梅酒を作るとき氷砂糖を使う理由 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

梅酒を作るとき氷砂糖を使う理由 料理科学の森

2019-08-20 17:00
  • 6




梅酒は青梅に焼酎と氷砂糖を加えて作るが、溶けやすい粉砂糖を使うと砂糖濃度がすぐに上がって、梅から急激に水分を吸い出すため(浸透圧による)梅にしわが寄り、香りや味も十分には引き出せなくなってしまう。
氷砂糖は入れた直後はかたまりの状態で、何日もかかってゆっくりと焼酎にとけていくので、十分に梅の香りや味を引き出すことができる。

参考文献 日本料理のコツ

公式ホームぺージ 料理科学の森

広告
×
ワグナス‼
4週間前
×
梅酒ってなかなか減らないよね…
4週間前
×
みりんを使おう(ゲス顔
4週間前
×
あんま飲まないのに作ったらもう15年くらい経ってるわ
4週間前
×
じゃあ多少手間でも数日に分けて少しずつ粉砂糖を足していけば同じように出来るって事ですかね?(名推理)
4週間前
×
雑菌が入る機会が増えるから、飲めない何かができる可能性が上がるだけじゃないですかね?(推理キャンセル)
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。