カレーは翌日食べる方が美味しくなる理由 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

カレーは翌日食べる方が美味しくなる理由 料理科学の森

2019-11-13 17:00
  • 10




これは、それぞれの具からスープに成分が溶け出すからと考えられています。

肉は加熱により、核酸が分解されてうま味成分であるイノシン酸がスープの中に生成してきます。また、肉のタンパク質が分解されて生成するアミノ酸やペプチドがうま味を増強します。

玉ねぎは甘味やうま味がスープに溶け出します

ジャガイモは加熱されるとデンプンがスープの中に溶け出して、とろみのある口当たりを生み出します。 硬さによって味が変わる?

このように、食材からスープへ様々な成分が移行し、より濃厚な味になること、香辛料が加熱され、香り成分が少し揮発していくことによって味への影響が変化すること、スープが肉、ジャガイモ、ニンジンの内部まで拡散し味が均一になる等が美味しくなる理由として考えられています。

参考文献 料理のなんでも小辞典

公式ホームページ 料理科学の森

広告
×
市販のルゥは出来立てが一番おいしくなるように調整されているので、前日に具だけ煮ておいて、翌日に暖め直してルゥを入れるのがいいと思う吉宗であった。
2ヶ月前
×
何より熟成されてアミノ酸が増える
2ヶ月前
×
ウェルシュ菌「......」
2ヶ月前
×
レトルトが最強と
2ヶ月前
×
スイカカレーおいしい~~~~
2ヶ月前
×
余分な水分が飛ぶからってのもデカいと思う。
2ヶ月前
×
嘘だね。具材に比べて水分が多過ぎるから、
具材から出たうまみ成分なんて、
カレールー全体にとっちゃ、焼け石に水だわ。

めんつゆや味噌汁を思い出してみろよ。
ちょっと醤油や味噌が足りないともうマズくて飲めないだろ。
フォンドボーじゃあるまいし、カレーに使った
あんな少量の肉が、ルー全体の味に影響を与える訳はない
カレールーの味は、コンソメ等のダシ、塩、コーヒー、チーズ
など、インドや南米の「味付け」で決まる。具は関係ない
2ヶ月前
×
というか、「カレーは一晩寝かせる信仰」
のお蔭で、食中毒が起きてるし。
2ヶ月前
×
夜作って次の朝に食うと美味い。
2ヶ月前
×
食材の鮮度を感じないから作ったその日に平らげたほうがうまい。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。