• このエントリーをはてなブックマークに追加

roomieちゃんねる

  • ポケットにも入る! 携帯性重視の超コンパクト折りたたみ傘「minimo#3」まもなく支援募集終了

    2024-02-29 15:00
    ※こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。

    Photographed by IBB

    変わりやすい天気に備えて折りたたみ傘を持ち歩きたいものの、バッグの容積が圧迫されて困っている方は必見です。

    machi-yaに登場中の「minimo#3」はかつてないほどコンパクトさを実現した折りたたみ傘。そのサイズは、なんと胸ポケットにも収納できてしまうほど!

    プロジェクト終了が迫ってきたので、ここで改めてその特長をおさらいしたいと思います。

    バッグの中に入れっぱなしにできる傘を目指して

    事前に天気の崩れを予測できるなら、大きな傘を持っていけば良いわけで、折りたたみ傘には重要なのは、「いざ」という時をどれだけじっと待っていられるか。つまり、性能に優先順位をつけるならば、携帯性こそが最も重要なポイントと言えます。

    「minimo#3」が重視したのは、まさにその携帯性です。折りたたみ傘が長時間カバンの中にいられるよう、極小、極軽、極細の3拍子揃え、とことん存在感のない折りたたみ傘を生み出しました。

    長さはたったの16.5cm、重さは120g、そして直径は3cmとどれも折りたたみ傘界最小クラスの数値です。

    秘訣は素材と構造にアリ

    極小、極軽、極細を同時に叶えるのは困難とされていましたが、「minimo#3」は傘に使用する素材と骨の構造を工夫することでジレンマを解消しました。

    まず、親骨に採用したのは、軽くて丈夫なカーボンファイバー。その上で、折りたたみ時に嵩張らないよう骨の位置をずらすなどの構造の工夫によって、折りたたみ時のスリムさを保ちました。

    そして生地には、細い糸を高密度に編み上げた極薄高級生地を採用。これを使うことによって傘の軽さや薄さと同時に、高い撥水性能も獲得しました。

    くしゃくしゃと束ねるだけでキレイに袋の中へと戻せるのもこの極薄生地のおかげ。しかもUPF50+のUVコーティングが施してあるため、晴雨兼用も可能です。

    バッグやポケットの中でじっと時が来るのを待っている「minimo#3」は、いざというときのためのお守りのようなもの。コレさえあればもう天気のことを気にせずに外出できるのではないでしょうか。

    そんな「minimo#3」のプロジェクトは間もなく終了となります。お得に手に入れられるチャンスを逃さぬよう、少しでも気になった方は、プロジェクトページをチェックしてみてください。下記のリンクからアクセスいただけます。

    極小、極軽、極細。3拍子揃った究極の折りたたみ傘。鞄に入れっぱなしのお守り代りに 2,900 特別価格 400円OFF machi-yaで見る

    !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

  • ゴミを溜めない習慣が爆誕!カッター1本でダンボール解体→紐縛りまで完結

    2024-02-29 14:30
    ライフハッカー・ジャパンより転載

    ネット通販でなんでも買えるようになって便利な反面、ダンボール箱の処理が面倒なことになっている人は多いでしょう。

    ダンボールの解体作業は、普通のカッターだとムダに力がいるし危険。ゴミ出しのルールで、「紐で結束してまとめて出す」というのが意外と難儀します。つぶしたダンボールの幅はまちまちなので、うまく結束できないですよね。

    そうした作業が億劫だからと、部屋の片隅に不要なダンボール箱をためこんでいませんか?

    今回は、ダンボール箱の処理を劇的にラクにしてくれるグッズ「ダンボール貫通カッター」を紹介します。

    【関の刃物「ダンボール貫通カッター」はこんな人にオススメ!】

    ネットショッピングが好きだが、捨てるのが面倒でダンボール箱を家に溜めがち ダンボール専用の刃物を持っておらず、素手や普通のハサミなどでダンボールを処理している

    ダンボール貫通カッター 段ボール ダンボール カッター ダンボールカッター 段ボールカッター 紐通し 関の刃物 関市 ナイフ 1,540円 Amazonで見る

    PR 1,740円 楽天市場で見てみる

    PR

    !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

    「刃物のまち」の老舗企業が生んだクオリティ

    この製品、外観は細身の黒いナイフ(刃渡り12cm)ですが、先端に釣り針を思わせる「カギ」があるのが特徴。反りのない真っ直ぐな刃は、ギザ刃と波刃のダブル刃加工がなされています。

    さらに、ガムテープの粘着素材がつきにくいフッ素加工も。持ち手は、どのように握っても持ちやすい形状です。

    こうしたところに職人技を感じますが、それもそのはず。

    ダンボール貫通カッター」を製造するのは、世界三大刃物産地の1つで、「刃物のまち」とも称される、岐阜県関市にあるウカイ利器(発案したのは異業種のBOISUNS)。

    ハサミなど、刃物製品の製造販売を手掛ける老舗です——期待が高まりますね。

    切れ味は抜群でストレスフリー。その実力を検証

    筆者はこれまで、ごく一般的なカッターを使用していました。錆びたりしたら、刃を折って新しい刃にする、おなじみのもの。その一般的なカッターで厚いダンボール箱を切ると、力がかかるし、刃はすぐなまくらになりました。

    それでは、実際に「ダンボール貫通カッター」で切ってみると…「関市発」という先入観は別にしても、全然切れ味が違います。

    「ノコギリでざくざく切る」感じですが、一般的なカッターとは別次元のストレスフリーな世界がそこにありました。溜め込んでいた10箱余りを裁断しましたが、切れ味は衰えていません。

    ダンボール貫通カッター 段ボール ダンボール カッター ダンボールカッター 段ボールカッター 紐通し 関の刃物 関市 ナイフ 1,540円 Amazonで見る

    PR 1,740円 楽天市場で見てみる

    PR

    !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

    「刃を突き刺して紐を通す」新発想

    次の手順は、ゴミ出しの準備。

    ほとんどの自治体は、ダンボール箱はつぶして紐で結束して出すよう求めています。紐で十字に結束した場合、異なる箱のサイズだとうまくまとまらないのは、みなさんご存知のとおり。

    ひと手間かけ、箱のサイズ別に結束する方法もありますが、「ダンボール貫通カッター」はその面倒を解消してくれます。重ねた段ボールに刃を突き刺してしまうのが正しい使い道なのです。

    刃を貫通させたら、先端の「カギ」に紐を引っかけて、刃を抜きます。すると、紐が一緒に穴を通り抜けます。あとは紐を結んで、切るだけ。





    紐をつかんで、ごみ置き場へとラクに持っていけます。持ち運びの途中で、小さめの段ボールがすり落ちる心配はもうなし。今までのプチ苦労は何だったんだろうかと思うほど、快適です。

    「ダンボール貫通カッター」は現在、Amazonや楽天でも販売中。価格は1540円+送料と、100円ショップのカッターに比べれば割高ですが、一生モノであることを考えるとお買い得だと思います。

    これ1本で、ダンボール箱処理の面倒くささとおさらばしましょう。

    ダンボール貫通カッター 段ボール ダンボール カッター ダンボールカッター 段ボールカッター 紐通し 関の刃物 関市 ナイフ 1,540円 Amazonで見る

    PR 1,740円 楽天市場で見てみる

    PR

    !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.head.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

  • マーナの「技ありスポンジ」のおかげで、今年はピッカピカの洗面台をキープできそう!

    2024-02-29 13:30
    お掃除って本当はちゃんと定期的にできるのが理想なんですが、どうしても後回しにしてしまう場所ってありませんか?

    汚れに気付いた時にササッと掃除を! と思ってもスポンジなどの掃除道具を準備するのも面倒だったり。

    私はついつい洗面台のお掃除を後回しにしてしまうのですが、今年こそ常に綺麗な状態にしておきたい!と思い、こんなものを使い始めました。

    3層構造の小さいスポンジ

    マーナ 洗面スポンジ POCO吸盤付き 418円(税込)

    キッチングッズやお掃除アイテムでお馴染みの生活雑貨メーカー「マーナ」の「洗面スポンジ POCO吸盤付き」。

    スポンジと吸盤付きのホルダーがセットになった商品です。

    スポンジは3層構造になっていて、目が粗い上部の層は水垢を落としやすい「ナイロン不織布層」真ん中は洗剤をしっかり吸ってキープしてくれる「ウレタン層」下の層は泡立ちが良く水切れがいい「脱膜ウレタン層」です。

    さすがマーナ、しっかりと使いやすさが考えられてますね!

    早速使ってみましょう!

    マーナ (marna) 洗面スポンジ POCO (ポコ/グレー) 洗面台 スポンジ 吸盤式 (水切り/浮かせる収納) 洗面所 掃除 W615GY 380 Amazonで見る 418 楽天で見る

    !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

    これなら習慣化できそうだ

    洗面台の内面に吸盤を貼り付けてセットするとこんな感じ。

    手を洗ったりした時に水があまりかからない場所につけてみました。

    スポンジは少ない洗剤の量でもちゃんと泡立ってくれましたよ!

    洗面台に常にセットされていても邪魔にならず、細かいところまで掃除しやすい絶妙なサイズ感。

    「ナイロン不織布層」がこびりついた汚れも落としやすくていいですね!

    この手軽さなら洗面台掃除を習慣化できそうです。

    見えていても気にならないお掃除アイテム

    ツルツルで吸盤が付く面が収納場所になってくれるので、鏡に取り付けちゃうのもアリですね!

    掃除道具を出したり閉まったりするのが煩わしくて、汚れに気付いても後回しにしてしまっていた私のお掃除のハードルを下げてくれたマーナの「洗面スポンジ POCO吸盤付き」。

    スポンジのみの販売もされているので、スポンジがヘタってきたらホルダーを残して交換可能。

    これで今年は常に綺麗な洗面台を目指すぞー!

    マーナの名作アイテムで「冬の水道冷たすぎ問題」が解決!毎日手放せない理由はね

    今年はツルピカなシンクをキープしたい! 汚れ落としと撥水コーティングがいっぺんにできる便利グッズを手に入れたよ

    マーナ (marna) 洗面スポンジ POCO (ポコ/グレー) 洗面台 スポンジ 吸盤式 (水切り/浮かせる収納) 洗面所 掃除 W615GY 380 Amazonで見る 418 楽天で見る

    !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")