ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

最後の世迷い事。マイノリティ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

最後の世迷い事。マイノリティ

2021-05-30 12:50
    そういえばもう終わりなんだっけ、と思って書き出してみたのはいいものの、書きたいとおもったネタはもう半月以上前のもので、うろ覚えという…
    まぁ、私らしいっちゃーそうか。

    マイノリティーな話。

    しばらく前に「テレビなどのマスコミに対してどう思っているか?」などのアンケート結果みたいなのが出ていて、不信感持たれてるみたいなニュースを見かけたことがある。
    そのアンケートの中で、デモに対してもあまりいい印象が持たれていないという結果があり、総括として「多くの人にたいして不利益になるマイノリティーに対する印象はよくないようだ」という感じで纏められていた。

    それはなんか違う。って思ったのが第一印象だ。
    が、そのあと突き詰めたらそういう部分があるのはそうか、と思いなおった。

    例えば。
    性的マイノリティで女子トイレ使わせてほしい、って話があった。
    裁判になったりしてたけど、結局使えるようにはなったのかな?
    でも、同時にこれに関して、女子トイレを使っていた女性側から不平不満も出た。

    色んな理由はあるけれど、女性側からすればマイノリティの為に我慢せざるを得ない状況になった、って話は少なからずあるわけだ。

    だからこそ、デモに対しての総評はそういう部分もあるのだろう、と思い直したわけだが。
    …ただ、デモのイメージが悪いのは手段が目的になってるから、という思いの方が強いが。
    不平不満を叫ぶためにデモをする。鬱憤を晴らすために。海外ではそれを理由に店やなんかを攻撃するために、なんてイメージすらある。
    事実海外でデモから関係ない略奪に発展してSNS上で「欲しいものがあれば、デモに行こう」なんて皮肉が出てたこともあるらしい。
    …そりゃデモに対する印象はよくならないよなぁ…と思うのだが。

    さて、デモの話はおいておこう。

    マイノリティ。つまり少数派というのは、所謂生きづらい生活を強いられる立場にある。
    理由は簡単だ。
    少数派よりも多数派の人達が生きやすい生活を送るために基本的なシステムが組まれる。
    そのほうが、効率がいいからだ。

    故に、少数派は自分達にも生きやすいシステムを求める。
    しかしそれは、多数派が生きやすいシステムを変更して。または多くの場合多数派に今まであった恩恵を手放してもらう形を作らないと成り立たない。
    その上で少数派というのだから数が少ないので効率が悪くなる。
    だからこそ、少数派は余計に生きづらいのだろう、と思う。

    個人的な感覚として、平等なんて平等じゃないのだ。
    全員同じ順位にするなら、誰かに我慢してもらわなきゃならないし、ハンデをつけなきゃいけない。
    故に、絶対に平等じゃないほうがいいのだ。

    だがそれは、少数派が我慢すればいい、なんて話ではない。

    少数派が生きやすい状況を、多数派が我慢する形じゃない形で作るほうに持っていく必要があるのだ。

    例えるなら発達障害の人が生きやすい社会を考えたときに、多くの人は多数派の人が我慢することで発達障害の人を最低限働かせる形を考える。

    これが一つの間違い。

    認識の違いというか、言葉のイメージが先行しているからというのもあるのだが、発達障害というものは実は広く定義がある。
    もっといえば、得意不得意が極端というだけの発達障害もあるのだ。
    簡単に言うと、IQ140近い発達障害なんて人も存在する。
    故に、実は大学で教授をやってるような人にも存在するのだ。

    つまり。
    発達障害の人が働きやすい環境=多数派の人達よりも効率よくこなせる可能性。
    という場合も存在するのだ。

    そして発達障害はそれぞれダメなこと、大丈夫なことの幅が広く大きく分けて3つほど定義されてはいるが、そのいずれも中で細かく分類される。
    所謂、個性だ、なんていう言い方になることすらある。

    そう、個性。個性ならば、多数派にも多く存在する。
    故に境界が曖昧で、実は隠れや診断してない人を合わせると1割ほどは発達障害なんて言われることもある。

    そんな曖昧な境界線で曖昧な分類の少数派と多数派なのだ。
    結局、その人、その人の個性に合わせて柔軟にシステム組まなきゃ本当の意味で平等なんてことはないのだ。

    故に思う。
    少数派のために多数派が我慢するのを望むんじゃなく、少数派が活躍した結果多数派も助かる。そういう方向性。
    そういう、どちらにも利があるほうを模索するほうが実現しやすい方向なんじゃないだろうか。等と世迷い事を考える。

    おそらくその道を見つけることが、見つけることの難しさが、改善を求め声をあげて勝ち取るよりもはるかに難しいからこそ、選ぶ人がいないのだろうけども。


    極稀の更新でしたが、お付き合いありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。