【ツクールMV】自作プラグインを作ろう! ~プラグインコマンド編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ツクールMV】自作プラグインを作ろう! ~プラグインコマンド編~

2019-09-12 01:45
    注意:当記事は、前回書いた「自作プラグインを作ろう!」と「自作プラグインを作ろう! ~パラメータ編~」の続きです。

    ~前回のあらすじ(概要)~
    プラグインを作ったよ!
    パラメータも設定できるようにしたよ!

    おわり!

    -----

    皆さんこんにちは。青いペンギンこと荒上理紗斗(あらがみ りさと)です!


    今回は、本シリーズ最後の項目・プラグインコマンド関連について書いていこうと思います!

    -----

    では早速、続きに取り掛かります。

    まずはいつもおなじみ(?)ItemBook.jsからひな型を拝借…


    コピペしたら、一旦この部分は消してしまいましょう。


    次は、パラメータの時と同じように、プラグイン名を入力します。

    パラメータの時と違って、実はここはプラグイン名と一緒でなくても問題なく動くのですが、呼び出すときの分かりやすさの向上など勘違いを防ぐためにも、プラグイン名と同じの方が良いでしょう。


    次は、コマンドの内訳を作ります。
    この部分に、呼ぶときに使うコマンド名を書きます。

    以下の場合は、「BluePenguin jump」と入力すれば呼べる感じです。


    次は、その下の行を消して、そこにコマンドを呼んだ際にやって欲しい処理を書きます。

    「break;」は消さずに残しておきます。これを消すと後々めんどくさくなる可能性があります。(詳しい理由が知りたい場合は、JavaScriptの「switch」という関数について検索してみてください)


    もし、他にもコマンドを増設したい場合は、このように「case」から「break;」までを「break;」の真下にコピペして、中身を書きかえればOK
    書き換え方は、さっきやったのと全く同じです。


    ちなみに、プラグインコマンドは半角スペースで区切ることによって、一度に複数のデータをプラグインに送ることができます。
    その際、送られたデータは上の画像の「args」という引数を介して配列(array)形式で保存されます。
    コマンドを送る際、最初の1区画は上の画像の「command」に、それ以降は「args」の中に順番に格納されます。
    (補足:格納されるデータは全てString型です)

    例えば下の画像の場合は、
    command → 'BluePenguin' 
    args    → ['jump', 'おっ', 'ええやん', 'やるやん', 'ほんまか']
    といった状態になっています。

    つまり、上の画像の関数内でargs[2]と記述すれば「ええやん」と出力されるということです。


    最後に、設定のプラグインヘルプ欄にコマンドの存在と内容を追記しておきましょう。


    これをしておくと、コマンド入力の際にコマンドを忘れてしまっていても、入力画面でF1キーを押せば確認&コピーができます。



    ここまでできれば、コマンド関連はパーフェクト!
    あとは、ご自身のゲーム内でご活用ください!

    -----

    名残惜しいですが、終了の時間が近づいてきたようです…
    記事3つにわたってるし、式典の校長先生も真っ青なレベルで長ったるいんじゃ!はよ終わらせろや!

    今回のシリーズが、皆さんの参考になっていれば幸いです。
    プラグイン制作をマスターできれば、RPGツクールMVでできることが格段に多くなったり、制作の際によく使う機能をプラグイン化してあらかじめまとめておけば、ツクラーライフがこれまでより数段階ストレスフリーになること間違いなし!

    では皆さん、良いツクラーライフをお過ごしください…

    -----

    もし、本記事および荒上理紗斗への質問意見要望などがございましたら、お気軽にご連絡ください。
    ここのコメント欄もしくは荒上理紗斗のツイッターアカウントにて受け付けております。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。