ペルソナ5R今さらレビュー&感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ペルソナ5R今さらレビュー&感想

2020-01-20 03:22
    今さらですがP5Rが終わって、ちょっと文句が言いたくなったので軽く文章にしたためておきます。

    ちなみにネタバレはありです。ネタバレなしで書くのが面倒なので。

    さて、まずはP5Rの全体的な評価から。これに関しては間違いなく良作でしょう。ペルソナシリーズ興味があって、けどP5やったことないんだよなぁ、っていう人には特におすすめはできます。ただ、P5もうすでにやってるんだよなぁ、っていう人に対しては、特にP5をやりこんでしまった人に対しては、正直動画で十分感は強いです。そして、まさにその部分にこそ、P5Rに関する文句というのが集約されております。

    その文句というのが、ほかならぬ追加キャラである「芳沢かすみ」です。パッケージにもなってるし、新キャラ追加だよ!みたいに結構宣伝もされていたように思います。ですが、扱いにだいぶ疑問が残ります。

    扱いに疑問が残る、という点に関しては無印の「奥村春」のときから言われていたことで、プレイできる期間が短すぎる、というのがリリース後によく聞かれた感想でした、事実僕もそう思います。そして今作は3学期が追加されたということで、「奥村春」の問題に関しては多少はカバーできていますが、でも正直そっちも消化不良ではあります。

    ただやはり一番の問題は「芳沢かすみ」でして、彼女が怪盗団というか、仲間になるのが3学期だけ。プレイできる期間は1っか月程度という体たらくで、新追加キャラ登場!みたいに謳われていました。これならP4Gの「マリー」の方がまだマシですよ。内容的にも結構がっつりだったし、個人的にはそんなに嫌いじゃありません。ここから内容の文句に入ります。流れでかすみの話にもしていく感じで。よろしければ目を通してもらえたら嬉しかったりします。

    前提として僕はP5自体のシナリオは決して褒められたもんじゃないと思っています。評価的にはゲーム性のみ〇でシナリオとキャラは×って感じです。この評価項目でいうと、P4も決してシナリオがいいゲームではなかったものの、キャラでカバーしてるんです。また、ゲーム性は4も悪くはなかったですが、5はより洗練されていて、間違いなく面白いといえる出来なんじゃないかと。特に初見で街に出たワクワク感は非常によかったと思います。そういう意味で総合的には良作と十分言えるんじゃないかと。

    正直改心させるっていうシナリオ自体がペルソナ5のシナリオライターの人らには手に余るものだったんじゃないかと思います。それくらい良くなかった。高校生だからね、で済ませちゃってもいいとは思いますが、それならそれでいさめてくれる大人とかが必要でしょう。なんにせよ、やってることに対する自覚というのが非常に希薄なんです。だからシナリオにも幅を持たせられない。改心っていうけど、要するにあれは丸喜がやってることとなんら変わりはなく、結局自分たちが気持ちのいいようにしか行動していないんです。だから全く響かないんです。すべてがノリで解決されているんですよ。

    でもいいんです。僕はペルソナ3をやったときからRPG要素のあるギャルゲーとしてプレイしていたんですから。ゆかりとか美鶴先輩、りせちーにマリーとか、そういう感じでかわいいキャラが出てくれていれば僕的にはギャルゲーのおまけにシナリオがあって、戦闘要素は抜群に面白いな、っていうゲームになっていたんですから。つまり、キャラさえなんとかなっていればよかったんです。

    が、しかし、P5はキャラもよくない。そもシナリオも正直ジョーカーと真、双葉だけいれば解決してしまうんですよね。特に中盤以降の竜司のクソさ加減、杏と祐介の影の薄さ、そして春の加入の遅さは擁護のしようがありません。モルガナはまぁ、解決というか狂言回し的な役割があるんで必要と言えば必要ですが。

    では、P5のシナリオのなにがそんなによくなかったのか。上に書いたことはもちろんですが、もう一つに仕掛け先行のシナリオというのがあげられます。まず最初の導入部分、これが第一の仕掛け。いきなりジョーカーがつかまって、そしてその回想という形で進んでいきます。プレイヤーはまず、ジョーカーは現状つかまってしまっているんだ、という認識で進んでいき、こういう感じなんだなぁ、となりますね。で、実はこれはブラフというか、仕掛けはもう一つあって、ジョーカーがつかまってしまっているという部分に注目させておいて、本当の仕掛けは「イゴール」の声が変わっていたこと。

    「イゴール」の声優が亡くなられていることはペルソナプレイヤーの中では割かし有名なことで、それを逆手にとった演出といえます。しかし、一方でこの演出から逆算してストーリーを作ってしまい、もちろんそれも一つのストーリーの作り方ではあるんですが、しかしそれが失敗してしまった。要するにキャラクターを逆算して作ってしまったためにお人形さんでしかなくなってしまった。これが改心を扱いきれなかったこと以上にストーリーが悪かった理由だと思っています。

    さて、お次のキャラクター批判ですが、丸喜はよかったですね。CV日野聡というのがよかった。結構好きなんですよね日野聡。キャラクター的には優しさが行き過ぎてしまった”いい”大人というので、怪盗団が最後に対峙するのは”悪人”ではなく、という感じです。でそのシナリオに関してですが、掘り下げが弱かったですかね。結局、丸喜ができなかったことは、怪盗団を否定することなんです。丸喜が突き付けたことは、俺がやってることはお前らと同じことだぞ、ということただそれのみで、これ自体は悪くはないんです。でもジョーカーたちは、それに対して満足のいく回答を提示することができなかった。ただ、元いた現実をなかったことにするのは嫌だ、なんていう非常に身勝手極まりない(この点で丸喜と怪盗団の区別は一切ない)理由のみでしか、丸喜を否定することができなかったんです。誰かが丸喜に寝返ってもよかった気はしますけどね。かすみは多少それがありましたが、あれは寝返るというよりもすみれに戻るための演出なんで。それに、あの場面の寝返るということをより象徴的に表現するために、3学期だけしか仲間にならない、というのは悪手すぎます。もしあれをやるなら、それこそ双葉とか春とか、身内を亡くした人はかすみ以外にもいたから、それをより掘り下げる形でやってもよかったし、なんなら追加キャラなしでそのシナリオでもよかったんじゃないか。「怪盗団分裂」のシナリオですね。

    さて、肝心の「芳沢かすみ」に参りました。最初、プレイしたときは優遇されてんなぁ、という印象でした。導入でいきなりジョーカーと共闘するし、割かしジョーカーと絡むし。しかしそれはあっさりと裏切られてしまいました。なにしろ、物語の本筋、なにも変わっていなかったんですもの。

    つまり何が言いたいかっていうと、最低限シドウパレスくらいは仲間になっておけよ、ってことです。もう本当にあり得ない。現実世界の最後の敵であり、かつジョーカーや明智にとって一番の因縁がある相手のパレスに乗り込むときに仲間になっていないなんて、本当にあり得ない。ここで仲間になっていないのは論外です。

    で、もちろんそのまま怪盗団に入っていないもんですから、無印ラスボス戦の前にだって仲間として加入していません。こんなんだったら新コープキャラ程度にしておけばよかったんじゃないかな。「マリー」みたいに。そのくらいよくないことですよこれは。

    そしておそらくこれも、仕掛けありきのストーリーということがあげられるでしょう。つまり、「芳沢かすみ」は実は「芳沢すみれ」だったという、丸喜をラスボスにするうえで仕立て上げられたというか、よりドラマチックに演出するためだけの登場したキャラクターというわけで。あくまで丸喜の付随物でしかないんです。もちろん、それ以外にも本筋いじるの面倒だわ、ってのがあったかもしれないですが、開発のことなんて僕には知る由もないことなので。

    というかもはやP5Rで大幅にシナリオ変更したっていいくらい、元のシナリオの出来が悪かったんですが、なんだかなぁという感じです。すみれ自体は可愛いし、春ちゃんの出番問題ももう少し見直せたんじゃないかなって思います。あと、P4みたいに仲間仲間しろ、とまではいかないけど、キャラ同士も変にラインみたいなのが登場したせいでつながりみたいなのが弱くなっていると思います。

    それにエンディングといえば、どうしてすみれと話ができなかったのか。もし演出だとしたら、最後のアニメーションでもう少しどうにかできなかったのか。最初だけピックアップしといて、あとは雑みたいな。ほんとしょーもないですわ。かわいいけど。

    まぁしょうがないですね。だってP5Sにつなげるものなんでしょうから。現状では時系列は分からないし、PVには現状すみれも明智も確認できていません。が、この二人はPVに出せない理由があるから、それだけでP5Rの後ではなく、P5の後だ、と断ずることはできないでしょう。それに、明智なんていう格好のネタになるキャラクターを、やすやすと見切ることがアトラスにできるんでしょうか。いやまぁ、できるんでしょうか、っていっても明智が生きてたら辻褄合わせがより面倒になってしまうんですが。丸喜のは、むしろ明智のためのシナリオだったのかもしれません。

    と、ここまでさんざんにこき下ろしてきましたが、ゲーム自体の出来はよかったと思います。メインキャラ以外のコープも三島を除けばそこまでひどいものもなかったでしょう。ちなみにメインキャラ以外の、と言った理由は、メインキャラのコープあんまりよくなかったからです。かわいい枠で春ちゃんとかすみ。竜司はなぜそれをストーリーに活かすことができなかったのか。杏はよくわからん。真は論外。あ、祐介もそんなに悪くなかったですか。双葉もマシな部類ですね。

    ざっとこんな感じで、ネタバレありの感想評価なんでここまで全部目を通してくれた人はもうすでにやっている人だとは思いますが、初めてやる分には全然いいゲームだと思いますよ。ストーリーにさえ目をつむれば面白いゲームでした。僕個人的に、ゲームとして面白ければそれはそれとしていいね、って感じなので。ちなみにP5Sは買います。久野ちゃんがでているので。そこでかすみちょっとでも優遇してくれたらうれしいなぁ、なんて思いつつ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。