ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Civilization4 国王で勝てない人へ捧げるセコ手。先行スタート255ポイントの魅力(その1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Civilization4 国王で勝てない人へ捧げるセコ手。先行スタート255ポイントの魅力(その1)

2015-07-13 17:12
    暑すぎて外に出る気がせん。
    こういう時は水風呂に入ってさっぱりした後でゲーム三昧といきたい。
    しかし新しいゲームを買う(選ぶ)気力もない。

    しょうがないので久しぶりにciv4をやってみようと思う。
    しかし俺は皇子なら余裕だが国王だと負けてしまう事が多いヌルゲーマーだ。
    そんな人へ捧げるプチチート技というか、セコ手を紹介しようと思う。

    セコ手とかチートといってもAIも同条件で戦うのでギリギリアリな手のはずだ。
    やり方はカスタムゲームで始めて先行スタートを選択して255ポイントでスタートする。
    それだけでいい。

    まぁこのやり方は長くプレイしている人なら皆知っていると思うので、
    今更感がハンパないプレイスタイルなのだが・・・。


    【今回の設定】
    難易度 国王
    マップ シャッフル
    速度  普通
    指導者 ランダム
    先行スタート(255ポイント)

    その他はデフォルト設定だ。


    【今回の戦法】
    今回は名付けて大斥候経済を選択する。
    やり方としてはこうだ。

    都市を建設する

    (初期技術に狩猟が無い文明ならポイントを使って狩猟を獲得する)

    ポイントを使って斥候を2体作る

    残りのポイントで人口を増やしたり地形改善をしたりする

    開始と同時に斥候2体で小屋を獲りまくる

    先行スタートだとAIは何故か最初から斥候を作ってこない傾向があるので(絶対作らないとは言ってない)広い大陸の場合は上手く行けばプレイヤーが小屋を獲り放題になる。

    小屋で得たせっこいアドバンテージを利用して序盤を有利に進める

    そのままゲーム終了まで逃げ切る

    以上だ。
    そんなやり方誰でも知っとるわ!ボケが!という声が聞こえてきそうだが、
    とりあえず試した事がない人の為に簡易レポを一つ書いてみる。

    当たり前だがリロードと再生成は無しでやる。
    ただ取り返しのつかないクリックミスをした場合はオートセーブからやり直す。

    ※ここから下↓にプレイが進む毎にレポを更新していく予定だ。

    【ゲームスタート】

    カスタムゲームで先行スタートポイント255
    マップはシャッフル
    指導者ランダム
    難易度国王
    そのほかはデフォだ

    【立地】

    リロード再生成無しと言った以上、どうしようもない糞立地を引いたらどうしようかと思ったが、川沿いで近くに幸福資源(宝石)が見える良い立地を引いた。

    【首都建設の前にどの文明かを知る】
    先行スタートで指導者ランダムで始めた場合、首都を建設してスタートするまで自分がどの文明かわからない。
    なのでテクノロジーツリーを見て固有ユニットを調べる事にする。
    この立地だとどの文明だろうが赤○の場所に都市を建てるしか無いのだが、首都を建設する前に自分の文明を知っておくと得する事がある・・・かもしれない。

    【アメリカだった…】

    テクノロジーツリーを舐めまわすように見てみると、アメリカのUUであるシールズのアイコンを発見してしまった。
    アメリカは固有ユニット固有施設ともに出現する時期が遅すぎる。
    正直、プロ皇子である俺の腕前でシールズやショッピングモールを使いこなす展開があるとは思えない。

    【とりあえず首都建設】

    アメリカ文明の初期技術は農業と漁業なので、ポイントを消費して狩猟の技術を獲得する。
    そしてまたポイント消費で斥候を二人作る。
    あと40ポイント(ゴールド)余っていたので人口を一人増やしておく。
    人工を1から2に増やすのは33ポイントである。

    アメリカ文明の指導者は3人いるが、この時点ではどの指導者かまだわからない。
    リンカーン(カリスマ・哲学)
    ルーズベルト(勤労・組織)
    ワシントン(カリスマ・拡張)
    どれも使いやすいイメージなので、どの指導者でも問題ない。
    ぶっちゃけ徳川以外なら誰でもいい
    まぁ徳川にもメリットが無い訳ではない。自分が徳川ならAI徳川に蓋をされて他のAIに出会えなくなるという事も無い訳だし。

    とりあえずゲームスタートだ。

    【ターン0】

    指導者はリンカーンだった。
    哲学持ちなのでかなり強い部類に入る指導者だ(と思う) こいつはラッキーだ。
    プロ皇子の俺に哲学志向が使いこなせるかというと甚だ疑問ではあるが…。

    首都では斥候を生産する。
    ポイント消費で人口2からのスタートなので3ターンで完成する。
    こいつには初期の2体がカバーできない場所を探索させるつもりだ。
    初手が労働者の場合、森林だらけのこの立地だと青銅器完成まで労働者が待ちぼうけになる可能性がある。

    ↓に続く(2015年7月15日18時27分)
    (プレイしながらこのレポを書いているので、プレイの進行と同時にレポを順次更新していく)

    【探索ルート】

    初期斥候2体は矢印の方向へ探索に出す。
    首都で制作中の3体目の探索ルートは完成してから考える。
    首都の右横の青い○の所にお菓子の小屋があるが文化圏の広がりで取れるので放置。

    【ターン3】3体目完成

    首都で3体目の斥候が完成。矢印の方向に探索させる。
    多少ジャングルを通る事になるが大丈夫だよな!な!
    北上させた斥候がお菓子の小屋を発見した(画像最上部)

    【ターン4】弓術ゲット


    先ほど北部で発見したお菓子の小屋から弓術をゲット。
    次の次のターン(6ターン目)から蛮族が出現し始める(はず)なのでそれまでは斥候を大胆に動かしていく。
    5ターン目?で首都の文化圏が広がった。首都の真横にあったお菓子小屋から43ゴールドをゲットした。


    【ターン7】ラグナルと遭遇

    首都西部でお菓子の小屋を発見……同時にラグナルの斥候とも遭遇。
    このお菓子の小屋はどうやっても獲られてしまう。

    ラグナル「誰が斥候を作らない傾向があるって???」
    初期技術が狩猟だとやっぱ作るのだろうか…。


    同ターンに首都南でもお菓子小屋を発見!これは獲れるがこれ以降は獲れてもあと1個か2個のような予感がする…。


    【大斥候経済とは何だったのか】

    北と東は行き止まり…。西はラグナルに荒らされている可能性アリ(あ~ウゼェ…)
    矢印のルートで探索させるが、決死の覚悟で2マス移動させる必要性が出てきた。
    (本当は1マスずつ安全にセコく移動させる予定だったのだが、そんな悠長な事ではラグナルに残りを全部獲られてしまう)


    【ターン8】車輪ゲット


    先程発見した首都南のお菓子小屋から車輪をゲット。


    【ターン11】地図あるある

    北部で小屋から弓術を引いた優秀な斥候だったが、何と沿岸にある小屋からよりによって地図(海図)を引いてしまった…。

    斥候「海図を入手いたしました!」
     俺「よし!島は無いな!(○ねよクソッタレ)」

    まぁ他の文明に獲られるよりマシと前向きに考えよう。


    【探索ルート変更】

    ラグナルの斥候の動きが予想と違った。
    こっちの首都周辺までやってくると思ったが、南のジャングルへ向かったようだ。
    こちらも探索ルートに変更を加えてラグナルより先に小屋を荒らせるように頑張る。

    ちなみに研究ルートは畜産→採鉱(現在研究中)→青銅器の順番だ


    長くなったので次回へ続く。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。