2015年 アニメ総括 PART3 作品編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2015年 アニメ総括 PART3 作品編

2015-12-28 18:00
    さぁ、やってきました2015年アニメ総括記事最終パートです!
    いよいよ作品全体の評価に移っていきます。パート1,2を読んでくださっているとある程度俺の趣向とかわかってきてるかもしれませんがw
    とにかくやっていきましょー!


    ③作品編
    5.2015年アニメランキング
    さぁ(ほんとうの)本編ですw
    前回の女性キャラランキング書くのに結構疲れたんですが頑張りますw

    本当に今年は今までで一番アニメを見た年だったのでその分おもしろい作品に多く巡り会えた気がします。
    そんな中で特に面白かった作品をランキング形式で発表していきたいと思います。
    出来るだけ多くの作品に触れたいけど、全部触れてるわけにもいかないので約半分にあたる”ベスト30”で行きましょう!
    別に今回の俺のランキングに入ってなかったからと言っておもしろくなかったわけじゃないですし、正直ランキングも時期とか気分次第なとこあるので参考程度に書き留めておきたいくらいの認識なんですけどねw 
    この記事読んで興味持ったアニメあれば是非みてください!

    それではランキングへゴー!(だいたいの作品は見てる前提であらすじ等書いていませんがあしからず)

    コメントする際に結構内容に踏み込んだこと書くこともあるので、
    記事の一番最後の方にネタバレ嫌な人のためにランキングだけ載せてありますので「見てない作品のネタバレ喰らいたくないけどランキングだけは読みたい><」って人いたら一番下の方までスクロールよろしくです!



    では!


    30位
    コンクリート・レボルティオ~超人幻想~
    アニメーション制作:ボンズ

    ボンズ制作のアニメオリジナル作品、コンクリート・レボルティオ!通称コンレボです。
    この作品は作品内で複数の時系列を並行して描いていて、その中でのキャラクターの立ち位置の変化や「正義とは何か」といったテーマ設定など、複雑に良く練られたシナリオが特徴的なアニメでした。
    少し特撮っぽいもしくは昭和感漂う感じの作風なんですが、これがクセになります。

    あとは、主人公の輝子ちゃん(CV上坂すみれ)が可愛いです!物事に対して純粋な気持ちで向き合っている姿がいいですよね。スタッフ陣に入っている氷川へきるさんのキャラデザもとてもよき。
    時系列がちりばめられていたこともあり話がごちゃごちゃしているので、1回見ただけだとイマイチ理解できない部分もあったので、もう1回見直したらさらに楽しめそうな作品でした。
    分割2クールとのことなので4月からの2クール目に期待大ですね。


    29位
    ローリング☆ガールズ
    アニメーション制作:WIT STUDIO

    少女4人組が埼玉は所沢からはじまり日本全国を行脚、探し物を求めて問題を解決していくするというゆるーいガールズアニメです。
    主人公の望未ちゃんをはじめ、個性豊かな4人の少女たちがぶつかりながらも友情を深めていくという展開なのですが、中身があるようでない感じが見ててめちゃくちゃ安心感ありましたw 全国をまわるので各地方(京都やら岡山やら)のネタを存分に出してきてて面白かったですね。
    主題歌にブルーハーツの曲採用したり、上記のコンレボもそうですがどこか懐かしい雰囲気を醸し出していて、そういった雰囲気を凄く楽しめるアニメでした。
    こういう雰囲気のオリジナルアニメがもっと出てくればいいなぁと思うこのごろ。

    28位 
    城下町のダンデライオン
    アニメーション制作:プロダクションアイムズ

    王家のきょうだいたちが現国王である父親の提案により次期国王の座を選挙で決めることになり、そのために選挙活動に勤しむというドタバタファミリーコメディアニメですw
    王家は王家でも普通の王家ではなくごく一般的な暮らしを町中でしているという設定も面白く、日常作品の良さがかなり引き出されていたと思います!
    また、王家の人間は超能力を使うことができて、その能力を使用してまちの人々を助けていくんですがそこにも個性が表れていて、9人兄弟全員が埋もれることなく個性を発揮していたのがよくできてるなーと思いました。
    これだけキャラいると埋もれて影が薄くなるやつも出てきちゃうものなのに、いいバランスがとれててどのキャラクターも魅力的でしたね! 俺の好きなキャラクターは櫻田家の3女で主人公の茜と長男の修なのですが、詳しくはパート2をチェック!

    27位
    Classroom☆Crisis
    アニメーション制作:Lay-duce

    予想外に面白かったアニメ今年1かもしれませんw
    始まる前とか3話の時点とかぼろくそに叩かれてて正直俺も微妙だなーって思ってたんですが、尻上がりに面白くなっていきました!アニメがオリジナルなのでネタバレとかなかったのも良かったですねw
    企業の中に就職訓練学校があるっていう設定も、働くキャラクターたちと学生としてのキャラクターたちの二面性が見れて凄くワクワクしましたね!大人の世界と学園物の世界がうまい具合に混ざり合ってて、脚本も良くて最後は感動でした!オープニング曲も雰囲気合ってて良かったですよ。
    主人公のミズキちゃんが可愛いのも素晴らしい


    26位
    WORKING!!!
    アニメーション制作:A-1 Pictures

    今年のワーキングは一味違いましたね!3期になり、いよいよ物語が動きましたw
    逆に今までの日常っぽい良さは若干薄れましたが、ラブコメ要素増しつつキャラもたくさん出てきて面白かったです。
    特に、佐藤さんと轟さん 小鳥遊と伊波さんの組み合わせがついに・・!という感じでいままでじれったかったところが一気に解消されましたねw 佐藤さあああああああああああああああん!!!
     伊波さんが暴力減っててめちゃくちゃ株上がりました!!(パート2のキャラクター編でも可きましたが俺は暴力系ヒロインがマジでダメなのでw)
    暴力のない伊波さんは可愛いね。
    種島さんの出番が少なかったのが個人的には残念でしたが・・・w
    この安定感は凄いよなぁ


    25位
    ハロー!きんいろモザイク
    アニメーション制作:Studio五組

    日常アニメを語る上でもはや欠かせないくらいの存在になったでしょう、きんいろモザイク!
    2期になり、1期の土台を活かしてさらにキャラの可愛さを引き出していたのがすごーーく良かったですね!特に2期はきんモザの元気印である陽子のかわいい一面が目立ってた印象ですw 
    きんモザは本当にキャラの可愛さを引き出すのがうまいアニメだと思います。24分という尺をフルに活用してキャラの魅力伝えてるよね。
    しのとアリスの絡みも前にもまして増えてて眼福だったんじゃぁ^~
    後半ではオープニングを各キャラのソロバージョンにしていて、そういうところでのファンサービスも素晴らしかったです。
    完全に私事なんだけどきんモザ放送中は絶賛就活中だったのできんモザが心の支えでした・・w

    24位
    GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
    アニメーション制作:A-1 Pictures

    自衛隊を主人公サイドとした珍しい作品。ただ、普通の軍事ものとは全く違って、異世界ファンタジー要素がとても強いです!
    突如東京に現れたゲートの向こうは異世界に繋がっており、異世界の土地を巡り、国と国、世界と世界同士の思惑が交叉する・・・!よく練られたストーリーだなと思いました。
    後何と言ってもこの作品の魅力は話のおもしろさもそうなのですが、キャラクターの良さ
    パート2でも触れたレレイちゃんは勿論ながら、異世界の住人でありエルフの「テュカ」や死神の「ロウリィ」、主人公サイドの女自衛官「栗林」ちゃんなどがすごく可愛い。また主人公の伊丹は自衛隊でそれなりの地位にいながらめちゃくちゃオタクっていう設定も若干親近感わきますよねw 
    1クール目は中途半端なところで終わってしまった感もありますが、1月からは2クール目も放送になるので楽しみにしてます!これからが楽しみな作品!

    23位
    デュラララ!!×2 承、転
    アニメーション制作:朱夏

    池袋を舞台とした群像劇、デュラララ!の2期シリーズです。
    放送形態として実験的な分割3クールを今回は敢行。それが功を奏したのかはわかりませんが、1期に負けず劣らずハイクオリティで、面白いです!なんといっても、1期との違いは主人公である竜ケ峰帝の立ち位置!1期では普通の平凡(?)な主人公という立場でしたが、2期の「転」では大きくメンタルに変化が表れます。1期ではあんなに仲良くいつも一緒にいた帝、正臣、杏里の3人がそれぞれ願うところは一緒なのにすれ違い続ける様は見ててもどかしく思いつつも、非常に面白いです。また、いつも余裕を持っていた臨也がやられたり、若干ネタキャラ化してるのもそれはそれで面白かったですねw
    1月からはいよいよ結。
    個性豊かなキャラクターが作り出す池袋の(非)日常はいったいどうなっていくんでしょうか、楽しみです!


    22位
    ノラガミ ARAGOTO
    アニメーション制作:ボンズ

    ボンズ制作の日本における「神」をテーマにした作品、ノラガミの2期です!
    この作品は、個人的に1期から大きく評価をあげた作品の一つです。まず7話までの展開が本当に面白かった!日常パートでキャラクターの個性を掘り下げていくかと思えば、神と神器(死後の人間を武器としたもの)の関係性の難しさや主人公の夜卜が毘沙門天というライバルキャラクターに憎まれていたわけなど物語の重要な部分に踏み込むところが多く、起伏にとんだストーリー展開で凄く良かった。
    7話以降は主人公のノラの神である夜トと過去の因縁との決着や七福神はじめとする他の神々との干渉が描かれており、こちらも目が離せませんでした!
    ひよりと夜卜、ユキネの絆がより一層深まった気がしましたね。
    声優さんの演技も凄く良かったので感情移入もしやすかったですね。特にみゆきちの毘沙門天さま凄く良かったです。
    また、オープニングもめちゃくちゃカッコよくて1期に続いて凄く好きになりました!
    時間ある方、是非1期から見てみてください!

    21位
    寄生獣-セイの格率-
    アニメーション制作:マッドハウス

    往年の名作を今アニメ化!?ということで物議を醸していた寄生獣ですが、結論から言うとめっっっちゃ面白かった
    主人公シンイチの若干の設定変更がおかしいだのミギーの声(CV平野綾)が違和感だの放送当初は原作既読組からいろんな声が上がってましたが、俺は全部自然に受け入れられましたね。シンイチの設定は現代に合わせたうまい改変だったと思うし、ミギーの声も個人的には全く違和感なかったです。なんかかわいいw(むしろ映画の方に違和感を抱いたw)

    そして何よりストーリーが最高に面白いし、テーマが重い。タイトルの通り謎の生命体(寄生獣)が人間の体内に棲みこみ、人間にとって代わろうとするという話なのですが主人公はある事情からその寄生獣であるミギーと共存し、戦っていきます。その中で見えてくる真相が実に社会を風刺していて、考えさせられます。やっぱり原作が超名作と言われるだけある作品でした。超お勧めです。

    20位
    監獄学園
    アニメーション制作:J.C.STAFF

    いや~乱世乱世
    今年俺が見たアニメの中では(いい意味で)一番ひどい作品でしたw
    元女子高に入学した5人の男子生徒が風呂覗き事件をきっかけに学内の監獄に入れられてしまい、地獄の監獄での学園生活がはじまる・・・!というのがおおまかな話の流れなのですが、起きる出来事がいちいち面白すぎるんだよなぁ
    キヨシ、ガクト、シンゴ、アンドレ、ジョーの男性キャラ5人は勿論、裏生徒会の会長や副会長、書記の花さんなどなどキャラクターの個性が弾けんばかり。名言も多すぎなんだよなぁw
    割と放送スレスレなネタも多いように感じたんですが、下品なばかりじゃなくて普通に勢いとかでつい笑ってしまう本当によくできた面白い(でもひどい)作品だなと思いました
    実写化もされてたけど割とクオリティ高くてワロタ

    19位
    ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ エジプト編
    アニメーション制作:david production

    あ、ありのまま今起こったことを話すぜ
    「おれは 卒論の仕上げをしようとワードを立ち上げていたと思ったら
     いつのまにか 完全趣味のブロマガを更新していた」


    ということで(?)
    19位にランクインしたのはいよいよ完結したジョジョ3部!
    もうこの作品のおもしろさは俺が語るまでもないでしょうw というか俺はにかわジョジョファンなので語るのがおこがましい気がしますw
    それくらい幅広い世代から長きにわたって愛されてきた作品がこのジョジョ。
    特に3部は人気が非常に高く、ジョジョといえば承太郎を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。俺もジョジョのアニメ見るまではそういう認識でしたw
    世間的な評価通り、3部めちゃくちゃ面白かったです!原作を忠実に再現する演出、声優陣に感服しました。
    今までネット上でみかけていた名言はここのシーンで出てきていたのかァ!って感じでなぜか知ってる言葉が続々と出てきてそういう意味でも面白かったですw
    4部もアニメ化決定したので楽しみィ!


    18位
    終物語
    アニメーション制作:シャフト

    物語シリーズの(もう何作目から分からないけどw)続編、終物語
    基本物語シリーズは最初は久しぶりのシャフト節に感激してうおおおって盛り上がるけど途中から失速・・・みたいなイメージだったんですが、この終物語は普通に終始面白かった
    前半パートでは新キャラの老倉も、忍野の姪っ子で不気味な少女扇ちゃんもいい味だしてました。結構えぐい話だったけど、さすがよく考えられているなぁと。

    後半パートは、凄い緊張感持って見てました・・・w
    やけに不気味だしw まさにタイトルの通り”終”物語という雰囲気でてましたね。
    忍野忍の眷属が400年の時を経て復讐(?)にやってくる。それに対して現在の忍のパートナーであるアララギが出す答えは・・・!
    忍ちゃんと神原が口論するシーン、個人的に凄く好きでした。 なんだか規模は違うかもしれないけど過去に親しかった人との向き合い方だったり、俺らの日常生活に通じる話だったよね。
    やっぱり物語シリーズはシャフトの代名詞ともいえる作品ですよね。
    2016年1月からはついに待ちに待った傷物語が劇場で公開なので観に行きたいと思ってます

    17位
    アルドノアゼロ
    アニメーション制作:A-1 Pictures、TROYCA

    昨年の夏に1クール目が放送され、衝撃のラストで今年1月から放送の2クール目へとつながったアルドノア・ゼロ。この作品はアニメ原作だったので、先の展開を一切ネタバレくらうことなく見ることができたのも非常に楽しめた要因の一つであると思っています。
    それくらい、毎週先が気になるアニメでした!
    1クール目から頭脳的にチート性能だったのに2クール目の体的にチートまで手に入れたイナホさんはもう誰にも止められませんでしたねw †さすイナ† イナホとスレインのライバル関係は(ちょっと違うけど)コードギアスのルルーシュとスザクを連想させる関係で非常にアツかった。(主に1期の終わり方のせいかなw)
    火星側の思惑、地球側の思惑のほかにも個々人の中にも思うところがあり、アセイラム姫を中心にそれぞれの思惑が交差するさまは非常に面白かったです。
    最初から最後まではらはらどきどきで本当に面白いアニメだったなという印象です。実はロボットアニメってあんまり得意じゃないんですが、(全然嫌いじゃないけどw)このアニメは戦闘シーンもカッコいいですし、澤野さん監修の音楽も素晴らしかったのですごく楽しむことが出来ました!是非見てください!



    16位
    ワンパンマン
    アニメーション制作:ボンズ

    ネット漫画原作のワンパンマンです!
    ヒーローものなんですが、普通のバトルものっていうのとはちょっと違いますねw どっちかっていうとシュールなギャグ要素も強い作品だなw
    普通のカッコイイヒーローとは一風違ったヒーロー像を提示している作品ですw 
    ヒーローが職業として成り立っている世の中において、主人公のサイタマはもともとは趣味でヒーロー(のちに趣味と実益を兼ねる)をやっていたんですが、ものすごくつよくてどんな敵も「ワンパン」で倒してしまいます。かっけえ・・・・(でもハゲ)
    サイタマの性格もあっけらかんとしており、この物語を面白くしている要素の一つだと思っています。

    シュールな面白さと純粋な戦闘のカッコ良さが同居していて、本当に見てて飽きない作品。というか毎週次週が気になってしまう作品w
    特に戦闘シーンの作画は本当に凄かったです!こういう大衆受けする作品をきっかけにもっとアニメ見る人が増えればいいなぁと思います。
    2期待ってます!




    <番外編>
    惜しくもランキングには入らなかったけど、今年のアニメを語る上で言及しておきたい作品をいくつか取り上げたいと思います!


    ①伝説を作った復刻アニメ
    おそ松さん
    アニメーション制作:Studioぴえろ

    1話が永久に封印されるという伝説を作りましたね、おそ松さんw
    赤塚不二夫先生のおそ松くんを現代に復刻させるという体で作られていますが、内容はというと(最初は)パロディの宝庫w 一話の黒バス、ハイキュー、弱ペダの3連コンボはクッソ笑いました
    声優も6つ子に櫻井、中村、神谷、小野、福山、入野という今を時めく人気男性声優を起用。(このせいで最初腐向けと思い敬遠してたw 実際腐女子人気は凄いみたいですけどw)
    パロディーネタも、わかりにくいものをやるのではなく誰にでもわかるようなパロディーが多いので見てて普通に面白いですね。キャラの個性も生かされていて良かったです。
    後半はパロディー抑え目だったのですが、そこそこ面白かったです。
    まさかの2クールらしいので続きも楽しみましょうw

    ②あのサンリオが深夜アニメ!?
    SHOW BY ROCK!!
    アニメーション制作:ボンズ

    サンリオ発のアニメプロジェクト、SHOW BY ROCK!!
    まずサンリオがこういうアニメやるんだってところからびっくりでしたが、内容を見てさらにびっくりw
    最初は普通に高校生のバンドものとかかなと思ってたんですが、いきなり異世界行くし(音楽要素いれつつ)戦うしでファンタジー要素強い作品でしたねw
    主人公のシアンちゃんはじめキャラクターも凄く可愛いし、声優も豪華だし、音楽もいいし、シナリオも良かったんですが、しっかりとアニメの中にサンリオっぽいCGパートを入れてたところも良かったです。
    個人的に先日SB69のライブイベント行ってきたので、それで思い入れも強くなってますw
    なので、ランキング外ではありますがここで言及させてもらってます!
    2期決定嬉しいですね!

    ③ニコニコ動画で面白さ3倍!
    がっこうぐらし!!
    アニメーション制作:Lerche

    今年ニコニコにおいて一番盛り上がったアニメは間違いなくこの作品でしょう、がっこうぐらし!
    俺も最初は今期の日常作は豊富だな~とか思って見始めて、1話の最後で見事に谷底に突き落とされましたね・・・w 本当に1話の構成は今まで見たアニメ作品の中でも最高クラスと言っていいほど見事だったと思います。それこそまどマギの3話くらいの衝撃を受けましたw
    OP曲も映像もよくて、テンプレも完成されててめちゃくちゃ楽しめましたww
    死体から~死体なら~死体とき~死体でしょ~ Die好き!
    窓割れてね?
    などなどw
    流石に1話のテンションをずっと維持はできなかったけど、話もよくできてたしキャラクターの個性も良かったです!2期やってほしい。
    普通にランキング入れても良かったくらい面白かったんですが、やっぱりニコニコ動画で見たからこその盛り上がりとおもしろさもあったという部分もあったのかなと思ってここに入れました。


    ③これは、アニメ・・・・なのか?!
    ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
    アニメーション制作:TRIGGER

    アイエエー!?ニンジャ!?ニンジャナンデ!?
    色んな意味で俺の”アニメ観”を変えてくれた作品、ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン。 この作品に関しては、ランキングとかそういう普通のアニメとして語ってしまうのがもったいないと感じたので別で書いてますw
    もともとニンジャスレイヤーは仲のいい友人が大好きだったので存在は知っていて、独特なコンテンツだとは感じていたのでアニメ化したらどうなるのだろうかと楽しみにしていたんですが、予想の斜め上を行ってくれましたww インフェルノコップという前例があるとはいえやるとは思わないじゃん?w TRIGGERおそるべし。
    普通のアニメかと思いきや、「重要なシーンに限って」フラッシュアニメ化するというシュールさ。これは今までのアニメに対する挑戦かな?ってくらい思い切った取り組みでしたねw
    普通の作画ができないんじゃなくて、やらないんだと。あえてフラッシュなんだと。(スタッフ陣が一緒のグレンラガンやキルラキルで見せた普通の超大迫力の作画も健在)
    実際俺はその作風に見事にやられて毎回フラッシュ作画になるたびにテンションあがって笑ってましたw 内容としても普通の忍者とは違い、あくまでサイバー時代の「ニンジャ」をうまく描いていて、面白かったです。
    放送形態も初回がニコ生でのネット配信のみだったり、これだけ思い切った取り組みをした作品は後にも先にもなかなかないと思うので、間違いなくアニメ史に残る一作品になったことでしょうw 

    ④アニメはテレビだけじゃないんです
    心が叫びたがってるんだ(映画)
    アニメーション制作:A-1 Pictures

    少し本筋からは外れてしまいますが、今年は俺は積極的にアニメ映画を見に行きました。
    サイコパス、ラブライブ、バケモノの子、デジモンなどがその例です。その中でも、一番面白かったのがこれ、「心が叫びたがってるんだ。」
    あの花スタッフが再集結して作ったということで、公開前から期待は高かったんですが期待通りの作品でした!めっちゃ青春溢れててもう1回高校生活やりてえええってなりましたw
    主人公はとある出来事をきっかけにしゃべれなくなってしまった女の子。この子がなりゆきで文化祭でクラスで発表するミュージカルの主役を務めることに。
    声がでなくなったことをめぐる謎や一緒に劇をやることになった男子との恋模様など、話がさまざまに展開していき、非常に面白いです。クライマックスはやっぱりあの花スタッフさすがです、めちゃくちゃ泣きました;;
    メイン4キャラの声優の演技も素晴らしかったし、今年の映画で一番面白かったと思ってます。まだ見てない方、ぜひ!


    -------------------------------------------


    では、本編の方に戻っていきたいと思います!
    半分より上ということで、ここからは割とがっつり目に感想書いていくかもしれないのでよければよんでやってくださいw




    15位
    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
    アニメーション制作:feel.

    俺ガイルの2期!まずこれだけは言わせてくれ 玉縄が面白すぎた
    意識高い系への揶揄回としてやたら日常会話に英語のを混ぜる集団が出てきたんですが、その筆頭が玉縄。 『ロジカルシンキングで論理的に考えようよ。』 \アグリー/ 『今のメソッドだとスキーム的に厳しいがどうする?』 などなどwww クッソ笑いました ちょうど就活してる時期に見てたのでGD連想して腹よじれました。こういう要素好きだわーw

    真面目な話で行くと、2期は奉仕部の関係性がだんだんと変化し始めていて凄く見ていて面白かった。自分の気持ちにとまどいを受ける雪乃、自分のことをまだ素直に表せないでいる結衣。そこ後輩のいろはすが関与するようになったことで奉仕部の関係にアクセントがついた気がします。雪乃と結衣は八幡への好意をほぼ間違いなく自覚するところまで来ていますが、今までは3人の関係は「奉仕部の友達」として停滞したままでした。しかし、最終話で今まで主体的な発言をしてこなかった結衣が「これからどうしようか」との発言をすることで3人の関係性の本質を問いかけ、その答えは・・・!というところで2期終了!
    めっちゃくちゃ気になる引きだったので、もう次が気になってしょうがないですw 個人的にとらドラとか好きだった人は多分好きになる作品だと思うので是非見てほしい!俺も次が待ち遠しいですw
    やっぱり俺ガイルはキャラクターの心理とか想いとかいう内面の部分をしっかり描きつつ、考察の余地を残してくれるので面白いですね。人間関係難しい。


    14位
    うたわれるもの 偽りの仮面
    アニメーション制作:WHITE FOX

    名作と名高いうたわれるものの2期!実は1期見てなかったので、直前にやってたニコ生一挙放送でなんとか2期に間に合わせましたww
    1期がめちゃくちゃ面白かったので期待してみた2期も面白い。

    どこか江戸時代もしくは昔の中国なんかを想起させるような世界観なのですが、その雰囲気がたまらない。 こういう雰囲気の作品ってありそうであんまり接してきてなかったなぁと思いましたね。

    内容としては、記憶を失った主人公”ハク”が周囲の人々とのかかわりの中で影響を与え、影響を受け、自分の存在を追い求めていくというものなのですが、1クール目の段階ではまだまだ本筋には入っていませんね。 どうやら原作組の話だとめっちゃ泣けるとのことなのでこれからがタノシミデス・・・! 
    1期も結構途中とかがエグイ展開だったので、その設定がどう絡んでくるのかにも注目。

    また、1クール目は日常パートが本当に素晴らしく、各キャラクターがいきいきしてましたね。
    この作品のキャラクターは、耳と尻尾があるいわゆる獣系人間のキャラなんですが、それがめっちゃかわいい!!! クオンとルルティエが特に好きです。

    2クール目に入るといよいよ1期みたいに戦争とか起こるのか、はたまたこれまでの雰囲気を継承していくのか・・・
    どんどんと仲間は増えていますし、どういう展開になるのか。今から本当に楽しみですね。
    1期主人公のハクオロと2期主人公のハクには何か関係があるのか、そもそも1期の最後で明らかになった事実はこの2期ではどのように活かされるのか・・・!
    気になる点が多すぎて目が離せません!


    13位
    四月は君の嘘
    アニメーション制作:A-1 Pictures

    少年マガジン連載の漫画原作アニメ、四月は君の嘘。音楽をテーマとした作品なのですが、もうすっごい泣きましたよ、このアニメではw
    主人公のピアニスト有馬公生はかつて輝かしい成績を収めていたのですが、母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまいます。そんなある日、友人の紹介によりメインヒロインであるヴァイオリニスト宮園かをりと出会います。この出会いをきっかけに、有馬は再び音楽の道へと戻っていくのですが、戻って行った先で起こる人間ドラマが最高に感動的なんですよね。。。
    有馬はじめとするいろんなキャラクターの過去との向き合い方、他人との向き合い方、周りの環境への向き合い方、人生への向き合い方、そして自分自身への向き合い方。色んなものが日常シーンにも演奏シーンにも描かれている作品だったなぁと。
    特に演奏シーンは本当に鳥肌ものの神演出でした。見たことない人には是非見てほしい。音楽よくわからない俺でもめちゃくちゃ感動しましたw 音楽テーマにしてるだけあってこういうシーンはやっぱり気合入ってましたね。BGMも素晴らしい
    あと、主人公の幼馴染の渡っていうキャラがいるんですが、本当に好きなキャラです。主人公の気持ちを本当に理解して、寄り添ってくれる脇役キャラってほんと良いよなぁ



    12位
    ハイキュー!! セカンドシーズン
    アニメーション制作:Production I.G

    ジャンプ漫画原作の青春バレーボールアニメ、ハイキュー!!
    ジャンプ作品でありながら普通にスポ根してるところがいいよね。1期では夏のインターハイ予選の辛い敗戦を経て、3年生が春高予選まで残るということを決意するところで終わりましたが、2期はいよいよ春高予選。1期よりも成長した烏野のみんなが見れて凄く高まりましたね。なんといっても、新マネージャーの谷地仁花ちゃんの加入ですよ!大天使・・・・;:
    やっぱり俺も高校までずっとバスケを部活でやってたので、ハイキュー見てるとその時の頑張ってた気持ちとか、勝ちたかった気持ちとか蘇ってきて思わず涙腺が・・・ 本当にいい作品です
    2期は山口とか月島とか、これまであまりスポットが当たってこなかったプレーヤーが活躍してきており、アツかった。 特に山口が月島に本音をぶつけるシーンは号泣してしまいました;;
    ハイキューはほんと見てるといろんな思いが込み上げてきて泣きそうになってしまいますwそれくらい大好きな作品です。



    11位
    ガッチャマンクラウズ インサイト
    アニメーション制作:タツノコプロ

    11位はこの作品、ガッチャマンクラウズ インサイト
    友人にお勧めされて2期放送直前に1期を一挙見してどはまりしてみた2期でしたが、めっちゃくちゃ面白かったです!!
    この作品の良いところは、作品の中に社会へのメッセージだったり、風刺だったりが込められているところ。今回で言うと、「考えることの放棄」や「同調圧力」といった日本人の特徴としてよく言われている「空気に流されること」がテーマとして掲げられていました。
    シナリオを通して「空気」が常に話の中心にあり、最終話でしっかりとそれに対する答えを提示していた一貫性、本当に素晴らしかったと思います。最近は最終話でgdっちゃう作品も多いですからねw

    OP曲もくっそオシャレですし、ガッチャマンに変身するシーンはやっぱりテンションあがりますね。真似したくなっちゃうよねw
    「ガッチャマン」とタイトルについてはいますが、科学忍者隊の方の知識がなくても全然楽しめますw(実際俺は元のガッチャマンほとんど知りませんw) ガッチャマンが現代にいたらこんな風になるのかな?といったコンセプトで作られた作品なんでしょうかね。
    また、この作品は東京都の立川が舞台となっているのでよかったら聖地巡礼してみてはどうでしょうか!w

    という感じでここまでで11位までの発表が終わりまして、残すはトップ10!


    10位
    ご注文はうさぎですか??
    アニメーション制作:WHITE FOX、キネマシトラス

    あぁ^~こころがポイポイするんじゃぁ^~
    待ちに待ったごちうさ2期!!!! 本当に毎週こころがぴょんぴょんしてましたよもう。
    キャラクターの可愛さも話のおもしろさもそのまま、いやましましくらいになってて歓喜でしたね。ごちうさは眼の描き方が素晴らしいよねって2期で気づいた。
    また、前期に引き続き、中毒性のあるOPでしたし、2期はなんといってもEDが素晴らしかった!クッソあざといんですが、ああいうのすきやわ^~
    ココアちゃんとチノちゃんの疑似姉妹関係は相変わらずもふもふだし、リゼちゃん、千夜ちゃん、シャロちゃんとの絡みも多くて素晴らしかった・・・。ココアのお姉ちゃんのモカさんも出てきて、その回はココアの妹成分が出ててすご~くよかったゾ 
    また、シャロちゃんの可愛いシーンが多かったので2期でシャロちゃんがだいぶ好きになりました
    そしてなんといっても今期はチマメ(チノ、マヤ、メグ)の中学生組の出番が増えてたのが最高でした。話に広がりができたし、やっぱりキャラクターが多いとそれだけいろんな面が見れて面白いですよね。チマメだとメグちゃんが好きです

    正直1期はよくある萌えアニメだな~って感じで見てたんですが、2期はいちいち笑えるし可愛いしキャラクターの個性生きまくりだし、時々感動できるしで評価がぐーんと上がった作品です。

    改めて思ったけど日常系アニメはあたまとこころをからっぽにして見れるから疲れないし、癒されるし最高だわ・・・。声優さんの声もたっぷり堪能できるしなぁ!?
    ごちうさは是非3期やってほしいですね。待ってます。


    9位
    ゆるゆり さん☆ハイ!
    アニメーション制作:TYOアニメーションズ

    大正義ゆるゆり!3期です!
    ゆるゆりは2期まではあの動画工房さんがアニメーション制作していたんですが、OVAから制作会社がTYOアニメーションズに変更になり、3期も引き続きTYOさんが担当しています。作風とかキャラデザとか若干変わりましたよね。
    3期の特徴は、なんといっても「百合要素が増えた」ことw キマシタワー
    某ポケモン実況者さん曰く、ゆるゆりじゃなくてがちゆりになってるとのことでしたw
    ですがしっかり日常パートの良さも残っており、1期2期で積み上げてきた土台を活かしていろんなキャラクターを絡ませていて凄くいいですよね。今まであまりなかった二人の組み合わせとかも見せてくれてありがてえ・・・
    個人的には京子と櫻子とか結衣とあやのとかその辺の絡みを見ることが出来て凄く嬉しかったです!
    あと、あかりの扱いが若干良くなっててあかりファンとしてはとても嬉しいです!w あかり、ちなつ、櫻子、向日葵の1年生4人の絡みめっちゃすき 
    本当にゆるゆりは良い作品だなぁと改めて思える3期でした・・・;;



    8位
    干物妹!うまるちゃん
    アニメーション制作:動画工房

    UMR!UMR!UMAぢゃないよう・ま・る!

    正直こんなにいい作品だとは見る前には思ってませんでした、うまるちゃん!w
    普通の日常アニメなんですが、主人公うまるちゃんの普段は超絶美人の完璧JKで家ではぐーたらひきこもりお兄ちゃんに甘える少女っていうギャップが素晴らしいw 
    他のキャラクターも凄く魅力的で、同じアパート住みの天然少女海老名ちゃん、コミュ障だがそれがいいキリエちゃん、うまるちゃんと同じクラスでうざかわいいシルフィンちゃん(チルタリス)などなどw
    本当に個性豊かなキャラクターが織りなすゆるーい日常がなぜか凄く面白いんですよねw
    キャラクターの個性づけと魅せ方が本当にうまい。
    うまるちゃんがお菓子とジュースめちゃくちゃな食い方飲み方するシーンとかめちゃくちゃ笑いましたw 某(⌒,_ゝ⌒)の人もまね動画あげたりしてて草

    動画工房作ということもあり、作画も演出も素晴らしかったことに加え、
    驚いたのは、うまるちゃん声優陣って凄く新人さんが多いみたいですね!凄く自然で合っている演技だったので、これからの活躍に期待したいです!
    OPも中毒性高かったし、今年ブームになった作品の一つであることに間違いないでしょう!
    2期やってほしい!




    7位
    アイドルマスター シンデレラガールズ
    アニメーション制作:A-1 Pictures

    アイドルアニメの頂点、アイドルマスターシリーズからシンデレラガールズ!

    アイマスはアニマスを見た程度で、にわかにもほどがあるんですがこのデレマスを見てさらにアイマスが好きになりました・・・!
    キャラクターもたくさん出てくるんですが、それぞれにアイドルになった理由とか理想のアイドル像とかがあって、理想と自分自身とのギャップに悩んだり、仲間と言い合いになったり。表舞台ではみられない、苦しんだりしているし、決して華やかな部分だけではないアイドルの一面をしっかりと描いている作品だと思います。
    2クール通して、各キャラクターに最低1回はスポットが当たっていたし、それぞれの個性もよく出ていたのでキャラへの愛着はすごく湧きましたねw 俺は卯月ちゃんと新田さん、智恵理ちゃん推しです!

    脚本もニコ動のコメントとかでは結構叩かれたりしてましたが、俺はふつーに好きでした。というか思い返せば特に2クール目は毎回泣いてたので「めっちゃ好き」でしたねww 2クール目最初の回で卯月ちゃんの声が聞こえた瞬間に泣いたやつがいるらしい。
    特に良かったシーンは、卯月ちゃんが「自分には何もない」と思い込んで笑顔を失ってしまうところから、はじめて自分の本心をニュージェネのメンバーに打ち明けるところだったり、卯月ちゃんの笑顔がライブで復活するところですかね。そのあたりは大号泣でした;; 頑張ってる女の子を見るのは本当に感動しますよね。二次元アイドル尊いわぁ・・・。
    良いアニメでした。
    アイマスとっつきにくいなぁと思ってる人や知らない人はこのデレマスから見るのもお勧めですよ!

    6位
    Fate/stay night Unlimited Blade Works
    アニメーション制作:ufotable

    ―――体は剣で出来ている

    名作中の名作、Fate/stay nightですが今回はその中からヒロインのひとり凛のルートのアニメ化ですね。
    実はUBWは過去にもスタジオDEENから劇場版アニメ化されていたのですが、今回はufotableが制作を請け負い、待ちに待ったテレビアニメ化。
    俺は7~8年前にstay nightをアニメで見たんですが内容すっかり忘れてしまっていて、また原作も未プレイなので今回のアニメ化はほぼ予備知識なし(キャラクターと設定ちょっと知ってるくらいw)って感じで見てたので凄く新鮮に楽しめましたw
    中学生のころに見たアニメはほとんど内容忘れててアカンわ・・・w

    期待通り、めっちゃ面白かったです。主人公の士郎とヒロインの凛のサーバントであるアーチャーの秘められた関係とは・・・!最後の方で二人の笑顔が重なって見えるシーンは本当に泣けました・・・;;
    ストーリーは勿論なんですが、作画もクッソよくて、特に戦闘シーンは鳥肌でしたね・・・。キャラクターもやっぱり魅力的で素晴らしかった。
    アニメのクオリティでいったら今年1と言ってもいいのではないでしょうか!
    Fateはまず設定だけでめちゃくちゃ面白いのでまだ知らない人はぜひ調べてみてください。Fateへの導入としてこの作品を見るのもいいと思うのでみてないひとはぜひ!
    俺も原作プレイしたいなぁ

    さぁ、いよいよトップ5!
    ここからはガチで俺のお気に入り作品です。
    ではみていきましょう!




    5位
    Charlotte
    アニメーション制作:P.A. WORKS

    麻枝准脚本、P.A.WORKS制作のAngel Beats!と同じコラボ シャーロット!
    もう放送開始前からクッソ楽しみにしてましたよw 俺は夏アニメまとめ記事でも書いたんですが、リトバスとかクラナドとかにめちゃくちゃ思い入れあることもあって麻枝准信者なのでw

    正直、多くの人が指摘しているように尺が足りなかったこともあり「もっとできた」感はありました。ゲームで出したり、2クールにしていたらもっと一般的な評価は違ったのかなと思います。しかし、それだけ期待度高かったってことですし、そこを差し引いても俺は今年の面白いアニメが多かった中でも評価されていい作品だと思っています!
    まず、音楽が最高に良い。OPのBravely Youは映像も含めてクオリティはんぱなくないですか?歌詞の内容が作品の内容とリンクしているのも素晴らしかったです。 また、ABでもやったように劇中にバンドを登場させており(ハロハロとZHIEND)、その二つのバンドも素晴らしく良かったです!ライブシーンは本当に最高。
    だーまえの作る音楽は本当にカッコイイし、泣けます。日常パートのBGMにリトバスっぽいBGMもあってテンションあがってましたw
    だーまえの真骨頂はやっぱり音楽にあるのかなと思ったり。

    次に、KEYのお約束をしっかりと回収していったところが素晴らしい。
    これに関しては本当に評価が分かれるところなのかなと思うんですが、作品のいたるところにKEY作品共通のお約束がちりばめられてましたねw
    例えば野球回だったり、例えば○○・ザ・斎藤シリーズだったり、たとえば学食の伝説メニューだったり・・w
    思わず「待ってました!」と言いたくなるようなお約束回収で鍵っ子としては凄く嬉しかったですねw KEY作品そこまで知らない人にはさっぱりだったとは思いますが・・・w

    そして、キャラクターの個性・バランスが凄く良かった
    主人公の乙坂有宇はKEY史上最もゲスな主人公と麻枝さんが言っていただけあって、1話から強烈なインパクトを与えてくれましたw また主人公の相棒的ポジションの高城は明らかにABの筋肉担当高松を意識しており、そういったところでのファンサービスも欠かしてなくて良かったですねw 
    あとはなんといっても女性キャラ!
    メインヒロインの友利奈緒ちゃんの人気は凄かったですねw 確かに今まであんまりいなかったタイプのヒロインだったかもしれないので、人気もうなずけます。 あやねるの声もよかった。
    妹の歩未ちゃんは本当に理想の妹! 口調が「なのですー!」とか「ござるー!」とか可愛すぎるだろ!w 有宇の溺愛っぷりもわかってしまいますねw
    そしてなんといってもゆさりん!!!!柚咲さん!!!
    あざとかわいい!ゆっさりん!ゆっさりん!!! 詳しくは、パート2の記事をどうぞw
    本当にキャラクター多すぎず少なすぎずで各キャラのバランスがよくて、だーまえ特有のギャグをふんだんにつかった絡みも面白かったなぁと。

    肝心な内容面も、俺はすごーく面白かったと思ってます。
    10話あたりまでの評価だったら今年1ですね。 特殊能力モノという設定を活かしていろんな要素を絡めてきていて特に8~9話あたりで重要な登場人物を出して来たり、タイムリープや科学者が絡む展開は鳥肌モノでした。
    ギャグとシリアスのバランスも良かったし、作画も素晴らしかったし、声優の演技もとても良かった!それだけに最後駆け足になってしまったのが残念ではあったんですが、それでも普通に泣いてしまいましたw ゆさりんとみささんのソバのシーンは反則;;;;

    大好きな制作陣が作った作品だっただけに、どうも思い入れが違って若干ひいき目で見てしまっている部分はあるかもしれませんが、やっぱり俺にとっては大切な作品の一つになりました。
    麻枝准さんのこれからの活躍にも期待ですね!出来ればゲームの脚本書いてくれ





    4位
    のんのんびより りぴーと
    アニメーション制作:SILVER LINK.

    にゃんぱすー!!

    豊作だった夏アニメの覇権、のんのんびより!
    もうこの作品は見ててどれだけ癒されたことかわかりませんねw
    田舎暮らしの女子小学生~中学生の日常を中心に描いた作品なのですが、「何も考えずに頭をからっぽにして見ていられる良さ」というものを改めて実感させてくれる作品でした。
    勿論、頭使わないと理解できない難しい作品だったり、シリアスなシーンが連続する作品も俺は大好きですし、よく見ます。
    でも、やっぱりそういう作品ばっかりだと疲れちゃうじゃないですかw 特に俺は頭が弱いのであんまりそういうのばっかりだとすぐお腹一杯になっちゃうんですよねw
    のんのんびよりはそれに対して、基本的に何も起きません。 田舎のJS,JCがそんな大したことをするわけがないんです・・! だが、これでいい!(CV立木文彦)
    見てるだけで嫌なこととか辛いこととか一時的に忘れられる、麻薬のような作品ですね。こりゃ難民も発生するわ。
    終わった後に内容全く覚えてないこともしばしばですけどねw まぁいいんですよそれでw

    他の日常アニメとまた違うのは、やっぱり舞台が田舎だということ。遊ぶのも基本的に外で散歩だったり、山の秘密基地に行ったり、誰かの家でアナログゲームだったりで地元を思い出しますw(あんなに田舎ではないが・・・w)
    そこが癒されるんですよね。

    キャラクターも凄く面白いキャラが多く、主人公のれんちょんはじめ都会から引っ越してきたほたるん、姉妹のこまちゃんとなっつん、駄菓子屋、れんちょんのお姉さんの先生などなど個性的。1期の良さそのままに2期ではさらにキャラクターの良さが引き立ってましたね。とくに、ほたるんはキャラクター部門の記事でも書きましたが、子供っぽい一面が見れてすごーく可愛かったですw 「デモペチノガモットカワイイヨー」

    俺は日常アニメの中で一番好きなのがのんのんなんですが、みなさんはどれ派ですか?





    3位
    響け!ユーフォニアム
    アニメーション制作:京都アニメーション

    われらが(?)京都アニメーションの作品、響け!ユーフォニアム
    京アニの作品をまともに見るのは実は久しぶりだったんですが、とんでもなく面白かったんですよこの作品が・・・・!
    個性的なキャラクター、リアルな高校生活描写から溢れんばかりの青春感、神作画etc...
    いいところを挙げるときりがないですw 本当に思い入れが強い作品になった。


    とある高校の吹奏楽部が名指導者で名高い顧問就任をきっかけに全国を目指して努力し始めるというストーリーなのですが、部活動のリアルさが本当に凄い・・・!
    結構人間関係とか大変だったり、大会のメンバー選びがシビアだったりする描写がしっかりと表現されてましたが、吹奏楽部だった友達も、「実際あんな感じだよw」って言ってたので本当にそうなんでしょうねw 
    「部活」という環境にいるからこそわかる楽しさとか達成感だけじゃなくて、上手くなれなくて焦る気持ちとか、全力でやっている他人との熱量の違いに気づいてしまうさみしさとか、自分の気持ちを表現できないもどかしさとか、そういった「負の感情」の面もしっかり描いていて、青春だなぁって・・・。

    なんとなーく吹奏楽をやっていて、そういう気持ちからほど遠いところにいたはずの主人公久美子が中学から一緒にやってきた麗菜や高校から一緒に部活をはじめた葉月、サファイアちゃんなどに影響され、どんどん変化していき、うまくなりたい・・・!と泣きながら走って行ったシーンは今年のアニメで1番いいシーンだったと個人的に思ってます。

    高校生活特有の青春を思い出させてくれる素晴らしい作品でした。
    2期も劇場版も決定したのでとても楽しみ!

    余談ですが、京アニのキャラデザの肉付きはちょうどよくて素晴らしいと思いませんか?????


    蒼穹のファフナー EXODUS
    アニメーション制作:XEBEC


    堂々の第2位、蒼穹のファフナー EXODUS!!実はファフナーを今まで見てなくて、結局見て追いついたのが12月に入ってからで、もうかなり記事を書き進めちゃってたので急きょここに割り込ませたんですよねw そんなわけでどうしようかなーと思ってたんですが、このアニメをランキングに入れないわけにもいかないなと思い、思い切ってここに入れ込みましたw
    ランキング移動大変だった…w

    ”あなたは、そこにいますか?”

    もうほんっとーに面白かったです。 面白いってのは前々から聞いてたんですが、なぜか機会を逃してみてなかったんですが無理してでも追いついてよかったですw
    2期ということで、これまでのファフナーの世界観を最大限に活かし、どんどん展開が進んでいきました。 やっぱり凄く重く、エグイ話でしたね。
    ファフナーに乗ることで次々と現れるパイロットの子供たちの体の変化。
    希望を手に入れるためにかりそめの平和を放棄し、争いをする中で数々の犠牲を積み重ねてしまう矛盾。
    子どもに戦う運命を預けることしかできない大人たちの複雑な気持ち。
    共通の敵であるはずのフェストゥムをよそに人間同士で争わなければならない葛藤。
    敵と味方の関係も1期までとは変わり、複雑になっていきます。
    そんな中で一騎、総士はじめとする竜宮島の同志たちは生き残ることが出来るのか・・・

    絶望、不安、過酷
    色んなものに向き合いながら人類の命運をかけて戦う少年少女たち。
    そんなシリアスなストーリー展開と大迫力のファフナーの戦闘シーンが見所です。
    ファフナーは味方との凄く悲しい別れとか、望むもののために数多くの犠牲を払わなければならない葛藤とか凄く色々なメッセージが込められているので、見入ってしまいますね。
    また、1期では主に戦うのは子供たちなんですが、それを支える大人たちの優しさ、強さもこの作品の魅力。親子の絆ってやっぱり特別なものがありますよね。
    2期では1期で主力として戦っていたメンバーも成長し、後輩たちを支えたりするシーンも多かったですね。最後の方の話で成人式で大人たちと同じ制服を着た瞬間は本当に色んな思いがあふれて涙が・・・;;

    専門用語が多すぎて、俺もまだまだ把握しきれていないのですが知れば知るほど面白くなっていく作品のような気がします!
    ちなみに19話以降がニコ生のアンケで「とてもよかった」98%以上を数回達成する快挙を成し遂げました。俺も後半の話はマジで鳥肌立ちまくりだったわw

    堂々とこの作品は見てほしいとお勧めできる作品です。今年見ることが出来て本当に良かった。


    1位
    SHIROBAKO
    アニメーション制作:P.A.WORKS

    どんどんどーなつどーんといこー!

    もうこんなに最高なアニメに出会えたことに感謝ですよ。。。

    アニメ制作の現場を描いたアニメでしたが、その人間関係や職場の描き方、キャラクターの葛藤からの成長などなどまず作品内で人がすごく生き生きしてたと思うなぁ
    高校メンバーもそうだけどアニメーション制作会社のムサニの面々も凄く頼もしくてでもどこかみんな悩みを抱えてて、実際の俺らもそうだよなぁって感じて共感できるところが多かったですね

    キャラクターも凄く良いキャラクターが多くて、
    主人公の制作進行 宮森あおいちゃんは今までのアニメ視聴歴のなかでもかなり好きになったアニメキャラですね!

    ほんと明るくて、努力家であんな人いたらいいよなぁって感じですw
    えまちゃんとりーちゃんもクッソかわいいし、努力してる姿が感動です。
    あと、2クール目から出てきた平岡が何気に凄く共感できたキャラだったなぁ
    最初からいろいろツンツンしてて何か裏であったんだろうなとは思ったけど、
    やっぱり夢が破れたときって元に持ってたものが大きいほど反動もでかくて、つらかったんだろうなぁってね・・・。
    本当に平岡は人間味溢れるキャラで良かった。本音を日高屋で太郎と話してるシーンは普通に泣いちゃったよw

    そして1番の神シーンは、声優界でうまくいっておらず、他の高校のメンバーから1歩引けを取っていたずかちゃんが努力と偶然が重なり、2クール目でムサニが制作した「第三少女飛行隊」最後のピースになったところだと思ってます。
    ずかちゃんのキャラの台詞とそれを見てる宮森が台本で顔を覆って泣き出しちゃうシーンとかほんとに思い出すだけで泣けてきちゃいます;;(今書きながらうるうるしてますw)

    アニメがどうやって作られてるかって、興味はあったけど今まで全然理解してなくて、
    その内面を知れたのもよかったなと思ってます。今ちょうど卒論でアニメについて書いてるので、本当に日本のアニメがこうやって発展してくれて良かったなぁってしみじみ思ってます・・・w

    あと、完全に個人的なことだけどシロバコの舞台になってた武蔵境は俺がよく利用する駅でもあるので見てると「あ、ここ昨日行った」とかなって面白かったですねw思い入れが強くなった一因ではあるかもしれないですw 最後のシロバコ届ける小諸スタジオの小諸も地元の近くだしw

    作画、キャラクター、脚本、音楽、設定とか全部よくて本当にいい作品だったし、扱うテーマ的にも新鮮だったのでこれからのアニメ史に残る1作品なんじゃないかなと個人的には思ってます。 2期やってくれたら泣いて喜ぶよ。



    ――――――――――――――――――――――――――

    とまぁ、こんな感じでだらだらと今年のアニメ総括を書いてきましたがそろそろ終わりとしたいと思います。
    出来るだけいろんな作品に言及しようとしてたけど結局全く触れること出来なかったやつもありましたね・・w まぁ触れること出来なかった作品でも凄く面白いのあるので是非ご自身でチェックを!

    アニメってやっぱりまだまだオタクが見るもので、世間からはあんまりよく思われてない部分もあるじゃないですか。でも、毎年、毎月、もっと言えば毎日アニメ見てるなかでやっぱり俺はアニメ好きだなぁ~って思うし、もっといろんな人が見てくれてアニメについて話せたらいいなぁ~って純粋に思うんですよねw 好きなものに正直にねw
    だからこうやって記事書くのは自分の考えとか感想とかをまとめておくのもそうだけど、たまたまこれを読んだ人がアニメに興味持ってくれたり、もともと見てた人と感想を共有したりしたいなぁ~って思うからなんですよねw

    つまり、アニメについて話す友達がもっと欲しい!!ってことですw
    やっぱり俺は好きなものを他人と共有できるのが大好きなのでもっともっとそういったことがしていきたいなと改めて思いました。
    だからこれを読んでくれた方、コメントだったり(リア友だったら)俺と一緒にアニメの話しましょ!w

    なんか最後は自分のことについて話す感じになってしまいましたが、最後に一言いうとすれば、来年もアニメみるおおおおおおおおおおおおお!!!!!!


    オワオワリでぇ~す
    みなさん、よいお年を!




    <付録>
    ランキングのみ
    30位 コンクリート・レボルティオ~超人幻想~
    29位 ローリング☆ガールズ
    28位 城下町のダンデライオン
    27位 Classroom Crisis
    26位 WORKING!!!
    25位 ハロー!きんいろモザイク
    24位 GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
    23位 デュラララ!!×2 承、転
    22位 ノラガミ ARAGOTO
    21位 寄生獣 セイの格率
    20位 監獄学園
    19位 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ エジプト編
    18位 終物語
    17位 アルドノアゼロ
    16位 ワンパンマン
    15位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
    14位 うたわれるもの 偽りの仮面
    13位 四月は君の嘘
    12位 ハイキュー!! セカンドシーズン
    11位 ガッチャマンクラウズ インサイト
    10位 ご注文はうさぎですか??
    9位  ゆるゆり さん☆ハイ!
    8位  干物妹!うまるちゃん
    7位  アイドルマスター シンデレラガールズ
    6位  Fate/stay night Unlimited Blade Works
    5位  Charlotte
    4位  のんのんびより りぴーと
    3位  響け!ユーフォニアム
    2位  蒼穹のファフナー EXODUS
    1位  SHIROBAKO
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。