オススメのマンガ EDEN 〜It's an Endless World!〜
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オススメのマンガ EDEN 〜It's an Endless World!〜

2017-12-29 19:17



    クロージャー・ウイルスの大流行によって人類が危機に直面した世界。少年エノアと少女ハナはウイルスによる病魔に冒された末期状態の科学者と共に、3人で暮らしていた。世界はもう、自分たちだけだと思っていた。

    ある日、エノア達の住む地へ数機の軍用ヘリが降り立つ。原父(プロパテール)を名乗る彼らはエノア達と暮らす科学者を連れ去ろうとするが、エノアはロボットのケルビムにて応戦し、その圧倒的破壊力で勝利する。

    彼らの襲撃により“世界はまだ終わっていない”ことを知ったエノア達は、科学者の死後、2人で生きていくことを選択する。

    20年後、原父は国連に代わって世界中の国家を統治するようになり、原父連邦と呼ばれる巨大政権を構築。しかし経済格差や民族間の差別、そのことが原因による犯罪や殺し合いといった問題は未だ解決出来ずにいた。エノアは南米の麻薬カルテルのボスとなり一時は原父に協力するが、原父連邦の陰謀を知ってからは、敵対する立場となり、ハナと彼らの娘であるマナは、原父連邦に人質にされる。

    エノアとハナの息子、エリヤは南米にいた。ケルビムと2人で旅を続けるエリヤだったが、ひょんなことから子供の死体を見つけ、その肋骨に縛り付けられていたデータディスクを手にする。

    死体を埋葬したエリヤは、翌朝、死体の秘密を知る傭兵組織・ノマドに襲われ、ディスクのありかを問いただされる。しかし、原父連邦と対立する彼らは、この先の原父連邦による占領地帯を共に切り抜けるため、同じく原父連邦と対立する父を持つエリヤと協力することとなる。

    原父連邦軍の投入するアイオーンと呼ばれる半不死身の兵や最新鋭の兵器に対し、死闘を繰り広げ、何とか原父連邦の勢力外へ脱出することができたエリヤは、南米最大のマフィアのボスとなった父エノアの右腕であるトニーや左腕であるニッコーと再会し、物語は次第に語られなかった20年間を明らかにしていく。

    原父連邦とは何か、クロージャー・ウイルスの秘密とは、エリヤの拾ったディスクの中身とは、そして父エノアと原父連邦の関係とは?母ハナと妹マナを原父連邦から取り戻すため、エリヤの戦いが始まった。




    このマンガは、基本、エロ。グロ。宗教。麻薬。病気。メカ。あらゆる不幸を詰め混んだマンガです。

    エロシーンからグロシーンまで大量に使われていて、子供が読んではいけない本になること確実のマンガです。

    当時、連載されていたときは、新世紀エヴァンゲリオンの放送前後だったため、そんなに批判的なこともなく、長い間連載されて、無事完結しました。
    漫画家さんの絵のセンスもよく、リアルに表現されているところは当時驚かされていました。

    これだけ、大量のテーマを取り扱ったマンガはあまり見た事がありません。

    大人の方だけ読んでいただきたいですね。


    EDEN(1)遠藤浩輝

    https://www.cmoa.jp/title/63125/










    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。