兄ちゃんにーにいぎりさんとWAVE
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

兄ちゃんにーにいぎりさんとWAVE

2017-05-17 02:29
    動画同様、ここに掲載している静止画の転載は禁止です※
    ※Please do NOT re-upload these pictures on any other site※



    【APヘタリア】兄ちゃんにーにいぎりさんとWAVE sm30973964


    上記動画をご覧いただいたみなさま、ありがとうございました!
    モデルさんやエフェクトやステージや…色んなものがかっこかわいくてキラキラ美しくてつくっている最中ほんとうに楽しかったです!動画中ちょっとだけしかお見せできなかったものもあるので、もっと、こう…がっつりお見せできるようになりたいです…すみません…。
    ところで今回もカッッコいいカメラをお借りしていますが、演出や修正の都合などでアレンジが多めになってしまっています。シンメトリーな動き・場面転換のところをわざと崩していたりもするので、ぜひ元のカメラ、作者様の動画をご覧になってくださいませ…!
    それから、ちょこちょこ入れてみたネタに笑っていただけたようでよかったです。なんだかんだ楽しんでいる彼らの様子が伝わればいいなあと思います。いやもう、ほんとに、ヘタリアのみなさんって「なんだかんだ」ってかんじなんですよね。なんだかんだ言いつつやってる。なんだかんだ楽しんでる。そんなみんなが愛おしい……。


    ◆お借りしたエフェクトのより詳細なCredit(最終読みこみ順)(エフェクトの名称を簡略化させていただいております)
    ・東郷 枢様 TPOShader 褪 : 逆光シェーダー
    ・ゆえ様 Working FloorX:水縹
    ・針金P HgSAO
    ・OH!YEAH!!!様 ikclut ex g:people places
    ・そぼろ様 CheapLens
    ・そぼろ様 AutoLuminous
    ・おこめ様 ゆるふわトーンマップ:nostalgia
    ・そぼろ様 AutoLuminous(重複使用)
    ・ビームマンP KiraKira
    ・化身バレッタ様 空中に漂う埃
    ・柄杓様 BlobShadow

    ※そのほかお借りしたもののクレジットは上記動画のコンテンツツリーにて。
    ありがとうございました!

    ところで、今までのブロマガにタグを付けてくださった方がいらっしゃるようで…!
    なんとなく恥ずかしくて今まで付けていなかったのですが…これはタグを付けても大丈夫そうだ、と思われましたら付けてやってください笑 自分から付けることはなさそうですので。。


    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    以下、前回と同じく、完全に自分用の日記・今後の制作に役立てるための初心者メモ(丁寧語を使いますがめちゃくちゃメモ)です。。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------


    ◆エフェクトについて

    楽しそう笑

    ・AutoLuminousはふたつ重ね。主に兄ちゃんの瞳とにーに&いぎりっさんの瞳の明るさ調整用に分けています。ステージにも流用して明るさ調整しています。
    ・BlobShadowはメイキングシーンに使用。セルフシャドウは併用すると床に余計な影が落ちてしまうので切ったけども、モデルさんの身体に影が落ちなくなっちゃう…何か間違っているような気がするな…なんだろう。エクセレントシャドウをいれるべきだった…?


    ◆スカイドームとステージとエフェクトについて


    今回の舞台づくりにおける超難関、スカイドームとステージとWorkingFloor併用!透過要素が合わさり、重ねると他の一部が不自然に消え(隠れ)てしまうという問題でした。スカイドームがつぶつぶになって表示されたときはうわああ!!となりました…(星の周りが丸く切り取られているような状態、つぶつぶがぶわあああって広がってるかんじ、蓮コラのような…)。
    メモをとる余裕もなくいろいろいじくりまわしたのでもはやどう直したのか…一応覚えてるかぎりの対応を書き留める。

    ①カメラで隠す(ごまかす)。完全にはつぶつぶを倒せなかった…じっくり見ているとまだ見える。
    ②スカイドームの位置をずらし、少しでもステージや他のスカイドームとかぶらないようにしてみる。かぶっているところの位置を正確に把握する必要がある。最終的にはワーキングフロアより上のドームには星を散りばめられなかったのでワーキングフロア下に散らすよう表示。
    ③アクセサリ順ではスカイドームA(銀河)が一番下。ワーキングフロアは一番上。モデル計算&描画順ではスカイドーム34、58半分、58という順で一番上。ワイヤーステージは一番下。
    ④おそらくエフェクト割当もいじった…と思う。干渉しそうなところはチェックをはずす。
    はっ今気づいた、もしかしてオートルミナスの読みこみ順も関係していたりするのかな…?ううう頭がパンクする、とりあえずここまでできたということで。。(↓うつすつもりは毛頭なかったのですが憎きつぶあり…)

    ともあれ、スカイドームの透明感のある色味と奥行きのあるステージが相まって画面が美しいです…!ワーキングフロアで下にも空が広がっているようで、私がここにいたら足がすくんでダンスどころか動けなくなってしまうかも笑 そんな臨場感と迫力があります。




    ◆表情について


    めちゃくちゃ楽しみながらつくりました!ひとりの表情をじっと見ていても楽しいように気を抜かず作ってみたのでぜひ見てやってください…!三人分ということで大変でもありましたがこの三人です、どういう気持ちで踊ってるのかな~なんて考えてつくっていました。いぎりっさんは割と真面目で、絶対間違えないからな!みたいな気概で臨んでいるような気がしたので表情もそんなかんじに。ここはちょっと気が緩んでます↓あとここのカメラの動きが最高です、表情の動きも、こうしよう!とすぐに決まりました。表情の見えてくるモーションやカメラってすてきですよね。

    兄ちゃんはとにかく美しいお兄さんを見て!みたいに。モーションと表情の動きが合致しやすく、うまくはまるといちいち嬉しかったです。頷くような動作をしながらターンするシーン↓なんかはすごくテンションが上がりました。わーいとれびあーん!激しい動きで物理が乱れているところなどは避けているので、ちょっと落ち着きのある写真になってますが…

    にーにはシナティちゃんを取り出してから笑顔が断然多くなります。それまではキリッとしているんですけどね。嬉しいんですね。取り出したとき地味にシナティちゃんそっくりの形した口で笑ってます。↓


    脱線しちゃいますがシナティちゃんを前に抱っこしてぇある~!ってなってしまうにーにが大好きです、4000年生きて辿り着いた大好きでかわいいと感じるものがシナティちゃんなどのキャラクターものという…この…なに…かわいすぎます。
    そして兄ちゃんが出るなら絶対白目をどこかに入れたいという願いが叶いました笑 これもカメラの動きからタイミングの着想を得ました。

    ろまんす~。ハートの色が意外に画面に合っていてかわいい!ちなみにここの兄ちゃん、ちゃんと笑っているんですがちょっとわかりにくかったかも…ごめんなさい。
    三人のやりとりというとこの白目のところが分かりやすいですが、全体にわたってアイコンタクトを取り合うシーンがいくつかあります。というのも、この振り付けを見ていると相手の位置をきちんと把握していないとぶつかるところが多いように思うんですよね。なかよし!というわけではない三人なので、そこは頑張ってお互いを意識してこなしていただきました。お互いにぶつからないか内心ちょっと緊張している三人↓

    本人たちは大真面目なので笑っちゃ失礼なんですが、なんだか神妙ですね

    ↑二回ともこの振り付けがうまくいくと嬉しい。むふふっとなってます。
    それから、モーションから着想を得た表情ですが、楽しくなっちゃってるいぎりさんに意地悪く笑ってきた兄ちゃんに不機嫌になってしまってるいぎりさん、の図です↓

    楽しそうです。ここのにーにの表情の動きがモーションにうまくはまった表情でお気に入りです。あ、あとにーにの表情といえば、一か所だけキラキラの目になってます。↓

    わかりにくいですが、この直前にいぎりっさんとアイコンタクトもとっています。


    ◆モーション修正・改変について


    ↑修正するにあたりとくに苦戦したところです。物を持っているうえ、長さもそれなりにあるので足に突き刺さりまくっていました。兄ちゃんが頑張ってリードしてくれて、みんなうまく交差してくれました。このあといぎりっさんと兄ちゃんは背中に腕を回すので、そこまでの腕の動きにも気をつけました。にーにの手も兄ちゃんの背中に置かれますが、わりと綺麗に置いてくれたので修正なしで大丈夫でした。

    それからやっぱり、ここも苦戦しました。体格はもちろん上半身を跳ね上げる速度や腕を広げる速度などそれぞれ違うので、ボーン位置角度や補完曲線など修正させていただいています。
    ところですでににーに笑ってますが、ここからいぎりさん、兄ちゃんと順々に笑顔を見せてくれます。一回目のこの振り付けが成功して嬉しかったようです。

    ここはカメラとモーションともに改変させていただいたところです。笑顔が多くなってきたところですが調子が出てきたのか、一斉にキメ顔をしてます。動画のコメントでもありましたが残念ながらかわいいだけです。兄ちゃんは左にセンターを傾け、いぎりっさんはそのまま、にーにはグルーブで屈んでもらっています。

    お遊び的なモーション改変も、カメラ同様ちょこちょこさせていただいています。↑では、いぎりさんの左手を…なんと言ったらいいか、ぴよぴよっとさせていただいてます。
    ↓ではカメラも改変させていただいています。カメラの引きに合わせて、兄ちゃんに上体をそらして頭をぐわんと振ってもらっています。…語彙力がなさすぎて説明ができない…。

    にーにのモーション改変は、袖に仕込んでいたシナティちゃんを出したあとのところです。写真がなくてさらに説明ができませんが、右腕と左腕を上下に重ねてゆっくり横に引く振り付けのところ、シナティちゃんを持っていると袖を貫通してしまうので、にーにだけ腕をずらし手のひらを返しながら、引いてもらってます。細かいところですが、綺麗に動いてもらえてすごく満足です!


    ◆「WAVE」文字入れについて(Aviutlにて編集)


    冒頭の「WAVE」の文字ですが、最初あそこまで文字を大きくする方法が分からず詰んでいました。
    サイズ値を最大にしてもあまり大きくできなかったので拡大値をいじってみるのですが、拡大すればするほど輪郭がぼやけて迫力がなくなってしまうのです。
    結局は、「この大きさが欲しい」というところまで拡大したWAVEに、さらに同じWAVEを重ねることで解決しました。輪郭がぼやけたものが合わさるとその大きさに見合った解像度になる?みたいです。でもどうやって思いついたか覚えてない…たしか何か重ねたときにあれ?輪郭がはっきりしたぞ?と思ったような気がするけど…。また何かに応用できるかもしれないので覚えておきたい方法。


    ◆メイキングシーンについて

    本編が終了したあと突然始まって驚かせてしまったかもしれません。もっと詳しい説明があればよかったですかね…。趣旨としては動画の投稿文に書かせていただいたとおり、もしMMDな彼らが意思をもっていたら今回のダンス動画を完成させるにあたってたくさん練習したんだろうなあ、という妄想を形にしてみたものです。今回は、振り付けをみんなで覚えて練習するというテーマでした。
    一日ずついちおうメモ。

    ・Day1振り付け確認→顔合わせ初日という感じです。三人で元動画(振り付け元とトレース動画)を見て振り付けを確認しているイメージです。
    ・Day23兄ちゃんつられる→何かタイトルが変だと思ったら「つられる兄ちゃん」のほうが分かりやすかったですね。しまった…。にーにの動きにつられちゃうお兄さんです。兄ちゃんの振りは本当はもう少しあとです。
    ・Day31いい加減に→いつものケンカです。何も考えずつくっていましたがよく見たら若干兄ちゃんのほうが優勢。
    ・Day57にーに自主練→ここの振り付けとモーションがすごく好きで、ちょっと長めに切りとっちゃいました。接地感とこのグルーヴ感…最高です。にーにが振り返るところは単純な動きではありますがつくるのに3日かかりました。重心移動難しい…。
    ・Day78いぎりさんダウン→パソコンがスリープモードに入っているのを見ると、しばらくの間寝転んでいるようですね。自主練で何か悩んでいるみたいです。
    ・Day82ぐううおおああ→タイトルは3人分のうめき声を合成しました。モーション修正でも苦労したところをピックアップし、「うまくいかなかった場合」をつくってみました。修正する前はいぎりさんの腕がにーにと兄ちゃんの胸に結構な速度でめりこんでたりしたので、腕が衝突したらどうなるかというテーマでした。兄ちゃんは耐えましたがにーには腕を上げつつ上半身を後ろに引いていたので倒れてもらいました。つくっている最中何度もお尻を打ちつけてもらっちゃったので申し訳なかった…。地味にこの倒れる速度や四肢が投げ出されるところはこだわりました。
    ・Day96シナティちゃんと踊りたいある→一番意味の分からないシーンだったかと思います。本編中シナティちゃんを持って踊っているにーに、完全に手がパーになっているのに取り落とさず踊っているので、これは理由づけして修正を避けたいぞ…と思ったのがきっかけです笑 パーを全部グー(シナティちゃんを持っているように見えるような形)に変える作業なんて考えただけでとても…!というわけでいぎりさんにほあたしてもらいました。どんなに手を広げて腕を振ろうとも、ぴったりはりついて取れない魔法です。あとがっくりしてるにーにの首の動きがうまくいってお気に入り。
    ・Day100何度目かの正直→会議後自主練に励んだり3人で集まってわちゃわちゃしているのに気づいて見にきたろっさまとめりかさん。何度も失敗してしまう振り付けをめりかさんに監修してもらっています。ろっさまかわいい。

    ところでみなさん、衣装がたくさんあって楽しいうえに助かっちゃいました…。日が変わっているので洋服も違います(動きやすいようにサブセット展開で材質非表示させていただいているものがあります)。また、忙しい日々の合間を縫って練習に来ると思うので、ほぼ仕事着で踊ってもらっています。そこまでしてそんなに仲良くないひとらと練習するというのはどういう理由があるのでしょうね。お菓子(これはにーにだけに通用する報酬)につられてとか女王陛下にお見せする(重い)とか長期休暇がもらえるとか、最初はのっぴきならない理由があったのかもしれませんが、でも最終的に楽しくなってつらさもどうでもよくなっていそうです。

    そして今回は小物アクセサリをいくつかお借りしました。が!あんまり印象的な使い方ができなくて申し訳ない…。キャラクターごとにどういう背景があるかのほのめかしに使用させていただきました。ちなみにほあたステッキは雰囲気に合うものを、ということで本編とメイキングでそれぞれ異なる作者様のものをお借りしています。

    今度はカメラやエフェクトを自分たちでどう実現しているのか、に挑戦してみたいです。もちろん「MMDな自分たち」がゼロからつくるわけではなく製作者様の作品をお借りするのですが、あくまでお借りするのはプログラムだけで、自分たちはそのプログラム(レシピ)を元に工夫をこらして実現させていく必要がある…という世界観です。説明がうまくできませんが…。こういうのもっと流行らないかな…。


    ◆エンコードについて


    ううう最高に最難関でした。Aviutulで編集後、つんでれんこに入れて出来上がったものまではいいんですが、投稿するぞ~~とニコニコエンコードに入れたらもう画質が本当にひどいことに…。いろいろと調べた結果、以下の条件が必要になることがわかりましたので、現時点での「私のつくる動画に必要な最低条件」ということでまとめてみます。

    ①15分以内であること(厳密には15分59秒まで大丈夫らしい)
     ※30分以内まで延長されたとのこと。
    ②ビットレート2Mbps以上であること(つんでれんこちゃんにお任せすればまずは大丈夫)
    ③解像度は1280×720以上であること(ただしどんなに大きな解像度も結局この値になる)
    (④動画の最後に動画時間の半分の黒背景を追加してビットレートを②以上に引き上げること←あまりにも画質が悪い場合の措置として考えています)

    ・具体的な作業(今回の動画がどうつくられたかというメモ。実験的な側面があるので、これがいいというわけではないのと、私自身が混乱しないよう、書いてある以外の操作は行っていないものとします。設定はデフォルトのままではないかもしれません)

    ①MMDからAVI出力(1920×1080)(30fps)(音声なし)(UtVideo RGBA DMOコーデック)←1280×720が推奨されていますが実験的に
    ②Aviutlにて編集後、動画の最後に動画時間の半分の黒背景を追加する
    ③AviutlからAVI出力(Intel IYUVコーデック)
    ④つんでれんこにてmp4出力(質問の詳しさは3、crfエンコはy、デインターレースはa、リサイズはn、デノイズはa、音声サンプルレートは1、音ズレ処理はnと回答)←リサイズ(つまり1280×1080へ縮小)しないとどうなるのか実験的に
    ⑤できあがったものをニコニコエンコへ入れて終了←必ず非公開で投稿してチェックしていますが、今のところ劣化はあってもバグはないです(ちょっと気になるのは、動画が時々縦長に表示されてしまうこと。一旦大画面にしてからデフォルトの大きさに戻すと元に戻るのでアスペクト比が間違っているわけではないはず…謎です)

    結果:サイズに関して、今回画質の劣化に繋がったとも高画質に繋がったとも何とも言えないです。次回はおとなしく1280×720で出力してみようかな…。
    あとどうしても一か所だけ明らかな劣化を防げないところがあり、一瞬背景が変わったのか?と思いますがただノイズが現れて消えただけです…。写真はありませんが、いぎりっさんのアップ(白っぽい背景)から三人がうつる(暗い背景)ところです。その急激な色変化に対応できなかった様子。新仕様のニコニコエンコードはフェード、暗転に弱く劣化しやすいらしいので、おそらくそのせいですね。フェードインは目に優しいのでぜひ使いたいのに…。今も次の動画をつくっているのですが、フェードインするとき一瞬バキバキに劣化してしまうのでちょっと困ってます。
    でも動画では、画質がいいというコメントをいただけていたのでほんとうによかったです…!頑張ってよかった~!なんだかもう普通に落ちこんでいたので。。笑 ここで言ってもしょうがないかもですがわざわざコメントしてくださりありがとうございました~。次もお借りした作品を綺麗にお見せできるように頑張ります!


    ◆好きなことを語るだけ

    ・上でも少し触れましたが、mokaさんのモーションは本当にリズムのすくい方やグルーヴ感がとても気持ちいいです。補完曲線のメリハリなども効いていてこのダイナミックな、まさに波のようなモーションづくりがほんとうにツボです…。そしてモーションを触っていて、踊り手さんの細かなフリも意識されてるんだなあとも気づき、表情づくりに活用させていただきました。楽しかった~!にーにのチャイナ服もいぎりっさんの軍服も兄ちゃんの髪も翻る翻る!

    ↓このにーにのまばたきは、元のモーションの表情を参考にさせていただきました。最高のタイミングのまばたきです…好き…。顔は少し傾きを足させていただいています。

    タイミングといえば、ここの兄ちゃんのウインクもモーションからひらめきました。うまくはまった、自然で魅力的なウインクになったんじゃないかな…!↓

    あと振り付けの話になりますが、ここと↓


    ↑ここが好きです。にーにもつい表情に気合が入ります。それにしてもみんな脚きれいだ…。

    ・さて今回は初めて大型のステージをお借りしたのですが、全景までは入らなかったので最後にねじこませていただきました。時々明滅していたのは、本編中のカメラワークに合わせて透明度とオートルミナスの明るさを調整したときの名残です。たとえばこんな感じにモデルさんにステージがかぶったとき↓

    オートルミナスが光りすぎて姿を隠してしまっていたので、気づかれないようカメラの切り替えに合わせてステージ付属のモーフで透明度を上げ、オートルミナスの明るさを抑えていました。この操作は二か所だけ。そして、そう、ステージに透明度のモーフがあるのです!それどころか大きさ調整や足場などのステージの一部有り無しなどがモーフで選べてしまうという…!わーんありがたい~!楽しちゃいました。

    ・カメラはゆらゆらP制作のものをお借りしました。このダイナミックな動きが本当に大好きだ…!大胆な視野角調整と補完曲線の動きがモーションにぴったり。しかも欲しい!と思っていたところにズームが来たりピックアップしたり、初めて拝見した際めちゃくちゃ興奮しました。とくにいぎりさんの映る際のカメラワークがよく好きな動きで、印象的です。




    ・兄ちゃんはほんとうに美しいなあ~~~

    roco式さんは髪の透明感もすごく綺麗に出ますよね。色素の薄さや色の明るさもあいまって、兄ちゃんが振り返るたび美しく広がる髪に釘づけでした。せっかくなのでもう少しふざけてもらおうと思っていましたが、曲調におされておふざけは抑えめになりました。代わりに大人の色気をお願いしました。写真がなくて申し訳ないですが数えてみたらウインク7回してくれてます。それにしても、カッコいいお兄さんが出てくると画面が締まりますね。


    おひげ。

    ・表情をつくっている間、いぎりっさんの目(の表情)が狙った通りにいつも綺麗に動いてくれて嬉しかったです。逆ににーにやお兄さんはなぜかすごく苦労します。なぜだ…たぶん気のせいだとは思うんですけど…。

    ただ、目以外の表情をつくりやすいと感じるのはにーにとお兄さんです。いぎさんはなかなか難しい…!漫画を読み返してみるのですが、もちろんみんな表情豊か…。でもいざつくってみるとなぜか淡い表情に…!もっと!やりたいのに!うーん、もっと元気な曲なら意識が変わるのかな…。眉毛の動かし方が足りないのかな…。
    それから、兄ちゃんともに高身長のすらっとした脚も素敵ですよね!ここの振り付けすごく映えてます。スリムな体形でありながらもしっかりとした造形で存在感があってすばらしい…。髪のグラデーションもすっごくきれい。


    まゆーん。

    ・今回のモーションはグルーブによる上下運動(リズム取り)が本当に綺麗で、にーにの髪もそれに合わせてぴょこぴょこしてました。この最後のあたりなんかはそれが分かりやすくて、かわいくって仕方なかったです↓

    そしてチャイナ服の翻りが大好きな私、どこもかしこも大好きなんですがここのシーンもすっごく好きです…↓左下でひらっ!としていて、ふふっとなりました。いい。


    いつもの2人に笑ってしまうちゅこくさん。ぶっちゃけこのとき、位置的にお互いがどんな顔をして何をしているか見えないのですが、たぶん3人は口パクだけじゃなくて歌い手さんに合わせるように歌っていて、兄ちゃんといぎりさんの声色が若干変わったことに気づいて笑ったんだと思います。

    ・小物のアクセサリを扱うのは今回で初めてだったのですが、MMD界のアクセサリ市場?はすごいことになっていますね…。種類もたくさんあってとてもテクニカルで丁寧なつくり…。選ぶのも楽しい時間でした。ただ今回ミスをしました、Cさん制作のシナティちゃんですが、かぶり口なしのデータがあったことを忘れ、そのままかぶり口ありのモデルを使っています。なんだろうあの穴と思わせちゃったかな、指人形だと思ってやってください…。




    最後に

    いい表情です。すこしカメラを下げてサムネにしたかったところですが、空間が多すぎるのと手に持っているものがネタバレ?になってしまうのでやめておきました。現サムネにもほあたステッキと薔薇がうつっていますが、実際のサムネってちっちゃいのでほぼわからないんですよね…良くも悪くも…。

    はい!お疲れさまでした
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。