ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ボカロアニソンカバー祭り2021に参加しました

    2021-01-10 11:55
    毎年参加させてもらってるアニソンカバー祭りに今年も参加しました。
    今年は70曲ほどの参加があったようです。
    ボカロアニソンカバー祭り2021
    さすがに鬼滅の曲が多かったですね。

    私の今年の参加曲は

    こちらの2曲。両方ともヒゲドライバーさんの曲で参加しました。

    新年一発目でせっかくの祭りなのでぼんやりと
    1)普段より難しい事に挑戦
    2)なるべく多くの人が知ってそうな曲
    といった意識でやりました。

    【回レ!雪月花】
    アニメ自体はもう7年前ですが音ゲー界隈では今でも有名な曲らしいので。
    掛け声やセリフの入った曲はそれだけで難易度が高いですね。
    逆にそこをクリアできれば一気に楽になりますが。
    今回はNEUTRINO+CeVIOでのカバーです。
    VOCALOIDを使う事も考えたんですがやはりNEUTRINOの自然な歌声は捨てがたい。
    なのでセリフ部分をNEUTRINOでもやる事になったのですがNEUTRINOではボカロやCeVIOのようにピッチをぐりぐり描くGUIが(公式には)存在しません。
    そこで試行錯誤。
    ・きりたん、イタコのVOICEROIDを使ってみる
     →自然ではあるけど調声の自由度が低い、BPMで速さを指定できないので合わせにくい
    ・調声支援ツールを使ってみる
     →理想的な仕上がりにはなるけどTry&Errorを繰り返すにはかなり面倒
    ・DAWのピッチ修正ツールを使用する
     →声質が若干劣化するけど作業は簡単
    という事で最終的にはDAWで加工する方法にしました。
    (Melodyneを使って同様の事ができるはずだけどまだ使いこなせてませんw)
    ちなみにさとうささらは公式エディタで加工しました。

    歌の部分はほとんど調声なしです。NEUTRINO最大のメリットですね。
    原曲のようにもう少しこぶしを効かせて歌わせたかったけど時間が足りませんでした。
    唯一悩んだところは「回レ回レ回レ回レ回レ・・・」の部分。
    普通に「まわれ」と歌詞を入れて歌わせるとすごく不自然になります。
    これはVOCALOID、NEUTRINO、CeVIO全部共通。
    波形を見てみると「わ」の発音がしっかり口を閉じた状態から発声してるのが原因。
    実際この部分を歌ってみるとわかりますが口を閉じる余裕はないんですよね。
    という事で試行錯誤して「まあれ」と歌詞入力するのが一番近い感じになりました。
    ちなみに今回は使ってませんがボカロだと「まーれ」と発音してしまうので少し違和感が残ります。という事でCeVIOの方もスラーはかけず「ま・あ」と発音させてます。
    この塩梅が絶妙でした。

    【ここから、ここから】
    近年のアニメの中では間違いなくベスト3に入るであろう名作「宇宙よりも遠い場所」のエンディング曲です。まで見てない人は是非見てほしい作品ですね。

    この曲はドラム+ベース+ギター+ピアノとPAD類が少々というシンプルな構成の曲。
    こちらもヒゲドライバーさんの曲ですがピコピコも一切無く、雪月花とはだいぶ違った雰囲気の曲です。バンドでやるのに良い構成の曲ですね。
    太めのベースと強めのドラムでボトムをしっかり支える事を意識しました。
    個人的にリズム隊はどの曲もしっかり作り込みたいと思ってて力入れてます。

    ギターパートは相変わらず苦手意識があって雰囲気コピーな感じ(特に右側)でごまかしてます。ピアノはずっと鳴り続ける上のリフが浮かず埋もれずのバランスとるの難しかったですね。

    ボーカルはこちらも調声は最小限です。
    Aメロとサビでいくつか大きくポルタメントがかかっている箇所があるのですが歌い手の個性というよりは意図的なフレーズと判断して似たように歌わせています。

    【おまけ】
    以前カバーした「ハルカトオク」も良かったら聴いてくださいませ。よりもいはいいぞ

    アコギの音もう少し似せたかったです。
    ベースはフレットレスのあの感じを再現するのに力入れました。



    というわけで、今年もアニソンカバー祭りお疲れ様でした。
    新型コロナで日本全国、年初からあまり良い事はないですがなんとか元に戻る事を願います。
    個人的にはまた今年もアニソンカバーをいっぱいやるでしょうね。去年ほどのペースにはならないでしょうがやりたい曲はまだまだあるので。

    では。
  • 広告
  • 2020年振り返り

    2020-12-31 22:02
    今年まだブロマガ書いてなかったので軽く今年の振り返りをしたいと思います。
    今年は家にいる時間が多かったのもあってDTMばかりやってました。
    投稿本数47本(同一曲もあり)

    その中から個人的に思い入れのあるもの10本ほどを振り返りたいと思います。

    まずは1本目。

    一番伸びた曲で自身初の10万再生超えとなりました。
    AIきりたん特需がすごかった時期ですね。とは言え、AIきりたん(NEUTRINO)登場から日が浅い時期だったので調声技術も低く色々発音が怪しかったりするので満足度はそこまで高くないですけど。来年はメイドラゴン2期があるのでそちらも楽しみです。

    2本目

    アニソンカバー祭り2020の参加作品のうちの1曲です。
    こういうイベント参加作品は普段より難易度高めの曲を気合を入れて作っていますがこれは特にオケの制作も調声も難しい曲でした。今ならAIシンガーも混ぜたいところですね。
    来年も一発目はアニソンカバー祭りになると思います。ずっと参加し続けていますので。

    3本目

    数少ないアニソン以外のカバー曲ですが意外と評価されたようで私自身もお気に入りのカバーです。ドラマ版のゆるキャン△も面白かったです。
    アニメゆるキャン△も2期が始まるし色々と楽しみです。

    4本目

    このカバーはかなり前から作りたいと思ってたんですが難易度が高くてだいぶ時間かかってしまいました。ニコニコ界隈ではOPパロMADで有名な曲なだけあってまぁまぁ伸びましたね。
    中二恋の曲は他にも何曲か着手しているのでいずれ公開できれば。

    5本目

    物語シリーズも好きで色々とカバーしていますがOP曲の中で一番好きなこの曲をやっと完成させる事ができました。ただ少しキーがAIきりたんに合わないのか低めがきつそうな声になってしまいました。別のボーカルでリメイクするかもしれません。

    6本目

    fripsideの曲は難しくて苦手意識があったのですがこの曲が伸びた事で味をしめて3曲カバーしましたね。これもなかなか難しい曲でしたが英語フレーズも含めうまくできたので自信に繋がったかも。とある曲はonly my railgunやsister's noiseがよくカバーされていますが個人的にはこの曲が一番好きです。

    7本目

    個人的お気に入りの一曲。アイマイモコも徒然チルドレンも大好きです。

    8本目

    古い曲だし定番中の定番なので今更という気もしますがやっぱり名曲。
    思うところがあってこの時期に京アニ楽曲6本連続投稿した中の一つです。

    9本目

    放送中アニメに合わせて作る事はそんなに無いですがこの曲は最終話放送直後に投稿する事ができました。ギターだらけの曲で難しかったです。

    10本目

    個人的にも満足度の高い仕上がりになりました。
    キノの旅、魔女の旅々、狼と香辛料など旅物のアニメが好きです。
    キノもいつかまたアニメ化してほしいです。
    機会があれば旧キノのAll the wayもいつかカバーしたいですね。

    という事で2020年個人的10選でした。
    京アニ関連曲は13本、物語シリーズは7本の投稿でした。まだ作りたいと思うカバーがたくさんあるのでお楽しみに。

    今年も自作品に多くの広告、コメント、マイリス、いいね等を頂きありがとうございました。

    とにかくインドアな一年でした。DTM界隈の方も最近絡んでいただく事も増えましたね
    またアニメ関連イベントや聖地巡礼がしたいですが音楽活動は引き続きやっていきます。
    来年はもう一つ上の段階を目指したいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。

    DTM界隈の方はまずはアニソンカバー祭りで。
    それでは皆さん良いお年を。
  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン オーケストラコンサート行ってきました

    2019-07-28 21:57
    2019/7/27
    かつしかシンフォニーホールで開催されたヴァイオレット・エヴァーガーデン オーケストラコンサートに行ってきました。

    トークの無いイベントなのであまり書く事はありませんが・・・
    以前から書いているように私は演奏を聴くのはもちろん、見る事が好きなのと、昨年のNHKホールでのイベントがすごく良かったので迷わずチケット購入。
    優先販売では外れてしまったので一般で取りました。席は2階の一番後ろの方でしたがステージ正面だったので悪くはなかったです。

    このイベントはEvan Call氏の劇伴と、TRUEさん、結城アイラさん、茅原実里さんの歌をオーケストラの演奏で聴くイベントです。

    お客さんもみんなこの作品が大好きな方ばかりなんだろうなというのは感じました。ヴァイオレットちゃんを意識したと思われる服や髪型の女性もいましたし。

    オーケストラの後ろには大きなスクリーンがあり、奏者やアニメ映像などが映されるようになっていました。

    客電が落ち、スクリーンには製作委員会によるお悔やみのメッセージが表示されました。
    そして奏者の方と指揮者の方が登場。

    この日、奏者の方全員が喪章を着けてステージに上っていました。

    言うまでもなく我々観客も気持ちは同じ。この演奏に込められた思いを全力で受け止めようと改めて思いました。

    1曲目のTheme of Violet Evergardenから次々と演奏されていきます。
    元の曲にはタイプライターの音がリズム楽器のように使われているのですが実際の演奏でもパーカッションパートの方がタイプライターを打っていました。

    背景に流れるアニメ映像は1話から順に最終話まで、曲もそれに合わせたセットリストとなっていました。14話が5話の前に挿入されるなど物語の時間とともに進んでいきます。
    序盤の演奏の後にTRUEさんが登場し「Sincerely」
    この曲を生で聴くのは2回目ですがやはり圧倒されます。
    唐沢美帆さん自身の作詞による歌詞は傷だらけで足掻くヴァイオレットの迷いのような物を感じますが最後は自分の思いと向き合えて終わる感じが好きです。

    更に壮大な曲の「letter」これは14話の挿入歌です。
    この14話の内容を知っている方であれば、今多くの方が置かれている状況と重ね合わせたのではないでしょうか。5話の前にヴァイオレットの成長が加速する重要なエピソードでもあります。

    劇伴の方についても触れると、前回の演奏と比べるとピアノが前面に出てるようで印象的でした。(実際はそんな違いはないかもしれませんが)

    途中15分の休憩が入り、後半。
    アニメの方でも喜怒哀楽の感情が全てかき混ぜられるようなストーリー展開。

    茅原実里さんの「みちしるべ」この曲の素晴らしさは90秒ではわからない。
    フルで聴かなきゃだめですよ。

    そして結城アイラさん登場。9話で流れた「believe in...」
    ガチ泣きしました。
    結城アイラさん自身の作詞ですが9話ラストのホッジンズがヴァイオレットに言って聞かせた言葉。のバックに流れる曲。
    サビの「あやまちは消えない」ここであのシーンが思い浮かんでもう駄目でした。
    だけど 君が自動手記人形としてしてきたことも消えないんだよ
    子安さんが素晴らしく演じてくれたこのシーン、大好きです。

    茅原実里さん再登場で外伝のエンディング曲「エイミー」これもまたすごく良い曲でした。
    そして後から気づいたのですがこの日の茅原さんの衣装は「エイミー」のCDジャケットの衣装でした。

    そして最後に結城アイラさん再登場で「Violet Snow」
    最終話で流れましたが全ての始まりの曲でもあります。
    私にとってあのPVを見た瞬間から「絶対に見たい!」と思って待ち続けたのがこの作品です。
    英語の歌詞ですがとても前向きな歌詞だと思います。

    全てが終わり、外伝の上映の告知。
    実は私はそれほど驚きませんでした。時期的にはほぼ完成しているだろうと思っていたので関係者の心の問題の方が大きいだろうな、と。
    一つだけ気になる事がありますがここでは言いません。外伝の映画がある事を前から知っていた人なら同じ事が気になっていると思います。

    でも2週間限定上映だったのが3週間になった事はちょっと驚いたかも。
    そう簡単にできる話ではないと思うので色んな方の思いによって実現したのだろうと思います。