ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

命の数で数える平等
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

命の数で数える平等

2020-12-27 21:20

    始めに

    諸注意

    ・誤字脱字、論理の飛躍や矛盾があったらコメントにて報告してもらえると助かります。

    ・わからないところがあったらコメントとTwitterに連絡をください。

    ・当たり前から問題を解説すること、わかりやすく簡潔に解説することを目標にしています。

    ・この記事内での考えは基本的に筆者の考えです。

    ・いつかは時事問題にも取り組みたいと思っています。それを解説するための当たり前がたっていくフォルダから目をそらしつつ。

    ・その他要望等がありましたら、コメントかTwitterを使って連絡してください。

    ・週一更新を目標に頑張っていきます。

    今回はタイトル以上のことは何一つないのですが、解説していきます。

    「命を数で数えるな」物語の主人公が言っていそうな台詞ですね。しかしながら、つぎのように「人の命の価値が等価なら、より多くの命をより確実な手段で守れる方法を組織の長はとるべき」と考えませんか。何故ならそれがより多くの価値が守れるより良い方法なのだから。まぁ、その方法により組織の未来がなくなるなら、その方法はとれないかもしれませんが。

    今回はこれぐらいにして記事を締めくくりたいと思います。年末年始は短めにやる予定です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。