ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

あなたの話しが「伝わらない」理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あなたの話しが「伝わらない」理由

2020-02-07 07:00
    おはようございます!りっちです。

    コミュニケーションに苦しんでいる人たちは

    この前提を間違えている人が非常に多いです。

    思いは伝わる」と思い込んでます。

    思いは伝わると言う前提」の人は思いを伝えようとするんです。

    すると相手は受け取りにくくなります。

    でもコミュニケーションの上手な人は前提が逆なんです。

    思いは伝わらない」ことを前提に置いてます。

    伝わらないことを前提に、どうやったら相手の人が思ったように行動してくれるのかと言う風に考えてから言葉を生み出すんです。

    だから「伝わる」んです!

    禅問答のようになってますが、これが真実です。

    世の中でスピーチや話しが上手い人はみんな伝わらないことを前提に話してます。

    思い返してみてください。スピーチや話しが上手い人は例え話がめちゃめちゃ多いはずです。

    思いは伝わらない」ことを前提にしゃべっているからです。

    だからわざわざ例え話を駆使して、しかも相手の人がわかるような、子供でもわかるような例え話を繰り出しているんです。

    それは「思いは伝わらない」って思って話しているからです。

    もしも思いは伝わると思っているなら例え話なんか超めんどくさいはずです。

    省いた方が楽。

    自分の思いを熱く熱く熱く語ればいいんです。

    でも、それでは実際には何も起きないんです。

    例えば、協力者を得たいと言っても協力が得られません。

    お金を集めたいってなっても集められません。

    よりよい人間関係を築こうと思っても

    思いが伝わるという前提の人」はとても雑なので伝わらないんです。

    もしも「伝わらない」と感じているのであれば

    丁寧に」思いは「伝わらない」を前提に「相手にプレゼントを渡す

    と言うプロセスでやった時に思いは伝わるに変わります。

    今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!

    気を付けていってらっしゃいませ!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。