【雪・ー・)】たまにはこんなSteamゲーム 第11夜「Streets of Rogue」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【雪・ー・)】たまにはこんなSteamゲーム 第11夜「Streets of Rogue」

2019-05-23 23:29
    ☆この記事はキラコミュマスコットキャラもどき、スノーホワイトこと
     白雪ちゃんが愉快な仲間どもと琴線にリュンと来たゲームを紹介する記事です。
     興味を持った方はぜひプレイを!








    「ローグライク」と呼ばれるジャンルがある。



    どうした、藪から棒に。



    元は「ローグ」と呼ばれるテキストベースのゲームの事なわけだが
    そんな「ローグ」のようなシステムを持つゲームがそう呼ばれるようになった。
    プレイするたびに変わるダンジョン……。
    一度死ねばすべてがリセットされる「パーマネントデス」と呼ばれるシステム。
    様々なアイテムを駆使して窮地を切り抜ける、知識こそが武器となるゲーム。
    作品によって様々なアレンジはあるものの、そういったゲームは
    「ローグライク」と呼ばれ、今では一大ジャンルとして認められている。



    ははあ、わかったぞ。
    今日やるのはそういうローグライクゲームってわけだな。



    ま、そんな感じだな。
    というわけで前語りもそこそこに、今回やるゲームをご紹介しましょ。






    ちょっとストリートファイターっぽくない?






    じゃじゃーん。
    今回やるゲーム「Streets of Rogue」でーす。



    どんなゲームなんだ、雪ん子?



    舞台はとある世界の都市。
    ムチャクチャな圧政を敷き、住人を苦しめる市長に対抗すべく結成された
    レジスタンスの一員となり、様々な街でミッションをこなしつつ進む
    アクションゲームになってまーす。



    見た感じ日本語化されてるみたいだな。



    うム。
    有志により日本語化MODが作られているぞ。
    今回はそれを導入させていただきました。



    さっきの設定を聞く限りだと、いわゆるファンタジーとは違う感じか?
    ちょっと現代チックな感じもするな。



    そのとおり。舞台はたぶん現代だ。
    武器にはナイフやバット、ピストルやマシンガンなんかが登場するよ。
    他にも様々なアイテムが登場し、どれをどう使うかでいろんな局面を切り抜ける!
    そんなゲームになっています。



    とりあえず始めてみっか。
    よっしゃ、ゲームスタートっと。



    時にクロタケよ、お前いわゆるゲーム中の「職業」って言うと
    どんなのを思い浮かべる?



    職業?
    剣士とか魔法使いとか……あ、でもこれは現代なんだっけ?
    それなら……なんだろうな。
    レジスタンスって言ってたからそういうのはありそうだが。



    「Streets of Rogue」には魅力的な職業がたくさんある。
    プレイヤーはそのうちひとつを選び、ゲームを進めていくことになるぞ。
    今回は私がクロタケにピッタリな職業を選んでやろう。刮目せよ!



    俺にピッタリ?
    よくわからんがそれにするか。一体どんなんなんだ?





    掛け値なしのゴリラ






    ゴリラ。



    待て。



    どしたん?



    「どしたん?」じゃねえよ。
    職業じゃねえよ、ゴリラ



    いやいや、このゲームのゴリラメチャクチャ強えぞ。
    基本ステータスがかなり高い上に、戦闘用スキルも持っている。
    おまけに仲間を三人まで連れて歩けるから、数で押す事も可能だ!



    「言葉が通じない」って書いてあるんだが?



    だってゴリラだもん。
    同族以外とは会話できないし、店で買い物もできないよ。
    カネを払うタイプの仲間も雇えない。
    あと銃も使えないから、基本ブン殴るしかない。



    どうやって仲間増やすんだよ。



    大丈夫。
    同じゴリラとなら言葉通じるから。



    ゴリラが複数出んの? このゲーム?
    なんなの?







    ゴリラ、大地に立つ






    ゲームが始まると、このようにエリアの隅からスタートする。
    右上にはマップが表示されているぞ。
    マップには色のついた矢印があり、それがこのステージで達成する
    「ミッション」になる。
    すべてのミッションを終わらせたら、次のマップに移動するテレポーターが起動する。
    ミッションを達成すれば、アイテムやお金、経験値が手に入るぞ。



    ミッションに失敗したらどうなるんだ?
    ペナルティとか、次のフロアへ行けないとかあんのか。



    いや、別に何も?



    ないのかよ。



    せいぜいミッションクリア報酬がもらえないくらいだな。
    だから難しそうなミッションはわざと失敗させる事でキャンセルもできるぞ。
    とりあえず近場のミッションの場所に行ってみるかー。



    とりあえず、難しく考えないで脳ミソを空っぽにしたほうがいいことはわかった。
    ひとまずミッションの指定ポイントへ行ってみるか。



    ちなみにローグライクっぽさはあるが、ターンの経過などはなく
    リアルタイムでゲームは進行するぞ。
    私、これ個人的にはローグライクと言うよりオープンワールドって気もする。



    じゃあなんで最初ローグライクの話題出した?






    玄関開けたら五秒でゴリラ





    最初のミッションは「始末」か。
    指定されたターゲットを、どんな手段を用いてもいいので
    殺害または無力化するミッションだ。



    それはいいんだが、ドアに鍵がかかって入れないぞ。
    まずは鍵を探して来いって事か?



    うんにゃ。
    鍵はたぶん存在しないよ。
    だけどドアをノックする事で、ターゲットをドアの前に呼び出す事ができる。
    ターゲットは応対のためにドアを開けて家の外に出てくるぞ。



    なるほど、じゃあその時に攻撃すればいいんだな。
    じゃあさっそく―――――――




    大破






    おうルァァアアあ!!!



    ぶち破った!!



    木製のドアなら殴り壊す事も出来る。
    こういう風にオブジェクトを破壊するのも立派な作戦だ。
    頭脳プレイでゲームを有利に進めるのダ!



    パワープレイじゃねえか。



    あ、ターゲットを始末したら金庫の番号を落としたな。
    金庫の番号を使ったり、金庫解除用のアイテムを使ったりすれば
    金庫の中に隠されたアイテムを盗む事も出来るぞ。



    ドロボウなんてして大丈夫か?



    警察とかに見つかると追いかけられる事もあるけど
    たいていはそこの家主くらいしか襲ってこないよ。
    それに、ほら。もう家主死んでるし。
    積極的に押し入り強盗してアイテムを集めるのがおすすめだ!



    うん? もしかして俺、とんでもないゲームをやらされてるんじゃねえか?




    割と便利





    お? とか言ってたら強盗のかいあって翻訳機を手に入れたじゃないか。
    これがあればゴリラと人間の間でも会話をする事が出来るぞ!



    悪ィ、ちょっと休ませてくれ。
    頭痛くなってきた。



    何を言ってる! まだゲームは始まったばかりだぞ!
    さぁ次のミッションへゴーだ!!



    マジかよ……。




    忍び寄るゴリラ





    次のミッションは「回収」か。
    ターゲットが持っている重要アイテムを回収すればいい。
    入手手段は自由だ!
    話しかけて脅し取るもよし、ワイロを握らせるもよし。
    手持ちの貴重なアイテムと交換するもよし、死体から勝手に持っていくもよし!



    今回はどうするんだ?



    うん、実はここ立入禁止の建物の中なんだよね。
    だからあいつと目が合った瞬間敵対するんだよね。
    翻訳機あるから、普通の状況なら会話もできたとは思うんだけど。



    殺すしか無いと。



    うむ。




    バーテンダーがキレてるのは、ゴリラのパッシブスキルのせいです





    うん?
    なんだか、何もしてないのに敵対してるヤツがいるな。
    「科学者」?



    ゴリラは初期のスキルの影響で、「科学者」とは必ず敵対するようになっている。
    ミッションはすべて終わったが、クロタケよ。
    とりあえずあの科学者も殺っとこう。



    なんで?



    各職業には「ビッグクエスト」と呼ばれる個別クエストが存在している。
    もちろんこれも達成する必要はないクエストなんだが、達成すれば経験値がもらえる。
    ゴリラのビッグクエストは「科学者を殺す」または
    「仲間のゴリラを救う」というシンプルなものだ。
    さっきのミッション報酬でグレネードをもらったから、ヒョイと放り込んでやれ。



    グレネードの扱いを心得てるゴリラ、死ぬほど怖いな。





    撲殺の勢いが強すぎて、壁をブチ砕いて飛んでった科学者の図






    お、レベルが上がったな!
    レベルが上がると、ヘルスが全回復する上に、ステージクリア時に
    有利な効果である「特性」をひとつもらう事が出来る。
    またレベルアップの度にチキンナゲットがいくつかもらえるぞ。



    …………? スマン、何がもらえるって?



    チキンナゲット。



    ……回復アイテム?



    うんにゃ。
    本拠地で新しいアイテムや特性をアンロックするのに使うポイント。



    ……なんでチキンナゲット?



    なんでも、この街の市長がチキンナゲットを食べた時に腹を壊してしまい
    それ以来チキンナゲットが禁止され、非常に貴重なものとなったそうだ。



    悪ィ、理由聞いても1ミリもわからんかったわ。




    今日は俺とお前でダブルゴリラだからな……。





    次のマップで、なぜかバーテンダーに捕まっていたゴリラを救出したぞ!
    これで戦力アップだな!
    仲間には攻撃命令や見張りなどをさせる事ができる。
    また、アイテムを渡して攻撃してもらったり、回復させる事も可能だ。
    うまく仲間と協力するのも大事だな!



    惨劇の痕跡が残ってる。





    当然のように汚職警官






    警官は路上で犯罪を見かけると殺しに来る厄介なヤツだ。
    でも話しかけてワイロを渡せば見逃してもらう事もできる。
    カネに余裕があったら手懐けておくのも手やね。



    すげえな、倫理観ゼロかよこのゲーム。
    しかも逮捕じゃなくて、即殺害に来るのもやべーな。




    紛争ってレベルではない





    次のフロアに来たら……なんか始まったんだが?



    ああ、ランダムイベントみたいなもんだよ。
    各ステージのラストエリアで何かが起こるっぽい。
    今回は結構ヤバイの引いたな。



    ヤバイって、今のこのゲームよりヤバイ事なんて起き――――






    戦争だよ!!





    無限湧きする兵士と食人鬼
    そこら中でドンパチをおっぱじめる。




    ヤバすぎんだろ。



    兵士は食人鬼を倒してくれるが、食人鬼はこちらと敵対してるからな。
    割とバンバンこっちに攻撃してくるぞ。
    下手したらもうあかんかもしれんね。



    なんとかうまく立ち回るっきゃねえが……どこまでいけることやら。








    ち~ん(笑)






    だろうな。



    見慣れたバッドエンドだ。









    というわけで「Streets of Rogue」でした。
    いかがだったかな。



    なんかもう、バカなゲームって記憶しか残ってねえよ。



    実際色々やってみると面白いんだよ。
    ゴリラはガチ脳筋キャラだから、まっすぐ行って右ストレートでぶっとばすしか
    やる事がないんだけど、他の職業を選ぶとゲーム性もガラリと変わるぞ。



    そういや、他にはどんな職業があるんだ?



    電子機器をハッキングし、セキュリティを無力化する「ハッカー」
    一定時間透明になるスキルで、敵に致命傷を与えられる「暗殺者」
    武器の殆どが使えない代わりに、相手を一撃で昏倒させるスキル
    「クロロホルムハンカチ」や「麻酔銃」を使える「医者」
    街の住人をジョークで笑わせて、ついてきたファンを
    馬車馬の如く戦わせる「コメディアン」
    壁やオブジェクトを破壊しながら突き進む「スポーツマン」
    殺した相手をゾンビ化させて暴れさせる「ゾンビ」など。
    他のゲームにはない個性的なキャラが勢揃いだ!



    うん、ないな。
    他のゲームにはまず間違いなくない。



    プレイするキャラ次第でプレイスタイルも変わる!
    真正面から敵を倒すのか、スニーキングで敵を無力化するのか。
    もしくはハッキングやピッキングなど、スキルで切り抜けるのか?!
    ゲーム自体もユルくてカルいノリだから、ゲラゲラ笑いながら楽しめるぞ。
    こういうおバカなノリが苦手だとキツいのかもしれんがね。



    戦闘もちょっと難しめだったしな。
    他の職業なら、もっとバトルは苦戦するんじゃないか。



    そこを知恵とアイテムでナントカするのがこのゲームだ!
    さぁ! 君もまだ見ぬプレイスタイルを求めて「Streets of Rogue」の世界へ飛び込もう!



    ○Streets of Rogue
    ジャンル:ハチャメチャローグライク風味アクション
    https://store.steampowered.com/app/512900/Streets_of_Rogue/
    とにかくバカになって暴れたい人や
    個性的なゲームが楽しみたい人におすすめ?



    ☆次回へ続く……。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。