ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「艦隊これくしょん ~艦これ~」キャラマシン大公開!("期間限定艦"編)

2014-02-12 12:05
    イオナ「ここは、霧の艦隊のマシンを紹介する所。最近のマシンは性能の進化がとてつもなく凄いよね。」
    タカオ「ほとんど…というより完璧に外車と呼ばれるものしか集まらなったけど、ちょっと私のことをツンデレ重巡って呼んだやつ、前に出なさい!今すぐウライアの餌食に…ひゃあっ!…いきなり後ろからなんて反則よ?!256発の侵食弾頭兵器、発射しちゃうぞ?!
    ハルナ「コンゴウやキリシマなどに関しては…敵艦の方に記載されたからそっちも見ることをお勧めします。」

    ※パクリは厳禁。及び画像は無断使用を禁じます。
    ※車両説明は同じクルマ(S2000やGTO、NA型・NB型ロードスター等)を除き、完全版+オリジナルの解説(分かんない人のために艦隊の歴史等を艦これWikiから一部引用)のみ記載します。
    ※画像は「グランツーリスモ6(GT6)」となります。

    ◎2013年12月「蒼き鋼のアルペジオ」コラボイベント

    ■ハルナ
    ブガッティ/ヴェイロン 16.4'13

    ・パフォーマンスポイント(PP):671
    「最も攻撃力が高く、最も速度が速い、存在自体がチート車」
     究極の高級スーパー・スポーツ、それがブガッティ ヴェイロンである。2005年の東京モーターショーで、市販モデルのお披露目とともに、5年間で世界300台以下の限定生産がアナウンスされた。
     そもそもブガッティは1909年に産声を上げた伝説のスポーツカー・メーカーだが、1998年にブガッティの商標および製造販売権をフォルクスワーゲングループが取得。ヴェイロンを開発し、ブガッティゆかりのフランス・モルスハイムの工場で生産することになった。
     ヴェイロンが注目を集めたのは、そのルックスだけでなく、何よりも100万ユーロ(2007年の日本国内価格は1億9900万円)、1001PS、最高時速407.0kmという桁外れの価格とスペックであった。
     搭載されるV8・W16エンジンは4ターボチャージャー付で、1001PSは6,000rpmで発生。トランスミッションは、ヴェイロンのために開発されたツインクラッチの7速DSGである。
     フォルクスワーゲンデザインセンターが手がけたボディは時速400.0km以上を実現するために、カーボンファイバーとアルミニウム合金で構成。さらに車高とリアウィングの角度は通常時とトップスピードモード、ハンドリングモードの3種類で変化する。時速375.0km以上を出すトップスピードモードにするには、停止状態にしてから通常のキーとは別の専用キーを差し込む必要がある。
     0-100km/h加速は2.5秒、0-300km/h加速は16.7秒、0-100km/h減速は31.4mで2.3秒。時速400.0kmを出すには約12.0kmの直線距離が必要といわれる。価格、スペック、生産台数、トップスピード走行、すべてにおいて究極・希少。これこそが、このクルマが夢のスーパースポーツの頂点に君臨する所以である。
     アニメ「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」とのコラボイベント「迎撃!霧の艦隊」と連動し、特定任務の報酬と期間限定で運用可能になった。イベント期間終了時に艦隊を去ってしまうものの、所持していたプレイヤーには記念の家具が贈られた。実装されたその他の霧の艦艇は、イオナタカオ。イベント終了までに「霧」を1隻でも保有していた場合、2014年01月08日午後9時00分(21時00分)以降にログインすることで記念家具『「霧」の桐箪笥』を手に入れることが出来る。
     他の「霧」の2隻同様、その能力は初期値にして圧倒的。あの大和型戦艦の改を大幅に上回るほどの超性能を誇る。特に火力は初期値もさることながら、装備なしキャップでも堂々トップの149であり、論者積みとされる46cm三連装砲を4つ装備すると253となり、T字不利でもまさかの昼戦キャップ到達である。運も長門伊勢型と同様の30であるため、論者積みをしてもカットインはある程度期待できる。中口径主砲、九一式徹甲弾が装備できない点は榛名等の金剛型戦艦に準ずる。(ただし2014年7月28日のアップデートにより、金剛型戦艦及びBismarckに九一式徹甲弾が搭載可能となった。)水上偵察機を装備することはできるが、搭載数が0のため装備しても効果はないと思われる。タカオと同じく超重力砲による全体攻撃をすることがある。射程が最初から超長なので最速行動させやすいのも強み。耐久値はボス時と同等の3ケタ。これまでに実装された艦娘では誰も達成していなかった大台である。現在はケッコンカッコカリで大和型が3ケタになるが、初期状態から3桁なのはいまだにハルナのみである。しかし無茶をさせると艦娘たち同様普通に轟沈するので注意が必要だった。慢心ダメ絶対!勿論、大和型戦艦とほぼ同等の資源を消費する大飯食らい。(ほんの少しだけ、ハルナのほうが燃費がいいが)計画的な運用が求められた。特に大破なんかしたら、それこそ大和型と同様に鋼材4桁は飛ぶ。
     当然演習にも出現する上にステージボス時の強さそのままに容赦なく艦隊をビームで焼き払ってくる。相変わらずアホみたいに強いが所詮はちょっと強い大和型タカオであり、イオナ程理不尽な強さではないため、雷巡の一撃やクリティカル、夜戦で十分撃破可能な範囲ではある。率直に言って、同イベントのラスボス・コンゴウ撃破に比べれば、演習での対ハルナ勝利はまだ楽な部類だったと言える。
     『蒼き鋼のアルペジオ』に登場する、帝国海軍の榛名模した「霧」の大戦艦。「霧」の概要等についてはイオナの項を参照。「霧」を裏切ったイ401を撃沈すべく組織された派遣艦隊の旗艦を勤め、姉妹艦のキリシマと共に横須賀要塞港を強襲する。
     原作では対霧用最新鋭原潜「白鯨」との連携、アニメではイ401の奇策によりキリシマと共に撃沈。船体を失うが、メンタルモデルは生存。その後に刑部蒔絵と出会い、物語のもう一人の主人公とも言うべき重要な役回りを果たしていく。キリシマは船体のみならず、メンタルモデルを構成するナノマテリアルをも喪失する。「後悔」という概念を学び、コアのみだが辛くも生き延びる。彼女もまた刑部蒔絵と出会ったことにより、物語において重要な役割を演じていくことになる。作中屈指のコメディリリーフ、キリクマの誕生である。コラボと同時に実装された限定家具「七面鳥のご馳走」に、アニメ版キリクマと同じデザインのテディベア(ぬいぐるみ自体の名前はヨタロウ)がしれっと鎮座している。
     好戦的で喜怒哀楽のはっきりしている僚艦キリシマと異なり、感情を表に出さないクールな性格。人類の言葉の蒐集・記録を趣味としている。それが影響してか、実装されたボイスは「霧」の中で最もユニークかつネタに溢れている。補給時のニンジンを始めとするネタボイスの大半は、アニメ5話に由来。ハルナのファンなら6話と合わせて視聴しよう。11:00ではコンゴウ違いをやっている。しかし、アニメ版ではメンタルモデル同士の概念伝達が「茶会」として表現され、コンゴウは紅茶を飲んでいるシーンが多かったため、間違いとも言い切れない。
     野暮ったいコートが特徴。しかしそれを脱ぐと精神力と処理能力が弱体化、ふるふる震えたりしくしく泣いたりする。何この可愛いメンタルモデル。中破以上の入渠や、05:00と06:00、21:00と22:00の時報でそれが表現されている。(`・ω・´)シャキーン!なお、原作単行本3巻のカバーを外すとコートの中身を含めた図解が載っている。
     コートでシルエットが大きく膨らんでいるため、ぽっちゃり系マシュマロ女子と思われがちだが、実はメンタルモデルでもかなりのナイスバディの持ち主。刑部邸に保護された時に確認出来るが、その時の彼女の姿はコートの下は黒の下着姿という刺激的なものだった。傍目から見たら只の痴女である。そのせいでメンタルモデルの中では一応、中破時の姿が艦娘と同ベクトルになった。
     世界に数台しかない1000馬力オーバーのスーパーカー。その激戦に居座るのがブガッティ・ヴェイロン。普通の人ならまず操れない上、コントロールしようものなら姿勢が乱れてコースアウトか壁に特攻だろう。ハルナが持つヴェイロンは、現実的には後期型の生産されたと言われる2013年式モデルというものを所有。ブガッティですら2011年以降、スペシャル仕様以外のクーペモデルは生産されていない。ソニー・コンピュータエンタテインメントによると「メーカーの意向」での収録らしい。
     霧の艦隊の中では、驚異の1235PSという破格の馬力とトップ性能を誇る直線番長!それのせいが、ブレーキが効かないというお決まりの代償が付きまとうことになるのですが…。速すぎ・重過ぎ・曲がれないの3拍子揃った使い勝手の悪いヴェイロンだが、その戦闘力は敵艦のクルマですら一撃で葬れるものとなる。
     モデルとなった金剛型3番艦「榛名」の愛車は、スバル・インプレッサ セダン WRX STI(Type-Ⅱ)'02。四輪駆動以外、共通点が見つからない。

    ■タカオ
    パガーニ/ウアイラ'13

    ・パフォーマンスポイント(PP):640
    「その美的デザインが生んだ、パガーニの最高傑作」
     カウンタック アニバーサリーを手掛けるなどデザイナーとしての経歴を持つ実業家オラチオ・パガーニは、イタリアのモデナにアウトモビリ・パガーニ社を興し、1999年、自社デザインの初のスーパーカーを発表した。
     ゾンダと名付けられたそのクルマは、パガーニと同じアルゼンチン生まれの伝説的レーシングドライバー、ファン・マニュエル・ファンジオをアドバイザーに迎え開発した、動力性能に徹底的にこだわったモデルである。恐ろしく高価な少量生産車だったが、ニュルブルクリンク最速タイムをマークするなど実績もあり、計画した生産台数分はすぐに売り切れるほど評価は高かった。
     そのゾンダの後継として2011年に発表されたのが、このウアイラである。
     カーボンとチタンを組み合わせた新開発のモノコックフレームに、ゾンダ同様のガルウィングドア。シャープなゾンダより優美な雰囲気のウアイラは、カーボンをメインとした軽量素材で構成されるボディに、レザーとアルミとカーボンで構成された豪華絢爛なインテリア、車体前後の4枚の可変フラップで自動的にダウンフォース量を調整やエアブレーキ効果を担うエアロダイナミクス性能など、上質さとスポーツ性能を併せ持つ。
     搭載するエンジンはゾンダ同様AMG製6L V12だが、異なるのはツインターボで武装している点。スペックは実に700PS/102kgfm、それに7速シーケンシャルミッションの組み合わせ。0-100km/h加速3.2秒、最高速度378km/hと、老舗スーパーカーブランドも認めざるを得ないパフォーマンスを発揮している。
     アニメ「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」とのコラボイベント「迎撃!霧の艦隊」と連動し、特定任務の報酬と期間限定で運用可能になった。イベント期間終了時に艦隊を去ってしまうものの、所持していたプレイヤーには記念の家具が贈られた。解体や近代化改修の素材に選択可能。また普通に轟沈する。うっかりミスに注意が必要とされた。実装されたその他の霧の艦艇は、イオナハルナ。イベント終了までに「霧」を1隻でも保有していた場合、2014年01月08日午後9時00分(21時00分)以降にログインすることで記念家具『「霧」の桐箪笥』を手に入れることが出来た。
     イオナ同様、初期値の時点で既にぶっ飛んでいる。入手直後のLv1無改修無装備の時点で改造後の戦艦と互角に殴り合え、近代化改修後は大和改武蔵改に匹敵する。重巡なので戦艦に比べると耐久は低め。しかし装甲と攻撃力が戦艦並に高いのでさほど気にはならない。重巡だがデフォルトの射程が「長」であり、行動順が早い。発動条件は不明だが、敵であった時と同様に相手全体を攻撃する(最大3隻にヒットする)超重力砲を使用する。燃料弾薬の消費は並みの戦艦以上。大和型よりは少ないが、昼1戦で燃料35・弾薬40が飛んでいく。イベント海域以外での使用は控えたいが、重巡がルート制御の鍵となる難所の攻略には極めて有効。
     演習等において敵に回すとその性能に頭が痛くなるが、イオナと違い潜水艦特性がないので、開幕での航空攻撃や雷撃が有効。手番が回ってくる前に落とすことが出来れば勝機は十分にある。近代化を終えた改造済み戦艦や雷巡改二ならば一撃で沈められる範疇。ただし、一度夜戦に入ろうもんなら……
     『蒼き鋼のアルペジオ』に登場する、帝国海軍の高雄を模した「霧」の重巡洋艦。「霧」の概要等についてはイオナの項を参照。霧の艦隊・東洋方面第一巡航艦隊所属の重巡として、作中初期に九州方面から横須賀へ向かう主人公らの前に立ちはだかった。戦闘の結果、401が乗せている「人間と言うユニット」に興味を持つ。兵器としての自らの向上を望み、「霧」を出奔する。
     メンタルモデルは蒼い長髪を靡かせた、凛々しく美しい少女の姿を取る。その容姿に相応しく勝気で誇り高い性格……なのだが、人間の知識を吸収している内にどうにもおかしな方向に進化する。
    ・「船と艦長」という児童書に書かれた『思い通りに動かす』という一文が琴線に触れ、伊401の艦長・千早群像との妄想にトリップする。
    ・人間社会に紛れて生活している間に少女趣味に開眼。原作では私室を、アニメでは艦橋を乙女色にコーディネートした。
    ・千早群像らの本拠地に単身乗り込み、群像抱き枕を胸にハートが飛ぶ夢を見ながら彼らの帰りを待つ。イオナ「変なのがいる、」
    ・「私の艦長になって下さい」と押しかけ女房宣言群像を勧誘するつもりが、恥じらいから失敗する。
    ・紆余曲折の末に千早群像らと共闘することになり、彼と握手を交わす。その後、彼と触れた手をじっと見て頬を染める。
    ・千早群像率いる艦隊「蒼き鋼」の一員となったことを機に、船体と衣装を緋色から彼の色である蒼に染め変える。
    ……どうしてこうなった?その振る舞いは「霧」の大戦艦ヒュウガから「乙女プラグイン」と突っ込まれ、漫画版のイオナからも「ツンデレ重巡」と呆れられている。アニメのOPでは「霧」の各艦のスペックが表示されるが、タカオのメンタルモデル(ユニオンコア)は
    『MentalModel:SingleCore G-1 (OTOME Plug-in)×1』と、本当に乙女プラグインが組み込まれていた。
     前述の乙女プラグインから「ちょろイン」だの「駄メンタルモデル」果ては「従順タカオ」等と呼ばれている。しかし彼女がデレるのは兵器としての己をより高みに導く者、自らが艦長、提督と仰ぎ見た者に対してのみである。「霧」の中でも特に多様な経験を蓄積しており、その戦闘能力は単なる「霧の重巡」に収まらない。彼女の勇姿が拝める原作7巻、好評発売中!中破・大破時のカットインの「愛は、沈まない!」という台詞は彼女自身のあり方を表したかのような台詞。アニメ版第9話にてマヤと超重力砲を正面から撃ち合うという無茶をしている際に発した台詞であるが、その後の展開(10話)にて彼女が体現している。ファンなら是非見るべしちょろインなんて言ってごめんなさいorzつうか駄メンタルモデルぶりはヒュウガの方が数段ヒドい
     メンタルモデルの身体つきはロリコンホイホイのイオナやマヤに対してむしろ恵まれているほう……なのだが、艦娘の高雄のデザインがアレだったのが運のツキ。;案の定、某所胸囲の格差社会とか弄られることに。
     パガーニが生み出した傑作作品、ウアイラ。そのデザインのセンスは天下一品。性能も申し分なく、美しくまとめられている。さすがゾンダの後継車と言ったところが。タカオが持つウアイラは、メンタルモデルに合わせて、水色に黒のツートンカラーに染まった2013年式モデル。インテリアにも自分なりに工夫されているらしい。そのメンタルモデルの容姿と同様、美しいマシンへと進化している。ちなみに、2013年型はアメリカの安全基準をクリアしたモデルのようだ。
     性能は霧の艦隊の中では最下位。パワーも800PSオーバー程度…と言いたいが、800PS以上の艦娘がいない件。性能もストレートなら優雅な姿が見られるかもしれない。コーナリングはハルナのヴェイロンと違い、安定しているの一言に尽きる。馬力がない分ハンドリング性能を上げたことにより、ハンデを無くさせる。
     モデルとなった高雄型1番艦「高雄」の愛車は、ランドローバー・レンジローバーイヴォーク クーペ ダイナミック'12。外車であること以外、似た点が見受けられない。

    ■イオナ
    フェラーリ/FXX'07

    ・パフォーマンスポイント(PP):649
    「エンツォをベースに、サーキット専用仕様にした"走るデータベース"」
     フェラーリは2005年、公道では走れないサーキット専用モデルを開発し、同時にそのクルマを使った顧客のためのスペシャルプログラムを発表した。それがフェラーリFXXであり、FXXプログラムである。
     FXXは2002年に限定発売された当時最新のスペシャルモデルであるエンツォをベースに開発された。カーボンコンポジットを多用したモノコックとボディパネルで車重を1155kgまで軽量化、空力にも手を加え、ダウンフォース量はエンツォを40%上回るレベルまで引き上げられるなど、フェラーリ社最高の技術が注ぎ込まれた。
     パワーユニットはエンツォの5998cc V12をベースに6262ccへと排気量を上げるなどして800PS/70kgfmへとスープアップ。パドル式シフトの変速スピードもほぼF1マシン並みとなり、フェラーリが顧客に販売するマシンとしては文句なしに最速となった。電磁デバイスを解除すればプロのドライバーでも手を焼くほどの激しい挙動を示す強烈なマシンであった。
     FXXプログラムには、フェラーリからこのマシンのオーナーになることが認められた限定29人のドライバーが参加した。オーナー自身がプロの指導を受けながらFXXをサーキットで走らせ、そこから39種類ものデータを収集し、今後のスーパースポーツカー開発に役立てる仕組みだ。つまりFXXのオーナーはフェラーリのテストドライバーとしてクルマ作りに参加できるという、普通ではあり得ない栄誉を手にすることができるのだ。
     マシンとプログラムを含めた基本パッケージ価格は150万ユーロと発表された。まさにフェラーリだからこそできる。夢のようなプロジェクトなのである。
     アニメ「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」とのコラボイベント「迎撃!霧の艦隊」と連動し、特定任務の報酬と期間限定で運用可能だった。イベント期間終了時に艦隊を去ってしまったものの、所持していたプレイヤーには記念の家具が贈られた。実装されたその他の霧の艦艇は、タカオハルナ。解体や近代化改修の素材に選択可能。また普通に轟沈する。うっかりミスに注意が必要とされた。イベント終了までに「霧」を1隻でも保有していた場合、2014年01月08日午後9時00分(21時00分)以降にログインすることで記念家具『「霧」の桐箪笥』を手に入れることが出来た。
     性能は「チート」の一言。無改造Lv1の初期ですら他の潜水艦は勿論のこと、戦艦すら凌駕する性能を持つ。近代化改修を限界まで行った場合、大和型に匹敵する火力と雷巡改二並みの雷装、長門型や金剛改二を上回る装甲を持つに至る。加えて一般的な潜水艦とは違い高速&3倍以上の耐久と装甲を持つため、潜水艦の特性と相まって非常に打たれ強い。しかしSF海洋戦記である原作の設定からすると、性能や数値はこれでもかなり控えめに設定されているところが恐ろしい。火力と雷撃の最高値が129なので夜戦時の基礎攻撃力はこの時点で258、実際は魚雷を装備するため更に伸びる。大和型に全て46cm砲を積んでも243なのですごく高いことがわかる。潜水艦なのでカットインも魚雷カットイン強制とはいえ運は50だったので発動率も高く、また発動しなくても基礎が高すぎるため普通に敵をワンパンすることも多かった。そして発動すると計算上夜戦キャップオーバー×2発のおかげでダメージは600以上と超高ダメージをたたき出すこともあり、当たり前だがハイパーズもここまではいかないため1位である。運用コストもそれに見合っており、一回の戦闘で燃料弾薬各30と合計で長門を越える。また入渠に伴う時間は潜水艦相当だが、必要資材は戦艦級。「霧」共通の兵装として「クラインフィールド」と呼ばれるバリアを搭載している。これは一定確率でダメージを無効化するとも、missが演出処理されているだけとも言われ、情報が錯綜していた。今なおその正体は不明。尚、アニメでは超重力砲を発射しているが艦これでは発射不可能。そもそも、ヒュウガを倒した際に鹵獲したのを装備しているものであるので本来の装備ではない。逆に演習で敵として相対した場合、あらゆる提督がそのあまりの耐久力に絶句した。爆雷ソナーを満載した五十鈴夕張等の対潜特化艦が総掛かり&単横陣で挑んで尚、中破させるのがやっと。クリティカルを連発すれば撃沈判定を出すのも不可能ではないかも…?というレベルの超性能だったのだ。同イベントの海域開放条件の一つに演習での勝利数が存在したため、演習リストに顔を覗かせるだけで他の「霧」以上に頭を抱えさせられた。
     艦種は「潜水艦」であるため、潜水艦関連の任務や遠征にも使用可能。当時、同艦種はことごとくレアだったので特に潜水艦の数があと1つ足りなかった提督には大きな助けとなっていた。ただし燃費は前述の通りなので遠征に使用する場合は留意が必要。また遠征期間中にイベント終了した場合、その遠征はキャンセルされ、消費も成果も無しで母港に帰還する処理がなされた。なお、終了時に搭載していた装備は戻ってくる処理を受けている。潜水艦と高速の特性を生かし、今がチャンスとばかりに5-3攻略に用いるユーザーも見られた。間宮でキラキラになる。アイスが好きな模様。
     『蒼き鋼のアルペジオ』に登場する、帝国海軍の伊401を模した「霧」の潜水艦。本体はユニオンコアと呼ばれる演算処理中枢。少女の姿はメンタルモデルと呼ばれる人間型インターフェースであり、船体や兵装と同じく「ナノマテリアル」で構成されている。艦名は「イ401」であり、ほとんどの人間・メンタルモデルからはそう呼ばれる。イ401だけ艦名とは別に「イオナ」という名前を持っており、千早群像らイ401乗員やヒュウガはそう呼ぶ。人類側の誰かが名づけたようだが、それが誰であるかは明らかになっていない。原作である漫画版とそれを再構成したアニメ版*2とでは性格が大きく異なっている。今回はアニメ版とのコラボであり、キャラクター造形や性格はアニメ版が元。どういう変化なのか……は、実際にアニメと原作を見比べるか、ウィキ先生に頼ってみよう。艦これからアルペジオを知って、原作を買って一番驚くのは恐らくここだと思われる。
     温暖化による海面上昇で版図を減らした人類の前に突如現れ、圧倒的な戦力で世界的な海洋封鎖を行った謎の艦隊。それが「霧の艦隊」である。その姿形は第二次大戦中の艦艇を模してはいるが、中身は完全に別物のいわゆる「超兵器」である。「霧」が何故、海洋封鎖を行うかは不明。「アドミラリティ・コード」なる上位命令に従った結果だが、命令元の詳細な記録を喪失しており未だ捜索中のようである。「霧」の艦艇は物理攻撃によるエネルギーを分散・吸収する強制波動装甲によって守られ、更に強制波動装甲から発生するクラインフィールドが外部からのエネルギーを任意の方向に転換する武装面では重力波で空間を侵蝕して構成因子を崩壊させる(つまり爆発の代わりに小さなブラックホールを放つ)侵蝕魚雷を装備。更にはその大型版とも言うべき超重力砲といった遠未来武装を有す。勿論、高出力レーザーのような近未来的な兵装、各種ミサイルや魚雷といった実弾兵装も充実している。魚雷艇のような小型艦艇はクラインフィールドを持っていないが、それにさえ人類は真正面切っての太刀打ちが出来なかった。作中世界はスーパー・キャビテーション魚雷が実用化された近未来であり、その軍事技術で作られた数々の戦闘艦艇が、霧の前にはことごとく無力だったのだ。人類の総力を結集した最終決戦艦隊も「霧」の超兵器の前に為す術なく敗北。しかしこれは「何物をも貫く矛と何物をも通さない盾」で力任せに打ち倒しただけであり、戦術的という意味では「霧」の敗北であったそのことを省みた「霧」は「不自由を克服するために思考し、至高へと至る」人類を真似てメンタルモデルという不自由を手にし、「過去と未来」、そして「戦術」という概念を獲得する。しかし、その結果としてそれらと共に、人間により近い「自我」(=兵器には本来必要とはいえないモノ)を手に入れた。この結果、メンタルモデル達は様々な進化を遂げていくことになる。メンタルモデルの運用は演算処理中枢(ユニオンコア)のリソースを消耗する…いわゆるAIのようなものであるため、処理能力の高い重巡以上の艦でないと基本的に運用出来ない。イ401は元々は情報収集を目的とした諜報艦であり、コアの処理能力もメンタルモデルを持てるほどには高い。高度な処理能力を持つ上位コアであれば複数のメンタルモデルの運用の他、演算能力を貸し与えて駆逐艦にメンタルモデルを持たせることも可能。深刻なダメージを受けるとコアの処理が間に合わず、メンタルモデルを構成するナノマテリアルが崩壊する。大破時の姿は彼女らが人間でも艦娘でもない異質な存在であることを改めて思わせる。しかし、「艦これ」では入渠させてしまうと、ナノマテリアルもないのに普通の艦娘と同じように治ってしまう。妖精さんパネェ
     艦娘はコミカライズ等では「武装を手にした女の子」が戦っているが、メンタルモデルは「戦闘艦艇自体」をコントロールして戦う。メンタルモデルと艦娘の違いをどうしているのかは永遠の謎である。教えてコンゴウさん!
    イ401は「霧」の中でも異質で、原作では艦長の千早群像を始め艦内クルーによって火器管制等が代行されている。原作版のみ、イオナ弐号と呼ばれる簡易分身体や大量の簡易SDモデルのような複製小体が存在し、妖精さんよろしく清掃・運搬などの雑務を担当。「艦これ」でもしイオナを沈没させてしまったら、中の彼らはどうなってしまうのだろうか。
     クリック時の「お腹を見たがる」というのはおそらくアニメネタ。3話で武装の確認の為に艦体を展開してみせたのだが、その時はイオナが服の裾をめくると船体の艦首超重力砲口が開口するという言われてみればどこかおかしい謎の連動をしていた。
     アニメ版では「7年間研究しても解体すら出来なかった」と、横須賀要塞港の軍人によって語られていた。だがゲームではボタン一つでお手軽に解体出来、また近代化改修の素材にも選択可能。妖精さんマジパネェ
     フェラーリが作り上げた、究極のサーキット専用スーパーカー、FXX。ベースとなったのは、399台限定で販売されたエンツォフェラーリ。フェラーリのエンジニアがサーキット専用に開発に着目した。その後にはフェラーリの599XXパガーニのゾンダRが登場するなど、サーキットならでは戦場として走りを楽しむクルマが現代では作られている。しかしながら、ポリフォニー・デジタル側はミスでもしたのか、2007年式ではなく2005年式が本来正しい。どうやら2007年に登場したFXXに更なるチューニングを施したパッケージ「フェラーリ・エヴォルツィオーネ'07(グランツーリスモ6未収録)」と混同した可能性がある。
     霧の艦隊では中盤の性能であるイオナ。彼女のFXXは通常の29台に含まれない幻の30台目である。入手経路は一切不明。メンタルモデルになったと同時に入手したと思われる。さすがにチューニングはサーキットを専門にしたセットであり、操作性もそう良いとは言いずらい。コーナーでの操縦性は、強いアンダーステアがひどく浮彫を見せ、かといってハンドル操作を誤れば今度は強いオーバーステアを誘発してしまう。特に高低差が激しいマッターホルンやアイガー北壁では、より慎重な操作技術が求められるのが現状だ。しかし、リカバリーはプロに匹敵するほど上手い。
     モデルとなった潜特型(伊400型潜水艦)潜水空母「伊401」の愛車は、ダイハツ・コペン アクティブトップ'02。モデルでは合ってるけど、クルマは軽巡洋艦の「大淀」フェラーリ・エンツォ フェラーリ'02の方だろう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。