ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

MTGニコ生杯いってきましたー【その2~結果報告】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MTGニコ生杯いってきましたー【その2~結果報告】

2013-02-05 21:45

     今回は昔使っていた青単で勝負!!  大会を終えて改めてメタ読みは大切だなと、自分なりに考えて重点的にサイドで対策したのが、青の苦手な緑系の速攻型のデッキと同系のコントロールで、アーティファクト対策はスペースの都合上、メインの火薬樽に任せることに。
    (再建を捨てて冬眠を投入、これがどう出るか・・)。それとお約束の墓地対策ですね。



    初戦の相手は青白のソプターデッキ(アラーラ・時のらせん・6th)でした。
    いきなりアーティファクトやないかーいw  キタ―(゚∀゚≡゚Д゚)ムハァ―!! メインの火薬樽とサイドのトーモッドをうまく使えるかにかかっている、そして結果は・・・・・・2-1で負け
    白の教示者でサーチ、アカデミーの廃墟で回収、そして対抗呪文や記憶の欠落、翻弄する魔道士(懐かしいw)も、上手く構築されてました。あまり対戦経験のないデッキなのでなかなか勉強になりました。



    2戦目は緑白黒のドランカラーコントロール(インベイジョン・ラヴニカ・M11)
    相性的にはどうだろう? 手札の質と量で勝負する青にとって手札破壊はかなり厳しいが、
    そこさえ凌げれば天才のひらめき1枚で盛り返せるし何とかなるかな・・・・
    ・・なんともならず2-0の完敗orz  序盤の強迫、ジェラードの評決が厳しすぎた\(^o^)/
    悪斬先生の本気を見た

    全敗の罰ゲームがかかった最終戦!! 

    戦う前のこの長い待ち時間から相手のデッキの色は分かった・・ふふふ、既に情報戦ははじまっているのだよ!!  
    ドキドキ(p′Д`;)ドキドキ
    最終戦は青黒コントロール(ミラ傷・時のらせん・M11)、青系のコントロール相手ならピッチや対抗呪文などスペルが強力な分こちらが有利。加えてサイドにも青系対策があるし形勢有利か!? ここにきてようやくメタっていた青系のコントロールとの対戦。
    結果は、相手の土地事故にも助けられ辛くも2-1で勝利。サイドの時間の名人やメインに多めに入れておいたピッチスペルがいい働きをしてくれた。


    大会の結果は1-2の5大会連続の予選落ちでした・・あれれ、モンガーさんってこっち側の人間じゃなかったっけ? モンガーさん、初の予選突破&3位入賞おめでとうです。それにしても上位陣はお馴染みの顔ぶれでやはり安定してますなぁ。

    何とか全負の罰ゲームは免れたが毎回1勝出来るかどうかの瀬戸際ばかりなので・・・・ねぇ?
    いい加減予選位は突破したいと思ってはいるんですが中々思うようには勝てない。
    ただマッチ戦でサイドありの対戦放送をしていたおかげか、サイドの入れ替えはスムーズにできるようになったので特訓の成果があったということにしておこう。

    次の大会はいつになるかは未定のようですが、フォーマットはスタン(未定)らしいので日程の都合がよければまた参加したいですね。 いやぁ本当に楽しかった^^
    モンガーさん、運営お疲れ様でした。

    参加者、リスナーのみなさんも長時間お疲れ様でした(*_ _)ペコリ









      


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。