ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の情報を公開!(随時更新あり)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の情報を公開!(随時更新あり)

2013-09-26 19:00

    エレクトロニック・アーツ(EA)が2013年12月12日発売されましたレースゲーム「ニード・フォー・スピード ライバルズ」の知っている限りの情報を公開します。
    発売までゆっくりしていってね!!
    ※一部他のゲームのフォトも使用しています、ご了承ください。
    ※最終更新日:2014年2月20日(木)
    ※公式サイトはこちら

    【システム】
    どんなことをしてもライバルたちを打ち負かせ!
    新しいスコアシステムで、レーサーはスピードポイントを賭けてバトルできます。マルチプライヤーを上げて報酬をたんまりもらうか、安全第一で隠れ家に戻った時にポイントを保管するかを決めることができます。

    リスクが高ければ高いほど、早くゲームを進めることができますが、警察に捕まればその分のスピードポイントは没収されてしまいます。 何10万ものスピードポイントを賭けてバトルだ - ヒーローになるか、全てを失うかはドライバーの腕次第。


    シングルプレイとマルチプレイの境界線を取り除く!
    この革新的な新機能によって、すでにフレンドがレースやカーチェイスをしている世界に、そのまま参加することが可能になりました。

    つまり、シングルプレイヤーとマルチプレイヤーはもう別々のゲームモードではなくなったということです。 ロビーなし。待ち時間なし。すべてがシームレスにつながります。

    プレイヤーとフレンドは同じゲーム、同じレース、同じカーチェイスを共有することが可能です。 あなたのレースとフレンドの追跡が交差し、完全にユニークな体験が生まれます。 一人でゲームを楽しみたいですか? 優秀なAIのレーサーや警察を相手にレッドビューカウンティを支配しましょう。


    マシンをパーソナライズして、自分好みの性能とスタイルに!
    ガジェットテクノロジーの最新アップグレードを使って、自分のマシンをパワーアップ。さらに自分のマシンを新しいペイントやカラー、カスタムライセンスプレート、ホイール、デカールで自分好みにカスタマイズして世界中に見せつけましょう。 また、それぞれのマシンのカスタマイズ設定を保存することもできます。様々なマシンパッケージを用意しておき、どんな状況でもあなたらしくドライブできるようにしましょう。

    警察とレーサー。永遠のライバル関係を体験せよ!
    レーサーは栄光を夢見る一匹狼。使用するマシンは高速バトルやカーチェイス専用のチューンドマシン。 一方の警察はチームワークを駆使し、組織力でレーサーを追跡し、捕らえようとします。

    両サイドに用いられるアップグレード可能なテクノロジーでレースを更に壮絶な戦いへと昇華させます。 レーサーなら警察を振り切るためのテクノロジー - ターボバースト、ジャマー、電磁パルスなどを使用。

    警察なら、ショックウェーブ、ジャマー、バリケード(ロードブロック)の設置要請、ヘリの航空支援などを使ってレーサーを捕まえることができます。

    両サイドにはそれぞれ違うスーパーカー、テクノロジー、タスク、キャリアマイルストーンがあります。

    欲しいマシン、テクノロジー、ゲームを進行する上でどちらかでしかできないことがある場合、いつでもサイドを変えることが可能です。


    ニード・フォー・スピード ネットワークを通してフレンドと接続、シェア、助け合い、妨害しよう。

    ネットワークで、ステータスを確認してレースや追跡、ランキング、コンテンツのアップロードをゲームから直接行うことができます。

    フレンドの世界で何があったかをリアルタイムで把握し、フォーラムからグループに参加してチームを組んだり、レースしたりしましょう。 ソーシャルネットワークを通じて進行状況や画像をシェアしましょう。 プレイリストを作ったり、最新のライバルをフレンドリストに追加する間に次のゲームセッションを準備しましょう。

    更にネットワークで、ウェブ、タブレット、モバイル端末からアクセス可能な「オーバーウォッチ」でコンソール/PCのゲームと連動したミニゲームでフレンドを助けたり妨害したりしてポイントを貯めて、限定の塗装を手に入れましょう。


    【収録車種】
    前作まではスポーツカーやコンパクトカー、SUVクラス、レースカー等も収録されていたが、今作はスーパーカー、マッスルカー、スポーツカーのみとなり、各陣営に振り分けられています。日本車は今作ではGT-RとLFAの2台しか収録されず、警察陣営に回されています。長所と短所を使い分けて、レッドビュー郡を走り回れ!
    警察サイドでは、同じ車種でも特徴が違う3種類が用意され、通常のパトロール部隊が使う車種"パトロール"、日本でいう覆面パトカーと呼ばれる"アンダーカバー(UC)"、そして最強のボディ補強で耐久性と強さを手に入れたVRT専用の"エンフォーサー(ENF)"がある。こちらにも短所と長所があり、エンフォーサーは耐久値や強さに特化されているが、パトロールと違って加速性能は落ちている。逆にアンダーカバーはコントロール性能に重点を置くなど、プレイヤーの選択の好みに分かれるところだ!

    ※青色が警察専用仕様、赤がストリートレーサー専用仕様です。
    日産/GT-R BlackEdition

    日産 GT-R Black Editionに限界はない。 GT-Rが日本文化の伝統的な価値観を代表していることを、いくつかの理由が物語っている。 効率的だが、パワフルなツインターボV6エンジンは、545馬力を誇り、マシンを恐ろしい勢いで加速する。 その角張ったラインや吸気口さえ、日本のロボットをイメージさせる。 GT-Rは欧州のスーパーカーとは明確に一線を画しており、それこそわれわれが愛してやまない点だろう。

    「ニード・フォー・スピード ライバルズ」で警察のマシンとして登場するこの特別バージョンの日産 GT-Rは、最速のストリートレーサーでさえ追い詰めてしまう。

    レクサス/LFA

    スーパーカーはヨーロッパの専売特許ではないことを証明するかのごとく、レクサス LFAはその姿で見たものを一目ぼれさせる。 日本が今まで出したスーパーカーの中でも最高クラスと言われている。 スポーティーなトリプルエグゾーストパイプ、光沢のあるライジングスポイラー、しなやかなフォーム。見た目も性能もトップクラスと言えるだろう。

    4.8L V10、馬力552、0-60が3.6秒、全身をカーボンファイバーで覆うレクサス LFAがスタートラインを駆け抜ける。 レクサス初のスーパーカーはパワーでぶち抜く!

    限定で500台のみ生産されたLFAだが、『ニード・フォー・スピード ライバルズ』では警察のマシンとしてセンターを飾る。

    『ニード・フォー・スピード ライバルズ』を予約して、レーサーを取り締まれ。

    マクラーレン/12C

    象徴的な存在となったF1以来、我々が初めて送り出すロードカーである12Cは、完璧を求めて開発されました。 あなたが見て、 触れることのできる全てのもの。 繊細にデザインされた12Cのあらゆるラインやテクスチャーが車のパフォーマンスとドライビングの興奮を増幅させます。

    動力伝達系の開発に集中したことで、マクラーレン Automotiveの開発者は、マクラーレン 12Cの3.8リッターV8ツインターボ・オリジナルエンジンの出力を600PS(592馬力)から625PS(616馬力)まで強化することに成功。

    12Cは伝説となったF1以来、初めてマクラーレンが開発から製造までを担当するプロダクションカーです。 マクラーレンとしての純粋さ、革新的なデザイン、F1によって培われた技術が、この車を公道を走る最も高い潜在能力を秘めた、万能スーパーカーの一つにしています。

    マクラーレン/12C スパイダー

    野生にインスパイアされ、完璧を求めて開発される。その繊細なる全てのラインとテクスチャーが、12C Spiderの走りとオープントップ・ドライビングのスリルを増幅させます。

    8500回転というスリリングな高回転と、625PS (460kW/616馬力) / 7500 rpmの主力を実現したM838Tは、驚くべきパワーを発揮。 さらに2000回転以下においても、ピーク時の80%のトルクを維持します。

    12C Spiderはオープントップ・ドライビングを新次元へと誘います。 マクラーレンとしての純粋さ、革新的なデザイン、F1によって培われた技術が、この車を公道を走る最も高い潜在能力を秘めた、万能スーパーカーの一つにしています。

    ランボルギーニ/ガヤルド LP560-4

    ランボルギーニ ガヤルドのニューモデルは、獰猛で力強いスポーツカーらしい形状と、エレガントでシンプルなラインを併せ持っています。

    ランボルギーニ ガヤルド LP 560-4のパワフルな心臓部には、新たに開発した5.2リッターのV10エンジンを搭載。その出力は、8000回転で560馬力(412kW)に達します。

    ランボルギーニブランドの伝統的な特徴をさらに一歩先に進めた、その革新的なデザイン。 これほどまでに見事に作り出されたパワフルなエレガンスさは、他に類を見ません。

    パガーニ/ウアイラ

    完璧を目指してあらゆる線と点を結びつけるべく、この車のスタイリングには5年の歳月が掛けられた。 開発の過程では、2つの1:1モデルを含む、8つのスケールモデルが製作され、終わることなき完璧なフォルムの追及と素材の洗練の中で、それぞれが先代を上回る進化を繰り返した。

    Mercedes-AMGがパガーニ ウアイラの心臓部を提供する。 5980立方センチメートルの60度12シリンダーターボチャージャー搭載エンジンは、最高クラスの技術と品質の要求を満たす為に開発されただけではなく、車に様々な違う表情を与える為に作られた。

    エレガントで逞しいパガーニ ウアイラは過去と現在と未来を融合し、時を超えて色褪せることのない車の芸術的な魅力を作り上げる。

    マクラーレン/P1

    マクラーレン P1™の開発はフォーミュラ1のレースカーのように、エアロダイナミクスを最優先にデザインすることから始まりました。

    マクラーレン P1™には、大幅に改良された3.8リッターのツインターボV8ガソリンエンジンと、1基の電動モーターからなる革新的なIPASハイブリッドパワートレインが使用されています。 両者を合わせた出力は916PS(903馬力)。

    2013年のジュネーブ・モーターショーで、プロダクションカーとして初公開された新しいマクラーレン P1の目指すゴールは明白です。それは、公道においても、サーキットにおいても、ベスト・ドライバーズ・カーとなること。

    ケーニッグセグ/アゲーラ R

    警察側でのプレイが、これほど楽しくなったのは初めてだろう。 ニード・フォー・スピードの高い水準から見ても、ケーニッグセグ アゲーラ Rはモンスターマシンだ。 前を走るレーサーをテイクダウンしたい? 朝飯前だ! バイオ燃料で走るアゲーラは、直線での最高速は273MPHに達し、200MHPまで加速するのかかる時間はわずか17.68秒。 このスピードがあれば、レーサーも開けた道路で加速を始める前に考え直すはずだ。 反対車線を逃げるレーサーを捕まえるために、急ブレーキが必要? アゲーラ Rではそれも簡単だ。アゲーラはブレーキング能力も凄まじく、200MPHから停止状態まで7.28秒しかかからない。

    その軽量さと軽快なハンドリングも相まって、ケーニッグセグ アゲーラ Rは「ニード・フォー・スピード ライバルズ」に登場する警察用マシンの決定版と言える存在になっている。

    フェラーリ/F12 Berlinetta

    美しさ。素早さ。驚き。これらは、フェラーリ F12Berlinettaを表現するのに使われる言葉のいくつかに過ぎない。これはフェラーリの最新ラインアップに加えられた、フェラーリ 599の後継マシンであり、決して期待を裏切らない。730bhpを誇るこのマシンは、フェラーリ史上もっともパワフルな存在だ。f12berlinettaの設計では、空気力学も大きな役割を果たしている。このマシンはフェラーリのエアロブリッジを備えており、ボンネットから側面へと空気を導いてダウンフォースを増している。TopGearから、「Supercar of the Year 2012」の称号を贈られたこのマシンで、フェラーリは他のすべてのスーパーカーがクリアすべき水準を引き上げた。

    ダッジ/チャージャー SRT8

    新たなチャージャー SRTは、どのアングルから眺めてもアグレッシブでいかにもよく走るスタイリングに仕上がっています。 ダッジ チャージャーは、納得のいくモダンさやエアロダイナミックなスタイルが、その歴史で築き上げてきた伝統と見事に調和させているのです。

    見る者に畏怖の念を感じさせずにはおかない外観を持つチャージャー SRTは、その性能面でもユーザーの期待を裏切りません。 6.4リッターSRT HEMI® V8エンジンは、470馬力のパワーと470 lb-ftのトルクを発揮します。

    心を揺さぶるパワートレイン、傑出した乗り心地、ハンドリングと懐の深さ、ワールドスタンダードなブレーキ、アグレッシブかつ機能的なエクステリア、レーシーで高性能を感じさせるインテリア。これこそがSRTの証です。

    ダッジ/SRT バイパー GTS


    フェラーリ/458 スパイダー

    「技術」、「デザイン」、そして「美しさ」が融合したこのモデルは、ミッドリアエンジン車輌として初めてリトラクタブル式ハードトップを採用した結果、トップを閉じた状態のキャビンはかつてないほどの快適性を提供するとともに、他に類をみないスパイダーとしてのパフォーマンスをも備えています。

    見事に調律された570馬力のエンジンが奏でるサウンドは、ドライバーの耳に音楽のように響くことでしょう。卓越したサウンド・トラックのように響く音楽は、プランシングホースをドライブする愉しみを盛り上げるだけでなく、キャビン内での会話の極上のBGMとしても機能します。

    458 イタリアにフェラーリ 458 スパイダーが新登場。フェラーリのV8をミッドリアに搭載したマシンのラインナップが広がります。これまで通りの妥協のない技術ソリューション、ハンドリング、パフォーマンスを、進化したオープントップのボディに収めました。

    ●アストンマーティン/ヴァンギッシュ

    ヴァンギッシュは究極のスーパーカーであるOne-77の影響を色濃く受けています。 彫りの深い表面と力強いラインが、しなやかで引き締まった外観を作り出しています。 カーボンファイバーのボディで包み込まれた、逞しいボディには、強靭なアスリートのオーラが漂います。

    その心臓部には、世界で絶賛されるアストンマーティンの新型6.0リッター、V12エンジンを搭載。 One-77の驚くべき7.3リッター、V12エンジンで初めて搭載されたテクノロジーを採用した、新型ヴァンギッシュのV12エンジンは、従来のシリーズを超える出力とトルクを実現。ピークでは実に565 bhp (573 PS)ものパワーを生み出し、アストンマーティンで最もパワフルなエンジンと言えます。これを超えるものは120万ポンドもする限定少量生産モデル、One-77しかありません。

    美しさとエアロダイナミクスが完璧に調和したオールカーボンファイバーのボディと、力強く効率的なV12エンジンにより、ヴァンギッシュは次世代のGTカーの新たなスタンダードを作り上げました。 英国高級カーメーカーのスポーツカーラインアップの最高峰である、この思わず息を飲むような新型スーパーGTが体現する現在のアストンマーティンデザインとエンジニアリングの極みをご堪能ください。

    メルセデス・ベンツ/C 63 AMG クーペ BlackSeries

    ワイドで車高が低く、屈強で静止していても今にも飛びかかって来そうな外観。C 63 AMG Coupé ブラックシリーズのスタイリングは、ワイドフレアとスポイラー、全体から感じるアグレッシブさから、そのサーキットに根差した存在感を醸し出す。

    6.2リッターエンジンは、その8つのシリンダーから、最大で380kW(517hp)の出力と620ニュートンメーターのトルクを生み出し、その数字を一目見ただけで、C 63 AMG Coupé ブラックシリーズを支えるエンジンが、その派手な外見に相応しい存在であることがわかる。

    目を見張るデザインと技術移転、世界最高クラスのレースと走りを支えるドライビングダイナミクス。これらは激しいサーキットでの使用を念頭におくAMGによって、C 63 AMG Coupé ブラックシリーズに吹き込まれた魔力だ。

    シボレー/カマロ ZL1

    人ごみになんて紛れたくない。 無難に生きるなんてまっぴら。ただ先に歩み続けたい。カマロ ZL1のエクステリアは街にあるどんなものよりアグレッシブです。

    6.2リッターのスーパーチャージャー搭載エンジンが、最大出力580馬力と最大トルク556 lb-ftを発揮。 パフォーマンスに歯痒い思いをすることは、もうありません。

    現代にZL1の名を蘇らせるため、エンジニアたちは細部に渡り徹底的にこだわり続けてきました。 そして世界の難コースの数々で復活を証明してきました。なんとZL1 クーペはニュルブルクリンクで7分41秒27を記録しています。

    シボレー/コルベット スティングレイ(C7)

    スティングレイのデザインには意味があります。 低く、軽やかで、無駄がない。 これらはより魅力に見せ、最適のパフォーマンスを発揮するためのスタイリングです。 凡庸さに対抗するための美しい武器なのです。

    一からすべてを再設計し直しました。 高度な技術によるアルミ構造にカーボンファイバー製のフードとルーフを備え、コーナーリング中のGは1Gを超えます。 6.2L LT1 V8エンジンは、ハイパフォーマンスな排気システムとの組み合わせにより、 最大出力 460馬力、最大トルク 465 lb-ftを発揮します。 これによりZ51 Performance Packageは0-60マイル加速3.8秒を実現。

    63年式スティングレイと同様、時代を先導するパフォーマンスを与えられた最高のコルベットが、最先端のテクノロジー、息を呑むデザイン、そして心が沸き立つドライビング体験をお届けします。

    ダッジ/チャレンジャー SRT8

    チャレンジャー SRT®と街中ですれ違えば、誰もが振り返ります。 これは疾走するマシンのあるべき姿を思わせるエクステリアデザインであればこそ。 だからこそ停まっているときでさえも、チャレンジャー SRTはスピード感に溢れています。

    フードを開ければ、そこに姿を現すのは最大出力 470馬力、最大トルク 470 ft-lbを生み出し、地を揺るがすようなサウンドを奏でる392 HEMI® V8エンジン。さらに世界一流のサスペンションと高性能ブレーキを装備。チャレンジャー SRTの伝説は語られ続けます。

    心を揺さぶるパワートレイン、傑出した乗り心地、ハンドリングと懐の深さ、ワールドスタンダードなブレーキ、アグレッシブかつ機能的なエクステリア、レーシーで高性能を感じさせるインテリア。これこそがSRTの証です。

    アウディ/R8 クーペ V10 plus 5.2 FSI クワトロ

    アウディ R8とはアウディブランドを代表する車種である。 ワイドで車高を下げたボディーに鋭いラインが彫刻のようなアーチを描く。新型の精緻なデザインはハイパフォーマンススポーツカーに、さらなる鋭敏さと個性を印象付ける。

    最上級モデルのアウディ R8 V10 plusは404kW(550hp)の出力と540Nm(398.28lb-ft)のトルクを持ち、 搭載されたSトロニックの力により、ゼロから時速100km(62.14mph)までの加速はわずか3.5秒、最高速は時速317km(196.97mph)に至る。

    アウディの神髄はこの3つの言葉で表現される、Vorsprung durch Technik(技術による先進)。 それはもはやスローガンなどではなく、 アウディのDNAであり、 21世紀になってもとどまることを知らない、革新の歴史を支え続ける原動力だ。

    BMW/M3 GTS

    デザインから設計、そこに使われるあらゆる素材から装備に至るまで、BMW M3 GTSは全てにおいて軽量化によるパフォーマンス向上を念頭に置き、 あらゆる面で本物と言えるモータースポーツドライビングを提供する。

    モータースポーツから生まれ、モータースポーツの為に作られた、V8ハイスピードパワーユニット。 BMW M3 GTSの8気筒エンジンは4.4リッターにサイズアップされ、450hpを生み出すまでにブーストされた。

    BMW M3は最高クラスのダイナミクスという言葉の世界が認める同義語であり、その象徴だ。 BMW M3 GTSは、そのMが意味してきた感覚を純粋に表現し、技術の粋を集めたブランドの魅力を体現する。

    メルセデス・ベンツ/SLS AMG クーペ BlackSeries

    メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupé ブラックシリーズはSLS AMG GT3カスタマースポーツレーシングカーと同等の特別な魅力を発揮する。 FIA GT3のルールに適合して作られたガルウイングを持つレーシングカーは、瞬く間にスーパーカーのエリート達が競うシリーズにおける有力候補となった。

    464kW(631hp)の出力と635ニュートンメーターのトルクを生み出す上位グレードのAMG 6.2リッターV8エンジンは、ドライビングダイナミクスの持つスリルの代名詞であり、SLS AMG Coupé ブラックシリーズを、AMGが生み出した史上最高の車へと押し上げる。

    ブラックシリーズ、モータースポーツのエキスパートとエンスージアスト達の胸に響く呼び名。 5代目の提唱者は、ガルウイングモデルでブラックシリーズを新たな次元へと導く。

    フォード/フォードGT

    市販用フォードGTは、 そのコンセプトが示すように、名前通りのなめらかで親しみやすいルックスを持つが、その一方で、車の全てのカーブとラインは「オリジナリティ」という言葉に独特の解釈を提示する。

    フォードGTのエンジンはフォード車のモジュールエンジンの中でも最大のV8エンジンを搭載し、550馬力と500ポンド/フィートのトルクを生み出す。 5.4リッターのパワープラントは完全アルミニウム製で、Eatonスクリュータイプのスーパーチャージャーが搭載されている。

    そのコンセプトカーが公開されてからわずか45日後に、フォードは劇的に、その市販車バージョンが開発中であることを発表した。 フォードのGT40コンセプトカーは過去の偉大な時代を祝福し、将来にもそれが続くことを願って作られた。

    フォード/シェルビー GT500

    2014年モデルのマスタングが持つ逞しく彫刻のようなデザインは、過去のマスタングの遺産に対する現代的な解釈だ。フォードのデザイナー達は不可能と思われる課題に挑戦した - マッスルカーの代表格であるこの車を、さらに「マッスル」にすることだ。 結果として、繊細な形状によって生まれる、途切れなく流れるようなラインに支えられたスポーティーなマスタングのルックスを生み出した。

    時速200マイルを超えるサーキットでのテストを繰り返し、2014年式シェルビー®GT500®は君をシェルビーのレジェンドの一部にしてくれる。 5.8リッターのスパーチャージャー搭載アルミニアム合金製V8シリンダーブロックエンジンは、ライバル達を、全てを過去のものとする。

    SVTはシェルビー GT500に最先端のテクノロジーを提供し、マッスルカーのパフォーマンスをさらなる高みへと押し上げた。

    フォード/マスタング GT(NFS Movie Car)

    "ニード・フォー・スピード"マスタングはカスタムデザインされたワイドボディと独特な22インチのアロイホイールに、クラシックなマスタングのツイン排熱口付きボンネットの下に潜む、スーパーチャージャー搭載のV8エンジンに吸気を行う為の大型エアインテイクを持つ。

    5.8リッターV8アルミニウム合金製シリンダーブロックエンジンは、662馬力と631ポンド/フィート のトルクを生み出す、北米地域における最高馬力を誇るエンジンだ。 新型のスーパーチャージャーも含めて、動力系のあらゆる部分が、最高の馬力を絞り出す為に最適化されている。

    「ニード・フォー・スピード」はアメリカ文化において発祥したものであり、フォード マスタングはその代表格だ。 50年に渡る銀幕を飾る歴史と共に、マスタングはその象徴的なスターと言えるだろう。

    フォード/マスタング 2015年モデル

    最新パッチで新しくなったフォード マスタングが登場!今すぐ無料で利用できます。エレクトロニック・アーツとフォードのコラボが実現 - 待望の次世代マスタングを『ニード・フォー・スピード ライバルズ』の全プレイヤーにお届けします。実車が世に出る前に、一足早くライバルズでMustangをバーチャルドライブしましょう。

    『ニード・フォー・スピード ライバルズ』の最新パッチ(無料)をダウンロードするだけで、マスタングはあなたの元に!

    素晴らしい話ですが、裏などありません。今すぐドライブしてみてください。もちろん、フルスロットルで!

    革新的なテクノロジーを搭載し、世界最高クラスのパフォーマンスを誇る最新型マスタングが、発表からわずか数日で試乗できることになりました。

    Fordのマーク・ベントレー氏は、「我々はエレクトロニック・アーツと密接に連携し、世界に発表する何ヶ月も前に新型マスタングの技術データを共有しました。そして提供したコンピュータデザインモデルを基に、エレクトロニック・アーツの開発者たちは新型マスタングの姿を忠実に再現してくれました」と述べています。

    フェラーリ/599 GTO

    フェラーリ 599 GTOのエアロダイナミクスはフェラーリがF1で培い、599XXで得た経験によりもたらされたものです。空気抵抗には影響を与えずに、ダウンフォースを大幅に増加させています。

    5999 cc 65度V12気筒エンジンは、最大出力670 hp / 8250 rpm、最大トルク620 Nm / 6500 rpmにも達するうえ、レッドゾーンまでスムーズに吹け上がり、低回転域や中回転域においても柔軟にパワーを発揮します。

    この599のスペシャル限定シリーズは、プランシングホースが体現するスポーティさの頂点であり、サーキットで培ったさまざまな技術が搭載されています。

    フェラーリ/エンツォ フェラーリ

    F1で培った最先端のエアロダイナミクスは、300 km/hで最大775 kg、以降徐々に減少するものの最高速度の350 km/hでは585 kgにも達する強力なダウンフォースを生み出します。

    400台のみが生産されたエンツォは、最先端のカーボンファイバーとアルミハニカムパネルで構成されたシャーシを持ち、搭載する5998cc 65度V12気筒エンジンは、660馬力を叩き出します。

    超高性能マシンの血族にその名を連ねたのは2002年。当時のフォーミュラ1の先端テクノロジーとノウハウの粋が結集されたマシンです。

    BMW/M6 クーペ

    最高のパフォーマンスはとてつもない魅力を生み出す。 ただそこに存在するだけでも、BMW M6 Coupéはあらゆる面において、その桁外れのパワーを印象付ける。

    業界の先端を行く真の力強さは数字に表れる。8気筒Mツインパワーターボエンジンは、BMW M6 Coupéを静止状態から時速100kmまで、わずか4.2秒で加速させる。

    この車は過去の経験にとらわれず、理想を追い求めることで作られた。 レーシングサーキットで培われた技術と、 日常の使用における最高の快適性とを両立させる為に。

    マセラティ/グランツーリスモ MC Stradale

    新型4シーターのインテリアには、スポーティで包み込むようなシートが備わり、比類なきドライビング体験を満喫するには理想的な場所を提供している上、サーキットで培った洗練されたエアロダイナミクスや革新的テクノロジーも装備しています。

    4.7リッター、V8気筒の最新エンジンは、グランツーリスモ MC Standaleだけの独特なエンジンサウンドを奏でます。 最大出力は、460bhp (338kW) / 7000 rpm。 レースボタンを押せば、バイパスバルブが常に開いた状態になり、さらに魅力的な咆哮を轟かせます。

    マセラティ Corseのサーキットでのノウハウを公道にもたらすために設計されたグランツーリスモ MC Stradaleは、多くの点で進化を遂げています。 本モデルにより、贅沢さと無類のパフォーマンスを融合させるというマセラティの絶え間ない探求の旅は新たなるステージへと達しました。

    ベントレー/コンチネンタル GT V8

    その内に秘めるパワーに相応しい、贅肉をそぎ落としたマッスルカーとしてのルックス。 先進のアルミニウム特殊加工技術に裏付けされたフロントウイングの精緻なデザインと、Creweのスタイリングチームによってエレガントにテイラーメイドされた美しくも逞しいラインとフォルム。

    ベントレーのV8エンジンは低速回転時の1700rpmですら脅威の660ニュートンメートルのトルクを生み出し、コンチネンタル GT V8を静止状態から時速60マイルまで、わずか4.6秒で加速させ、最高速は時速188マイル(303km/h)の域にまで到達する。

    ベントレーには決して見間違いようのない多くの個性が存在する – ハンドメイドの贅沢さと、特徴的なデザイン、息を飲むようなパワー、パフォーマンス、洗練された爽快感溢れるドライビング体験。 しかし、これらの個性の絶妙な組み合わせこそが、ベントレーというブランドの持つ個性の秘訣だ。

    マルシア/B2

    マルシアのロゴにあるMを見事にスタイルに取り入れたB2のフロントは、驚くほどパワフルな表情を見せてくれます。一方、後輪のボディー前部に掘られたインテイクは、B2に昆虫のような外見を与えています。

    マルシア モーターズのエンジニアによって作られた420馬力のパワーユニットが、ロシア初のスーパーカーの心臓に収まっています。

    誇り高きロシア初のスポーツカーメーカーとして、業界に新たなスタンダードを築くだめ、マルシア モーターズは大胆なデザインと新たな地平を切り開く革新的な技術により、他に類を見ないスポーツカーを作りあげました。

    マクラーレン/F1 LM

    その美しい見た目と、驚嘆の敏捷さで、記録破りのマクラーレン F1はスーパーカーの歴史を塗り替えました。 GTRをベースにしたフロントのボディーデザインとリアウイング、F1 LMのスタイリングは、その多くがレースに勝利したマシンを元にしています。

    F1は世界初のカーボンファイバー製プロダクションカーであり、世界最速の公道車両でした。 そして、自然吸気の公道車両としては今でも史上最速を誇っています。 LMはレースのレギュレーション制限から解放された特別仕様のF1 GTR、レース用6.1リッターV12 BMWエンジンを使用しており、F1 LMはトータルで680bhpという、より大きなパワーを生み出します。

    チーフデザイナーのゴードン・マレー氏は、彼が自ら選出したチームを率いて世界で最もスリリングな車を目指し、F1のデザインをミリ単位の緻密さで完成させました。 軽量でありながら丈夫で安全、卓越したエアロダイナミクス。伝説的なF1のエンジニアリングは時代の遥か先を行っており、それらの技術的な優位性は今もマクラーレンのマシンに見ることができます。

    ブガッティ/ヴェイロン 16.4 SUPER SPORTS

    フロントエアインテークをフェイスリフトにより拡大。 さらにダブルディフューザーと中央に配置されたエグゾーストにより、リアもよりスポーティに。 Super Sportの低く伸びるシルエットは、一目でそれとわかります。

    最高出力882 kW (1200 PS)、最大トルク 1500 Nmを誇り、タイヤを保護するリミッターが作動するまでに415 km/hを叩き出す、ほかに類を見ないハイパフォーマンスにより、腕利きのドライバーに新次元の興奮を提供します。

    極限のパフォーマンスを追求するための絶え間ない進化が、ブガッティのエンジニアたちの手によるヴェイロンの開発を可能とし、ドライバーは新次元へと到達できるようになったのです。

    ランボルギーニ/ムルシエラゴ LP670-4 SV(スーパーヴェローチェ)

    350台の限定シリーズに施された、際だったデザイン改修は、この車のポテンシャルの高さを声高に物語ります。 ムルシエラゴ LP 670-4 SuperVeloceは、ほぼすべて面で全面的に改修、リデザインされています。

    ムルシエラゴ LP 670-4 SuperVeloceのパワーウェイトレシオは、2.3kg(5.1ポンド)。 このパワーウェイトレシオのおかげで、ムルシエラゴ LP 670-4 SuperVeloceの0-100km/hは、僅か3.2秒。最高時速は、342km/hです。

    新たなムルシエラゴ LP 670-4 SuperVeloceは、ランボルギーニのブランド哲学を頑強に守り続ける継承者であると言ってよいでしょう。 他のどの車にも真似のできない、極限とこだわりの結果。それがムルシエラゴ LP 670-4 SuperVeloceなのです。

    ランボルギーニ/アヴェンタドール LP700-4

    ランボルギーニ社のデザイン哲学の重要な要素のひとつに、同社の車は一目でランボルギーニであると分からなければならない、というものがあります。 アヴェンタドール LP700-4の妥協のないカッチリとした外観には、ランボルギーニブランドのエッセンスが注ぎ込まれています。強烈で、息を呑むほどの姿。他のものとは永遠に一線を画し、どこから見てもランボルギーニです。

    ランボルギーニ アヴェンタドール LP 700-4は、伝説の先代と同様に12気筒エンジンがミッドシップにマウントされています。 このエンジンは新規に開発されたもので、その重量はたった235kg。 700馬力(515 kW)の出力、6498立法センチメートル(396.5キュービックインチ)の排気量、690 Nm(507 lb-ft)の最大トルクを持つこのエンジンは、ランボルギーニ史上最強です。

    アヴェンタドール LP 700-4は、既存の車とは別次元の性能を備える一台です。スポーツカー世界における新たなスタンダードを確立し、またスポーツカーの未来を垣間見せてくれます。 再び伝説となることを約束された一台だと言えるでしょう。

    ランボルギーニ/アヴェンタドール LP720-4 50th Anniversary Edition

    フロント・エアインテイクとエアロダイナミック・スプリッターは大型化が図られ、小型フラップがサイドに取り付けられています。 後部は一新され、エンジンルームのベンチレーションをさらに改善するため、大型のデュフューザーとメッシュワークが装備されています。

    出力720馬力、6.5リッターの12気筒エンジンを搭載したアウェンタドール LP 720-4 50° Anniversarioは、現行のアヴェンタドール LP 700-4のV12エンジンよりも20馬力パワフルになっています。

    ランボルギーニ アヴェンタドール LP 720-4 50° Anniversarioは、世界での総生産数200台の限定シリーズで、ランボルギーニ史上かつてない特別なモデルとなっています。

    ランボルギーニ/ヴェネーノ

    最高のエアロダイナミクスとコーナリングの安定性にデザインの主眼をおいたVenenoは、レース用プロトタイプとしてのダイナミックな走行が可能でありながら、公道を走れるようになっています。

    552kWで750馬力のヴェノームの0-100km/h加速は僅か2.8秒。また、最高時速355km/hを誇る、公道を走行可能なレーシングカーなのです。 その販売価格は税別で300万ユーロ。にもかかわらず、生産された3台はすでに完売しています。

    この車に与えられたヴェネーノという名前も、ブランドの伝統に従い、伝説の闘牛にちなんで名づけられています。 ヴェネーノは、闘牛史上最も強く闘争的だった牛の名前です。 またヴェネーノは、闘牛の歴史上、最も素早かった闘牛としても知られています。

    ランボルギーニ/ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ・エディツィオーネ・テクニカ


    エディツィオーネ テクニカの際立った特徴は、ラジエーター冷却用のふたつの大型エアインテイクとエアロダイナミック・スポイラーが中央に配置された、尖ったノーズデザインのフロントエンドです。

    ガヤルド LP 570-4 Superleggera Edizione Tecnicaの最高時速は325キロに達します。 停止状態から時速100キロ到達までに要する時間は、わずか3.4秒。

    さらなる軽量化を目指したデザインと、ハイパフォーマンスでシンプルな外観を作り出すことに注力したこのEdizione Tecnicaは、ガヤルドシリーズの最高峰です。

    フェラーリ/458 イタリア

    イタリアという国が誇るスタイリッシュさとクリエイティブセンスの良さ。そして溢れる情熱と最先端のテクノロジー。フェラーリのこの最新モデルは、そんな祖国の長所を凝縮し具現化したマシンです。フェラーリが、今まで通例であった排気量とシリンダー数で名づけるというルールを越えて、あえて祖国の名前を冠したのにはそんな理由があるのです。

    新たな4499 ccのV8エンジンは、フェラーリ初のミッドリアマウント直噴エンジン。 伝統的なフラットプレーン・クランクシャフトを使用したこのエンジンは、リッター当たり127馬力という驚異の出力を記録し、9000回転で570馬力を生み出します。

    時として、ある車がその同種の車の域を超えた性能を見せることがあります。 同社の過去のミッドリアエンジンのスポーツカーから大きく飛躍したフェラーリ 458 イタリアは、その顕著な例だと言えるでしょう。

    ポルシェ/ケイマン S

    新しいポルシェ ケイマンはこれまでになく個性的です。 スポーツクーペとしての性格を強調する為に、そのプロポーションはわずかに変更されました。 緻密なラインと、シャープなエッジのモデリングが、そのスタイリングを特徴付けています。

    新しいケイマン Sはスポーツドライビングを念頭にチューニングされた、3.4リッターの新型ボクサーエンジンを搭載。 アクセルペダルの踏み込みは、ダイレクトに推進力へと転換され、 幅広いスピードレンジにおいて最大トルクが得られます。

    真のポルシェであるケイマン Sは、そのクラスとファミリーにおける反逆者として、コースを自らの意思に屈服させます。 全てのコーナーを回るとき、考えることは一つだけ。それは次のコーナーを目指すこと。

    アストンマーティン/One-77

    One-77で、最先端テクノロジーと強烈なデザインが融合し、世界で最も羨望を浴びる自動車の芸術が誕生しました。

    One-77のエンジニアリングが、息を呑むほどのパワーとパフォーマンスを実現しました。 7.3リッター、V12気筒エンジンが叩き出す最大出力750bhp、最大トルク750Nmものパワー。これは世界で最も強力な自然吸気エンジンです。

    One-77は、伝統的な手作業によるクラフトマンシップと徹底した細部へのこだわりにより組み上げれられる、すべてのアストンマーティンの象徴と言えます。 One-77には、これまでのアストンマーティンをはるかに凌ぐパフォーマンスと、感性を揺り動かす優雅な美しさが同居しています。

    フェラーリ/FF

    ピニンファリーナの手によるFFのスタイリングは、あらゆる意味において斬新です。 モダンで革新的、未来的、そして圧倒的にエレガント――FFのデザインは空気力学的な制約とデザインルールの完璧な融合と言えるでしょう。

    フロント・ミッドに搭載されるまったく新しい6,262 cc GDI V12気筒エンジンは、あらゆる速度域でこれまでにないパフォーマンスとレスポンスのよさを発揮。最大出力660 CV /8,000 rpmを誇り、類まれな柔軟性を実現します。

    「高性能GT」のカテゴリーにおける集大成であり、世界でもっともパワフルな4シーター。 すべてがここにあります――サラブレッドのDNAを継承した圧倒的で、クラス最高のパフォーマンスが、天候や路面状況にかかわらず、最高のドライビングプレジャーをお届けします。

    ヘネシー/ヴェノム GT

    パワーウェイトレシオを最大限に引き出すため、ヴェノム GTは最先端のパーツを採用しています。 パーツにはカーボンファイバーのボディパネル、ビレット製アルミホイールが含まれます。

    ヴェノム GTは7.0LツインターボV-8エンジンにより1,244 bhp、1,155 lb-ftのトルクという圧倒的な馬力を実現しました。 ヴェノム GTはこれまでのスーパーカーのパフォーマンスをくつがえし、0から200mphを15秒という圧倒的スピードで加速します

    ヴェノム GTは競争に勝ち抜くためだけに作られた、最強のマシンです。

    ●フェラーリ/F40(DLC「フェラーリ・パック」)

    低くワイドで威圧的なフロントエンドから複数の冷却スロットや吸気ダクトを介してテイルへと流れるボディーライン。リアのパノラマスクリーンの下にはエンジンがあり、さらにその後ろには高く設置されて車幅一杯に広がる一体型のウイングが存在します。まさに80年代的な究極の力強さの主張と言えるでしょう。

    ドライサンプ型潤滑機構のIHI水冷式ツインターボチャージャーが、1組のBehrインタークーラーを通して1.1気圧で吸気を送り込み、Weber-Marelli IAWの点火、燃料噴射複合システムと共に、公称で7000rpm時に478bhpの出力を生み出します。

    F40のモデル名称の「F」はフェラーリ社の社名に由来し、40はフェラーリ社の車両生産開始から40周年を記念してつけられました。 1988年の8月にこの世を去ることとなったエンツォ フェラーリが最後に新車発表を行ったマシンでもあります。

    ●フェラーリ/F50(DLC「フェラーリ・パック」)

    複数の曲線と吸気、排気スロットを備え、F40よりもさらに過激なデザインのリアウイングを搭載しながら、ボディシェイプは見た目の美しさよりも空力的な機能性を象徴するものとなっています。 着脱式のハードトップが採用されて、搭乗者はよりF1の乗車感に近い感覚を味わうことができます。

    F50はパワーステアリングや電動アシストブレーキ、ABSを搭載しませんが、洗練された複合素材を多用し、F1スタイルの設計技術とエアロダイナミクス、そして1989年のF1-89で使われた4.7リッターのFormula 1ユニットがそのまま使用されています。

    フェラーリ社の50周年を記念して製作され、フェラーリ社がそれまでに生産した中でも公道を走るFormula 1と呼ぶのに最も近い存在がF50でした。

    ●ジャガー/C-X75(DLC「ジャガー・パック」)

    ジャガー社が世界をリードする軽量設計技術の力強いショーケースであり、自社による革新的な高性能、低排出パワートレイン研究の理想的なテストベッドとなる存在。

    Formula 1にインスパイアされた、10000rpmで502bhpを生み出す、最新技術を誇るデュアルブースト(ターボチャージャーとスーパーチャージャー)の1.6リッター、4気筒エンジンを搭載し、C-X75は850bhp、1000Nmを超える複合出力を誇ります。

    2010年にジャガー社によってC-X75が公開されたとき、それはデザインコンセプトがわずか2年で実動するプロトタイプへと進化するという、技術革新と進歩による新たな時代の幕開けを伝えることとなりました。

    ●ジャガー/XJ220(DLC「ジャガー・パック」)

    XJ220は今でもジャガー社史上最速のマシンであり、1992年の発売時点では、213mphという市販車史上最高の最高速を誇るマシンでした。

    XJ220は550 PSと475 lbs ftのトルクを発生し、60mphまで4秒以下で加速します。

    XJ220は当初はコンセプトカーとして、1988年のBritish Motor Showでデビューしました。 Keith Helfetによってデザインされ、プロジェクトパートナーに選択されたTWRと1989年の12月に生産契約が結ばれました。


    ●ランボルギーニ/ガヤルド LP 570-4 スーパートロフェオ(DLC「ランボルギーニ・パック」)

    Super Trofeoは定評のあった先代のシャーシとメカニカル部分をベースに、大幅にエアロダイナミクスのデザインを見直したほか、10段階に調節可能なリアウィングなどの可変エアロパーツも加え、大幅な進化を遂げました。

    0-100 km/hはわずか3.4秒、0-200 km/hですら10.4秒。 そして軽量化により実現したわずか1,340 kgの車重により、最高時速320 km/hを叩き出します。

    ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 Super Trofeo Stradaleはイタリアのマニュファクチャラーがこれまで手がけた中でも最も過激なGallardoなのです。 数多くの成果を挙げてきたレースマシンのLamborghini Blancpain Super Trofeoを基に、わずか150台のみ生産されます。

    ●ランボルギーニ/ミウラ コンセプト 2006(DLC「ランボルギーニ・パック」)

    世界的に有名なイタリア人デザイナー、ワルター・デ・シルヴァ氏の手による純粋なコンセプトモデルであり、現段階では生産時期などは一切明らかにされていません。 ランボルギーニ ミウラをあらゆる面でデザインし直しつつも、オリジナルのフォルムは忠実に残されています。

    ミウラが持つラインの特徴が純粋なまでに維持されているのは、デザイナーが手を加えたのはその輪郭を洗練し、無駄な要素を排除することだけだったためです。これにより、ラインの持つクリーンなシンプルさが際立ち、エンスージアストを驚嘆させたオリジナルの完璧なバランスにさらに磨きがかかりました。

    レイジングブルの伝説的な名車の名が「ランボルギーニ ミウラ コンセプト」という傑作とともに帰ってきたのです。

    ●ケーニッグセグ/One:1(DLC「ケーニッグセグ・Oen:1 パック」)

    スーパーカーではなく。ハイパーカーでもなく。ただOen:1と言うしかない。

    その名が示すのは限りなく不可能に近いということであり、徹底的なパワーウェイトレシオの追求です。

    これに太刀打ちできるものなどありません。

    要するに、市販車として史上最速であり最強、かつ最も俊敏なマシンなのです!

    それも公道を走るために!

    ●GTA/スパノ(DLC「ムービー・パック」)

    GTA スパノは最先端の技術と革新的なデザイン、研究を尽くしたエアロダイナミクス、そして未来を想定した様々な対策が盛り込まれており、その見た目においても性能においても、全てにおいて世界の有名ブランドと競い合うのに引けを取らない十分な能力を兼ね備えていると豪語します。

    GTAはこのマシンのために特別なエンジンを開発し、V10、7.990リッターのエンジンが選択されて、リアに縦方向に配置されています。 エンジンは電気的に制御され、925 HP、1220 Nmトルクを発生します。

    モータースポーツ界のトップとして20年間君臨したのち、Spania GTAはディレクターのDomingo Ochoaの夢を実現する為にさらなる一歩を踏み出しました。自動車工学に完璧なスポーツマンシップ、エレガンス、そして絶対的な強さを融合させるという夢です。


    【アザーカー】
    ニード・フォー・スピードシリーズ恒例の一般車両。今回はモスト・ウォンテッドに登場した日産・ティーダやシボレー・エキスプレス、ダッジ・ラム等が登場せず、下記の5車種のみに留まりました。

    ・シボレー/コバルト SS(セダン・スポーツカー代表)
    ・フォード/エキスプローラー(4代目)(SUV代表)
    ・アウディ/A3(コンパクトカー代表)
    ・ダッジ/キャリバー(ファミリーカー代表)
    ・フォード/F140 SVT ラプター(ビックアップトラック代表)

    【ガジェット】
    ニード・フォー・スピードシリーズとしてはホット・パースート以来の武器「ガジェット」が復活。警察サイドは、航空支援(ヘリコプター)やバリゲート(ロードブロック)、衝撃ラム、スパイクベルトと言った停止させるガジェットでストリートレーサーを逮捕せよ。ストリートレーサー側は、ジャマーや衝撃波、ターボ等を使って警察の魔の手から逃げ切れ!
    下記は詳細付きに記載しましたので、参考に。

    両陣営が使える武器
    ・スタチックフィールド(略して「ESF」)
    スタチックフィールド(ESF)は、車体に強力な静電気フィールドをチャージし、スタンマインやEMPロックから車体を守ります。また、接触した車両には強力な衝撃を与えます。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、ダメージど弾数が増加し、リチャージ時間が短くなります。
    レベル3:レベル3になると、弾数とダメージがさらに増加し、再利用できるようになるまでのリチャージ時間がさらに短くなります。
    レベル4:レベル4になると、最も強力なESFが手に入り、ダメージと弾数は最大、リチャージ時間は最も短くなります。

    ・EMP(電磁パルス)
    EMPとは、前方を攻撃する武器です。強力な静電気パルスをターゲットに照射することで、一時的に車両の電気系統を無力化します。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、ロックオン時間とリチャージ時間が短くなり、ダメージも増加します。
    レベル3:レベル3になると、ロックオン時間とリチャージ時間がさらに短くなり、ダメージがさらに増加します。
    レベル4:レベル4になると、ロックオン時間とリチャージ時間が最も短くなり、ダメージが最大になります。

    警察側サイド
    ・衝撃ラム
    衝撃ラムは、車両の前方に音速衝撃波を放射します。この衝撃波を受けたあらゆる車両は弾かれ、ダメージを受けます。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、衝撃ラムのパワーが増加し、準備時間とリチャージ時間が短くなります。
    レベル3:レベル3になると、衝撃ラムのパワーがさらに上昇し、弾数もさらに増加して、準備時間はさらに短くなります。
    レベル4:レベル4になると、最も強力な衝撃ラムが使えるようになり、準備時間が最も短くなり、弾数が最大となります。

    ・バリケード(ロードブロック)
    警察車両の数台とスパイクベルトでのレーサーの進路妨害用バリケードの設置を行う、レッドビュー郡地域司法管理局[R.E.Z.A]管轄のユニットが使用できます。
    ●残弾数↓
    レベル1:2
    レベル2:3
    レベル3:4
    レベル4:5(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、より効果的にレーサーを阻止できるバリケードユニットが使えるようになります。
    レベル3:レベル3になると、レーサーの進路を塞ぐR.E.Z.A.バリケードユニットを優先的に使用できるようになります。
    レベル4:レベル4になると、最も高い使用権限が与えられ、効果の高いR.E.Z.A.ユニットが使用できるようになります。

    ・ヘリコプター(航空部隊)
    警察はヘリコプターを要請し、追跡中のレーサーの予想進路前方の道路にスパイクベルトを投下させることができます。
    ●残弾数↓
    レベル1:2
    レベル2:3
    レベル3:4
    レベル4:5(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、ヘリコプターにスポットライトが装備され、レーサーを追跡すると同時にレーサーの視界を妨げます。
    レベル3:レベル3になると、ヘリコプターが移動しながらスパイクベルトを投下できるようになります。
    レベル4:レベル4になると、ヘリコプターがより多くのスパイクベルトを投下できるようになり、レーサーの逃亡はますます困難になります。

    ・スパイクベルト
    スパイクベルトは、車両の後部から設置され素早く展開し、その上を通過した車両のタイヤにダメージを与えます。避けることができなかった車両すべてがダメージを受けます。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、スパイクベルトの長さとダメージ、使用可能回数が増加します。
    レベル3:レベル3になると、スパイクベルトがさらに長くなって避けられにくくなり、使用可能回数もさらに増加します。
    レベル4:レベル4になると、最も長くて効果的なスパイクベルトが使えるようになり、使用可能回数が最大になります。

    ストリートレーサー側サイド
    ・ジャマー
    ジャマーは、一時的に車体の周囲にフィールドを発生させ、ガジェットの攻撃からその車体を守ります。また、周囲の車両のHUDに干渉することで、ガジェットを使用できなくします。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、ジャマーの有効範囲が拡大して持続時間が上昇し、弾数も増加し、リチャージ時間も短くなります。
    レベル3:レベル3になると、ジャマーの有効範囲と持続時間はさらに増加し、弾数が増加し、リチャージ時間が短くなります。
    レベル4:レベル4になると、最も効果的なジャマーが使えるようになり、持続時間と有効範囲が最大になり、弾数も最大、リチャージ時間は最も短くなります。

    ・衝撃波
    使用した車両を中心として放射される音速衝撃波を作り出し、付近の車両は弾かれ、ダメージを受けます。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、衝撃波のパワーが増し、弾数が増加して、準備時間、リチャージ時間が短くなります。
    レベル3:レベル3になると、衝撃波のパワーがさらに増し、準備時間とリチャージ時間はさらに短くなり、弾数も増加します。
    レベル4:レベル4になると、最も強力な衝撃波が使えるようになり、準備時間とリチャージ時間が最も短くなり、弾数が最大になります。

    ・スタンマイン
    スタンマインは車両後方から展開され、その上を通過したすべての車両の電気系統をオーバーロードすることでダメージを与え、コントロール不能にします。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、スタンマインが与えるダメージと弾数が増加し、リチャージ時間が短くなります。
    レベル3:レベル3になると、スタンマインが与えるダメージと弾数がさらに増加し、リチャージ時間はより短くなります。
    レベル4:レベル4になると、スタンマインが与えるダメージと弾数が最大となり、リチャージ時間が最も短くなります。

    ・ターボ
    ターボシステムを使用すると、車両のスピードを一気に加速させることができます。パワーを使い果たすか、大きな衝撃を起こすと終了します。
    ●残弾数↓
    レベル1:3
    レベル2:4
    レベル3:5
    レベル4:6(最大弾数)
    ●説明↓
    レベル1:どのガジェットも最初の状態はレベル1です。
    レベル2:レベル2になると、ターボのブーストと使用時間が増え、使用可能回数も増加します。
    レベル3:レベル3になると、ターボのブーストと使用時間がさらに増加するほか、リチャージ時間が短くなって、より連続して使えるようになります。
    レベル4:レベル4になると、最も強力で使用時間の長いターボが使えるようになるほか、リチャージ時間が最も短くなり、使用可能回数が最大になります。

    【OverWatch】
    OverWatch(英語版)で、フレンドとお互いを比較したり、競い合いながら、全く新しいゲームプレイを体験しましょう。
    OverWatchを使えば、フレンドのマルチプレイワールドに参加して、モバイル、タブレット、ブラウザを使って、戦いを続けることができます。
    リアルタイムでナイトロの補給やマシンの修理などでフレンドを支援、またはバリケードの設置などを行って、フレンドの邪魔をしましょう。
    OverWatchでスピードポイントを稼いでゲームを進行させれば、限定マシンや限定カラーリングのほか、OverWatchの新機能がアンロックされます。
    OverWatchをプレイするには、NFSネットワーク(英語版)をお使いのタブレットやデバイスにダウンロードするか、www.needforspeednetwork.comにアクセスしてください。
    ●限定マシン↓
    ■警察用マシン
    ・ベントレー/コンチネンタル GT V8
    ■ストリートレーサー用マシン
    ・マセラティ/グランツーリスモ MC Stradale
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。