第7回MTGニコ生杯いってきました~結果報告
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第7回MTGニコ生杯いってきました~結果報告

2013-07-03 19:00
    今回で7回目の開催となる第7回MTGニコ生杯行ってきました。大会のフォーマットは前記事でも紹介した通り、2サイクルです。

    今回、自分が使用したのはテンペスト、ウルザ、4版を使用したヘイトレッドです。デッキリストは多少の変更はありましたが、概ね前記事で紹介した感じですので興味がある方はどうぞ。

    肝心の大会の結果はというと・・・ぶひッ


    初戦の相手はモンガーさん
    使用ブロック(アラーラ・イニストラード・5版~バントビートダウン)


    1本目~土地1枚が気になるが、クリーチャー5枚と手札の質はいい。暗黒の儀式が1枚あったので、土地1枚引けばおkの夢想者キープ。
    ところがどっこい現実はそう甘くありません。2枚目の土地が来ない!!来ない!!来ないッーーーー!!!(立木さん風に)
    ようやく引けたのは4ターン目。2マナ域のクリーチャーが展開出来ず、序盤に出したクリーチャーはテンポよく農場送りからの輪っかを嵌められて場はさらさら。このままどうにもならず負け。

    サイドボード~非業の死はサイドから外していたので、サイドチェンジは夜の戦慄(白生物-1/-1修正)3枚と仕組まれた疫病(指定タイプ-1/-1修正)4枚を投入。

    2本目~手札は非常にいい・・土地が1枚であることを除けば・・。さすがに怖かったのでマリがン。マリガン後の手札は肝心のクリーチャーが2枚と少ない。1本目で聖遺の騎士が見えたのでおそらく採用されているであろう「流刑へ道」のことを考えると危なっかしい。ただ内1枚が黒騎士で除去の心配はないし、ダブマリはさすがにきついので妥協キープ。

    やはり黒騎士以外のクリーチャーは1回も殴ることを許されず、農場送りからの流刑とテンポよく捌かれていく。ただ一人ちくちくとクロックを刻む黒騎士さん、流石っす!!
    プロテクション(白)は偉大だなぁ~、剣鍬も流刑も天界の粛清も聖遺の騎士を出されてもなんのその、情け知らずのガラク・・えっ!? はっ!?ハ、ハルマゲドン・・・投了w


    2戦目の相手はKoutonさん
    使用ブロック(アイスエイジ・イニストラード・M12~青白デルバー)
    完成度が高く隙のないいいデッキでした。


    1本目~手札良好。クリーチャーを展開後、不吉の月は許してもらえなかったが、相手の土地がタップアウトになったところでメインに投入の冬の宝珠をプレイ(アンタップに土地1つしかおこせない)
    クリーチャーは2体4点クロックと心許ないが相手のデッキを考えれば農場送りさえなければ十分に削りきれるレベル。順調にクロックを刻みつつ後続も展開出来て半ばもらったと思いきや、2ターン後、4マナからプレイされたのは霧虚ろのグリフィンたん(←よく見ると癒し系)
    タフネス3はこのデッキでは越えられない厚い壁。

    立ち塞がるグリフィンたん、繰り出されるトラフト。玉砕覚悟で残り少ないライフを奪いに行くゾンビ達、残りライフ4まで追い込む。そこからトップで引いてきたシャドーをプレイ。相手の手札に除去はなかったので2パンで勝てる・・がトップの剣鍬でシャドーが農場送りに。もういっちょトップのシャドーをプレイ、相手も負けずのトップの剣鍬からの戦場のトークンに送還で虚しく残るは肉占い2枚のみ。肉占いにクロックを刻まれていき、肉死が見えてきたところで投了しました。
    グリフィンたん、強すぎるよ・・グ、グリフィンたん、ぐへへ

    2本目~手札は良好。ライフも順調に削っていきトラフトとのど突き合いに。
    1本目同様、相手は残り4点、こっちは残ライフ8点で相手の場はトラフトのみ、一方こちらはカーノファージ1体とダウスィーの殺害者1体で、あと一歩まで詰めたが、送還で殺害者が戻され、カーノファージがムーアランドの憑依地のトークンでチャンプブロックされる。シャドーを再度プレイするも、返しのターンにトラフトの手痛い一撃で残ライフ2点となり、チャンプブロッカーも用意されてはどうやっても残り2点分届かない・・投了。

    憑依地の存在を完全に忘れてたというプレイミス以前の問題><
    チャンプブロックされて決め切れないんだから、カーノファージはトラフト用に残して、シャドーだけでアタックが正解だったとTS見ながら反省。

    全敗が見えてきた最終戦はじゃがりこさん。
    使用ブロック(ZEN・RTR・M11~エスパーコントロール)

    1本目~2敗の時点で決勝の目はなくなってしまったので、泣いても笑っても最後の勝負。手札はいいが、相変わらず1本目に憎悪を引かない。クリーチャーを次々と展開していくが、前兆の壁に1体、また1体と止められていく。
    相手のペイライフなどもあり、6点まで削れたが至高の評決で全て流される。4マナの全体除去のケアをしてなかったので手札のクリーチャーをほとんど持っていかれてしまう。
    単体でだしたスカージも除去されて、完全に沈黙・・・後、神ジェイス、悪斬先生登場。安西先生も帰ってヨシと言ってくれそうなので投了しました。やっとこさ引いた憎悪も撃てずに終わってしまう・・。


    2本目~ワンマリからキープ。ハンデスや粛清されながらもライフを残7点まで削る。(白)(白)が出ないようなので、全体除去で流される前に勝負を決めたいところ。あと2パン!!あと2パンで勝てるんや!!初勝利(シングル)が見えてきたところでラヴニカの血男爵様。ブロック出来ないのでシャドーと黒騎士で攻撃して残ライフ3まできたところで完全にお手上げの状態に、投了しました。



    反省と改善点、あと全敗したので罰ゲーム的なナニカ

    シングル1本も取ることが出来ないという惨敗を喫してしまったので、プレイが未熟というのは取りあえず置いておくとして、色々と考えるところが。

    大きな反省点としてまず、1本目で[剣を鍬に]や[Force of Will]が見えた場合、自分は全て憎悪をサイドアウトしていたのですが、リスナーさんから[それは無い、勝ち手段として入れておくべきだ]とアドバイスをいただきました。スーサイドを使いながら憤死を恐れ過ぎていました、これがまず一点。

    そしてもう一点がこのアーキタイプで本気で勝とうと思うなら限界まで尖らせる必要があると大会を終えてみて感じました。デッキの改善箇所といえばまず不毛の大地2枚、裏切り者の都2枚という構成を裏切り者の都を4枚にして、不毛をサイドにでも下げておく。

    あとは残ライフ5点以下まできて決めきれず、引っくり返されることが何度もあったので、冬の宝珠などの妨害用の置物は全て除外して、恒久的なダメージ源をメイン、もしくはサイドに入れておくこと。巻物は使えないので除外するとして、[煮沸バサミ]か[凶運の彫像]あたりが候補かなと。凶運の彫像は少々クセがあるので、ウルザブロックを外して、イニストラードの墓所這いなどと合わせるといいかもしれません。

    ヘイトレッドはこの大会後はレガシー仕様に解体、再構築する予定でしたが、上記の点を改善したうえで、2サイクルの形態で罰ゲーム企画に挑もうかなと思っています。


    そして、全敗してしまったので恒例!?の罰ゲームですが、いつぞやの
    10勝するまで凸待ちでもやろうかと考えています。
    前回は確か18時間やったところでギブアップしてしまったので完走目指してやりたいんですが、ここのところの猛暑でおじさんは日に日に体力が落ちていて、連休でもないと体力的に出来そうにないので勤務表と睨めっこしてます。
    罰ゲームという名の修行枠をやる時は、前もって予約枠もしくはお知らせに書いておきますので、その際は是非凸にきて勝ち星をプレゼントしてください。


    大変長くなりましたが、運営のモンガーさん、大会参加者の方、リスナーの皆さん、お疲れ様でした。おかげさまで、大変楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。優勝までの道は長く険しい・・ノシ


















    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。