HQ7Epw2_IVIGYPJy_0zr0zcGHYQ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HQ7Epw2_IVIGYPJy_0zr0zcGHYQ

2014-02-13 11:55
    HQ7Epw2_IVIGYPJy_0zr0zcGHYQ

    2014/02/13 11:452014/02/13 11:45

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw948387?news_ref=top_topics_topic
    芸能人のデート現場をツイッターで「暴露」 カフェ店員が訴えられる可能性はあるか?
    著名人のデートを目撃した飲食店やホテルの従業員が、その様子を思わずツイッターで流してしまい、騒動となることがときどきある。1月には、タレントの水沢アリーさんとJリーグ・浦和レッズの槙野智章さんのデート現場を目撃したカフェの店員が、二人が来店したことをツイートして、騒ぎになった。

    J-CASTニュースの記事によると、年明け早々の1月4日、広島県内の「ドトール」の店員たちが、「やばいやばい サッカー選手のまきのとモデルの水沢アリー来た!」などと、ツイッターに書き込んだのだという。その後、スポーツ新聞が二人の熱愛を報じたこともあり、水沢さんは交際を事実上認めたが、ドトールコーヒーは騒動を受けて、店員らを処分すると表明した。

    たまたま有名人を見かければ、つい興奮してしまう気持ちはわからないでもない。だが、彼らにもプライベートな時間はあるはずだ。今回のように有名人の「お忍びデート」の現場をツイッターでさらした店員は、その有名人から「慰謝料を払え」と訴えられる可能性があるのだろうか。石井邦尚弁護士に聞いた。
    ●人には「私生活をみだりに公開されない権利」がある

    「このようなケースは、プライバシー権の侵害として、民法上の不法行為(民法709条)に該当し、損害賠償が認められる可能性があります。

    プライバシー権は、『私生活をみだりに公開されない』法的な保障ないし権利として、裁判を通じて確立されてきたものです」

    石井弁護士はプライバシー権についてこう解説したうえで、次のようにつけ加える。

    「ただし、『プライバシー権を少しでも侵害する表現はすべて許されない』ということになれば、今度は逆に、表現の自由が制限されすぎてしまいます。

    そこで裁判では、ある事実について『公表されない利益』と『公表する理由』とを比較考量して、『公表されない利益』のほうが重いと判断した場合に限って、不法行為になるとされています」

    プライバシー権を侵害することが許されるような「公表する理由」とは、どんなものだろうか?

    「その判断をする際には、公表の理由が『公共の利害』に関する事実であるかどうかが、重要な要素となります。

    たとえば、政治家などの『公人』については、私事を公表しても、このような理屈により、プライバシー権侵害とはならないケースが少なくありません」
    ●芸能人には「プライバシー権」がない?

    たしかに、なんでもかんでも「プライバシー権の侵害」とされたら、政治家のスキャンダル報道などはできなくなるだろう。芸能人のプライバシーについてはどうだろうか?

    「政治家や芸能人のような公の人物については、『一定限度においてプライバシー権を放棄しているとみるべきだ』という見解もあります。

    裁判例でも、個別の事例に基づく判断ですが、芸能人が一定の限度でプライバシー権を放棄している、あるいは私事の公表を容認していると判断したケースがあります」

    そうなると、芸能人には「プライバシー」はないのだろうか?

    「とはいえ、こうした見解や裁判例でも、芸能人が一律・無限定にプライバシー権を放棄しているなどと認めているわけではありません。

    また、著名人という点では同じでも、自ら私事を公開して積極的にメディアに登場している『芸能人』と、そうではない『スポーツ選手』とでは、やや異なった評価がなされることは、十分あり得ます。

    たとえば、芸能人のプライバシー権は侵害していないが、一緒にいたスポーツ選手のプライバシー権は侵害している、と評価される可能性もあるのです」

    それでは、今回のケースは?

    「プライバシー侵害について損害賠償が認められるかどうかは、個別の具体的な事情に応じてケース・バイ・ケースで判断することなので、決定的なことは言えません。

    ただ、仮にこの事例が裁判となったとしたら、プライバシー権侵害と判断される可能性は十分にあると思われます」

    石井弁護士はこのように見解を述べたうえで、「最近は、一般の人々がネットでうっかり他人のプライバシーを公開してしまうという状況も多々見られます。SNSは速報性と拡散力を備えたメディアでもありますから、情報を書き込む際には十分注意したほうが良いでしょう」と話していた。

    (弁護士ドットコム トピックス)

    辞める辞める詐欺
    辞める辞める詐欺(やめるやめるさぎ)とは、注目度を上げるために行う宣伝活動である。終わる終わる詐欺とも呼ばれる。相手に誤解を生じさせる表示を恣意的に行っている点において宣伝とは異なる。別名、「まだ終わりじゃないぞい、もうちっとだけ続くんじゃ現象」。
    最後は注目が集まったり、通常より相手の意欲が高まる事を利用した手法である。 なお、この手法を応用し、自らの引退を宣言若しくはほのめかして露出を増したり、鼓舞に利用した後で、引退撤回を繰り返す事もこれに含まれる。
    引退詐欺

    宮崎駿はもののけ姫を自身の引退作とし作品を空前の大ヒットさせたが、続くホーホケキョ となりの山田くんの興業が失敗してスタジオジブリが危機に陥ると引退を撤回。千と千尋の神隠しを今度こそ引退作として大ヒットさせた。しかし引退は撤回され、ハウルの動く城を最後に次作からは息子宮崎吾朗に任せる旨が報道され事実上引退をほのめかしていたが、吾朗の第一回監督作品がアレだったため周囲に引退させてもらえず崖の上のポニョの製作に携わっている。と思いきや、風立ちぬ公開後に本当に辞めてしまった。

    SASUKEの看板として有名なミスターSASUKEこと山田勝己は8回で引退発言をするもその後何事もなかったかのように出場。その後再び引退発言するも次の次の大会で復活。その後は1stもろくにクリアできずネタキャラ化した。その後実況に後に完全制覇した後輩の長野誠がミスターSASUKEだと言われる始末。また山田は16回と24回でも引退発言をしている。

    海外ではジャッキー・チェンが有名だろう。年齢による肉体の衰えと、これまでの酷使っぷりを理由にしているものの、いまだに引退できていない。彼が人気だからというのが理由ならいいのだが、後継者不足という悲しい事情が透けて見える。

    鳩山由紀夫のように意味不明のものもある。はっきり言って彼が国会議員を引退しない事を願っている人間など、どこにもいない。

    上記のような有名人でなくとも、田舎の自治会長が多選の批判を避けるため、「健康上の理由」等を持ちだして周囲に辞意を示すことがある。

    これについては「いや、まだあなたがやってくれなければ困る」と言ってほしいための行動であり、「そこまで言われたら仕方がないので続けます」と言って続けることが予定調和である。

    ごくまれに、辞意を真に受けて「そりゃあ体が大事だ。長い間ありがとうございました」などと言って段取りを台無しにするKYがおり、そうなると後任人事が揉めに揉めることとなり周りが大変なのでくれぐれも気をつけてね。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。