ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」の情報を公開!(随時更新あり)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」の情報を公開!(随時更新あり)

2013-09-24 22:37

    SEGAが2014年3月27日(木)に発売されましたリズムアクションゲーム「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」の知っている限りの情報を公開します!
    発売までゆっくりしていってね!!
    ※公式サイトはこちら
    ※画像は公式サイトとファミ通をお借りしています。
    ※最終更新日:2014年3月29日(土)
    ■ゲーム内容
    ・対応機種:PlayStation®Vita/PlayStation®3
    ・発売日:2014年3月27日(木)発売
    ・ジャンル:リズムアクション
    ・価額:7350円(税込)、DL版は6600円(税込)
    ・プレイ人数:1人
    パッケージの絵
    ・PlayStation®3版↓

    ・PlayStation®Vita版↓

    ※予約購入特典

    ※予約特典は数に限りがございます。無くなり次第終了とさせて頂きます。
    ※特典の有無につきましては、予約時に各店舗にご確認下さい。
    ※特典は商品購入時にお渡しいたします。
    ※特典名称は仮称です。また、特典画像はイメージです。
    ※予告なく仕様を変更する場合がございます。予めご了承下さい。

    ■最新作「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」とは・・・
    『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』は、電子の歌姫・初音ミク主演のリズムアクションゲームです。

    前作『初音ミク -Project DIVA- f/F』は、それまでのシリーズ作品からは一線を画すハイクオリティな映像に加え、スクラッチ(PlayStation®Vita版)、フリップ(PlayStation®3版)を採用した新たなゲーム性を実現し、ボリューム面でも39曲もの人気楽曲と100種ものモジュール(DLC配信を含む。)を達成。シリーズの新たなリファレンスとなりました。

    この「F」の系譜を受け継ぐシリーズ最新作『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』は、前作の魅力を受け継ぎつつ、さらに発展させていくタイトルです。

    「これまでのDIVA←→これからのDIVA」をテーマに、『Project DIVA』シリーズならではの楽しさをすべて踏まえた上で、さらなる面白さ、さらなるやりごたえを実現します!

    ■新システム
    「F」シリーズの特徴的な操作といえば、楽器を奏でるようにタッチスクリーンをこする「スクラッチ」(PlayStation®3版では「フリップ」)ですが、「F 2nd」ではこの操作に新たな要素が加わりました。
    ゲーム性の高まったスクラッチ(フリップ)操作が、リズムゲームをさらに多様に、奥深くします!
    ★リンクスクラッチ(リンクフリップ)
    画面上にラインでつながれた☆ターゲットが出現。飛来した☆のスクラッチ(フリップ)アイコンは、このライン上をすべるように移動します。
    ☆アイコンがライン上の☆ターゲットに重なるタイミングでスクラッチ(フリップ)するとリンクがつながり、リンクを完成させるとスコアにボーナスが加算されます。完成したリンクの軌跡は、しばらく画面上に残ります。

    ★ダブルスクラップ(ダブルフリップ)
    その名の通り、二か所を同時にスクラッチ(フリップ)することで入力成功となるのがダブルスクラッチ(ダブルフリップ)。「W」マークがついた☆アイコンが目印です。
    タイミングよくダブルスクラッチ(ダブルフリップ)してコンボを決めましょう!

    一見、複雑そうに感じますが、プレイをすればすぐになじめる直感操作で、音楽をより一層体感できるようになります!!


    ■ヘルプアイテム/チャレンジアイテム
    間口の広さが特徴の「Project DIVA」シリーズ。リズムゲーム初心者から、シリーズを極めてきた猛者たちまで、自分にぴったりの難易度でゲームをプレイできるよう、ゲームをよりクリアしやすくする「ヘルプアイテム」、逆にさらに難度を高める上級者御用達の「チャレンジアイテム」が前作から実装されています。
    本作ではアイテムの効果や内容を見直し、さらに、最大3種類まで掛け合わせることができるようになりました。(掛け合わせは「ヘルプ」系統、「チャレンジ」系統いずれかで可能。「ヘルプ」系統と「チャレンジ」系統を混ぜることはできません)
    今まで越えられなかった難関曲をヘルプアイテム複数掛けでクリアしてみるもよし、チャレンジアイテム複数掛けで自らの限界に挑戦するもよし、使い方はさまざま。アイテムの組み合わせによってプレイ感も変化し、遊びなれた譜面がまったく違う面に変化します。
    アイテムの使用状況によってDIVA POINTの倍率も変化。戦略的な楽しみも広がります。
    ★ヘルプアイテム
    ヘルプアイテムは5種類。
    ・プレイアシスト:完走はできるがリザルトはCHEAPになる。
    ・リカバリー:一度だけソングエナジーゲージ全回復。
    ・セーフティジャッジ:判定が甘くなりコンボがつながりやすくなる。
    ・ダブルキラー:同時押しがなくなる。
    ・スターチェンジャー:☆ターゲットがL/Rボタン操作になる。

    ★チャレンジアイテム
    チャレンジアイテムも5種類。
    ・シャイターゲット:ターゲットの出現が遅くなる。
    ・COOLマスターS:COOL以外だとソングエナジーが減少。
    ・ハイスピード:メロディアイコンの飛来するスピードがアップ。
    ・ミクロノーツ:ターゲットやアイコンが小さくなる。
    ・パニック:メロディアイコンの飛来する方向がデタラメに。


    ■スキンによるカスタマイズ
    本作では、インターフェイスのスキンデザインも選べるようになりました。
    デフォルトスキンのほかに二十数種類ものバリエーションを用意しています。その中には人気デザイナーの手になるデザイナーズスキンも!
    きっとお気に入りが見つかるはずです。



    ■エディットモード
    『Project DIVA』シリーズの大きな特徴である「リズムゲームと映像を作って遊べる」エディットモードはさらに便利で効果的な機能を追加しています。
    より作りやすく、より遊びやすく、作り手と遊び手の両面から機能の向上をはかっています。

    ・カメラ操作性がより向上
    ・映像エフェクト
     セピア調など画面全体の色調を変化させられる
     エフェクトとフェードが同時使用可能に
    ・モーションや背景リソースの追加
    ・楽器モーションではピアノ(キーボード)、ヴァイオリンが追加





    ★エディットデータのやりとりが劇的に進化!
    ・PlayStation®Networkへのアップロード可能数が大幅に増加しました。
    最大80件ものエディットデータをアップロードし、公開することができます。
    ・前作の「新着」に加え「お気に入り」や「ダウンロード数」などからランキングポイントを集計、ランキングボードに反映されます。(ランキングボードへの登録は最大10件)
    ・「遊ぶ人」にとってはプレイしたいエディットデータが見つけやすく、「作る人」にとってはモチベーションになる、エディットを介した新しいコミュニケーションの場が生まれます。

    ■ARライブ(PS Vitaのみ)
    PS Vita版の大きな特長といえば、AR(拡張現実)技術を駆使したARライブモード。
    「Project DIVA F 2nd」ではマーカーレスARに対応。ARカードがなくても、キャラクターたちをあたかも現実に存在するがごとく、実写映像の中に出現させることができます。
    今作では、待望のモジュール変更に対応。本編リズムゲーム同様、さまざまなコスチュームに替えて楽しむことができるようになりました。
    収録楽曲は計8曲。2013年8月におこなわれたライブイベント『初音ミク「マジカルミライ2013」』から厳選。伝説となったライブをARで楽しめます!



    ■ライブスタジオ(PlayStation®3のみ)
    PS3版では、ライブ空間を再現する「ライブスタジオ」モードが楽しめます。
    収録楽曲はPS Vita版と同じく、『初音ミク「マジカルミライ2013」』から選り抜きの8曲。音源や演出映像は実際のライブに使われたものを使用し、再現性は抜群です。
    モジュール変更に対応しているので、実際のライブと同じ衣装で楽しむもよし、お気に入りのコスチュームで自分だけのライブを盛り上げるもよし。楽しみ方は無限大です。


    ★「ARライブ」/「ライブスタジオ」収録楽曲
    ・「Sweet Devil」(アーティスト:八王子P)
    ・「キャットフード」(アーティスト:doriko)
    ・「東京テディベア」(アーティスト:Neru)
    …他、全8曲を収録!

    ■収録曲
    かねてより収録の要望が高かった、PSP®版に収録されていた名曲たちを「F」シリーズのクオリティで美しくリメイク。
    光やスモークなどの映像表現、演出分岐などの要素はもちろんのこと、テクニカルゾーンやスクラッチが導入された新しいゲーム譜面とともに、
    新たな装いで登場します。
    そして、新規収録曲はさらに美しく、さらに深化した映像表現でプレイヤーを魅了します。

    ・アカツキアライヴァル(アーティスト:Last Note.)

    ミクとルカの熱い、Last Note.氏の大人気曲が待望の収録!
    疾走感あふれるサウンドに、光が乱舞するライブシーンが映える!
    友として、ライバルとして、競い続ける二人のゴールは果たして!?
    原曲↓


    ・ロミオとシンデレラ(アーティスト:doriko)

    「初音ミク -Project DIVA- 2nd」に収録されていたdoriko氏の大ヒット曲を、最新の映像表現でリメイク!
    キャラクターも、ステージも、エフェクトも、すべてがハイエンドになって、新たな伝説が生まれる!
    原曲↓


    ・カラフル×メロディ(アーティスト:ちーむMOER)

    「初音ミク -Project DIVA- 2nd」用に書き下ろされた、明るく楽しいミクとリンのデュエット曲がお色直しして登場です。
    ミクとリンのダンスは必見の可愛さ! 「F」シリーズならではの表情の細やかさにも注目!
    原曲↓


    ・こちら、幸福安心委員会です。(アーティスト:うたたP)

    幸福なのが義務なんです!神々しいまでのライブパフォーマンスに、スタジアムも埋め尽くす観衆に酔いしれ、幸福指数のメーターは振り切れます!
    さあ、あなたも義務を果たしましょう!!!
    原曲↓


    ・なりすましゲンガー(アーティスト:KulfiQ)

    「誰かになりすます」ことでしか日々を過ごせない……そんな鬱屈を吹き飛ばすさわやかなギターロック!
    舞台は雨上がりの学園祭ステージ。水と油のような、違いすぎる二人がセクションするとき、何かが始まる!
    原曲↓


    ・千年の独奏歌(アーティスト:yanagi)

    悠久の旅人、ふたたび。KAITOの伸びやかな歌声が心地よいyanagi氏の名曲が、「F 2nd」クオリティの美しい映像で彩られます。
    原曲↓


    ・Packaged(アーティスト:Kz)

    これが「DIVA」の原点。「Project DIVA」第一作にも収録された、「初音ミク」ムーブメント最初期の一曲。
    いつまでも色あせない電子の歌声を、リメイク映像でパッケージして、今再びお届けします。
    原曲↓


    ・からくりピエロ(アーティスト:40mP)

    美しいピアノを調べにのせて、悲しい操り人形が報われない想いを紡ぐ。
    恋する人々の心を揺さぶり続ける、40mPの大人気曲が、「Project DIVA F 2nd」に登場です。
    原曲↓


    ・エンヴィキャットウォーク(アーティスト:トーマ)

    疾走感、無燥感、背徳感。めくるめくイメージの奔流が世界を侵食する。
    トーマ氏の楽曲がリズムゲームと出逢った時、何かが起こる。
    原曲↓


    ・壊セ壊セ(アーティスト:E.L.V.N)

    熱く、クールにーー都会的なサウンドに乗せてMEIKOが歌う。
    そのボーカルは夜のしじまを切り裂き、いつしか紅蓮の炎となって燃えさかる。コワセ、コワセ、スベテヲヤキツクセ・・・
    原曲↓


    ・裏表ラバーズ(アーティスト:wowaka)

    wowaka氏のハイスピードでハイセンスな楽曲を、めくるめくモーショングラフィックスで映像化。
    トゥーンシューティングを採用、さらに魅力的になった映像で、もーラブラブでいっちゃって!
    原曲↓


    ・パラジクロロベンゼン(アーティスト:オワタP)

    目をもあざむく音の迷宮にようこそ。かごの鳥となった鏡音レンが歌うは意味なき詩、罪なき詩。
    聴けば聴くほど謎は深まり、あなたも迷宮の虜に。
    原曲↓


    ・Glory 3usi9(アーティスト:ナノウ)

    美しいメロディの紡ぎ手、ナノウ氏の「Project DIVA」シリーズに初参加!
    みずみずしいサウンドが世界を七色に染めていく。
    もう迷わない。「音楽」はいつもぼくらに勇気をくれるから。
    原曲↓


    ・ワールドイズマイン(アーティスト:ryo)

    世界に衝撃を与えた「おひめさま」が「Project DIVA F 2nd」に降臨!
    映像にぴったりな「至高」のモジュールも登場して、まさに世界はこの手の中にある!
    原曲↓


    ・SPiCa -39’s Giving Day Edition-(アーティスト:とく)

    2010年におこなわれた初音ミク ファースト ソロ・コンサート「ミクに日感謝祭 39's Giving Day」での感動を、さらに可愛く表情も多彩になった「F」モデルで追体験!
    伝説は今、新たな領域へ!
    原曲↓


    ・カンタレラ~grace edition~(アーティスト:黒うさP(WhiteFlame))

    カンタレラ、それは美しき毒の華ーー音楽という名の凶器。
    青き王と白き女王が織りなすー幕の無言劇ーーKAITO V3による妖しくも華麗な歌声が新たな「カンタレラ」の世界を生み出します!
    原曲↓


    ・ルカルカナイトフィーバー(アーティスト:samfree)

    あの熱狂の夜が戻ってくる!キレキレのダンスとド派手なステージ、演出分岐ではさらに新たなギミックが追加され、今夜はノンストップでフィーバーフィーバー!
    原曲↓


    ・スキキライ(アーティスト:HoneyWorks)

    甘酸っぱい恋を描かせたらピカイチのクリエイターユニット“HoneyWorks(ハニーワークス)”の代表曲。モジュール“夢みるパンダ(リン)”、“恋するシロクマ(レン)”はヤマコ氏がデザイン。
    原曲↓


    ・二息歩行(アーティスト:DECO*27)

    クールなギターサウンドが心に響く、DECO*27の人気曲。メロディーに乗って、背景がさまざまな形に変容するPVは見ものだ。モジュール“ブレス・ユー”のデザインは、オリジナルPVのイラストを描いた、しらこむぎ氏が担当。
    原曲↓


    ・みくみくにしてあげる♪【してやんよ】(アーティスト:ika_mo)

    「初音ミク」現象のブームアップを象徴する楽曲!
    その破壊力はいまだに健在です。
    新しくリニューアルされたステージで、みっくみくにされちゃってください!
    原曲(に近いような動画ですが・・・)↓


    ・メルト(アーティスト:ryo)

    あの伝説的な楽曲が新しい映像とともに「Project DIVA F 2nd」に再収録!
    ダンスモーションとステージも新しくなって、これが新しいDIVAの「メルト」!
    原曲↓


    ・二次元ドリームフィーバー(アーティスト:PolyphonicBranch)

    PolyphonicBranch氏のハイスピードな楽曲にのせて、キレッキレなダンスパフォーマンスをエフェクトバリバリでお届け。
    これはもう五感で感じるエンタテインメント。次元を超えて会いに来て!
    原曲↓


    ・ココロ(アーティスト:トラボルタ)

    完璧なロボットにただひとつ欠けていたもの、それは「ココロ」。
    鏡音リンの歴史を語る上で、原点のひとつと呼べる楽曲が「F 2nd」でふたたび奇跡を起こします。
    原曲↓


    ・erase or zero(アーティスト:クリスタルP)

    レンとKAITOによる、クールなデュエット曲。PVでは、“創始者”たるKAITOが、“消去する者”であるレンに決断を託す。レンのモジュール“イレイザー”と、KAITOのモジュール“オリジネイター”は壱村氏のデザイン。
    原曲↓

    ・結んで開いて羅刹と骸(アーティスト:ハチ)

    不安を煽る旋律ながら、なぜかクセになるハチ氏の和風曲。『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- エクステンド』収録時より、妖しさがぐんとアップ。モジュール“ラセツトムクロ”(デザイン:ハチ)も再登場。
    原曲↓


    ・ダブルラリアット(アーティスト:アゴアニキ)

    タイトルはコミカル、でも、聴いているうちに歌詞が心に染み入ってくるーー「ダブルラリアット」はそんな不思議な曲です。
    ルカのハスキーボイスに身をゆだねて、今宵は回ってみませんか?
    原曲↓


    ■モジュール

    『Project DIVA』シリーズで新たにリファレンスとなった「F」モデルをさらにチューニング。
    「もっとかわいく、美しく、かっこよく」を合言葉に、妥協なき調整をおこなっています。
    ※今作から収録されたモジュール↓










    ■体験版
    PlayStation®Vita版:2013年10月17日(木)~2013年10月23日(水)まで配信(現在は配信してません)
    PlayStation®3版:未定(情報が判明次第記入します!)

    そして、初音ミク繋がりで、"PlayStation®Plus"から『Miku Miku Hockey(ミクミクホッケー)』が、PlayStation®Vita専用コンテンツ"RAアプリ"でプレイ可能!

    ■使用可能キャラクター
    ・Lat式ミク/by Lat様
    ・ミクダヨー/by すず様
    ※2013年10月現在。
    ■対応機種
    ・PlayStation®Vita(PlayStation®Plasに加入していればプレイ可能)

    【システム】
    その名の通り、電子の歌姫"初音ミク"とエアホッケーができるという簡単なゲーム。使用キャラクターは、MikuMikuDanceで"あざとい"で有名なLat式ミク(Lat様)と、今や人気者となったミクダヨー(すず様)を使ってのゲームである。2人対戦も可能なので、友達や家族で対決しよう!
    いつの日かPlayStation®3用も出ればいいなと思う今日この頃・・・。(;´・ω・)
    以下のは、広告となっている画像だ!


    (C)SEGA

    ※その他の新作ゲーム情報↓
    神が認めたリアルドライビングシミュレーターの最高峰「グランツーリスモ6
    法を守る警察部隊VS法を破るストリートレーサーの頂上対決!「ニード・フォー・スピード ライバルズ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。