夏アニメ 1話感想 その1 【グラスリ・ヴォルン・ばらかもん・アルドノア・SAO2】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏アニメ 1話感想 その1 【グラスリ・ヴォルン・ばらかもん・アルドノア・SAO2】

2014-07-08 21:24
  • 1

夏アニメ 1話感想
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見た順で 評価は 良い<普通>悪い A<C>E
全作品未読・情報はアニメ内のみ

【グラスリップ】C- 青春物?
・Aパートまでで青春物と若干ファンタジーかなと思ったら

・Bパートでなんだか主人公だろうなって判ってるけど
理屈と痛いセリフしか吐かない電波系男子・・・

そして5人組に転校生1人が入って
一気に関係性が崩れて恋愛模様が加速する流れ


・視聴後

あれ?これファンタジーじゃないの?w
と思う位の異次元的表現を使ってるのに
やってる事は恋愛物とかいう初見にはキツいっすわ
どっちの尺度で見たら良いかわからん

まぁ1話だけで、どのキャラがどういう位置に居て
この後動動くかが明確に見える所は良いが
全体的に展開が・・・ユルいというか細かい所が気になる。
ガラス細工の炉の前で仕事してるのに汗の表現が無いとか
経費削減(静止画引き伸ばし)の度合いが酷い


【アルジェヴォルン】A この王道嫌いじゃない・エステバリス?
・Aパート
OP無しとかやってくれるじゃないか

解放軍と王国軍。
そして開幕の巨大砦でのフラグ満載の慢心からの負け戦。
驕った王国の腐った上層部、安定の逃走
「国が末期症状」と視聴者に判りやすく展開する

・Bパート
キレ者過ぎて上層部に嫌われた隊長と問題児ばかりの隊員。
そして学校上がりのペーペー主人公
なんでこんなへっぽこがここに投入されたのかが楽しみだ

と思ったら民間人が攻撃されてて思わず突っ込んでいくスタイルw
あー・・・判ったw こいつ助けたがりだw
戦況や状況や戦略なんて関係なく
目の前の弱者を助けたい、正義面の助けたがりw
これで多分、学生時代から教官と揉めたんだろうな

ちゃんとした軍事教育がされてる世界で
こういうタイプはゴミ箱行き、理に適ってる流れだ

そしてその民間企業が運んでる物が
最新鋭機動兵器アルジェヴォルン と・・・

そしてIFS=イメージフィードバックシステム(ナデシコ)とw

んで機械式に慣れた主人公の入力ラグ
(TFSのラグゼロによる早すぎ行動で当たらない)
も仕込んでくるセンスもすごい、細かい描写が巧い。

監督そつが無いww そして王道っすなぁ~


・視聴後
自軍の厄介者集団と聞くとやはり監督の作品である
機動戦艦ナデシコ(性格に難有り・だが超優秀)
を髣髴とさせる展開。

無責任艦長タイラー にも近い気がするな
上層部に嫌がられ最前線に投入されまくり、みたいな。

なんにしろ続きが楽しみだ。

今回の監督の思惑は
【ナデシコをベースに地上戦限定にしてみた】
なのかねぇ・・・それはそれで面白い。


【ばらかもん】C 書道物・田舎暮らし

・アバン
良い入り方だなぁ
がんばった結果が審査員に味気の無い無機質(無個性)な筆
と断じられる、そしてそこからの右ストレートでドロップアウト

・Aパート
端的にいえば自分の書を探しに田舎暮らしに逃げる描写
(まぁあの審査員が生きてる間は入選すら出来ないだろうしな)

そこから主要登場人物の紹介と淀みが無い
若干のギャグ的要因もクドくなくて良い感じ

この幼女(クソガキ)が型に嵌らない自由の象徴として
主人公に影響していくんだなと余裕でわかる展開

あーウゼぇ・・・こいつら(大家・クソガキ)・・・・

いや、主人公も拗らせててウゼェw

・Bパート

まさかの入りが自分の一般曲の持ち歌である
大事マンブラザーズの「それが大事」とか・・・

うん・・この序盤のクドさを乗り越えるの結構難しそうだ

いや・・クドさじゃねーな田舎のあつかましさと言うか
懐深さっつか実写ドラマの人情系の香りがして
見てるのが恥ずかしいって気持ちが先に来ちまうからだろうな

・視聴後
壁(主人公と視聴者の意識)を壊す事を重点にした良回
そつなくまとまった田舎人情物って感じがする


【アルドノアゼロ・ニコ動】A 宇宙物・約束された未来(絶望)

・アバンではなくAパート
速水さんが出てきた時点でもう笑いが止まらないのはなぜだ…w
あからさまな黒幕的気配を撒き散らしながら登場とか勘弁ww

火星で見つかった超文明を占有した火星移民団が独立し
ヴァース帝国となって遺跡の提供を迫る地球に対して宣戦布告
圧倒的威力で地球の主要都市は壊滅・・と言う流れか
そして専守を旨に表に出なかった日本が一番余裕を残し
そこに世界中の難民が押し寄せて今に至る・・って事かな

火星との交戦状態は解除されないわけで

現状が戦時体制だから指導要領が変わって
学校が徴兵を兼ねてロボットの操作を教える

虚淵さん・・また理が立ち過ぎてますよ・・・
誰が絶望するんかねぇ・・・姫かな。 死ぬだろうな・・・

・Bパート
はい盛大な周囲のフラグ立てから、
予想通り死にましたなぁ…まさかの1話でw
影武者の可能性も有るが電撃戦の間にはバレないし
バレた所で最後まで残った主要都市壊滅で
主だった反攻は無理だろ。

つか、このテロは火星側だろうなー
元地球人だったらわかんねぇし。


・視聴後
最後のロボット描写がちと理解に苦しむ展開の速さだった
崩壊した月面内に居たのが
地球軍の「火星技術の入ったロボット部隊」って事かな?
そうであれば姫はそこに逃げ込んでいる可能性もあるわけで

でもあの傍に居たメイドがエレベーターでの会話(説得)だけで
影武者を演じるまでの献身を抱くのかと言う疑問が浮かぶ
そういう所はヌルくない虚淵がそれを許すのかと言う疑問もある

姫の影を引っ張るのか、早々に出てくるのか
今の注目はそこだな。




【SAO2・ニコ動】C 3期GGO編 キャラ補正に頼りすぎ

・Aパート
日常と事件の発端を描写

・Bパート
事件の調査依頼
シノン登場

・視聴後
なんだろう視聴中に思う所がないというか・・・
会話で説明終わっちゃってるから親切と言えば親切なんだが
原作未読なのであれだが…2期で終わっとくべきだった?

茅場のシステムに穴を作るのは作者として簡単なんだろうが
あんだけの事が起きてその結果のシードに欠陥がある
って流れは正直どうかと思う。

IP抜かれて住所特定されたとかそこらへんのお茶濁しで
現実の密室殺人事件をネトゲ上の何らかの手段での殺人とを
誤認させるロジックなんだろ? と思ってしまう

そもそも1年のリハビリであそこまで回復するのか?
と言うどうしようもない事を考えたりする。

リアルの比重を高めるのは結構だが
それに伴う現実世界のディティールが薄っぺらだったら

またキリトがワンマンヒーローして終わりとか
現実の仕込みはメガネが全部解決して終わり・・・とか
なんか御都合で終わらせたら承知しないって気持ちが先に来る

まぁとりあえず 3話までは様子を見よう、評価できん

完全ファンタジーからリアル志向に踏み込んだ所で
まともなシナリオを切ってくれているのかどうか・・・

そもそなんでSAOしかタイトルにないの?w
SAO/ガンゲイルオンライン編 じゃないの?

まぁ、3話まで待とう1話としては妥当な纏め方だったんだし
1話を説明回として全力で使う事は悪い事じゃない
ある意味、期待の裏返しの低評価って所もあるな


追加 コメ有りで見直したらEDで

銃器監修 時雨沢恵一 (キノの旅 等 銃器が得意なラノベ作家)

マジでなにやってんすかw
まぁ銃のディティールは安心できそうw


広告
×
 うーん グラスクリップに関しては同意見かなー。
 僕は1話でもう見てられない!

 アルジェヴォルン

 うーん 見返してたら ソツなく面白いと思ったけども、
 サトタツさんにしてはキャラがおとなしい人が多い感じがした。
 キャラデザのせいかな?
 ちょっと、シリアス過ぎるってのが問題かなーって思った。
 それとアクションに拘り過ぎてるの感があるなー。
 うーん。  
 なんていうか、サトタツさんの作品の魅力は
 面白おかしくシリアスでいこう! って感じだと思うんですよね。
 なんか、この作品はギャグを入れると しらける雰囲気があるので
 ちょい厳しいとこだなーって思った。
 サトタツさんに厳しい僕でした。
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。