ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

一部のニュースで自分本位が過ぎるのは…
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一部のニュースで自分本位が過ぎるのは…

2018-11-08 14:40

    さっきニュースを見ていてふと疑問に感じたこと。…というよりは、文句の一つでも送ってやろうかと思ったけど送る場所がなかったこと。

    自分本位が過ぎる。

    ニュース内容的には
    「和歌山のほうで橋が通行止めになった、というニュースがあった。」
    「以前亀裂が見つかり、通行止めになっていた。」
    「原因はわからないが、隣に新しい橋を作っている影響かもしれないし、台風の影響が残っていたのかもしれない。」

    というもの。
    でそれで終わればニュースとしてはいいのだけれど、でしゃばる司会者が
    「その理由がしりたい。それを県がちゃんと発表しなきゃおかしい」
    と言い出した。
    ちなみに県側はまだ調査中としか言っておらず、何の影響だとも言っていない。
    つまり、勝手にテレビ側が推測したのが「隣の橋の影響」であったり「台風の影響」である。

    この問題、そもそも県側が隠しているわけでも何でもなく、対応が間違えていたとか言う話ですらない。テレビ側が内容がまだ確定していない情報を早く出すために勝手に理由を考えて出しただけだ。なのに、あたかも向こうが情報を出さないのが悪いということを言い出した。
    間違えている情報を先に出してもいいわけでもないのに。

    根本的なことだけれど、情報が早ければいい、っていうわけでは無い。
    他に負けないために情報を早く出したい、というのは全てではない。間違いでは意味がないからだ。
    とりあえず情報を出す。というのは、テレビ側が自分本位でやっていることだ。
    そこをはき違えている。


    なんて正直、愚痴でしかないのだけれどね。
    でしゃばってくる司会者的な人に限って、代弁者だと思っている節がある。
    そして平気ではき違えた正義のようなものを掲げる…まるで自分の主張が正しいような言い方で。
    …この表現する私も、相当穿っているんだろうねぇ。

    いかんね。この手の愚痴は、何も生まんなぁ。反省。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。