【USM S9】スバメテテフ+α【最高2021】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【USM S9】スバメテテフ+α【最高2021】

2018-05-15 19:47
    どうも さばのにそみと申します みそにじゃないです
    今回 初めてポケモンの構築記事なるものを 2000達成したので書いてみようと思います
    いろいろ拙いとは思いますが よろしくお願いします





    (2021のときはスクショとってなかったです)

    説明は後にして まずはポケモン紹介

    オオスバメ




    持ち物 気合いの襷 特性 きもったま
    性格 おっとり 努力値 Cぶっぱ S 準速メガマンダ抜き 残りA
    技 ばくおんぱ がむしゃら でんこうせっか 身代わり

    このPTの要
    こいつが仕事するかどうかが 勝敗を分ける。
    裏に控えるポケモンはどれも強力だが それゆえに対策をとられている場合が多い。
    そのエースポケモン達の風通りをよくするためにひたすら爆音とがむしゃらを打つ。
    襷なのに身代わり?と思う方もいるかもしれないが、
    このポケモンの危険性を理解しているプレイヤーほど こいつの前に鋼を出してくるので、
    身代わりでHPを自ら減らし、がむしゃらで相手のHPを強制的に削り、裏のテテフの通りをよくするためには必須の技である。
    他にも、トリルターン枯らし 中途半端にHPが残ってしまったときの起点回避など、
    役立つ場面はかなりあった。
    また 肝っ玉という特性を知らない人がホイホイミミッキュなどを出してくるので、
    こいつを舐めてる相手には3タテを決めることも少なくなかった。
    爆音波の火力はテテフのムンフォより少し高いくらい。鋼以外にタイマンで負けることは、
    襷潰しの手段(親子愛や岩石封じなど)持ち以外にはほぼなかった。
    選出率1位 先発率99%以上。

    カプ・テテフ




    持ち物 こだわりスカーフ 特性 サイコメイカー
    性格 控え目 努力値 CSぶっぱ 残りB

    サイコキネシス サイコショック シャドーボール ムーンフォース

    特に語ることもないスカーフテテフ
    オオスバメが鋼にがむしゃらを入れたあとに テテフを倒すはずだった鋼に死に出しして
    暴れるのが気持ちよかった。
    大体ミミッキュに殺される。
    フィールドで裏の第二エースのサポートもしてくれる偉い子。
    ミミッキュ居ない 悪もいないPTに対しては ほとんどの試合でオオスバメのがむしゃらが鋼に決まるので、イージーウィンも多かった。
    選出率2位

    リザードン


    持ち物 メガ石X 特性 もうか→かたいつめ

    性格 いじっぱり 努力値 ASぶっぱ 残りB

    技 ニトチャ 逆鱗 つるまい かみぱん

    これまた普通のリザードンX
    フレドラを切ったのは 環境にかなりレヒレが多いと感じたから。
    結果的には欲しい場面も かみぱんでよかった場面も同じぐらい多かった。
    オオスバメが鋼にがむしゃらを入れそこなった=ばくおんぱ打ちまくって暴れている
    ということなので テテフが通らなそうなときは逆にこいつが通りそうな試合展開になっている。(例、耐久振りランドロスがオオスバメによって倒されている状況)
    また オオスバメのがむしゃらした相手をニトチャの起点にして暴れるという試合展開も多かった。ミミッキュのミミZを耐えるので フィールド下だと皮が剥がれているミミッキュの前で安全に剣舞→ニトチャの流れを作ることができた。
    逆に ミミッキュがまだ裏に控えてる可能性のある場合、ニトチャの起点を作れても
    テテフを先に投げるようにしたほうが勝率が高いのを途中で気づいたので、
    大体は3番手として出て行っていた。
    選出率3位

    ラグラージ

    
    持ち物
     メガ石 特性 げきりゅう→すいすい
    性格 意地っ張り 努力値 ASぶっぱ残りH

    あまごい 身代わり 地震 たきのぼり

    セルフ雨ラグラージ。
    当初はれいPを入れていたが 打つ相手がいない(れいP打たないといけない相手がいるときは、どうせ1撃で倒せないので選出しない)のと、身代わりを入れたらテッカグヤや高耐久ポケを起点にできるため 身代わりにした。
    基本的に相手の鋼枠がヒードランのときやメタグロスのときなど、
    リザで倒すには多少の不安がある相手や 相手に地面枠が2体いて リザ自体が刺さっていないときにはこいつを選出した。
    また 選出画面のときに こいつとリザが並んでいるのをみて、相手はかなり高い確率で
    ステロ欠伸型だと思うらしく そこを読んで初手ででてきたレヒレやリザYをオオスバメで削ったり倒したりして、イージーウィンを勝ち取る要因にもなっていた。
    選出率4位

    ジャラランガ


    持ち物 ジャラランガZ 特性 ぼうおん




    性格 控え目 努力値 CSぶっぱ のこりH





    技 身代わり 放射 スケイルノイズ 気合い玉





    ライ〇ロリの動画で見たやつの丸パクリ





    抜き性能高い格闘を探していたらこいつにたどり着いた。




    フェアリーがいないPTには第3エース枠には絶対こいつを選出していたほど抜き性能が高く、




    こいつを出せるPTは要するにフェアリーがいないPTなので選出機会こそ少ないものの、




    出していた試合の勝率は8割を超えていたと思う。




    ぼうおんなのはスイクンなどを確実に起点にするためなのと ミラー意識。




    気合い玉 ヒードラン以外に全く打たなかったので 両刀の性格にして 地震を入れてもいいかも。




    選出率6位














    カミツルギ










    持ち物 アクZ  特性 BB





    性格 臆病 努力値 S252 ちょっとA 残りH




    技 つるまい リフブレ 聖剣 辻斬り








    臆病 A個体値を21以下にして ビーストブーストでSを上げるようにしたカミツルギ




    最初この枠にミミッキュをいれていたが どうもしっくりこなかったので、




    レヒレとミミッキュの多さを見てこいつを投入。




    持ってる個体がこいつしかいなかったので(しかもA16の妥協個体)、こいつを戦線投入。




    1900乗るまではあまり出番がなかったが 1900彷徨い始めたあたりでこいつの出番を増やすと、




    見る見る勝率が上昇、2000までの立役者はこいつといっても過言ではなかった。




    こいつが舞うのをみた相手は 上から処理する立ち回りを考えるため 



    そこを逆手にとったS上昇で楽に全抜きできた。




    聖剣があるため 受けル(鉄壁ムドー)やオニゴーリにもそこそこ強く、



    また 皮が剥がれていないミミッキュに対しても、H振りのおかげで、




    霊Z+シャドクロ+影うちを耐えるので 剣舞してBB発動させることが安全にできるのも非常に強い。




    マンダ、カグヤ、リザXの居ないPTには高確率で2,3タテを決めてくれた。








    PTを組むきっかけ




    まず 自分はPTを組む時、基本サイクルPTを組むので、「鋼がいないとテテフがしんどい」現象によくなって




    いました。鋼でテテフを処理できれば楽ですが できなかったらほぼ負け、というのが自分の中であって




    逆に考えて「テテフを鋼で処理できない展開をつくれば勝てる?」という結論に至りました。




    しかし そう都合よく鋼を削らせてくれる相手もいないし、そんなポケモンいても汎用性が高くないと意味がな




    い。そこで白羽の矢が立ったのが襷オオスバメでした。




    オオスバメは鋼以外のタイマンはほぼ勝てるのを自分で前に使って知っていたので、




    こいつで鋼にがむしゃら入れて、スカテテフでサイキネぶっぱしてるだけで倒せるんちゃう?




    という安直な発想でこのPTを組みました。




    実際にはそんなうまいこと行かないのですが そこはほかのポケモンでカバーすればいいという考えのもと、




    「鋼に強いポケモン」を脇に固めることによって、このPTが最終的にこういう形で出来上がりました。







    PTの動かし方





    初手でオオスバメを出す。今のレート環境にいるスペックの高いポケモン達は 基本的にオオスバメ



    相手に引かずに殴り合ってくれます。



    相手が鋼や岩以外ならばくおんぱ連打 もしくはオオスバメより速いポケモンにはがむしゃら。



    鋼には身代わりでHP調節してがむしゃらを入れます。



    これのどちらかが出来た時点で オオスバメの仕事は完了です。



    あとはテテフか もう1体が大体全抜きしてくれます。




    以上です。




    あまり頭を使わないPTなので 勝つときは楽に 負けるときはあっさりで 試合時間もかなり短いで



    す。



    オオスバメがきっちり仕事をしたらほぼ勝ち




    出来なかったら テテフと3枠目だけで相手を倒し切らないといけないので けっこうキツイです。




    オオスバメがタイマンで負けそうな相手とカチ合ったときは 先制技読みでテテフを出すなど 無理や




    りサイクルを回します。





    無理なポケモン 




    メガガル オオスバメ含め 誰もタイマンで安定して勝てません こいつのせいでレートゴリゴリ



    減りました。






    アーゴヨン スカーフ持ちが多くて S上昇竜Zの型を警戒した立ち回りでも負けることが多かった。





    この2体のせいで 最終日はカミツルギ外して格闘Zゲッコウガ使ってました。







    最後に




    ここまで記事を見てくださってありがとうございました



    最終レートは1800台にまで落ちましたが 久しぶりに2000到達できて 個人的にはうれしいシーズ



    ンでした。




    今までサイクルPTで2000は行っていないのが 個人的にサイクル好きな自分としては悔しいので



    これからUSMでは サイクルPTだけを使っていこうかなと思ってます。



    対面は楽しいの選出画面だけ(だけどこっちのほうが勝てる)。




    オオスバメは普通にガチポケなので 鋼が苦手なエースポケ(メガスピアーやエテボース、アイアン



    トなど)と組むと非常にいい働きをしてくれます。皆も使おう!









































































    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。