AMDが示したRyzenの疑問に関する回答
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AMDが示したRyzenの疑問に関する回答

2017-03-14 13:13

    https://community.amd.com/community/gaming/blog/2017/03/13/amd-ryzen-community-update?sf62107357=1

    の要約。



    1. スレッドスケジューリングについて
    ・Win10のスレッドスケジューラはZenに対して正しく動作している。問題ない。
    ・トポロジの異常認識報告はアプリが古いせい。最新なら正しい。
    ・Win7とWin10とのパフォーマンスの違いは、スケジューリングではなく
     ソフトウェアアークテクチャの違いの可能性が高い。

    2. 温度について
    ・Ryzenの主要温度センサーはT Control(tCTL)と呼ばれる。
    ・コア種によってこの値にはオフセットがある。
    ・1700Xと1800XはtCTLに+20℃のオフセットがある。
    ・なので、1700Xと1800Xの実際の値は測定値-20℃である。
    ・1700にはオフセットがないので測定値で正しい。
    ・温度監視ツールがこのオフセットに対応するまでは手計算で読み取ってね。

    3. 電源プランについて
    ・Win10では電源プランを「ハイパフォーマンス」にしてね。
    ・4月第1週までにRyzen向けの「バランス」電源プランのパラメータを最適化する予定。

    4. Simultaneous Multi-threading (SMT) について
    ・幾つかのゲームは既にポジティブな影響が見受けられる。
    ・上記以外についてはAMDは積極的に改善を働きかけていく。
    ・ゲーム側にZenを理解させる簡単な変更をすでに確認しており、伝えている。
    ・準備が出来たらアップデートの公表があると思う。




    温度に関してはいくらなんでも高いなと思ってたのでこれは朗報。
    その他に関しては、「まあそうだよね」が続く感じですねぇ。
    スケジューリングに関しては意外でしたが。

    何にせよ、Ryzenはまだ伸びそうで楽しみです。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。