ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【自分の感情を大切にする】心のこもったコミュニケーションのコツ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【自分の感情を大切にする】心のこもったコミュニケーションのコツ

2020-03-04 07:00
    おはようございます!りっちです。
    今日も読んでくれてありがとうございます!

    みなさんは自分の気持ちに素直ですか?
    自分の気持ちを大切にすることで人は成長できます。

    具体的には自分の感情と会話をする必要があります。

    例えば、「仕事が嫌で途中で帰りたい」とします。
    社会人としてダメだと思うから残ってやる。

    一見するとよくあることのようですが、
    「帰りたい」と言う感情をバシッと無視することになります。

    どうしたらいいか。
    「帰りたいんでしょ?疲れてるんでしょ?今は気持ちが乗らないんでしょ?ごめんね、だけど仕方ないんだよね。でもあなたが思ってることはよくわかってるからね」
    自分が自分と会話をして、自分の感情を丁寧に扱えばいい。
    会話ができたときに人は傷つきにくくなります。

    仕事なんだから仕方ないんだよ!ってバシッと切っちゃう人は、
    「俺、今日は乗らないから帰るわ」
    「何考えてんだよてめえ、俺だって我慢してんだよお前も我慢しろよ!」
    と言う怒りの感情になってしまいます。

    もし、自分と会話できているなら、
    「俺、今日は乗らないから帰るわ」
    「わかる。その気持ちめっちゃよくわかる!あとはやっとくから無理すんな!ほんとは俺も帰りたいけど、やっぱりやるべきかなって思うから残るわ!」
    「そんなん言われたら…俺も残ろうかな」
    「無理はしない方がいいよ?」
    「でもやっぱり残るわ!」
    と言う、1個クッションを置いた会話ができるようになり、
    コミュニケーションが変わってきます。

    自分の感情を無視している人は、怒りの感情になってしまいます。
    「俺も我慢してんだから何で我慢しないんだよ!」

    これが横並びではなく経営者だったなら?
    「君はいったい何を言ってるんだ?」
    これでは離職率が上がっていきません?

    このように自分の感情を丁寧に扱っている人のコミュニケーションは変わってきます。
    自分の感情を丁寧に扱っているから相手の感情も丁寧に扱えます。

    そんなコミュニケーションの取り方も悪くないでしょう?
    最後まで読んでくれてありがとうございます!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。