アールさん のコメント

userPhoto
アール
>>1
Releaseに置いてあるファイルはどうやらひとつ前のバージョンのようです。
master ブランチからファイルをダウンロードしてください。こちらは v0.1.2 になっています。
直リンクはこちら。
https://github.com/JavidPack/TheLuggage/archive/master.zip

参考まで
v0.1.1 と v0.1.2 とを比べてみると Terraria.exe での仕組みが変わっているようなので、どうやら作者の方は現在のバージョンでも動作する修正をされたものの、いくつかのコメントの変更やアナウンスをされていないっぽいです。
GitHub上で0.1.0や0.1.1と書かれていたりしますが、build.txtの中身のversionは0.1.2となっています。
こちらのバージョンであれば、コード上の間違いは無いと思われますので、環境要因がなければビルドが通ると思います。
No.2
31ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今回紹介しているModは次の通りです。 ・ Item Checklist  V0.2.2.2  専用ウィンドウにて、取得したアイテムの確認や、新規取得時にアナウンスを表示する事ができる。 ・ Recipe Browser (Chest Sheetと同じ場所)  v0.2.1  専用ウィンドウにて、アイテムのクラフトレシプを確認できる。表示方法はすべてのアイテムを対象とする他、近くのチェストに含まれるアイテムで作成できるもの、そしてItem Checklistと連動して、取得したことのあるアイテムで作成できるものと選択できる。  専用ウィンドウは、ドラッグで動かせるほか、サイズの変更も出来る。  レシピの表示も、表示されているアイテムをダブルクリックする事で、アイテムを切り替えられるので、確認がしやすい ・ The Luggage  v0.1.2  ドロップアイテムを拾ってくれる宝箱型のペットを追加するMod。  ただし、更新されていないので、利用するのにはソースコードをダウンロードして、Mod Sourcesフォルダに配置し、Mod SourcesメニューからBuild + Reloadする必要がある。  Mod BrowserからDonwloadできないというだけで、それほど難しい作業ではない。  更新されていないと言う事は、代替Modがあるのかもしれないが、わからない。   ダウンロードするファイルはGitHubのmasterブランチから取得してください。   コンパイルエラーなどが出る場合  Terraria\ModLoader\Logs\Compile Errors.txt  の内容をコメントに貼り付けていただければ、わかる範囲でお答えできるかも知れません。  この際、Terrariaより前のパスにはご自身のPCの環境(ユーザー名)などが含まれますので、削除していただいた方がよいかと思います。 ・ Auto Trash  v0.1.2  インベントリのゴミ箱の隣に、専用のスロットが追加され、そこにドロップしたアイテムは、取得時に自動的に捨てられるようになるMod。  Modの有効・無効はそのスロットに付いてるボタンで行えて、自動で捨てる対象のアイテムは専用のウィンドウで確認する事ができる。 ・ Modders Toolkit  v0.1.5  Mod製作者向けの、ゲームを実行しつつ各種データの変更などを行って効果が確認できる各種機能が搭載されている。  C#のコードを打ち込んで実行できたり、武器などのデータを書きかえて確認できたりなど。  その内、現在いる場所でスポーンする敵の各確率を表示するツールは、通常プレイでも利用できそうで、便利そう。