Blade and Soulの思い出(第二部~)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Blade and Soulの思い出(第二部~)

2019-10-19 07:45
    10/23 追記
    ブレレボが自分の予想以上に期待されているみたいなので
    ネタバレになっている第一部の思い出話をしばらく非公開にします。
    たぶん1ヶ月くらいかな…
    あらすじ



    伝説の英雄はHongmoon Schoolを再興した。
    弟子たちと過ごす穏やかな日々…
    ところがある日Zuliaという女の襲撃を受けて
    弟子の1人-転生したJinsoyunが
    連れ去らわれてしまう。
    その背後にはThe Divine Mandate Ritualで失われた
    The Twilight's Edge(帰天剣)を求めるMushinの暗躍があった…

    果たして主人公はJinsoyunを取り戻すことはできるのだろうか?
    仙界へ渡ったMushinの野望を止めることはできるのだろうか?
    そして全てに決着をつけ、
    Heaven's Reachへ帰ることはできるのだろうか?
    物語は続いていく…


    外伝システム

    左からZulia(ジュリア)、Chol Mugo(テツ・ブカイ)、Empress Dowager(アーク王妃)
    第二部はLusung以降12人用Legendary級Dungeon
    強力なレイドボスが次々実装されている。
    彼らはメインシナリオでも印象的なNPCたち。
    ただし外伝はメインシナリオ上から分岐するうえ、
    誰でもクリアできるわけではないコンテンツなので
    分岐後はメインシナリオで触れられなくなるという
    悲しい宿命を背負っている。

    コツコツ装備を強化し続け
    引退前になんとかZuliaは倒すことはできた…


    これ以上のコンテンツは北米サーバーでもかなり課金力が問われるので断念した。
    日本サーバーだと二桁万~100万円ぐらいツッコむらしいんだけど、さすがに、ねぇ。

    Ebondrake Lair(知られざる殿堂)

    Zulia外伝と同じタイミングで解放されるHeroic級Dungeon。
    メインNPCの1人であるSoha(ジン・ハズキ)の物語の完結編とあって
    デモムービーもそれなりに力が入っており、
    ぼっちプレイヤーでもギリギリいける難易度。
    重課金する気がない人はここをクリアできた辺りがゲームの辞めどころかもしれない。

    と、いうわけで
    活動休止を踏まえ、書きかけていたブログの下書きを引っ張り出してきた。

    最終的にメインで使ってたのはSoul Fighter(双舞士)。
    これは近接攻撃と遠距離攻撃+回復支援という2モードスイッチング職種。
    そして察しの通りどっちもそれぞれの専門職にはやや劣る中途半端なアレである。
    一時期は6on6も遊んでたのでPvE/PvP装備両方鍛えるはめになってしまい
    どちらも高みには達しなかったが広いレンジでコンテンツを楽しんだほうだと思ってる。

    キャラメイクした時期的に露骨にニーアオートマタリスペクトだけど
    海外サーバーでも2Bコスだと分かってもらえるのは結構楽しかったです

    PvE用装備


    PvP用装備


    PvEは属性付与とクリティカル確率で殴り殺し、
    PvPは命中率と貫通率上げてデバフで削る感じかなぁ



    なお、PC版BnSはお休みするけど
    来週からのブレレボはちょっと触ってみようかな…と思っている
    サーバー立ち上げ時が一番楽しいのがMMOだと思うので
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。