【ポケモンUSM全国ダブル】シーズン10使用構築(トリックルーム軸リザバンギ)【最高最終1925,最終9位】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンUSM全国ダブル】シーズン10使用構築(トリックルーム軸リザバンギ)【最高最終1925,最終9位】

2018-07-22 18:03


    こんにちは。あかなおです。

    今回は久しぶりに全国ダブルでいい結果を出せたので、構築記事を書きたいと思います。

    <結果>
    メインROM(TNやすきよ)
    最高・最終レート1925
    最終順位9位

    サブROM
    最終レート1841
    最終順位34位






    (画像はメインROMのもの)

    <構築経緯>

    3月の夢特性御三家解禁後から手になじむ構築がなく、INC March,June,JCS予選すべてメガバンギラス構築を使用していました。しかし、環境に適応できず結果が出ずにいました。
    そこで、別のメガ枠を模索しようとシーズン10では様々な構築を試してみました。
    その際、現環境に多いメガ進化枠を考えると、ゲンガー、メタグロス、リザードン、ガルーラ、ボーマンダのように見受けられたので、これらすべてに大きく不利を取らないメガリザードンYを使うことにしました。
    様々な構築記事を読んでいるうちに、通常のリザードンY構築ではくまさんのたくろす2より完成度の高いものを作れないと思い、一番信頼を置いているバンギラスを組み合わせたリザバンギ構築にしました。

    原案としては、この記事の並び(リザードン、ランドロス、バンギラス、クレセリア、カプ・レヒレ、ラランテス)からスタート。
    トリックルームを主軸に決めたので、威嚇枠を、猫だましの使えるガオガエンに変更。
    ラランテスの遂行速度が気になったのでカミツルギに変更。
    最後に、濁流を外しまくって負けまくったのでカプ・レヒレをアシレーヌに変更して構築が完成しました。

    以下常体。

    <全体解説>
    ・トリックルーム展開からアシレーヌ、バンギラスの高威力範囲技で相手を削りきる。
    ・晴れと砂嵐で天候の主導権を握る。
    ・高種族値ポケモンで固め、単体性能を底上げする。

    <個別解説>




    リザードン@リザードナイトY
    特性:もうか→ひでり  性格:ひかえめ
    実数値:185-×-115-143-113-128 → 185-×-115-198-143-128
    努力値:252-0-132-4-60-60
    技:まもる/かえんほうしゃ/エアスラッシュ/オーバーヒート(おいかぜ)

    個人的に現環境最強メガ進化ポケモン。構築の始まりの一匹。
    技は命中安定の火炎放射を選択。カプ・レヒレを抜いたことで対ジャラランガ性能が落ちたのでけん制のエアスラッシュ。最後の1枠はオーバーヒートにしていたりおいかぜにしていたりしていた。ソーラービームも欲しかったが、火力に努力値を割いてないことと、2天候パなので連打しにくいと思い断念。
    主に選出画面から圧力をかけることが仕事。選出率はかなり低く、リザを出さなければいけない試合はだいたい不利な試合であり、負けることが多い。
    S10終了後、遅いエアスラリザはありえないと友人に指摘されたので、追い風オバヒ両立とかがよいかと。




    クレセリア@エスパーZ
    特性:ふゆう  性格:ひかえめ
    実数値:227-×-140-139-151-105
    努力値:252-0-0-252-4-0
    技:サイコショック/れいとうビーム/てだすけ/トリックルーム

    構築の要。トリックルームができなかった試合はほぼ負けた。
    コンセプトのトリックルームは確定。ちょうはつされることは容易に想像できたので、単体で攻撃できるようにHCに。攻撃技は定番のれいとうビームと、カプ・レヒレやウツロイドにささるサイコショック。持ち物に関しては、ガオガエンのはたきおとすのダメージ軽減もでき、ちょうはつされてもトリックルームできるZクリスタルを選択。構築単位で重い相手やカプ・コケコ等をサイコショックZで強引に削れたりと優秀だった。




    ガオガエン@バンジのみ
    特性:いかく  性格:いじっぱり
    実数値:200-154-111-×-129-91
    努力値:236-36-4-0-148-84
    技:ねこだまし/フレアドライブ/はたきおとす/とんぼがえり

    ダブルレートの王。優秀すぎる性能で本構築にもマッチした。
    技は定番のこの4つ。トリパなので守るよりもとんぼがえりを優先。
    調整は有名な調整からすこしSを伸ばし、相手のガオガエンの上からねこだましを打てるようにした。このあたりのSラインはお好みだと思う。




    アシレーヌ@こだわりメガネ
    特性:うるおいボイス  性格:れいせい
    実数値:187-×-95-195-136-58(S個体値0)
    努力値:252-0-4-252-0-0
    技:マジカルシャイン/ハイパーボイス/ムーンフォース/ほろびのうた

    メインアタッカー。今回のMVP。
    トリックルーム下でハイボ連打するだけで勝てる試合も多かった。
    技は、メインウェポンになるハイパーボイスとマジカルシャイン。命中安定技で最高火力のでるムーンフォース。積み構築や最後の詰め筋となるほろびのうた。
    命中安定範囲技であり、通りのいい水技をC195から連打できるすごさは使ってみないとわからない。想像以上につよい。




    カミツルギ@とつげきチョッキ
    特性:ビーストブースト  性格:いじっぱり
    実数値:157-231-153-×-82-130
    努力値:180-68-12-0-244-4
    技:リーフブレード/せいなるつるぎ/スマートホーン/はたきおとす

    相手の水枠や、キリキザン、ウツロイドを睨む。
    調整は流用だが、HDにこれくらい割くとコケコなどに強気にでれる。
    技はチョッキツルギのテンプレの4つ。
    選出率は低いが、出した試合ではよく活躍してくれた。




    バンギラス@いのちのたま
    特性:すなおこし  性格:ゆうかん
    実数値:207-194-130-×-130-59(S個体値0)
    努力値:252-180-0-0-76-0
    技:まもる/いわなだれ/かみくだく/ほのおのパンチ

    1番信頼してるポケモン、バンギラス。今回はトリル下で確実にガオガエンより速く動けるように最遅個体を使用。当初はこだわりハチマキだったが、技変更できないのがつらく、いのちのたまに落ち着いた。
    技はまもる、いわなだれ、かみくだくまではよくある構成。最後の1枠は格闘技との選択だが、ナットレイとカミツルギに対する打点を常に用意しておくことでアシレーヌが通しやすくなると思ったためほのおのパンチを選択。



    <基本選出>
    先発:ガオガエン+クレセリア
    後発:アシレーヌ+バンギラスorカミツルギ

    基本的にはねこだまし+トリックルームから入り、アタッカーを着地させて範囲技を連打するだけ。手助けを有効的に使うことで一気に削りきる、簡単な構築。

    相手の初手に挑発うってきそうなポケモンが出てきたら積極的にZトリックルーム打っていきます。
    また、集中でクレセが落ちない状況なら猫は打たずに蜻蛉でアドを取りましょう。


    <きついポケモン>
    ・水タイプ
    アシレーヌのハイボが通らないのがきつい。エスパーZや岩雪崩で削る。

    ・エンペルト
    1回だけ当たって、絶望した。その時のレート差200以上。



    <総括>
    シーズン10お疲れ様でした。PJCSもあり、非常にモチベーション高く2か月間を過ごせました。
    USMに入って構築がずっと迷走しており、結果を出せずに苦しんでいましたが、最終1ページ目という少しは胸を張れる結果をだせてとても嬉しいです。
    同じくレート1900台に乗った友人からは、「まさかあかなおさんが1ページ目にいくなんて思わなかった」とも言われましたし、自分でもびっくりしています。
    最終日は、マッチングや運も味方したおかげだったと思います。
    プレイングや構築力もまだまだなので、これからもより一層精進していきたいと思います。

    最後に、マッチングしていただいた皆様、様々な意見をくれたFFの皆様、DMでたくさん構築相談にのってくださったくまさん、本当にありがとうございました。


    質問等は@Akanao_pokeまで。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。