味覚における男女差 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

味覚における男女差 料理科学の森

2019-08-23 17:00
  • 18




味の感じ方は男性と女性で違いがあると思われていますが、一般的には女性の方が男性より塩味以外の味覚が敏感であると考えられています。

女性は男性より味に対する感度が高いというのが定説になっていますが、女性の場合、周期的に生じる性ホルモンの変動によって味覚感受性にも変化が生じます。
例えば、月経周期の女性は苦味に対して敏感になり、排卵後の黄体ホルモン分泌が高い時期には塩味に対して敏感になると報告されています。一方、妊婦は塩味に対する感受性が減少するため、ふだんより高濃度の食塩を摂取するというデータもあります。

また、新生児に甘い味つけをした人工栄養を与えると、女児のほうが男児よりもたくさん飲みます。同様にラットの実験でも、メスの方がオスと比べて甘未に対する好みが高いことも知られています。


ここからは主観です

なぜ、女性の方が感受性が高いのか?
なぜ、甘いものを好むのか?
などはまだわかっていないようです。これらはあくまで、官能検査の結果でこういう結果出たという話になってます。

参考文献 味のなんでも小辞典

公式ホームぺージ 料理科学の森

広告
他8件のコメントを表示
×
この時期はこういった味の栄養とったほうがいいとかの理由があったりするのかな、不思議
3週間前
×
>>1
そうか感じる味が安定しないのか。
裏を返すとその揺らぎのリズムこそがおふくろの味という事か?
3週間前
×
>>5
性差より個人差の方が大きいやつだから、統計とっても「どうもそういう傾向があるっぽい」程度のことしか調べられず「考えられています」としか言えない。
3週間前
×
>>11
そんなネタを科学と称してやる時点で負け戦って事ですね?
3週間前
×
1さんと10さんの言うように、女性は生理で味覚が変動するため、常時同じ味付けが必要となる料理人には向かないが、家庭料理では味が一定にならず変動するため飽きが来ないという説がある。
3週間前
×
味のわかる女って少ないだろ。
3週間前
×
>>13
デザート系とかは女性も多い気がするけど、菓子系はきっちり軽量して常に同じ配分にするから、味覚の変化あまり関係ないことも影響してるのかな?
3週間前
×
女性にコックがいないのは宗教的慣習の名残では?
昔は月経を不浄なものとし地域によっては女性を小屋に隔離したりしてたからね。
もちろん台所も入っちゃダメなわけで、体力や味覚は関係ないかと。
神事も未だに女人禁制ですし。
3週間前
×
つまらん記事しか書けないんだなここの記者は
3週間前
×
↑×2 ねえよ ならなんで主婦なんて言葉で出るんだよ
そんな宗教 変な地方にならあるかもしれないけど
大々的にあったら習慣残ってるだろ、むしろ女のほうこそ台所はいれみたいな雰囲気なのに
ここの記者も気持ち悪いけど、のっかって嘘書くお前みたいなきもいも迷惑
どうせボカロ厨の底辺くそキモオタブス女だろサムネ含めて気持ち悪いんだよ
お前が気持ち悪くてけがれてる汚物だからってこっちまで一緒にしてくるな気持ち悪いんだよ汚物女
くそブス同士のきもい妄想をまるで歴史かのように語るな汚物しね
メンヘラ悲劇のヒロインぶってるのか?サムネの趣味含めてほんと気持ち悪い女だな

それと女にシェフが少ないのは体力、十人前の飯つくってみろ
すげー疲れるから、体力ある人でも疲れるのに。十人どころか百人ぐらいは作らなくちゃいけないんだから
きついに決まってるだろ、そんだけ
生理で塩味って体調悪い時に、味付けが狂うのは当たり前だろ あほくさ
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。