忙しい人向けここ数日で起こったCPU・GPU関連のニュースを総まとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

忙しい人向けここ数日で起こったCPU・GPU関連のニュースを総まとめ

2017-05-18 13:06

    NVIDIAのGPU Technology Conference発表だったり、IntelCPUの(怪しげな)リークだったり、AMDのFinancial Analyst Dayだったりいろんな発表があったので簡単にまとめてみるよ。


    NVIDIA Voltaアーキテクチャ採用の Tesla V100 を発表

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1058966.html

    -----------Tesla V100(参考)Tesla P100
    CUDAコア5120(64コア*80ユニット)3584(64コア*56ユニット)
    コアクロック (MHz)~1455~1480
    FP32~15TFLOPS~10.6TFLOPS
    L1128KB/core64KB/core (※ Texture Cache + L1 Cache = 128KB/core Shared)
    L26MB/core4MB/core
    メモリ帯域900GB/sec720GB/s
    ダイサイズ815mm2610mm2

    ダイサイズは1.34倍になったが、1.43倍の集積密度を達成し、1.41倍のFP32演算性能を得られた。
    ただ、ゲーミング向けにはダイサイズがガッツリ小さくなるのでPascalと比較して1.05~1.1倍程度になるかな?


    Intel、Core i9を準備?

    https://videocardz.com/69457/specifications-of-intels-core-x-i9-and-i7-series-supposedly

    怪情報ではあるが一応。
    ComputexカンファレンスにてHEDT向け12コアのCore i9 CPUを発表するのでは、という話。

    最上位は「Core i9-7920X」
    ・12コア24スレッド
    ・PCIeのレーン:44
    ・TDP:180W

    クロック数はTBDとなっているが、周りのラインナップを見る限り
    ・BASE:3.3 GHz
    ・Turbo Clock 2.0(All Core boost):4.3 GHz
    ・Turbo Clock 3.0(1 Core Boost):4.5 GHz
    かな?

    6950Xが約18.5万円だが流石に下げてくる…はず。そうしないとRyzenがね…。


    AMD、Financial Analyst Dayで多数の情報

    一方のAMD。5/17に行われた投資家向けのイベントで多くの情報が出た。

    HEDT向け「Ryzen Threadripper」正式発表

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1059948.html

    ・16コア32スレッド
    ・ソケット:LGA4094(?)
    ・DDR4チャネル:4
    ・最大TDP:180W
    ・PCIe 3.0 レーン数:?
    ・動作周波数:?

    動作周波数が不明なのが気になるが、まあ、3GHzは超えてくるでしょう。
    それ以上に価格がどうなるか。
    Ryzen 7 1800Xが約6万なので12万円程度か?(
    ZenアーキテクチャはCCXをInfinityFablicでいくつ繋ぐかって話だから単純にコア数×値段でいいはず)

    データセンター向け製品「EPYC」を発表

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1059964.html

    読み方は「エピック」EPICの"I"を"Y"に置き換えた感じかな(多分R"Y"ZEN の"Y")

    ・32コア64スレッド
    ・L1命令:32KB/core
    ・L1データ:64KB/core
    ・L2:512KB/core
    ・Base:1.4GHz
    ・Turbo:2.8GHz

    ターボ周波数に関してはRyzenのときと同じように数コアだけこの値になるものと予想。
    全コアだと1.5~2GHzまでしか上がらない?

    なお、Intelのデータセンター向けCPUでは24コア48スレッドの「Xeon E7-8890 v4」が最高スペックとなっています。
    (価格は$7174、Base:2.20GHz、Turbo:3.40GHz)

    対Intelでコア数は多いが動作周波数で劣るEPYCをどの価格でだしてくるかは注目です。$3000程度なら価格破壊待ったなし。

    Ryzen Mobile (Ryzen + Vega APU) 発表

    http://www.4gamer.net/games/300/G030061/20170517004/

    曰く、「従来のAPUと比べてCPU性能が最大50%以上,GPU性能が最大40%以上向上し,消費電力は半分以下になる」だそうで。そりゃそうだよね、な印象です。

    CPU性能がZenで大幅にステップアップし、コアあたりIntel Broadwell世代あたりの性能になったので、ライトゲーミングには十分な性能が得られそうです。

    機械学習・人工知能向けGPU「Radeon Vega Frontier Edition」発表

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1059950.html

    おそらくQuadro対抗(と思われる)。
    比較は以下。(VoltaのQuadroはまだ発表されていないのでPascalで比較)

    -----------Vega Frontier EditionQuadro GP100
    コア4096(64コア*64ユニット)3584(64コア*56ユニット)
    コアクロック (MHz)~1525~1480
    FP32~12.5TFLOPS~10.6TFLOPS
    メモリ帯域480GB/s720GB/s
    ダイサイズ?610mm2

    一応ゲームもできるらしいけど、ちょっと未知の部分多いですね。NVIDIAと比較するとPascal以上Volta未満ってところでしょうか。


    AMD頑張ってるなぁ~という印象。
    というかジム・ケラーがすごいのか?
    ますますRyzen(とVega)から目が離せなくなった感じです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。