【ツクールMV】自作プラグインを作ろう! ~パラメータ編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ツクールMV】自作プラグインを作ろう! ~パラメータ編~

2019-09-12 01:45
    注意:当記事は、前回書いた「自作プラグインを作ろう!」の続きです。

    ~前回のあらすじ(概要)~
    プラグインを作ったよ!
    おわり!

    -----

    皆さんこんにちは。青いペンギンこと荒上理紗斗(あらがみ りさと)です!


    今回は、自作プラグインの中でも、パラメータプラグインコマンド関連について書いていこうと思います!

    -----

    Q.そもそもそいつらって何者?

    A1.パラメータは、ゲームファイルごとに設定できる情報のこと。同じプラグインでの同じ処理でも、ゲームごとに違う情報を参照したいときに使います。(例:図鑑プラグインにおける未公開時の表示名など)

    A2.コマンドは、ゲーム内からプラグインの特定の機能だけを呼び出したいときに使うショートカットのこと。ツクールのイベント設定画面のように、使いたい機能をツクール側から指定して呼びたいときに使います。(例:図鑑プラグインにおける図鑑機能の表示など)

    -----

    では実際に書いてみましょう!
    まずは、パラメータから!

    毎度おなじみ(?)ItemBook.jsから拝借します。
    画像の部分をコピーしてください。


    次はそれを自作プラグインにペーストし、内容を自分のプラグイン向けに改変していきます。
    まずはこの部分を自分のプラグインの名前に変更します。「.js」は省略


    次は、変数名を変更します。この変数名にパラメータで定めた値が代入されます。


    次はここ。文字列を入れたいなら「String」でいいのですが、例えば数字を入れたいなら「Number」に、真偽値(true or false)を入れたいなら「Boolean」に、といった感じに適した形に変えましょう。
    今回は「ペンギンの大きさ」を代入させるので、数字(Number)にします。


    次はこちら。ここには、ツクールのパラメータ設定画面で表示させたいパラメータ名を書きます。


    次はデフォルトの値です。この位置に書きましょう。


    ここまできたらコードの方は完成!
    次は、プラグイン本体を作る際にも行った「設定画面」の方の編集をします。

    またまたおなじみ(?)ItemBook.jsから拝借します。
    この部分を、自作プラグインの方の「@author」の下にコピペします。


    次はそれの内容をプラグインに合わせて改変します。
    まずは「@param」タグの部分。これを、少し上で決めた「パラメータ表示時の名称」と同じものにします。

    下の画像の2つの青い矢印の位置にある文字列が同じになっていればOK!


    次はパラメータの説明文です。どんな値を入れればいいかを分かりやすくしましょう。
    今回は「Penguin Size」なので「ペンギンの大きさ」にしました。


    次はデフォルトの値です。
    上の方の工程で初期値を100に定めたので、こちらもそれに揃えます。


    ここまで色々と書いてきて気づいた方もいるかもしれませんが、プラグインからツクールにデータを表示させる際は「アットマーク+タグ名」を正しい位置にコメントアウトするとできますよね。
    実は、ここまで書いた以外にも使えるタグがあったりします。そのひとつが下の画像の「@type」です。
    このタグは、ツクールでのパラメータ入力時の入力形式を指定できるものです。


    指定をしないとフリーのテキスト(文字列)なのですが、例えば…

    number」なら数値入力限定になります。

    今回は「ペンギンのサイズ」ですから数値ですよね。
    そのため、この「number」にします。


    number にすると、下の画像の矢印の部分をクリックもしくはマウスホイール操作での数値変更もできるようになります。


    せっかくですから、他の入力タイプも見てみましょう。

    boolean」にすると「true or false」に指定できます。


    file」にすると、指定のファイルを選択させるメニューを開かせることもできます。


    select」にすると任意の指定した選択肢を表示させられます。


    (補足:selectの場合は、以下のように @option と @value タグを追記しないと選択肢が出ません。@option がツクールに表示される選択肢で、@value が、その選択肢が選択された際にプラグインに送られる値になります。option と value は値が一致しなくても構いません)


    (補足2: @default が入力タイプと一致しない場合(デフォルトが100なのにタイプが boolean など)は、@default の値が無視されます)

    このようにすれば、パラメータを使いこなすことができます!

    -----

    またまた長くなってしまったので、最後のプラグインコマンドの項目は次の記事に書くことにします。

    続きはこちら!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。