ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【保存版】絶対に忘れられない自己紹介!

    2020-03-22 07:00
    おはようございます!りっちです。
    今日も読んでくれてありがとうございます!

    【インパクトのある自己紹介をするコツ】

    ◆逆を考える。
    インパクトがある自己紹介とは何でしょうか。
    逆を考えてみます。

    インパクトがあるの反対は
    ・インパクトがない

    つまり、【想定内】と言うことです。

    インパクトがない自己紹介とはよくある自己紹介です。

    例えば、
    皆様、こんにちは。
    私、○○株式会社代表取締役社長○○と申します。
    経営コンサルタント業と中心に、飲食業界にも進出しております。
    私自身の著書も出しており…

    と内容自体はすごい内容となっていますが、
    聞いてる感じではインパクトがありません。

    これを避けることが、インパクトにつながります。

    【インパクトがないの逆を考える】


    ◆インパクトがある=想定外
    例えば、異業種交流会などで初めて会う人ばかりの場面だったとします。

    私は、来る場所を間違えてしまったかもしれません。
    この会場に入ったときに『ここに来るべきではない』そう思いました。
    なぜそう思ったかと言うと、
    ここにいらっしゃる方が人間的にも、
    知識としても振る舞いとしても
    本当にレベルが高い人ばかりで
    一瞬ひるんでしまったからです。
    でも私は今こう思ってます。
    こんな素晴らしい皆様と出会えたのだから、
    私もここに入って、もっともっとコミュニケーションを取って
    たくさん学んで、皆様からいっぱい頂いて帰るべきだと
    今は気持ちが変わっています。
    名前を○○と言います。
    是非、今日は皆様からたくさん学び、たくさん影響を受け、
    新しい○○となってこの部屋から出ていきたいと思います。
    今日はどうぞ、宜しくお願い致します。

    このように言うとインパクトはでます。
    普通じゃないからです。

    「こいつは何を言い出すんだ」と言うことから始まって
    「一生懸命学ぼうとしている」ことが伝わります。
    可愛らしいと評価を貰える場合や意識の高い人どうしが繋がれたりします。

    【インパクトがを出すのであれば想定外の内容にする】


    ◆やってはいけないこと。
    ・笑い
    ・下ネタ

    笑いは受けると間違いなくインパクトがあります。
    しかし、外すともう修復できません。

    一生懸命頑張ることは空回りしたとしても
    その姿勢が評価されることはあります。

    笑い場合は外すと「痛いやつ」になってしまいます。
    今回のような初対面、浅い人間関係の場合は
    リスクが大きいのでおススメしません。

    下ネタは浅い人間関係のときにやってしまうと、
    評価を下げます。
    たとえ受けたとしてもです。


    ◆まとめ
    一生懸命さ、丁寧さ、礼儀正しさ、誠実さ。
    これらを想定外な表現で自己紹介する。

    本質的な中身は想定外でなくてもいいです。
    ・仲良くなりたい
    ・コミュニケーションを取りたい
    ・声をかけて欲しい

    このような本当に言いたいことを
    想定外の入りで持ってい行く。

    「べ、別に仲良くなりたいなんて思ってないんだからね!!」
    と本当に伝えたいことまで想定外で言わなくていいと言うことです。

    初対面の浅い関係であまり大きなことをすると
    ・場にそぐわない。
    ・相手が受け取りにくい。
    となってしまうので、
    相手のことを考えたプレゼントを意識してみるといいと思います。

    今日も読んでくれてありがとうございます!
    お気を付けていってらっしゃいませ♪
  • 広告
  • 【他人に支配されるな!】つらい、悲しい、苦しいは全て自分の選択で出来ている。

    2020-03-21 07:00

    おはようございます!りっちです。
    今日も読んでくれてありがとうございます!

    みなさんは今ワクワクしていますか?
    僕は楽しくて仕方がないです。

    つらいことも苦しいこともあります。
    ですが、それをつらいと決めているのは
    他でもない、【あなた】です。
    毎日が楽しくなるように、
    考え方が変わるきっかけになればと思います。


    ◆見える世界・見えない世界
    僕たちが生活している世界を

    ①見える世界
    ②見えない世界

    とわけます。

    ①見える世界には、
    ・売上・利益・儲け・評価

    などが存在しています。

    ②見えない世界には、
    ・心

    があります。
    この心と行動と結果は完全に結びついています。


    ◆出来事の受け入れ方
    例えば、
    ・車で事故をしたら、悲しい。
    ・売上が上がると、嬉しい。
    ・人から評価されると、嬉しい。

    これってごく自然な感情ですよね。
    ここで注目して欲しいのは順番です。
    上で挙げた例は① ⇒ ②の順です。

    【見える世界での出来事によって心が動く】

    わけですね。
    この順番を逆にしてみてください。

    ×:結果が出たから嬉しい。
    ○:最初から喜んで行動するから結果がでる。

    ただ順番を変えるだけですが、
    生きやすいか生きづらいの違いになっていると思います。
    つまり、生きやすさが大きく変わります。


    ◆他人に支配されている人。
    例えば、
    人から悪口を言われたら、嫌な気分になって、
    落ち込んだり、相手を責めたりしがち、じゃないですか?

    これは①の「相手の悪口という評価」が先になっているんですよね。
    そして、それに「反応」しています。
    これを心理学的にいうと「反応的な生き方」となります。

    反応的な生き方をしている状態を言い表すと

    【他人に支配されてる状態】

    悪口とかはわかりやすくないですか?
    「お前、ほんとなにやってもダメだな…」

    とか言われると落ち込みます。
    これって相手の言葉が先で、
    そして自分の心が反応している。

    これが他人の支配下にいる状態。
    ②を先にすると自分の支配下で生きることが出来ます。


    ◆選択の自由。
    例えば、
    雨の日に雨が憂鬱と感じるのか、
    風情があって最高じゃん!って思うのかは自由なんです。

    他の人は選べません。
    道行く人に今日の雨は最高ですね!
    なんて言っても「え?」って顔されます(笑)

    他人の天気の評価は違うわけですから、
    ①の領域は不自由なんです。

    逆に自分が、今日の天気は最高!と思えば心は晴れやかなんです。
    心晴れやかに生きていると、いいことが起こりやすいです。

    つまり、②の領域を先にすると結果として①の領域がついてきます。


    ◆人生を豊かにする選択。
    起きたことは変えれません。
    心を整えてから起きたことを受け止めること。
    同じ状況でも楽しそうな人とつらそうな人の差です。

    ・他人に支配された不自由な生き方をする。
    ・自分に支配された自由な生き方をする。

    どちらを選ぶかは
    あなたの【選択】次第!

    僕たちは自由な側を意識することによって
    不自由な側を受け入れる幅が大きくなったりします。

    つらいとき悲しいとき、不自由だと感じているとき何を間違えているか。
    順番です。
    ただそれだけ、
    だから簡単に変えられます。

    今日も読んでくれてありがとうございます!
    素敵な1日をお過ごしください!
  • 【人生を楽にする3秒ルール】怠け癖や後回し癖を3秒でやめる方法

    2020-03-20 07:00

    おはようございます!りっちです。
    今日も読んでくれてありがとうございます!

    宿題や仕事、やるべきことを後回しにして
    YouTubeやニコ動を見あさっているそこのあなた!

    宿題をしようと思っても、始めるまでに1時間以上かかったり、
    起きようとしても「まだ寝れるから」と言い訳をして二度寝をしたり、

    【そんなあなたに朗報です!】

    このブログを読み終わった頃にはそんなあなたに【さよなら】出来ます。


    ◆5秒の法則
    まず知っておきたい脳の仕組みですが、

    ・脳は5秒以上たつと行動しない理由言い訳を考え始める。

    と言うことです。

    寝覚ましがなって起きないといけないとき。
    5秒以上迷ってしまうと、

    ・昨日遅かった。
    ・疲れてる。
    ・まだ寝れるはず…

    と脳は言い訳を考え始めてしまいます。
    これはもう二度寝コースですね。

    ポイント:【脳が言い訳を作り上げる前に行動を始めてしまうこと】


    ◆3秒ルール
    やらなければならないことを思いついたとき
    「3、2、1」とカウントを始め
    「0」になったら始めてしまうと言うもの。

    ・ブログを書かなきゃ ⇒ 3、2、1
    ・起きなきゃ ⇒ 3、2、1
    ・宿題しなきゃ ⇒ 3、2、1

    これをすることで
    行動を起こす辛さが限りなく小さくなります。

    一番つらいのは迷っているとき、
    迷っている時間が長いほどやる気はなくなります。

    宿題を始める前に1時間も迷っていたら、それだけで疲れます。
    3秒ルールなら辛いのは3秒だけです。
    すぐに行動してしまいましょう!


    ◆コツ
    完璧を目指しても上手くいかないものです。
    行動の一歩目を簡単に!

    携帯ばかりみて宿題を始めれない人は

    ・3、2、1 ⇒ 宿題を1時間やろう

    ではなく

    ・3、2、1 ⇒ 携帯をしまおう
    ・3、2、1 ⇒ 机に座って宿題を開こう

    こんな風に「とりあえず始めるか!」くらいがいいです!
    行動を起こすまでが一番大変です。
    ハードルは下げて迷う時間を減らしましょう。


    ◆3秒ルールで人生が楽になる。
    あなたは2時間かかる宿題を今日中に終わらせないといけません。

    ・便宜上、ひとつのタスクに対してストレスが1増えるとします。
    ・皿洗い、部屋の掃除、ペットの散歩これらもやらなければいけません。

    全体のストレスは4ですが、
    皿洗い、掃除、散歩、を残した状態で
    宿題をやろうとしたときのストレスは1ではないですよね?
    50にも100にもなってしまいます。

    タスクを後回しにしなければストレスは4です。
    忙しいのにストレスを感じない人は後回しにしてないことが多いです。
    3秒ルールを使って後回しにしない癖をつけてみてください!


    最後まで読んでくれてありがとうございます!
    素敵な1日をお過ごしください!