【WS】赤緑ノゲラ【扉緑ストブ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【WS】赤緑ノゲラ【扉緑ストブ】

2019-10-30 00:46
    -挨拶省略-

    9月に開催された札幌WGPのトリオ大会にて、
    ハンド事故による1-2をしてしまったことで構築を大きく変更しました。

    「今も使ってるけど現環境でノゲラどうなの?」って事や
    「ノゲラ使うなら別なデッキ握ったほうが良くない?」って事を言いたい方多いかも知れませんので、その辺も含めて書いていこうかなぁと思います。

    自己満と自分なりの目線でのお話になるのでご了承ください。

    まず、現環境についてなのですが、
    詰めが環境によくいるタイトルと比べて見劣りするため、
    お世辞にも今の環境でめっちゃ強いよ!とは言えません。
    しかし、このタイトルだけの強みを持ったカードが多く、
    集中や山落下系のL0やイベントカードがいくつかあることから山の回転もはやいため、
    構築次第では今の環境でも全然戦えると思います。

    他のタイトル使ったほうが良いんじゃないの?ってことなんですが、
    今流行ってるタイトル(ラブライブ、青ブタ、8電源富士見etc…)を所持している、
    かつ使い慣れているならそちらを優先した方が良いかと思います。
    そして私自身も今後の大会に出れてプレイングが追いつくならそうすると思います。

    しかし、私の場合、今流行ってるタイトルを使うのが下手くそなことに加え、
    ミラー戦において、プレイングがとても上手い方と当たった際に勝てる気が全くしなかったので使用したくありませんでした。

    私は大会では勝ち進むほど、ミラー戦になる可能性があがり、
    プレイングが上手い方が残るので勝てる気がしない試合をするより、
    諸々を考慮した上で自分が一番使い慣れているデッキを使用したほうが勝てるのでは?
    と考えて大会ではその時期に自分の中で一番使い慣れているデッキを使用しています。

    ノゲラについての考察や自分自身が使っている理由終わり。

    次にデッキレシピに移ります。
    今回は東京ネオスタンダード in WGP2018の3位の方のレシピと
    とある有名プレイヤーさんのひなろじの構築からひらめきを得てデッキを考えました

    ※迷惑が掛かっては嫌なのでお名前などは控えさせて頂きます。

    見ていないとは思いますが、こちらで御礼を書かせて頂きます。

    お陰でこのタイトルに限らず、
    様々なタイトルでデッキを構築する際のひらめきを得ることが出来ました。
    本当にありがとうございます!

    ■L3:7枚
    『 』の従属者 ジブリール:4枚
    ギャップ萌え いづな:3枚

    ■L2:8枚
    人類の可能性 クラミー:4枚
    ルンルン気分 ステフ:2枚
    異議あり! 空:2枚

    ■L1:5枚
    東部連合在エルキア大使 いづな:2枚
    突然の奇襲 白:2枚
    お風呂タイム ジブリール:1枚

    ■L0:22枚
    人類の可能性 フィール:4枚
    物理限界をも超える力 いづな:4枚
    たった一つのゲーム ジブリール:3枚
    獣人種全権代理者 巫女:3枚
    人類種全権代理者 白:3枚
    『 』の片割れ 空:1枚
    :1枚
    知識を尊ぶ種族 ジブリール:1枚
    ゲームの神 テト:1枚
    魅惑のしっぽ 白:1枚

    ■CX:8枚
    天翼種の実力(扉):4枚
    血壊(ストブ):4枚

    コンセプトとしては1に上がった時点で2-2クラミーを2面立てて面制圧し、
    ゲームを優位に進めるというとても簡単なものです。


    -------------各流れ-------------
    ▼マリガン
    L0、2-2クラミー1枚、ストブ以外は全て切ります。
    ※初手の状況によっては巫女やテトも切ります。

    ▼0帯
    巫女と集中以外のカードを並べ、可能な限りストックを作ります(最低限3枚)
    シナジーが打てる場合は打ちつつ2枚目のクラミーか巫女、
    揃っている場合には集中や助太刀といった腐りにくいカード探しに掘り進めます。
    もし、シナジーが打て無い場合は、積極的に『たった一つのゲームジブリール』を置いて、
    必要カードをサーチできるように立ち回ります。
    どちらかを行えればL1に上がってすぐに2-2クラミーを2面立てられるので、
    マリガンと盤面に置くカードがかなり重要です。

    ▼1帯
    0帯でかき集めたカードをふんだんに使います。
    ほぼ確実に前列は居ないのでハンドから出せるカードを出し切り、
    4面埋めます。
    このときに1面でも巫女をおいて置くと、3ストックで2面クラミー達成です。
    流れとしては
    巫女含めて4面埋める→2-2クラミー早だし→1ストックで巫女起動→2-2クラミー早だし
    となります。
    この動きをすることでハンド2-3まで減りますが、12000が2体+αが1帯から立つことを考えると電源採用のデッキでも踏むことはかなり厳しいはずなので、やる価値はあると思います。
    門採用のジョジョは知りません。諦めましょう。

    ▼2帯
    集中もしくは朝礼などで2-1ステフを持ってきてクラミーの裏におきます。
    クラミーを応援込みで13000にすることで上から踏まれる可能性がぐっと減り、
    巫女+ステフ捻って集中→単レスト集中→巫女起動で山を崩しつつハンドを補充し、
    巫女の効果でL3いづなや2-2クラミーを立て、面を取るだけではなく次のターンや
    L3に向けての準備を無駄なく行えるためです。

    ▼3帯
    コレといってありません。
    バーンメタ無きゃジブリールの1点を考えて飛ばしつ、詰めるだけになります。
    --------------------------------
    デッキとしてはほぼ確実にコンセプトどおり動けるので満足してます。
    最近の電源環境でも面が取れそうなことに加え、
    1帯から打てる早出しメタがあることで相手が2に先上がりし、L3を早だししてきてもある程度のラインなら返しつつメタで飛ばせる安心感があるので今の環境でも戦える気がしてます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。