ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

響け!ユーフォニアム 最終話 13話 さよならコンクール 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

響け!ユーフォニアム 最終話 13話 さよならコンクール 感想

2015-07-03 23:46

    さすが京アニという作画力で視聴者を物語に引き込んで来たこのアニメもついに最終話を迎えました。その最終話も想像を超えてきました。感想を書いていきたいと思います。


    まず冒頭、目覚ましが鳴りますが久美子はすでに起きていてすぐ目覚ましを押します。気合というか意気込みが伝わってきますね。


    本番前の音合わせもペットボトルの水の振動で音が合っている事を表現してました。f:id:moriyoshi0814:20150701184656j:plain


    響け!ユーフォニアムでは、というか京アニはこのような背景や物を使って心情や状況を語らせるという演出はさすがですよね。ストーリーじゃなく演出だけでずっと語れるほどです。


    久美子と同じポニテにする麗奈。f:id:moriyoshi0814:20150701192844j:plain


    久美子の手つきが良かったですねw

    f:id:moriyoshi0814:20150701192914j:plain

    あすか先輩もポニテだったし気合いを入れる時には女性はポニテにするものなのかな?


    そして圧巻なのは本番ですね、作画はもちろんここは表情だけですべて語らせてしまいました。

    塚本が失敗してたパート。塚本のカットからの滝先生のこの表情のカットです。f:id:moriyoshi0814:20150701185202j:plainf:id:moriyoshi0814:20150701185216j:plain


    そして麗奈のソロパートの香織の表情f:id:moriyoshi0814:20150701185332j:plain


    今まで描かれてきたキャラ達の心情を知っているのでとても感動的でした。


    成績が発表の時も一話との対比になっていましたね。

    金をとってからの関西大会に出場できるの結果はあえて学校名の台詞や関西大会にいけるぞという台詞をいれず、絵だけで結果をあらわしてました。

    f:id:moriyoshi0814:20150701193745j:plainf:id:moriyoshi0814:20150701193832j:plain


    しかし、気になったのがあすか先輩です。彼女は本番直前もこれで楽しかった時間は終わりと全国にはいけない考えており、全国にいくぞーという掛け声にも混ざらずに、f:id:moriyoshi0814:20150701193916j:plain


    久美子に全国に行くんですと勇気つけられた時も金をとった時もこの表情。

    f:id:moriyoshi0814:20150701190036j:plainf:id:moriyoshi0814:20150701190049j:plain


    なぜ彼女はここまで寂しそうな表情をしていたんでしょうか。誰がソロ吹くかなんてどうでもいい、楽しく演奏ができればいいと言っていたあすか先輩ですが、全国目指してないなら彼女はユーフォニアムになぜあんなに一生懸命だったのか……どうやら闇は深そうです。あすか先輩の掘り下げや滝先生がみていた娘?の写真、客席にきてた謎ポニテさんなども原作2巻3巻で語られているそうなのでわざわざ登場させたって事はアニメも続編に期待ですね!


    最後に本当に素晴らしいアニメをありがとうございました!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。