氷菓聖地巡礼2018秋 2日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

氷菓聖地巡礼2018秋 2日目

2018-11-04 01:56
    氷菓聖地巡礼2018秋 1日目 の続きです。

    では2日目です。
    朝食は喫茶バグパイプと決めていました。オープンは10時ですがその前にホテルの南側にある巡礼地に行くため8時半に出発。



    まずは11話で入須先輩に色々言われて凹みながら帰宅する奉太郎が本屋のシャッターに貼られていたポスターを見て悔しさを爆発させるシーンの本屋。この時間なのでシャッターもちゃんと閉まっています。






    続いて奉太郎の家の前にある神社。2話の冒頭で出てきます。
    奉太郎の家がある場所(一番下)は実際は空き地です。






    そこから少し西へ向かうとJR高山線をまたぐ陸橋があります。北の方に高山駅が見えます。
    この場所は21話バレンタイン回で摩耶花に千反田が声を掛けて会話をするシーン。
    夕暮れ時に行けば良かったかも。


    東に戻り昨夜撮影した橋を超え古い町並みに入ります。


    このあたりはアニメの舞台ではありませんがこの通りには氷菓グッズを置いてる土産物屋がありました。まだ開店していませんでしたが。

    貼ってあったポスター等を撮影。
    巡礼用アプリなんてものも。今回は使いませんでしたが。







    ここら一帯は聖地ではないですが古い町並みがとにかくエモいです。


    京都にもこういった町並みはありますがこちらはもっと凝縮された感じですね。

    そしてここを超えて更に北に進んでいくと10話・11話で奉太郎が入須先輩と入ったお茶屋があります。アニメでは店名は「一二三」です。
    中に入りたいとも思いましたが朝食が控えているので店の前を撮影のみ。




    ちょうど良い時間になったのでバグパイプに向かいます。お茶屋からは徒歩1分。
    氷菓巡礼でこの店に行かないとかあり得ない!
    改めて店の外観を撮影してから開店と同時に入店。





    店内がアニメの雰囲気そのままで感動しました。
    朝食を注文しお店の方に店内撮影の許可を頂き、他のお客さんが来る前に撮影を済ませます。











    店内には氷菓のファンノート(既に13冊目!)や巡礼マップが置いてあったりグッズも買うことができました。夏に行ったハルヒの珈琲屋ドリームと同様、ファンに対して暖かいお店でまさに聖地でした。



    グッズはもちろん全て購入。クリアファイルやコースター。



    その後ホテルに停めてあった車を次の移動に便利な場所に移動。
    ここから2日目の怒涛の巡礼が始まります。もの凄く聖地が密集しているので気合を入れて出発。最初のポイントは実は昨日飛騨牛を食べたお店の横でした。10話の奉太郎と里志の登校シーンで出てきます。



    向かいにあったお店で五平餅を購入しお店のベンチでいただきます。

    右に見切れて写ってるお店の五平餅。

    お店のおばちゃんがとても親切で暖かいお茶をサービスしてくれました。
    朝でまだ寒かったのでありがたかったです。
    五平餅は岐阜市内でよく売られている物よりはあっさり系のタレでした。おいしかったです。
    これでグルメノルマ2つ目をクリア。

    そのまま10話の登校シーンはそのまま北へ進んでいきます。





    ただし途中で一箇所撮影ポイントがあるので一旦横に入って柳橋に行きました。
    この橋自体はアニメで出てきたわけではありませんが一本北の鍛冶橋の遠景を撮影したかったので。


    アニメでは鍛冶橋は色んな場面で出てきますが遠景からの絵はOPと図書館からの帰りのシーン。(OPは滝があるのでたぶん反対側の橋からの望遠ショット)

    再び通りに戻って北、鍛冶橋交差点へ
    ここはアニメでは何度も出てきます。
    1話のラスト奉太郎と里志が別れる場面、18話図書館からの帰り奉太郎と千反田が別れる場面、4話奉太郎と里志が千反田家に行く前の待ち合わせなど。






    鍛冶橋を渡る前に一旦西側にある細い路地の巡礼ポイントに向かいます。
    15話のラストで夜道を一人帰宅する里志が通る場所です。



    ここで鍛冶橋まで戻って橋を渡り、今度は川の東岸を北に進んで行きます。
    OPで出てくる日本三大朝市の「宮川朝市」の垂れ幕。ただ午前中は本当に朝市が開催されているためとんでもない人出でOPの絵とは全く違う雰囲気に。


    そのまま北に進むとOPの水飲み場がありますが改修されて変わっています。


    OPで里志がふざけているところの石段。


    更に北に進むとOPに出てくる水位計のある場所があります。



    この辺りの対岸が奉太郎と千反田が会話する河川敷ですがそこは後ほど。

    更に北に進み弥生橋です。ここもアニメでよく出てくる場所です。
    ここは一旦スルーして更に北の方300mほど先にある不動橋に行きます。
    ここは21話バレンタイン回で奉太郎が里志を問い詰める雪の夜のシーンと後期OPで出てきます。
    ここは夜に訪れておいた方が良かったかなと思いました。






    車は通れないような小さな橋で風情があってあのシーンにはぴったりの橋でした。



    再び弥生橋まで戻りまずは東岸ですが18話奉太郎が図書館に向かう時に通ります


    OPなどに出てくる小橋(正式名不明)が弥生橋の手前の支流
    に分かれるところにあります。
    ・・・のはずだったのですが残念ながら小橋は撤去されていました。跡は残っていましたので河川敷に降りて撮影しました。
    (どうも夏の3年前の豪雨で損壊、修復準備中とのことらしいです)





    弥生橋を西に渡り、今度は南に向かって戻ります。
    弥生橋の上から川の上流の方にOPや18話で出てくる石積みの滝のようになっているところが見えます。


    そして河川敷を南に行くと11話で奉太郎と千反田が座って会話する場所があります。



    石段を登って路地を通って5話のラストで奉太郎が手紙を投函するポストがありますがポストの形は変わっていますね。



    そこから少し北の蕎麦屋のある交差点。アニメでは「あすかそば」です。
    1話の終盤に出てきますが先程書いた通学路としては実際の位置関係と違います。



    そして再び鍛冶橋の方に戻って行きます。鍛冶橋まで戻る少し手前に11話千反田との河原での会話後、奉太郎が佇む場所。トイレの前ですがw


    途中ポストのすぐ南にOPのこれがありますが写真はもっと南からズームで撮ったものです。。これは望遠で撮らないと構図が合わないのでだいぶ離れたところから撮りました。



    ここらで昼飯タイムですがその前に街で見つけたものを。






    氷菓とは関係ありませんが高山の温泉むすめ高山ちゃん(CV花守ゆみり)かわいいですw

    ちなみに岐阜には5人の温泉むすめがいます。
    あと左上の「ちかのこ」というのは私も知りませんでしたが温泉むすめ高山ちゃんのキャラデザをされた方の漫画作品だそうです。


    昼はもちろん高山ラーメン。グルメノルマ3つ目クリアです。
    行列のできる有名店があってチェックしていましたが行列すぎたのでパスして別の店に入りました。高山ラーメンはシンプルだけどおいしかったです。ミニ丼は飛騨牛カルビ丼。


    車をパーキングから出して次の拠点に移動。
    予定では図書館の駐車場に停めて図書館と周辺の探索予定だったのですが、図書館の駐車場が有料で満車という状態。図書館利用者だけでなく観光客にも開放しているためだと思います。
    仕方がないので周辺を探して城山公園という小さな山の登山口のスペースに停めました。
    ちなみにこの山には高山城跡があります。

    図書館から離れてしまったので先に4話の千反田家に向かう奉太郎と里志のサイクリングコース前半のエリアを巡礼。ここは複雑な路地で正確な場所が事前に調べきれなかったので探しながらの巡礼です。




    いくつか見つからなかった箇所もありますが逆に無いと思ってた箇所があったので良かったです。

    そして18話に登場する図書館に到着。まずは正面の門。

    そして建物全体




    モダンで伝統的な雰囲気はありますが明治時代の学校をモデルに2004年に現在の場所に建てられた実際には新しい建物です。

    もちろん中は撮影は禁止でしたがアニメに出てきたそのままで下記シーンの全てが完全に一致。感動以外の言葉はありません。撮影したかった・・・




    夏に行ったハルヒの図書館もアニメそのままでしたし京アニやばいですねw


    図書館を後にしてあとは18話のアルプス遠景を撮るためにスカイパークに行くだけ、と話してる時にふと思い出しました。

    「初詣回の神社、行ってなくね?」

    1日目に行った水無神社は生き雛祭り回の神社で別の神社です。奉太郎の家の前の神社も別。
    こちらは日枝神社。気のせいかとも思いましたが確かに行ってない。
    なんでかと色々思い出してみると1日目昼ごはんの事を考えている時にすっぽ抜けてたことが判明。もともと1日目に行く予定だったのでした。
    そもそもここの撮影ポイントはかなり念入りに計画していたはずなのにw
    ほんと気付いて良かった(;´∀`)
    まだ時間にはかなり余裕があったので行かなくてはという事でまずはそちらに向かう事に。
    場所は車を停めた城山の南側だったので図書館からすぐでしたw
    駐車スペースも事前に調べていたのでさくっと停めて巡礼開始。

    まずは20話初詣回、奉太郎と千反田の待ち合わせ場所とタクシーでやってきた千反田



    神社入り口。



    OPにも出てきます。



    ↑の横


    二人が参拝した本堂



    二人が閉じ込められた納屋


    アニメとは細かい違いはありますね。

    という事で次は本当にアルプス遠景を撮りに移動します。
    ここは若干離れていますが帰り道と近いので最後にしました。

    が、なんと豪雨被害のためスカイパークへの登り口が封鎖・・・
    仕方がないので少しでも高く、撮影ができそうな場所を探して近くを周りました。
    車を停められなかったり木の枝が邪魔だったりでなかなか良いポイントが無かったですがかろうじて撮影可能な場所を見つけてそこで撮影することに。


    結果的に方角も撮りたかった方角で望遠でいい感じに撮ることができました。
    天気も良かったのでそれっぽくなったと思います。


    巡礼候補にはありましたが神山高校のモデル学校は撮影可能な場所まで入れそうになかったのでパス。
    11.5話のプールもこの季節に行っても・・・という事でパス。
    7話温泉は遠すぎ(ほとんど長野県境)のためパス。
    という事でこれにて2日間の巡礼予定終了です。


    帰りは最後のグルメでまたひるがの高原SAで飛騨牛串焼きを食べましたw


    好きなアニメの聖地巡礼やっぱり楽しいです。
    他県から訪れる場合、高山は行くまでがハードル高いというのは否めない(電車だと名古屋から2時間半ぐらい)ですが現地に着いてしまえば氷菓聖地だけでなく観光スポットも狭い範囲に見どころが固まっています。なので移動による時間のロスがほとんど無く楽しめるので気楽に訪れてみてもいいと思いますよ。

    自治体が観光に力を入れているので観光で困ることは全くないですし海外人気が高いのも納得です。温泉も楽しめますし絶対におすすめです!

    ちなみに高山市の隣には「君の名は。」の聖地、飛騨古川や「ひぐらしのなく頃に」の聖地、白川郷もあります。距離的には10km~20kmぐらいしか離れてなかったと思います。
    2泊ぐらいの余裕があればそちらも合わせて巡礼するのもおすすめです。

    聖地巡礼も回を重ねるごとに知恵も付いて効率良く回れるようになりました。
    今回はスマホカメラ+デジカメ+タブレットという装備で周りました。
    参考にするキャプ画をタブレットに入れて見ながら撮れるようにしていたのですが結構腕が疲れましたね。参考画はいっそのこと印刷して持って行った方が楽かも。

    スマホは撮ってすぐツイートできるようにデジカメとは別に撮っていたんですがこれも面倒でしたね。(ツイートのハッシュタグは#氷菓聖地巡礼2018秋 です。)
    この記事の写真はほとんどはデジカメで撮ったのを使っています。スマホカメラでは厳しい望遠の写真もありましたので。
    なのでリアルタイムツイートしないのであればスマホカメラは不要なんですがリアタイツイートも楽しみの一つなので悩ましいところです・・・
    まぁこの辺は次回への課題という事で。

    またいつかどこかの聖地に行きたいと思います。
    まずは来年GWにまた豊郷小学校行きたいですね。ファンイベントがあるらしいので。
    あとは物語シリーズや最近マイブームの青ブタで関東方面も行きたいですし。

    また、さんざん書いたように岐阜はアニメ聖地はとても多く私自身もまだ行ききれてないのでとりあえずは河合荘とか巡礼してみたいかな。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。