ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【備忘録】リップシンク作成【MMD】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【備忘録】リップシンク作成【MMD】

2016-06-26 23:18
    MMDにて利用するリップシンク(リップモーション)作成手順の備忘録。
    毎回、作業の手順を思い出すまでに時間がかかるので…。
    各種ツールの詳細な使用方法については、各サイトやヘルプ等でご確認ください。

    【使用ツール】

    【作業の流れ】
    1. RhythmicaLyrics にて vsq ファイル作成
    2. Face And Lips にて vsq ファイルからモーション調整& vmd データ作成

    【作業詳細】

    1.RhythmicaLyrics にて vsq ファイル作成

    ①RhythmicaLyrics を起動してリップを作成する楽曲ファイルを用意
    下記方法で取得すると、楽曲ファイルをローカルに保存と同時に
    ツールに読み込んだ状態になる。


    本ツールで利用できる形式の楽曲ファイルであれば、どのような方法で用意してもOK。
    ②タイムタグつき歌詞ファイル作成
    「タイムタグ付き歌詞を入手」で該当するファイルを入手できた場合 → ★1
    該当ファイルが入手できなかった場合 → ★2


    ★1.取得した歌詞に対して「自動チェック付加実行」を実行し、
    再生してタイミング等確認する。
    必要があれば適宜調整。



    ★2.歌詞を用意する
    本ツールで歌詞検索を実施するか、自前で歌詞のテキストファイルを用意して読み込む。



    これをもとにタイムタグファイルを作成。
    基本的には楽曲に合わせて、スペースキーを押すだけ。
    タイムタグを作成する前に以下を確認および調整しておくこと。
     ・ルビの修正 (画像の中だと「お門違い」のルビ修正が必要)
     ・チェックの修正

    ③vsq ファイル出力
    出力で「リップシンク用VSQ」を選択して出力すると、
    上記で作成したタイムタグ付き歌詞ファイルを基にした vsq ファイルが作成される。


    2.Face And Lips にて vmd ファイル作成

    1.で作成した vsq ファイルを読み込み、モーション調整後 vmd ファイルとして出力。



    リップシンクの作成は以上です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。