ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

とある記事の所感。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とある記事の所感。

2021-03-05 20:30
    つい最近、たまたま見かけた記事の所感。

    細かい部分は省きますが、テレビとかのニュースを信じれなくなった子がyoutubeの情報を家族と共有しようとして、その結果追い出された。私は情報を教えたかっただけなのに、という話。

    なんとなく、可哀想とかそういう方向性で出されているのだろうか、という風に思いながら読んでたけれど…正直なところ。その家族がとった反応が普通じゃないかなぁ?と思った。

    多少は脚色というかわかりやすく極端に書かれている部分はあると思うのだが、このニュースを信じられなくなった子がかなり極端で、テレビ新聞はすべて嘘で、youtubeのものが事実だ、って断定しちゃっている。

    そして、それを家族と共有しようと教えるわけだが、家族はテレビ新聞のニュースを見ているから受け入れられない、と嘆く…のだが。
    多分この子、家族が言う情報をテレビや新聞から得た情報だからとまともに聞いてすらない。
    頭から否定してるんだろうなぁ、と思った。

    そして家族にyoutubeの動画一つでも見てほしいと言ったが拒否され、もう来るな、と追い出される。家族には私が新興宗教にでも嵌ったように見えたのでしょうね、みたいなことを書いてた。

    ...皮肉なことに、その通りなのに、気づけてないんだよなぁ…

    ってのが所感。


    多分いらないだろうけど、簡単に解説。この後は基本見なくていいと思う。

    テレビ、新聞のニュースがすべて嘘…ってのは当然ながらありえない。
    嘘はあるけどね。
    単純な話、全部嘘をつくことのほうがはるかに難しい。多くの本当の中の一部を捻じ曲げたり、すり替えたり、そういう嘘のほうがはるかに楽でわかりづらい。

    同時に、youtubeがすべて本当もあり得ない。当たり前だけど。
    youtubeはすべての人が個人でチャンネル持ってるだけだから、すべて本当の場合、「すべてのチャンネル持つ人が全情報を完璧に把握し、それを正確に出している」という話になる。
    また同時に、一部の少人数しか体験していない誤差にしかならないようなものは情報として出ない、というあり得ない状況にならないといけないわけで…無理だよね。
    一部の人しか当てはまらない情報がその一部の人の当たり前として出てしかるべきだし、すべての人を信じないなら、一部の人の情報に寄りすぎて正解じゃなくなる可能性がある。
    それがyoutubeだし、インターネットだもの。

    だからこそ。
    新聞テレビを嘘だと断定して、教えたyoutubeの動画一つだけでも見て、なんてこと言ってたのならそれはyoutubeのその人の言葉を信じすぎてる、つまり「新興宗教に嵌ったように見えてる」っていうのが的を射てる、ってことになっちゃうんだよね…

    多分これ、本人は善意なんだと思うけどね。
    けど、追い出されるほどの強い拒否をされるっていうのは、それだけ相手に強い押しをしたということ。
    …だからこそ、家族が得ていた情報を頭ごなしに否定したのが容易に想像できてしまう。
    そして家族側は頭から否定され、これが正しいと押し付けられた。防衛本能が働いても不思議じゃないよなぁ、と。

    …そして最初の結論に至るわけだ。
    家族がとった行動は自然だったんじゃなかろうか、と。

    もちろん家族側のほうに何か問題があった可能性だってないわけじゃないんだけどね。
    ただ文章から感じたのは純粋に、極端すぎた子が未だに自分のミスを理解できていないが故の悲劇、って感じだったなぁ、と。

    …まぁ多分。人から言われても気づかないタイプなのだろうけどね。自分で見つけた、もしくはたどり着いたものはただでさえ「絶対」と勘違いしやすいからね…
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。