ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

にーにとDo What U Want
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

にーにとDo What U Want

2017-03-11 00:29
    動画同様、ここに掲載している静止画の転載は禁止です※
    ※Please do NOT re-upload these pictures on any other site※

    【APヘタリアMMD】にーにとDo What U Want sm30484768


    上記動画をご覧いただいたみなさま、ありがとうございました!
    この動画は初めてroco式にーにを触った際につくったものでした。MMDでやってみたいことを(コンセプトの範囲内で)何でもやってみようという気持ちでつくっていたら、エフェクトの管理が大変なことに。。MMDを触る前から透過のことやサブセット展開などの知識は入れていたので、解決までに時間はかかりましたが楽しんで制作できたのが幸いでした。
    いわゆる連凧と戦ったのも、今となってはいい勉強になりました…とても思い出深い動画です。いまいちど、お借りした作品すべての製作者さまに感謝いたします。いつもありがとうございます!

    ◆お借りしたエフェクトのより詳細な-Credit(最終読みこみ順)(エフェクトの名称を簡略化させていただいております)
    ・柄杓様 BlobShadow
    ・ikeno様 ikSunshaft
    ・ビームマンP Breath
    ・ビームマンP PostMovie : 青系
    ・おたもん様 o SelfOverlay
    ・ミーフォ茜様 PostRimLight
    ・ikeno様 ikBokeh
    ・めめ様 likelooks
    ・化身バレッタ様 空中に漂う埃
    ・そぼろ様 MotionBlur
    ・そぼろ様 AutoLuminous
    ・針金P様 HgSAO
    ・黒(blacK)様 Atmosphere : Stillness
    ・リル様 o Bleach-bypass 改変01 : 002Bleach-bypass
    ・おたもん様 o ShadowFrame
    ・tktk様 AnimeScreenTex
    ・東郷 枢様 TPOShader URARA : 窓際のあの娘(にーにの瞳だけにかけてます)


    ※そのほかお借りしたもののクレジットは上記動画のコンテンツツリーにて。
    ありがとうございました!


    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    以下、前回と同じく、完全に自分用の日記・今後の制作に役立てるための初心者メモ(丁寧語を使いますがめちゃくちゃメモ)です。。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    ◆エフェクトについて


    たくさん使用させていただいたので、忘れないうちにそれぞれ読みこんだ意図を書き留める。
    ・BlobShadowで冬の寒空下のあいまいな影を表現。
    ・ikSunshaftとA-screenで光源のわかりにくい、雲をくぐって分散した陽の光を表現。
    ・Overlayで境界線をぼやけさせ、全体を暗くし、likelooksとStillnessとBleach-bypassとPostMovieで画面の雰囲気を青く重たく整えて、寒空の冬の日を演出(どういうわけか、PostMovieを描画順最後に置くと(無いと)モデルさんの顔がすごくオーバーレイ、色が濃くでちゃう。今回の描画順通りだと(あると)白っぽく明るくなる。空も白くなる)。
    ・モデルさんが背景に沈まないように、あと微妙な太陽光を浴びているようにPostRimLightを淡くかける。
    ・寒々しい色のなか瞳だけは力強い印象を与えたかった(ただし冬のイメージを損なわないように)ので、瞳にだけTPOShaderとAutoLuminousをかける。シェーダーによって光の反射の仕方が違うので違う角度からのチェック必須。
    ・画面端、とくに最後木が左端に映るとShadowFrameの境界線がちらちら映ってしまうのをMotionBlurで抑えた(エフェクトをエフェクトでカバーするという個人的に画期的な使い方をした!)。
    今回は光や明るさ関係の調整が難しく、一番心配していた影やブレスやボケ効果はreadme(TIPS)のおかげさまでスムーズに設定できました。ああでも、透過や描画順問題の解決はスムーズではなかったな…。ブレスとの組み合わせに注意。

    ◆ブレスについて


    冬といえば白い息!というわけでふうふうしてもらいました。シチュエーションとしては午後1時や3時、雪雲が太陽を覆っている下での撮影というイメージ。昼なかの、白っぽい明るさはあるけれども、太陽の光は雲を通してぼんやり霧散しているような状態。つくりがイメージ先行的なのでうまくいっているかは分かりませんが、エフェクトの重ね方は私としてはかなり満足な出来でした。

    ステージのほの暗さもいい演出になって、吐息のゆくえがよく見えます。リップモーションはほぼお借りしたままいじっていないのですが、ターンしながら吐息がふーっと振りまかれるシーンではその自然さにおおー…!と感動していました。この最後のあたりとか↓

    息の量は口の開き具合によって増減するので、最後のお辞儀のところは息が見えやすいようにすこし大きめに口をあけてもらってます。不自然にならないようにカメラセット、エフェクトで隠しつつ。
    ↓苦労したところをメモで記録。エフェクト割り当ての話。
    「ちょうちん※とにーにが重なったとき黒い何かが顔あたりに出てる…?
    1625から1636あたり
    あっあれだブレスの板だ…なんでここだけ??!
    1541から1577もだ…
    どうもちょうちんとブレスエフェクトが重なると出てるっぽい
    オートルミナスのせいかな?チェック外すよ
    直った!」
    ※ステージの正面の建物にちょうちんがついているのですが、色の出方を見て今回はサブセット展開してチェックを外し、非表示にさせていただいております。あっ?!書いている今気づきました、これは改変にあたる操作だ…!動画コメントに追加記載いたしました!申し訳ない…!(20170406)

    ◆重力について


    モーションによって最適な重力設定値(服や装飾が腕や足にからまらないとか、直せないほど貫通しないとか)を探すことが、動画づくりで一番始めにやることなのですが、この動画についてはまず冬のイメージでつくりたいという明確な目標があったので、服もそれっぽい動きになるようにしようと考えていました。現実世界で冬だからといって重力法則が変わるわけではないですが、冬は何もかもがゆっくり・静かに動くようなイメージがあるので、にーにの服もふわーとなってほしかったのです。
    でもそうすると、上半身を倒したときにチャイナ服の前ひらひらが顔に覆いかぶさってしまうシーンが何度かあって、さすがにこれは…でもふわふわ諦めるのは…と一年前延々と悩んでました。最近になってAviutlによるシーンの差し替えが簡単にできることに気づき、重力設定値の異なるシーンを用意して差し替えをしています。不自然にならないようにカメラの切り替わる瞬間にふわふわしすぎてないverのシーンを入れて、またふわふわverのシーンへ戻す。ので、じっと見ていると服の翻りがおかしなことになってます。たぶん普通に視聴してもらう分には気づかれないレベルのはず!

    (↑髪が乱れているように見えてびっくりしたのでこの翻りシーンをチョイス。ブレスは切ってあります。表情も珍しいかんじに)

    ♦影について


    最初影はデフォルトのままにしていたのですが、途中で輪郭がはっきりしすぎていたり透明度がなさすぎたりと不自然さが目立つようになり、柄杓さんのBlobShadowをお借りしました。”環境光によるあいまいな影”が簡単に生成できるすてきエフェクトです。うまくいかないときはセルフ影と地面影をチェック。プリセットが付属されていて、影のかかり具合や範囲もモーフで一括調整できるという便利仕様…ありがたい…。そしてとってもきれいで自然!

    ◆表情について
    表情はほぼそのままお借りしているのですが、一か所だけまばたきを足させていただいています。サムネのところです。
    視界に物が入ってきたときまばたきをしたくなる、そんな私の感覚。。とくにモーションのお邪魔にならなさそうかなと思って、つい!

    ◆瞳について


    自分の中でシェーダーというのは一括でかけておわり、という認識だったのですが、サブセット展開してオートルミナスをかけている際に瞳だけにかけることもできるじゃない…?!と気づき、今回初めて実行してみました。持っているシェーダーをひととおりかけてみましたが、なかでも雰囲気に親和性があり角度位置によって色変化やてかりの激しさの少なかったTPOShader URARAの「窓際のあの娘」を選びました。名前もすてきですよね…。


    roco式さんの瞳は、細めたときに下部分のスフィアが綺麗に光る(あれ…光っているのはスフィアでいいんですよね…?説明が正しいか自信ないです…)ので、ああ!細めてる!!感があってすごくすきです…な、なんて言ったらいいんだろうこの気持ち笑

    ◆お袖直し
    今回一瞬ひやっとしたのはこちらのシーンでした。

    腕を上げ、手首を回す…スナップをきかせる…?シーンです。画像のように修正する前は、袖をどの方向に倒しても手首が回ると思い切り貫通しているのが見えてしまったのです。物理演算やボーンの都合上貫通がどうしても防げない、たとえばチャイナ服の前ひらひら部分などであればごめんなさい!と思いつつモーションを優先してしまう(もちろんギリギリまでごまかしたり修正したりしますが!)のですが、袖は目にも硬いのでできれば防ぎたい…!最終的にはこのとおり、袖を縮める(?)ボーンを発見し活用させていただきました。よよよかった…。たすかりました…。ただそれでも防げなかった箇所があるので…おそらくモーションの速さでわからないはずですが、た、たのむ気づかないで…って感じです。すみません…。

    ◆最後のお辞儀


    ダンスをし終わったあと、姿勢をなおして身体を傾けるモーションを足させていただきましたが…あれは…お辞儀です…。たぶんお辞儀に見えないと思うのですが…!
    センターを初期化しつつ上半身を前に倒して下半身を後ろに引く、という単純なモーション付けでしたが、その動作(補完曲線)が早すぎ&センター初期化後またすぐ沈みこんでしまって(元のモーションのセンターキーをなぜか一番最後に残してしまっていて◆初期化→◆元モーションキーへ→◆みたいなことに)お辞儀に見えない!しかも手のモーション付けをすっかり忘れていたのでにーにが貴族のようなことになってるう…!

    MMDをやっていると…というか、映画や音楽を観たり聴いたりしていても、いつもそのバックグラウンドが気になる人間なので、その作業工程、メイキングがどんなものかとても興味があります。
    今回はダンス動画でしたが、もしMMD上に存在する彼らが意思をもってこの動画を作り上げたとしたら、そこにどんな苦労があって、どんな関わりあいがあって、この動画が完成するんだろう…といろいろ妄想していたところ、このカメラの後ろにはこのダンス動画が成功するように尽力してくれた仲間がいてもいいだろうなあと思いついたのです。みんなのお祝いの拍手に応えてお辞儀したのかなって。



    ◆好きなことを語るだけ

    ・さわさんのモーションはどれも伸びやかで大胆でメリハリがあって、観ていてとても気持ちよく、ほんとうにすばらしいです…。重心の取り方やセンター移動の美しさもつぼです。カメラもモーションがいちばん映える角度位置をとらえていて、夢中になって見入ってしまいます。この作品に触れて、補完曲線と視野角の面白さや巧みさを知りました…!

    表情も大好き!ゆっくりとした余裕のあるまばたきや自然な視線移動、そして寂しげな表情から厳しい表情への移りかわりなど、じっくり見ながらとても感動したのを覚えています…。



    ・ううーん毎度のことですがroco式にーにかっこかわお美しい…とくに今回は上体をそらしたりターンが多かったりするので、造形のすばらしさがより伝わりやすいのではないかと!ひまさんの描くヘタリアのみなさんってすごくかわいい感じですが身体はけっこうがっしりしているんですよね。にーにも例にもれず、連合のなかで一番ちっちゃいですが身体つきはちゃんと男性という…。roco式さんはそれがしっかり感じられるので(とくに肩まわりや胸など、上半身がとってもすき!)、胸をはったりそらしたりするモーションがかなり映えるように思います。






    ・糖斯さんの東洋ステージがとってもすき…!厳かで静かな雰囲気がすてきです。今回残念ながらちょうちんはエフェクトの兼ね合いで非表示にさせていただいているのですが、文字部分なども合わせて趣があり、そういう細かいところも楽しいですね。カメラが引く場面が多いので、ステージの大部分をうつすことができてよかったなあ。本当は横の建物の上から俯瞰するようなカメラアングルも入れさせていただこうかと思っていたのですが、私のアレンジ力のなさに屈服してしまいました…無念。


    今回はここまで…。お疲れさまでした!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。