ウナギの毒について 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ウナギの毒について 料理科学の森

2019-10-21 17:00




    ウナギには、血清毒という血液中に毒があります。
    ウナギの血液が目や口、傷口に入ると局部的な炎症が起こります。目に入った場合には激しい灼熱感を覚えるとともに、結膜炎、流涙、まぶたの腫れが起こり、異物感は数日残ります。また、傷口に入ると化膿(かのう)や浮腫(ふしゅ)が起こります。

    毒成分はタンパク質と考えられていますが、詳細は不明となっています。しかしタンパク質の性質として熱に弱く、60℃5分で毒性を失います

    参考文献 毒の科学

    公式ホームぺージ 料理科学の森

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。