ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

クズ親の趣味は私をサンドバッグにすることだった。ある日、隣に引っ越してきたイケメン夫婦「俺達と暮らさないか?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クズ親の趣味は私をサンドバッグにすることだった。ある日、隣に引っ越してきたイケメン夫婦「俺達と暮らさないか?」

2016-11-19 00:14
    私の人生最大の修羅場は、
    小児がんで死んだと毒親に言われていた
    15年上の兄が生きていて、
    毒親に虐待されていた自分を引き取ってくれたこと。


    ~登場人物~


    …当時12歳。チビでガリガリだった。

    毒親
    …家庭板の膿家脳やらなんやらを
     濃縮したようなクズ夫婦。
     趣味は私をサンドバッグにすること。

    兄(A)
    …当時27歳。見た目DQNな会社員。

    物心ついた頃から
    テンプレのような虐待を何回りも受けていた私。
    服はいつも二着着回しだったし、
    風呂には週に二日しか入れてもらえなかったから、
    いつも臭ってたしべたべたしてた。
    だからバイキンって苛められたのも当たり前だった。

    でも先生達は優しかったし、
    中には毒親に話してくれた先生もいた。
    ま、毒親がそれを聞いてくれたことなんか無かったけど。

    毎日学校ではテンプレなイジメにあい、
    帰れば専業の毒ババァに平手打ちされ、
    毒ジジィが帰ってきたら
    2人して私にチクチク嫌味をいいながら叩いてきた。
    そんな生活が10歳まで続いた。

    10歳になった頃、
    斜向かいの家に若夫婦が引っ越してきた。
    イケメンのAさんに美人な奥さん、可愛い赤ちゃんという、
    なんか当時の私にとっては雲上人のような存在だった。
    Aさんは見た目DQNだったけど礼儀正しくて、
    (でも言葉もDQNぽかった)よく近所の人達と話していた。

    でも、毒親はAさんには絶対に近寄らなかった。
    引っ越し初日、家に来たAさんを見て
    思いっきり顔を引きつらせてたし。
    というか毒ババァは家から出なくなった。
    いつも何かに怯えて、買い物も私に押し付けてきた。

    私とAさんの最初の会話は、

    ・・・つづき



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。