見てるという感じもある。

    15分だからこそ見れてるという感じかなー
    そこが生徒会役員共との評価の差という所かもしれない

    人が少ないのはいい事だが引き出しが狭くなって
    30分通しでやるにはちょっと飽きる感じがする

    結局、主人公の書いている漫画の話と
    執筆中に起こるハプニングだけしかなく
    部屋の中から殆ど出ないと言う
    空間的な飽きを感じてしまう

    15分と言う判断は素晴らしかったと思う

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ブレイクブレイド 
    【あらすじ】
    石油資源が枯渇した未来、石油の変わりに用いられたのは
    枯渇とほぼ同時に人間に発言した精神エネルギー

    そのエネルギーを蒸気機関や電力のように使用し
    機械や兵器、人型ロボットを動かす世界へと変わって行った

    そして同じ時期に学園に入り親友となった3人
    西の大国の実直な王弟と王位に興味の無い中立国の王子
    そしてエネルギーを持たない特異な青年
    その3人の絡み合う人間関係を軸にした戦記物


    キツイ! こういう正義を背負った風の殴り合いは心に悪い
    単純に敵国としての憎まれ役にしない為の敵国クローズアップ
    そこにありがちな会話のすれ違いからの親友との戦闘

    どんどんライバル役がエルトシャン(FE聖戦)化して行く
    どこかで身内に殺されるフラグがガンガン立って行く

    攻め込まれる理由もなかなか生々しい

    東西の二大強国にはさまれた中立国二つの状況で
    直に接してる国境線ではなく、東の軍が中立国(自国)の国境を
    軍事演習として通過してきたが、そのまま隣の中立国に攻め入って
    他の中立国を占領し併合してしまう。
    西は進軍を許した中立国に対して、東との協調行為・敵対行為と認定
    自治権の放棄と王族の解体を通告、中立国(自国)は拒絶した為戦争が開始された

    日本で言えば 大阪京都奈良三重 としてだ
    三重が京都に乗り込もうとした時に
    奈良に一回入って奈良京都の県境から攻め込んで行ったという形

    まぁ実質的な国境に接する所は強固だろうが
    中立国同士の砦なぞ実国境の砦と比べれば柔らかい

    で喉元まで攻め込まれた大阪がお前の所為だから併合されろ
    ついでに自治権放棄と知事を解任しろと言う流れ


    王弟と主人公と国王の情報のすれ違い勘違いが心に来る
    王弟は上記の併合だけだと思っているが
    二人は口頭で伝えられた「王族郎党全員処刑」を知っている

    早く言えよ的な流れにもやもやするし
    王弟が気が付く頃にはこの強襲部隊に死者が出てるだろう
    当然自国の被害も相当出ているだろう

    小さなすれ違いが大きな溝になって現れる
    そんな重苦しい展開がこの先あることが容易に見える

    楽しみでもあるし見たくない気分でも有る

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    キャプテンアース
    【あらすじ】
    幼少期、不思議な少年が見せてくれた手の上の丸い虹
    高校生になった主人公はテレビに移る
    塔を囲う虹をみてその過去を思い出す
    そして故郷に戻った少年はいつか見たロボット
    キャプテンアースに乗り、異世界の敵と戦う事になった



    王道だが細かい設定も見える精密な作品に見えるが
    合体シーンが理に適ってるように見えて
    実はファンタジーというちょっと残念感が有る
    噴射口が引っ込んで手が出てくるのはちと・・・
    他はそれなりにリアルらしくやってるのにソレかとw

    ロリの天才技術者と聞くと 
    鷲羽ちゃん(天地無用)からのテンプレだなと思いつつ
    そういうあからさまを外さない鉄板ストーリー 

    実際ややクドい 敵側が何か変な用語出してきてるけど 
    んなもん感覚で良いよ的な回りくどさ

    全体的に野暮ったい感じ、
    リアルさを求めるあまりクドいというか無駄尺と言う感じ

    そしてこのおっさん(室長)組織を突っぱねて
    異能力者の二人と主人公とロリ(娘)を自分の家に引き取るとか…
    そして平穏な日常描写からの別組織の行動の活発化
    室長死ぬぞ……

    そして・・・戦闘シーンでまさかの展開
    バックに流れてる曲とマシンの神々しさを見たときに思わず
    「ウィツアルネミテア・・・」 
    と思わずうたわれるものを思い出してしまった

    明らかに異能力持ちの少女が生み出したマシンに加え
    主人公側の巨大ロボの動力源が生命エネルギーである事を考えると
    このヒロイン後3回くらいコレ呼び出したら死ぬ流れだ・・・

    と思ったら、こっちのロボは異能力の少年の写し身で
    ヒロインは主人公と同じく動力エネルギーの提供役か

    超時空うたわれるもの・・・・まさかこんな形でw
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。