シロさん のコメント

労働の質によるものかもな
男の方が肉体的な損傷を負いやすい役割になりやすいからタンパク質が多く必要だし
女の方は筋力的な負荷が少ない役割になりやすいから体温の維持の省エネ化のために脂肪分が多いものを好むのかも

頭脳労働を多くしている人間だと糖分を欲する人が多いようだから
昔は女性の方が知能労働的だったのかもね
No.8
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
味の感じ方は 男性と女性で違いがある と思われていますが、一般的には 女性の方が男性より塩味以外の味覚が敏感 であると考えられています。 女性は男性より味に対する感度が高いというのが定説になっていますが、女性の場合、周期的に生じる性ホルモンの変動によって味覚感受性にも変化が生じます。 例えば、 月経周期の女性は苦味に対して敏感 になり、 排卵後の黄体ホルモン分泌が高い時期には塩味に対して敏感 になると報告されています。一方、妊婦は塩味に対する感受性が減少するため、ふだんより高濃度の食塩を摂取するというデータもあります。 また、新生児に 甘い味 つけをした人工栄養を与えると、 女児のほうが男児よりもたくさん飲みます 。同様にラットの実験でも、メスの方がオスと比べて甘未に対する好みが高いことも知られています。 ここからは主観です なぜ、女性の方が感受性が高いのか? なぜ、甘いものを好むのか? などはまだわかっていないようです。これらはあくまで、官能検査の結果でこういう結果出たという話になってます。 参考文献  味のなんでも小辞典 公式ホームぺージ 料理科学の森
料理科学の森
1日1記事アップしていきます。

料理科学の情報を中心に発信していきます。

参考文献を使って調べていますが、当然間違っている場合も存在しますのでご了承ください。

コメントで指摘していただければ嬉しいです。

ブログ画像は、母(56)