ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

デルタさん のコメント

こんばんはー! クラチ君いますかぁ~?
No.1
24ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
新鮮な卵の表面が ざらざらしている のはクチクラ層におおわれているからで、 卵殻の保護と細菌の侵入を防ぐ 役目をしている。 ところが、水で洗ったり、ごしごし殻の表面をこすり合わせたりすると、このクチクラ層まで洗い落とされてしまう。 結果、気功を通して卵のなかまで微生物が侵入し、卵が腐りやすくなります。 ここからは、主観の話です。 一般的には、 ①新鮮な卵の場合、冷蔵庫で保存すれば30日ぐらいは保存できる ②ゆで卵にした場合、 冷蔵庫で3日 ぐらい保存できる ③ヒビが入った場合、冷蔵庫で2日ぐらい保存できる 実は 生卵よりゆで卵の方が保存ができません 。これは、菌の侵入を防ぐクチクラ層が機能しなくなり、菌が侵入するからです。 基本卵は加熱して調理しましょう。もし、生卵を食べるときは、新鮮なものを選ぶようにしましょう。 参考文献  タマゴの知識   「こつ」の科学   NEW調理と理論 公式ホームページ 料理科学の森
料理科学の森
1日1記事アップしていきます。

料理科学の情報を中心に発信していきます。

参考文献を使って調べていますが、当然間違っている場合も存在しますのでご了承ください。

ブログ画像は、母(56)