『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』を見てきた【ネタバレありまくり】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』を見てきた【ネタバレありまくり】

2019-04-22 00:30
  • 4
4/20に『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』を見てきました。
色々語りたいので書く!
とりあえず「ユーフォ映画の中で一番好き」とだけ。

ネタバレをがっつり含んでるので見たくない人はそっ閉じしてくださいませ。
あと毎回書いてますが私はウザいレベルの京アニ信者なのでそういうのが苦手な方は読まない方が良いと思います。




















先に言っておきますが私は北宇治カルテット4人をまとめて推したい人です。
なのでこれまでのシリーズでは2期より1期の方が好き、劇場版も2作目より1作目が好きというのはあります(リズは別枠)
もちろん2期や届けたいメロディも名作だと思ってて大好きなのですが葉月や緑輝についてあまり語る内容がないので。リズと青い鳥も良かったし本作を見る前に押さえておくべき作品ですが吹奏楽部の話というよりはのぞみとみぞれの話、スピンオフ的な物と捉えてます。

2期が終わった時にがっつり振り返った感想を書いています。重複する内容があるかもしれませんがご容赦を。

あと原作は全て既読です(最新刊は読んでる途中)
原作との違いはあまり気にしない方です。京アニ作品のほとんどは大きな改変がありますがそれで不満に思った事はないです。本文についてはアニメとしての感想になります。
まだ一回しか見てないので間違ってるところがあるかもですが。

周りの方の感想なんかをざっと見回してみるとやはり「リズと青い鳥」との色々なリンクが響いた方が多いように思いました。私はというとそれももちろんあるのですが私にとって一番響いたのは久美子たち4人が1年(あるいは中学生)だった頃の出来事とのリンクです。先に書いた通りこの4人をまとめて推したい気持ちが強いからだと思いますが。



いきなり告白シーンから入るとは思いませんでした。
葉月の気持ちを考えたら早く付き合っちゃえよとも思ってたけどこの2人だからなぁ・・・とTVシリーズでは納得してました。とは言え積み残しなので彼らが恋人になって別れるまでは今回描かれるだろうとは思っていました、がまさか冒頭とはw

OP曲は「これが私の生きる道」でしたね。これはこの2人に合ってると思いました。興味ある人は歌詞を検索してみてください。1996年のPUFFYの曲です。

本編は4月の新歓演奏から。やっぱりあの伝説の「暴れん坊将軍」を思い出してしまいます。
ほんとあれは酷かったw
そして夏紀先輩がギターを弾いていたのもポイント高い!彼女の趣味はギターという設定は1期からありました。

低音パートの新一年生は4人。
W鈴木のみっちゃん&さっちゃん
この2人はリズと青い鳥で「大好きのハグ」をしていました。気付かなかった人は見返してみましょう(私も出てるはずだよねって思って見返して気付きましたw)

でもこの2人について現時点ではあまり語れる事もないんですよね。強気なみっちゃん→サンフェスでメンタル崩壊→久美子説得という事件はあるのですが尺の都合でだいぶ飛ばして描かれたので。ただ、リズのこのシーンはすごく安心できるシーンだし2人とも好きなのでいつかもっと詳しく描かれるといいなと思いますね。

同じチューバに経験者として2人が入ってきたので葉月は心中穏やかではなかったと思います。オーディションの結果発表の時は相当きつかったはずなのにすぐに前向きになれるのは葉月らしくて良かったなと思いました。

月永求もなかなかクセのあるキャラ。
彼の背景については現時点では匂わす程度でしたので何か起こるとすれば先の話です。
やはり私は川島緑輝の方に気が行ってました。音楽への向き合い方がずっとブレないキャラなのが好きで。1期で大会前で緊張する久美子にかけた言葉が象徴的です。

「私の演奏テクニックを見よ!って思えばいいんです」

自分の演奏に自信を持っているキャラですが麗奈とはちょっと違うタイプです。「音楽が好き」という気持ちだけで全部片付いてしまうタイプですよね。それが彼女の全ての言動に繋がっているので求が崇拝しているのは間違いなくその部分だと思います。

そして本作メインの久石奏。
最初の登場時はどうみても小動物系かわいいキャラだったので騙された人も多いはずw
オーディションで手を抜いたのを見抜かれて雨の中走り出していく、それを追う久美子。
このシーンが一番印象的だったという方は多いと思います。私も同じく。
奏としては夏紀先輩に譲るという事はその後のゴタゴタを避けたいための合理的判断でした。
夏紀先輩は彼女の手抜きを見抜いたけれど奏の過去に何があったかまでは察してなかったと思います。恐らく自分への同情でやったとしか。
一方久美子は彼女の過去に何かあっただろう事はすぐに気付いていたでしょう。久美子にも同じ過去があってトラウマになっていましたから。そしてその久美子を救ったのは夏紀先輩(1期10話)
だから迷わず奏を追うことができたしどうするべきかも即断だったと思います。夏紀先輩の気持ちも奏の気持ちもわかるのだから。だからみっちゃんの説得の時よりうまくできてるなと思いました。

このシーンだけじゃなく、「一年の時の久美子はこんなだったなぁ」とか麗奈は、葉月は、緑は、・・・と思う場面がすごく多くて改めて1期を見たいと上映中ずっと思っていました。
そしてラスト「悔しくて死にそう」
全ての始まりでもあったこのセリフ。麗奈から久美子へ、久美子から奏へ。

奏は仮面を被ったキャラですがあすかとは違って感情を爆発させる事もあるのが魅力ですね。久美子もあすか先輩を相手にしてきたのだから奏の仮面なんてチョロいでしょうw
この2人の絡みはずっと楽しみです。
天ちゃんの芝居もすごく良かったですね。

そして加部ちゃん先輩についても。
加部ちゃんの奏者引退は原作ではもっとエモい印象だったのですがちょっと薄味でしたね。
ただ優子部長も本心とは別に部長として振る舞ってる感じは良かったです。
これまでのシリーズで加部ちゃんってあまり存在感のあるキャラじゃなかったと思ってる方も多いかもです。
ですが改めて見ると「なかよし川」コンビと一緒にいる事が多いキャラなんですよね。例えば1期のあがた祭りでも3人で行動してますし、2期の水着回も一緒にプールに来ています。


またチームモナカなので「かけだすモナカ(1期未放送話 円盤収録)」ではかなり出番多いですよ。加部ちゃんと葉月の魅力はこの1話に凝縮されてますw

今回の映画で加部ちゃん気になった人は見返す事をおすすめします!
あとモナカなので葉月とも仲が良いんですよ。



部長・副部長については2期のラストとリズと青い鳥を見て本作を見て彼女らの変化がすごく良いですね。良い部長さんたちになったなと思います。
リズを見た時、優子の髪が短くなってるのはキャラデザが変わったせいだと思ってたんですが実際に3年になって髪を切ってるんですね。心境も変わって当然ですが。
本作ではちょっと出番少なめでしたがリズで補完できる範囲かなと思いました。
大会後のスピーチは良かったですが本心ではどうだったんでしょうね。

麗奈についてはあまり書くことがないですw
麗奈についてはリズの方で、みぞれが全力の演奏をできていない事を指摘するシーンが好きなんです。その時の優子の反応も含めて好きなシーンです。
今作では秀一と話す時の温度がちょっと変わった気がしますね。たぶん麗奈の中では秀一の評価も上がってきてるんじゃないかなと思ったりします。

最後の演奏は「リズと青い鳥」フルサイズ。京アニじゃなきゃ絶対にできないですね。
私としては本作でののぞみとみぞれについてはこれだけで十分な説得力があるので良いと思いました。人によると思いますが本編中でのぞみとみぞれのセリフがほとんど無いのはむしろ良かったと思ってて。2つの作品の1つの出口がここにある感じ。
がっつりクロスさせるのはファンサービスとしては良いのだろうけど個人的には過剰かなと思うのでこのぐらいが好きです。

4/22 追記
もう少し書きたい事ができたので追記します。いや・・・少しじゃないなw
サンフェスについて。
新衣装ちょっと攻めすぎてますよねぇw
演奏曲がsamba de loves youなのでサンバを意識してるのは明らかで素敵な衣装ではあるんですけどね。エロくなりすぎないさじ加減も絶妙なところではあるのですが私のようなおっさんから見ると高校生にしてはアピールが強すぎると感じました。
部員の中にはかなり奥手な子もいるだろうに反対意見出なかったのかなw
個人的には前年の衣装の方が高校生らしくて好きです。
まぁそれはファンサービスと思うことにしてw

劇中で演奏される曲が何になるかというのも楽しみの一つでした。
前年と同様、原作通りにはしないと予想できたので。
「samba de loves you」は結構有名な曲でチューバ(スーザ)ソロがあるのが選曲の理由でしょう。今年はチューバ5人もいますし、みっちゃんの事もあって。
入りがカッコよくて軽やかな曲調で。この曲演奏してる人はみんな楽しそうなんですよ。

そして私としては立花高校の演奏曲も楽しみでした。
というのも前年の選曲「フニクリ・フニクラ」には大きな演出的な意味が込められていたからです。私もまんまとその意図に乗せられ制作陣の思惑通りの反応をしてしまいました。
その意図についてはコメンタリーで語られていますがざっくり言うと「徐々に迫ってくるイメージの曲」です。イントロ部分がですね。

さて今年はというと「ボレロ(ラヴェル)」でした。これも有名な曲ですが静かに始まりクライマックスでは全てをねじ伏せるような大迫力になる曲です。
ずっと同じモチーフが続く曲なのに各楽器の絡みは複雑なので飽きさせません。終わった瞬間には白旗挙げて降参しました!って言ってしまいそうになるような曲です。

(でもこの曲って3/4拍子なのでマーチング向きでは無いような・・・
テンポ的に6拍子解釈できるから大丈夫なのかな?)

それも含めて圧倒的強者、絶対王者という立花のポジションにふさわしい、前年より更にパワーアップしたと感じる選曲でした。梓ちゃんもいましたね!

実は曲に集中しすぎて画面上の1期との対比とかに集中できなかったので次見る時はそちらに注目したいと思います。

劇伴は1期で使われた曲が流れる度にうるうるしてしまいました。これはズルいと思う事が多々ありましたw
二期の曲だと久美子の「響け!ユーフォニアム」に尽きますね。
これにぐっと来ないユーフォファンはいないはず!
1年の久美子が見ていたあすか先輩の背中と奏が見ている2年の久美子の背中。
「私、先輩のこと苦手でした。もしかしたら嫌いだったかもしれません」
今の奏の本心はなんとなくこれに近いのかなと思って。
久美子が卒業する時の奏がどうなってるか楽しみにしたいです。

大迫力も良いけどソロや小編成での演奏って鋭角的というか個々の音がダイレクトに突き刺さるので簡単に感情センサーを破壊するヤバさがあるんですよね。大編成が鈍器だとしたら小編成は刃物、みたいな感じ。
思えば今までも「麗奈のドヴォルザーク(新世界)」、「きらきらチューバ(きらきら星)」、「愛を見つけた場所」、もちろんあすか先輩の「響け!ユーフォニアム」などなど・・・
私の「だいしゅきゲージ」が跳ね上がったのはこういったシーンが多かったです。


あとエンディング曲。TRUEさんのBlast!
いやぁほんとこの人は天才じゃないかと思うばかりです。
北宇治高校吹奏楽部の皆の想いを凝縮して詰め込んだ上に自らの音楽への向き合い方も思う存分込められているんだろうと思いました。
これまでの曲も良かったんですがこの曲が一番好きです。
京アニ信者としてはエンドロールからも全く目が離せないのに曲も歌詞も受けとめないといけなかったので大変でしたw

そしてラストCパート。本作前半にもありましたがスマホ撮りの演出。

何か既視感あるなと思ってたんですが1期の「自分はこういうやり方嫌いじゃないです byちかを」のシーンの系統ですねw


こういう遊びは石原監督が好きそうです。

学年が上がった久美子「部長」ここから先は今の新刊以降の話。
ですがその間にも原作ではまだまだ話はあるんです。
3年生編はもちろん見たいですがこういう合間の話も見たいんですよ。
あと立花編スピンオフも。
さすがに贅沢な願望だとは思いますが少なくとも3年生編はやってくれると信じてます。



だいたいこんな感じですがやはり上記でも1期の事にたくさん触れてるように1期の頃との色々なリンクに胸が熱くなるというのが私の感想でした。今とは全然違ってすごく成長を感じられるのでその成長のきっかけとなった出来事をたくさん思い出してしまうんですよね。

そしてやっぱりこの4人が一番好きで、他のキャラたちも好きで、この作品が好きで・・・というありきたりなところに落ち着くんですけどw


ここからは本編と無関係な話なので読まなくても大丈夫ですw

続編について。京アニ信者としての考えは・・・
なんの情報もないですがたぶんやるでしょう。ただし早くても1年半~2年後。
劇場版になる可能性が高いですが一本ではきつい分量。前後編とかありそう。
個人的希望はTVシリーズなんですけどね。
ちなみに円盤をどれだけ売らないと続編ができないとか未だ言ってる人っているんですね。
少なくとも京アニ作品についてはそんな事で一喜一憂するのは無意味ですよ。


さて、現在京アニの作品で予告されているのは、

Free!劇場版が2020年夏。

メイドラゴン2期。
 今年の秋アニメではないかと予想。監督は武本さん続投でしょう。
 夏ならもう情報出てるでしょうし秋のイベントに絡めないとなるとその時点で放送中の可能性が。

二十世紀電氣目録
 秋のイベントで具体的な情報出そう。時期は来年春か夏辺りではないかと。
 監督は石原さんがやりそうなんですよね。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン劇場版が来年頭。今年夏に外伝。監督は石立さん

という事でユーフォに影響が大きいのは電氣目録ぐらいだと予想してます。
制作にかかる時間を考えてもすぐに続編という線はないでしょう。
恐らく秋のイベントで何かしら発表はあると思いますが・・・

予想はあくまでも予想でしかないですが実のところ全く心配はしていないです。
京アニなので。
広告
×
自分は最近ユーフォを知ってリズは観てない状態で 劇場に行ったのですが(1期2期は見て)、最高でした…リズと青い鳥があんなに素敵な楽曲だとは思ってなくてしかもフルで本当にびっくりしました…
個人的にはなかよし川先輩らの本番前のあのやり取りが特に印象に残ってます。
アニメの続編期待したいなぁ…できればTVシリーズで!(まだ原作小説は1巻の最後の方までしか読めてませんが汗)
8ヶ月前
×
>>kekenasuさん
コメントありがとうございます。
最後の演奏は正に「音で語る」ような素晴らしいものでしたね。
リズを見るとその演奏も更に感慨深いものになると思いますよ。
なかよし川の二人は立派な部長・副部長になりましたね。
アニメ続編、
スタッフもお気に入りの作品だと思うのできっとやってくれると信じたいですね!
それまでの間に原作をちょっとずつ消化していくと良いと思いますよ
8ヶ月前
×
#細かすぎて伝わらない誓いのフィナーレ見所選手権
上記ハッシュタグでツイッターを検索すると面白いのでオススメです
尺の問題でシナリオ上にあれこれ乗せられない分、周辺にすごく細かい芝居入れてます
そして、それに気付く猛者がこれだけ居るのが、ユーフォ勢の恐ろしいところw
8ヶ月前
×
>>pelac さん
コメントありがとうございます。
早速見てきましたw
みんな良く見てるし自分も気付いたところは「そうそう!」と言いたくなりますねw
それだけ愛されてる作品なんだなぁと思います。だから続編を早く!w
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。