【不満の伝え方】恋愛を長続きさせるコツ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【不満の伝え方】恋愛を長続きさせるコツ

2020-02-29 07:00
    おはようございます!りっちです。
    みなさんは恋人はいますか?

    付き合っても長続きしない人や、これから恋人、夫婦関係を良くしたい人は是非、最後まで読んでいってください!

    【カップルの関係性には3段階ある】
    ①違いを好きになる段階
     ・人は自分にはないものを持ってる人に惹かれる。
     ・自分にはないものが相手によって補われることで、
      自分の存在が拡大したような気分になれる。

    お互いの違いを好きになっているのが1段階目のカップルの状態ですね!

    ②違いが鬱陶しくなる段階
     ・違いに惹かれ合っていた自分たちは時間が経つにつれて違いが鬱陶しくなる。
     ・自分と考えが真逆、気持ちを理解してくれない・出来ない。

    価値観の違いで別れる多くが2段階目から抜け出せなかったカップルです。

    ③違いも受け入れる段階
     ・違いもその人の個性として、本当の意味で受け入れる。

    否定でも我慢でもなく、認め合って受け入れてる状態ですね!

    長続きするカップルはこの3段階を繰り返してます。
    2段階目をどう乗り越えるかがカギになってきますよね?
    では、どうすればいいのか。

    ◆解説◆
    必ず相手への不満は出てくると思います。
    それを全てを我慢して受け入れるわけではありません。
    どうしても受け入れられないこともあると思います。

    当然、それをお互いに改善していく事が必要になって来ますが、
    大抵の人がその不満を溜め込んでしまっていることが問題です。

    「言ったら嫌われるかも…」「傷つけたくないし我慢する。」「いつかは気付いてくれるはず…」

    こうやって溜まった不満が爆発して、別れのきっかけになることもしばしば…

    やるべきことは「自分の不満を上手に相手に伝えて理解してもらうこと」

    改善できるところは改善してもらういたいですが、
    不満の伝え方が大切になってきます。

    伝え方で関係性は大きく変わってきます。
    伝えなければ始まりません。

    【ポイント】
    ・要求ではなく自分の気持ちを伝えること。※要求とは相手をコントロールすることです。

    「もっと連絡して欲しい!」「なんでわかってくれないの!」「それくらいできるでしょ!」
    「時間守れないなんて最低だよ!」「だらしないところ直してくれる?」などなど…

    これらは相手を変えようとコントロールする発言です。
    基本的に感情的になって攻め立てたり、過去のことを掘り返すことはNGです。

    ・伝え方は自分の気持ちを伝えること。
     相手にどうして欲しいのかではなく、自分がどう感じているかを伝えてください。
    「私は悲しかった。」「私は○○してくれると嬉しい!」「私は好き。」「私は嫌い。」

    このように主語を自分にすることを意識してみてください。

    【まとめ】
    ①私はどう感じているのか。
    ②その理由。
    ③最後は相手の意志を尊重する。

    実は相手の意志を尊重するがとても重要です。
    あくまでコントロールするのではなく、相手の意志で能動的に判断してもらう。
    相手は自分の事を尊重してくれてると感じ、コントロールされてる気もしません。
    結果的にこちらの要望通りに動いてくれる可能性が上がります。

    ×:「週末は一緒に過ごしたかったのになんで友達と予定いれるの?」

    ○:「週末は一緒に過ごしたかったから、会えなくて寂しかったな…」

    伝え方ひとつで受け取り方が変わってしまいます。

    自分がどう感じ・なぜ感じたのかを伝える。
    相手の意志を尊重する。

    これさえ覚えておけば、2段階目を乗り越えていけるはずです。
    最後まで読んで読んでくれてありがとうございます!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。