PMDEでモデリング?-MEIKOを作るよ!- その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PMDEでモデリング?-MEIKOを作るよ!- その1

2013-06-20 22:00
    こんばんは、はじめまして。朔夜(さくや)と申します。
     普段はTwitterに作業中のスクショを投げているのですが、自分用の覚え書きも兼ねて作業工程をまとめてみたいと思い、ブロマガを書いていくことにしました。
     タイトルの通りPMDEditorだけを使ってMEIKOモデルを作っていくわけですが、はっきり言って他の方にはまったくオススメできない方法です。
     さらに使用するPMDEも0100bという、PMD形式のモデルのみの最終ver.ですので参考にならないと思いますが、よかったら見ていってください。
     ちなみにすでにある程度完成しているモデルはこちら。
     
     こんな感じになる予定です。

    1)まずボーンを用意します。
     下絵のかわりにボーンを目安にしてパーツを作っていきます。
     一からボーンを作っていっても良いですが、作りたいモデルと似た体型のモデルからお借りする方が簡単です(ボーンのみですけど、一応改造再配布可のモデルを使った方が良いと思います)。
     最終的に出来上がったモデルに合わせてさらにボーン位置を調整しますので、標準ボーン+全親+上半身2くらいのシンプルな構造の方が楽。
     と言いつつ今回は制作途中の自作MEITOモデルの大きさを調整して胸ボーンを追加したものを使いますので、捩りとか肩キャンセルとか一通り全部ボーンが入っています。



    2)そしてなぜか靴底から作っていきます。
      下から作っていった方が個人的に楽なので。
      「簡易プリミティブ追加機能」を使って経12・緯6の適当な大きさの円柱を作ります。
      で、それを変形させてヒール部分を作ります。
     



    3)さらに平面+からの押出で足の甲を支える部分を作り、もう1個円柱を作ってつま先部分にします。
      つま先部分はナイフを入れて、横の頂点をつないでおきます。
      円柱からの変形だけだと放射状に辺がありますけど、横方向に辺がないとつま先を曲げるモーフを 入れた時に綺麗に変形しませんので。





    4)つま先部分の鏡像を作って一回り小さくしたものを靴底に追加。




     これで靴底が完成!
     他にも使い回しが出来そうなので、この靴底は別名保存しておきました。
     次回はこの靴底の上にブーツを作っていきます。


      

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。